カテゴリー別アーカイブ: 日帰り入浴

日帰り入浴レビュー:浅間温泉 浅間温泉会館 ホットプラザ浅間


浅間温泉 浅間温泉会館 ホットプラザ浅間 建物外観

浅間温泉にはいくつか外湯がありまして、旅館にお泊りしなくても温泉に入れます。このうち、一番気軽に入れる、浅間温泉会館に行ってみました。ホットプラザ浅間の愛称が付いています。

場所は、松本駅からバスで20分ちょっとぐらい、浅間温泉のバス停のすぐそばにあります。ホットプラザ浅間前バス停もありますが、松本駅からだと浅間温泉バス停の方が近いです。

浅間温泉 浅間温泉会館 ホットプラザ浅間 玄関

営業時間は10:00~24:00(最終受付は23:00)です。入浴料は、大人650円、子供350円です。タオルは別料金で、フェイスタオル(販売)とバスタオル(レンタル)が、各210円です。シャンプーとリンス、ボディソープは備え付けのものがあります。

靴を下駄箱に入れ、自動券売機で入浴料を支払います。チケットをフロントに出した後、お風呂へ行く仕組みです。下駄箱と脱衣所ロッカーが、100円リターン式です。

浅間温泉 浅間温泉会館 ホットプラザ浅間 建物 観光・宿泊案内所を兼ねています

大浴場は、内湯がおよそ20人は入れるんじゃないかと思う広ーい湯舟と、サウナ、水風呂があります。これとは別に、露天風呂があります。露天風呂は割と広めです。温泉は弱アルカリ性単純泉で、無色透明です。上諏訪温泉片倉館と同じ感じのお湯です。キューティー吉本の体感温度的には、内湯が約41℃、露天風呂が約42℃ぐらいでした。

浅間温泉 浅間温泉会館 ホットプラザ浅間 なぜか無駄に広い広場

まずは、内湯に入ります。さらりとした無色透明のお湯で、しかも塩素消毒がしっかり入っているので、温泉に入っているという実感に乏しかったりします。2~3分入ったところで、サウナに行きます。温度は90℃ぐらいだったと思います。5~6人入ったらいっぱいいっぱいの大きさなんですけど、サウナがあるという時点でありがたいと思います。

続いて、露天風呂へ。キューティ吉本が行ったのが冬だったので、敢えて露天風呂の湯温を熱めにしているのかもしれません。しかしながら、立派な岩風呂でした。さすがにお昼寝スペースはないものの、ベンチに座って休むことができます。しかし、このベンチが金属製でして、タオルを敷かないと冷たくて座れないという代物だったりします。

浅間温泉 浅間温泉会館 ホットプラザ浅間 足湯

館内には、十分に広い休憩スペースがあります。ただし、お風呂上りにごろ寝はムリだと思います。また、足湯がありまして、こちらは誰でも無料で入れます。また、この建物は浅間温泉の観光案内所と宿泊案内所を兼ねています。

お値段がお手頃で、しかもサウナがついているのがありがたいです。浅間温泉に行ったときに、立ち寄る価値はあると思います。

日帰り入浴(失敗):浅間温泉 仙気の湯


浅間温泉 仙気の湯 建物外観

松本市の奥座敷ともいわれる浅間温泉には、外湯がいくつかあります。そのうちの一つが、仙気の湯です。場所は、ホットプラザ浅間前のバス停からすぐ近くにあります。早速入ってみようと思ったのですが・・・

浅間温泉 仙気の湯 玄関 残念ながら営業時間外でした

営業時間は6:00~11:30と、15:00~20:00ということで、キューティー吉本が行った時には「本日定休日」の看板が立っていました。正しくは、「15:00から営業を再開します」ということなんですけどね。

早い話が、宿泊客が集まる夕方時間帯と、その翌朝しか開いていないというわけです。早めに着いた宿泊客が入りに来る可能性もなくはないと思うのですが、その時はホットプラザ浅間に行けということなんでしょうねぇ。ちなみに、第2水曜日と第4水曜日は定休日です。


日帰り入浴レビュー:上諏訪温泉 片倉館


上諏訪温泉 片倉館 諏訪湖側の入り口にある看板 車の方はこの看板が目印です

今となっては上諏訪温泉では唯一かも知れない日帰り温泉、片倉館です。場所は、上諏訪駅から歩いて5分ほど。諏訪湖岸にあります。車で来た場合は、湖岸通りからこの看板が目印です。

上諏訪温泉 片倉館 手前が会館棟 奥が浴場棟

片倉館は国の重要文化財に指定されていまして、会館棟と浴場棟の2つに分かれています。諏訪湖岸で製糸業を起こした片倉家が、創業50周年の記念事業として昭和3年に建てたものです。2代目片倉健太郎が欧州を視察して、日本にも欧州のような健康福祉施設をということで建設したそうです。

上諏訪温泉 片倉館 浴場棟

これが浴場棟です。ご覧の通り、これが日帰り入浴施設とはとても思えない外観です。

営業時間は10:00~22:00(21:30受付終了)で、入館料は大人650円、子供450円です。フェイスタオルは150円、バスタオルのレンタルは200円です。シャンプーやボディソープは備え付けのものがあります。

上諏訪温泉 片倉館 設立の概要と千人風呂の写真

ここの特徴が、千人風呂と言われているぐらい広い浴槽。さすがに1,000人はムリですが、100人までなら入れるそうです。この千人風呂とは別に、4~5人は入れる大きさの気泡風呂があります。

温泉は弱アルカリ性単純温泉で、無色透明です。キューティー吉本の体感温度的には、千人風呂が約41℃、気泡風呂が約40℃ぐらいでした。無色透明のマイルドなお湯なので、言われなかったらこれが温泉だと気づかないかもしれません。

上諏訪温泉 片倉館 館内 男湯入り口と自販機コーナー

外観から想像は付くかもわかりませんが、中は完全に洋風建築で、大浴場もやはり洋風です。千人風呂は深さが1.1mありまして、下に玉砂利が敷き詰められています。縁に段差が付けてありまして、この段差に座るとちょうど肩までお湯が来る感じです。なので、千人風呂の底に座ると完全に沈んでしまいます。100人は入れるということなのですが、これは立ったまま入るということなのでしょう。

ゆっくり入れるのは気泡風呂。こちらはややぬるめで、深さは普通のお風呂と同じぐらいです。意図としては、千人風呂が深すぎて、子供だと危ないから作られたのでしょう。それが後に、気泡風呂の装置を取り付けたんだと思います。

上諏訪温泉 片倉館 館内 2階への階段と休憩室入り口

館内は、1階がフロントと大浴場、2階が休憩室兼お食事処になっています。これが2階休憩室の入り口なのですが、とても重厚な作りになっています。写真右に進むと、有料の個室休憩室です。

上諏訪温泉 片倉館 館内 踊り場

お風呂に入る以前に、館内を見学できるだけでも650円の価値があるんじゃないかと思うぐらいの施設でした。洋風建築の歴史的建造物で、しかも温泉は恐らくここぐらいでしょう。ここは行く価値は十分あると思います。

日帰り入浴レビュー:舞浜ユーラシア


舞浜ユーラシア 1階エントランス 3階行きのエスカレーターとエレベーターが閉鎖されていました

今日は舞浜ユーラシアに行きまして、いつもの通りに舞浜駅から送迎バスに乗りまして、着いたと思ったら・・・

「スパ棟をご利用の方も、ホテル棟でお降りください。」

え!? なんでだろうと思ったら、3階の大部分が改修工事のため、11月1日~11月27日は閉鎖されていまして、日帰り温泉を利用する人はホテル棟からエレベーターで3階へ行って、連絡通路からスパ棟へ行くという、面倒臭いことになっていたんです。3階連絡通路の先は、仮設のフロントと売店コーナーがありまして、その先にいつものらせん階段とエレベーターがあって、ここからスパ棟を利用できる仕組みになっていました。ちなみに、ホテル宿泊者は6階の連絡通路を利用するそうです。

舞浜ユーラシア 改修工事期間 館内ご案内

3階と言えば、無駄に広いフロントと、朝を除いてレストランとしてはあまり活用されていないレストラン、売店があったのですが、確かにデッドスペース感がハンパなく、ここを改修して有効活用しようというのは理にかなっていると思うのですが、3階のレストランは改修してから日が浅く(・・・ていうか、ここが一番新しい)、このレストランを大規模に改修するとは思えず、一体どうするつもりなんでしょう?

ポテトフライ 舞浜ユーラシアにて

・・・で、5階のレストランで呑みです。3階が閉鎖されている期間中、朝食は5階レストランで営業するそうです。いつもの通り、ポテトフライを注文します。

海老とアサリのクリームグラタン 舞浜ユーラシアにて

海老とアサリのクリームグラタンがありまして、珍しいので頼んでみることに。まず、シーフードの風味が豊かで、クリームが濃厚。それでいて、グラタンに入れる海老としては大きく、ぷりぷり。これはうまいですね。欲を言えば、アサリが殻付きだと食べるのが面倒くさいぐらいですか。

3階に一体何を作ろうとしているのかが気になるのですが、キューティー吉本の勝手な予想では、3階に厨房を持ってきて、3階のレストランをちゃんとレストランとして営業するようになるのではないかと思います。舞浜ユーラシアの供食スペースって、5階のレストランを除けばどれもこれも…という感じで、これだったら厨房を含め、供食スペースを3階に集中させた方がいいんじゃないかと思います。

別解としては、リラックススペースを3階に移設する。ただし、これだと作って間もない3階レストランスペースを大改修しなければならず、これはないかなと思っています。また、売店はフロントと同じフロアにするため、3階に残ると思われます。いずれにしても、3階がどうなるのか楽しみですね。

日帰り入浴レビュー:石和温泉 薬石の湯 瑰泉


石和温泉 薬石の湯 瑰泉 国道20号線沿いの看板

石和温泉には温泉旅館が点在していまして、中には日帰り入浴を受け入れてくれるところもありますが、手っ取り早く日帰り入浴できる施設が、薬石の湯 瑰泉です。場所は、石和温泉駅から歩いて15分ぐらいのところ、駅前の通りをずーっとまっすぐ歩いて、国道20号線との交差点のすぐ近くにあります。

24時間営業で、入館料は大人2,100円、子供1,050円、土曜・日曜・祝日の深夜2:00時点で館内を利用していたとき、深夜料金1,000円が加算されます。フェイスタオルとバスタオル、館内着のレンタルが入館料込みになっています。

玄関を入ったら靴を脱ぎ、下駄箱に入れます。下駄箱の鍵と入館料をフロントに渡して、ロッカーの鍵を受け取ります。館内の施設は、ロッカーの鍵で精算できるシステムです。退館時にロッカーの鍵を渡して精算すれば、下駄箱の鍵がもらえるシステムです。お支払いには、クレジットカードや電子マネーが使えます。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 建物

大浴場は、内湯がサウナと水風呂、プール、気泡風呂、寝湯、イベント風呂。露天風呂がまるで池みたいに広い宝石風呂と、2~3人でいっぱいになりそうな檜風呂があります。

お湯はアルカリ性単純温泉で、無色透明です。キューティー吉本の体感温度的には、気泡風呂と宝石露天風呂が41℃~42℃、寝湯、イベント風呂、檜風呂が39℃~40℃ぐらいでした。

薬石の湯と称しているだけあって、大浴場にはあらゆる色の石が使われています。まず、サウナの下には薬石が敷かれています(見えませんが)。また、内湯の中で一番広い気泡風呂には、真ん中に薬石がでーんと置いてあって、ここからお湯が注がれています。一番すごいのは露天風呂で、普通の温浴施設ですと岩風呂になるところなのですが、ここは宝石の原石が使われています。さすが宝石の国、山梨県。キューティー吉本も、こんなお風呂見たことないです。


キューティー吉本が一番気に入ったのは、檜風呂。ここは湯舟が完全に檜造りです。気泡が出る仕組みになっていまして、さすがにそこは金属製ですが。とにかく、ここが気持ちいい。しかもぬるめのお湯なので、時間を忘れてのんびり、ゆったり入れます。

次に気に入ったのが、寝湯。寝湯の床に薬石が敷き詰められていて、薬石の間から気泡が出る仕組みになっています。しかも、仰向けになってはいるとちょうどいい感じに、床がカーブを描いています。ぬるめのお湯と相まって、これは気持ちいいですね。

しかし、一つだけ問題点が。ここ、お風呂入っている合間に休憩できるところが少ないんです。休めるところと言えば、プールの隣にビーチベッドが1つあるのと、檜風呂の隣に申し訳程度にスペースがある程度です。お昼寝できる場所があれば理想的ですが、それがないにしてもせめて椅子ぐらいは置いて欲しいですね。

サウナの温度は約90℃と熱めにしてあります。プールと言っても、泳げるほど広くありません。キューティー吉本の体感的には、水温25℃ぐらいでしょうか。サウナに入った後に身体を冷やすのにはちょうどいい水温です。ただし、座って入るにはやや深く、泳ぐには浅いのですが。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 お食事処で出てくる薬石の水

では、お風呂上がりの呑みです。お食事処に行くと、薬石の水を持ってきてくれます。これは、麦飯石とトルマリンで浄化した水が入っているそうです。なるほど、確かに普通の水よりもまろやかな感じがします。

ほうとう 石和温泉 薬石の湯 瑰泉にて

せっかく山梨県に来たんだからと、ほうとうを注文します。出てきたのはこれ。一人前にしてはやや大きめの鉄鍋が出てきました。

ほうとう 石和温泉 薬石の湯 瑰泉にて

中身はこんな感じ。かぼちゃを始めとして、にんじん、大根、ねぎ、白菜などのお野菜中心のほうとうでした。かぼちゃの甘みが強くて、これはうまいですね。欲を言うと、もう少しかぼちゃが多めで、だしがかぼちゃでクリーミーな感じになっていると完璧なんですけどね。

館内は大浴場と女性専用休憩室、お食事処、喫茶コーナーのほか、琉球漆喰の壁と琉球畳が敷き詰められたリラックス空間。室内はほんのりあったかくて、ここでまったりと過ごしたらサイコーですね。

リラックス空間のお隣が、蒙古火釜効果薬石ドームとなっていますが、早い話が岩盤浴と思っていただいていいと思います。炉で熱した岩盤が、決まった時間に炉から出てくる仕組みになっていまして、この岩盤のおかげで室温が岩盤浴並み(岩盤の近くはそれ以上)になります。

岩盤浴の先には、湯快の森と称する庭園がありまして、更に別館があります(どんだけ広いんだよ)。で、別館の1階にはお昼寝できる休憩室、別館の2階には貸切部屋があります。キューティ吉本は、呑みの後ここでお昼寝していました。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 玄関脇の看板 こちらも石造りでした

Healing Resort Spa KAISENという看板を裏切らない、すごくいい施設だと思います。ただ単にお風呂に入って終わりではなく、お風呂から上がった後も、色んなところでゆっくり、のんびり、まったり過ごせます。キッズスペースがないのですが、ここは家族連れではなく、あえて大人をメインの客層にしているためでしょう。この施設の中身を見れば、それも納得できます。

ここだったら首都圏から電車代を出してでも、行く価値は十分にあると思います。