カテゴリー別アーカイブ: うまいもの

日帰り入浴レビュー:石和温泉 薬石の湯 瑰泉


石和温泉 薬石の湯 瑰泉 国道20号線沿いの看板

石和温泉には温泉旅館が点在していまして、中には日帰り入浴を受け入れてくれるところもありますが、手っ取り早く日帰り入浴できる施設が、薬石の湯 瑰泉です。場所は、石和温泉駅から歩いて15分ぐらいのところ、駅前の通りをずーっとまっすぐ歩いて、国道20号線との交差点のすぐ近くにあります。

24時間営業で、入館料は大人2,100円、子供1,050円、土曜・日曜・祝日の深夜2:00時点で館内を利用していたとき、深夜料金1,000円が加算されます。フェイスタオルとバスタオル、館内着のレンタルが入館料込みになっています。

玄関を入ったら靴を脱ぎ、下駄箱に入れます。下駄箱の鍵と入館料をフロントに渡して、ロッカーの鍵を受け取ります。館内の施設は、ロッカーの鍵で精算できるシステムです。退館時にロッカーの鍵を渡して精算すれば、下駄箱の鍵がもらえるシステムです。お支払いには、クレジットカードや電子マネーが使えます。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 建物

大浴場は、内湯がサウナと水風呂、プール、気泡風呂、寝湯、イベント風呂。露天風呂がまるで池みたいに広い宝石風呂と、2~3人でいっぱいになりそうな檜風呂があります。

お湯はアルカリ性単純温泉で、無色透明です。キューティー吉本の体感温度的には、気泡風呂と宝石露天風呂が41℃~42℃、寝湯、イベント風呂、檜風呂が39℃~40℃ぐらいでした。

薬石の湯と称しているだけあって、大浴場にはあらゆる色の石が使われています。まず、サウナの下には薬石が敷かれています(見えませんが)。また、内湯の中で一番広い気泡風呂には、真ん中に薬石がでーんと置いてあって、ここからお湯が注がれています。一番すごいのは露天風呂で、普通の温浴施設ですと岩風呂になるところなのですが、ここは宝石の原石が使われています。さすが宝石の国、山梨県。キューティー吉本も、こんなお風呂見たことないです。



キューティー吉本が一番気に入ったのは、檜風呂。ここは湯舟が完全に檜造りです。気泡が出る仕組みになっていまして、さすがにそこは金属製ですが。とにかく、ここが気持ちいい。しかもぬるめのお湯なので、時間を忘れてのんびり、ゆったり入れます。

次に気に入ったのが、寝湯。寝湯の床に薬石が敷き詰められていて、薬石の間から気泡が出る仕組みになっています。しかも、仰向けになってはいるとちょうどいい感じに、床がカーブを描いています。ぬるめのお湯と相まって、これは気持ちいいですね。

しかし、一つだけ問題点が。ここ、お風呂入っている合間に休憩できるところが少ないんです。休めるところと言えば、プールの隣にビーチベッドが1つあるのと、檜風呂の隣に申し訳程度にスペースがある程度です。お昼寝できる場所があれば理想的ですが、それがないにしてもせめて椅子ぐらいは置いて欲しいですね。

サウナの温度は約90℃と熱めにしてあります。プールと言っても、泳げるほど広くありません。キューティー吉本の体感的には、水温25℃ぐらいでしょうか。サウナに入った後に身体を冷やすのにはちょうどいい水温です。ただし、座って入るにはやや深く、泳ぐには浅いのですが。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 お食事処で出てくる薬石の水

では、お風呂上がりの呑みです。お食事処に行くと、薬石の水を持ってきてくれます。これは、麦飯石とトルマリンで浄化した水が入っているそうです。なるほど、確かに普通の水よりもまろやかな感じがします。

ほうとう 石和温泉 薬石の湯 瑰泉にて

せっかく山梨県に来たんだからと、ほうとうを注文します。出てきたのはこれ。一人前にしてはやや大きめの鉄鍋が出てきました。

ほうとう 石和温泉 薬石の湯 瑰泉にて

中身はこんな感じ。かぼちゃを始めとして、にんじん、大根、ねぎ、白菜などのお野菜中心のほうとうでした。かぼちゃの甘みが強くて、これはうまいですね。欲を言うと、もう少しかぼちゃが多めで、だしがかぼちゃでクリーミーな感じになっていると完璧なんですけどね。

館内は大浴場と女性専用休憩室、お食事処、喫茶コーナーのほか、琉球漆喰の壁と琉球畳が敷き詰められたリラックス空間。室内はほんのりあったかくて、ここでまったりと過ごしたらサイコーですね。

リラックス空間のお隣が、蒙古火釜効果薬石ドームとなっていますが、早い話が岩盤浴と思っていただいていいと思います。炉で熱した岩盤が、決まった時間に炉から出てくる仕組みになっていまして、この岩盤のおかげで室温が岩盤浴並み(岩盤の近くはそれ以上)になります。

岩盤浴の先には、湯快の森と称する庭園がありまして、更に別館があります(どんだけ広いんだよ)。で、別館の1階にはお昼寝できる休憩室、別館の2階には貸切部屋があります。キューティ吉本は、呑みの後ここでお昼寝していました。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 玄関脇の看板 こちらも石造りでした

Healing Resort Spa KAISENという看板を裏切らない、すごくいい施設だと思います。ただ単にお風呂に入って終わりではなく、お風呂から上がった後も、色んなところでゆっくり、のんびり、まったり過ごせます。キッズスペースがないのですが、ここは家族連れではなく、あえて大人をメインの客層にしているためでしょう。この施設の中身を見れば、それも納得できます。

ここだったら首都圏から電車代を出してでも、行く価値は十分にあると思います。




日帰り入浴レビュー:万葉の湯 小田原お堀端


小田原お堀端 万葉の湯 玄関と駐車場入り口

かなり久しぶりに行ってみました。靴は靴袋に入れ、ロッカーまで持ち込むという、横浜みなとみらい万葉倶楽部と同じルールに変わっていました。で、ここで問題点が。みなとみらいの万葉倶楽部のロッカーって、靴を入れられるよう、ロッカーに棚板がついているんです。しかし、ここはロッカーに棚板がついてないので、このシステムはかなりビミョー。

そこで、ロッカーとは別に下駄箱がロッカールームにあったのでした。気づいたのは退館時でして、「だったら普通に下駄箱を外に置けよ!」って思ってしまいました。

いかの塩辛 小田原お堀端 万葉の湯にて

メニューもみなとみらいの万葉倶楽部とほぼ同じになりまして、せっかく小田原まで行ったのにこれはビミョー。同じグループだから仕方ないといえばそうなのですけどね。

本当だったら小田原で獲れた地魚を食べてみたかったのですが、お刺身って明らかに2人以上でないと食べきれない分量だったので、断念しました。なのでここはおとなしく、イカの塩辛でビールを飲みます。

天ぷらの盛り合わせ 小田原お堀端 万葉の湯にて

続いて、天ぷらの盛り合わせ。

はっきり言って、これだったらみなとみらいの万葉倶楽部か、箱根湯本まで足を延ばして天成園に行った方がよかったんじゃないかって、後悔して帰ってきました。次に行くかと言われたら、うーんって考えたくなりますね。


日帰り入浴レビュー:舞浜ユーラシア


以前は館内着を作務衣かジャージかどちらかを選べたのですが、いつの間にか1種類になっていました。どちらかというと、従来のジャージに近い感じです。作務衣ってすごく楽なのですが、はだけやすいという欠点がありまして。それで女性用の作務衣には胸元にボタンがついているのですが、それを知らない女性客がジャージを選択した結果、こうなったのかなと思います。

本マグロのお造り 舞浜ユーラシアにて

で、お風呂上がりの呑みですが、まずは本マグロのお造りを注文。中トロもあるためか、1,480円のお値段。確かに、とろけるようなおいしさでしたよ。

ポテトフライ 舞浜ユーラシアにて

続いて、ポテトフライ。バスケットに山盛りで出てきまして、「あれ、こんなにいっぱい入ってたっけなぁ・・・」と言いつつ、完食してしまいました。

ジャンボエビフライ 舞浜ユーラシアにて

メニューの中に「特大エビフライ」ってのがありまして、「これって1本って頼み方できますか?」って聞いたらできるってことなので、頼んでみました。出てきたのが、これです。これ、お子様だったら絶対喜ぶんじゃないでしょうかねぇ。

舞浜ユーラシアって、無料Wi-Fiがありまして、この後3階のファミレス席で、アイプラスのメインサイトの構築・・・て、休んでないじゃん!


日帰り入浴レビュー:浅草ROX まつり湯


まつり湯 新しくなった1階エレベーターホール

いつの間にか、1階のエレベーターホールが新しくなっていました。以前はまつり湯専用の入り口があったのですが、なくなりまして。普通に浅草ROXの入り口を入った先に、まつり湯行きのエレベーターがある感じになりました。ま、すっきりしたといえば、そうなんですけどね。

冷や奴 まつり湯にて

で、本日の呑みは、まず冷や奴から。290円でした。

鰻のかば焼き まつり湯にて

ちょっと奮発したのがこれ。鰻のかば焼きです。なんと、1,580円でした。あんまり期待していなかったのですが、想像以上に大きくて、肉厚の鰻が出てきました。ただし、恐らくはまつり湯で焼いているものではないと思います。

ざるそば まつり湯にて

最後の〆はざるそば。620円でした。ここのおそば、意外とおいしかったりします。

当時はアイプラスのメインサイト構築中だったため、この後7階にあるテーブルで、Surface 3でぽしょぽしょいじっていました。実はまつり湯って、無料Wi-Fiが使えるんですよね。でも、なんか休んだ気がしない…

日帰り入浴レビュー:つくば湯~ワールド


つくば湯~ワールド 建物外観

つくば湯~ワールドです。結構評判が良かったので、行ってみることにしました。

営業時間10:00~翌9:00で、入館料は大人1,500円です。JAFの会員だと、1,200円になります。タオル・館内着レンタルがついています。(入館料はすべて税別)

つくばエクスプレス つくば駅 つくばバスセンター 4番乗り場 つくば湯~ワールドへはここから学園南循環バスに乗ります

JR常磐線の荒川沖駅から無料送迎バスが出ているのですが、便数が極端に少ないため、お勧めできません。つくばエクスプレスのつくば駅から、学園南循環バスに乗ります。学園南循環バスは、つくばバスセンターの4番乗り場から発着します。

関東鉄道バス 気象台バス停留所 つくば湯~ワールドはここからすぐです

最寄り停留所は気象台で、バス停を降りてすぐのところにあります。学園南循環バスは右回りと左回りがあるのですが、どちらに乗っても所要時間はほぼ同じ。約20分で着きます。運賃は300円で、PASMO、SuicaなどのICカードが使えます。

玄関を入ると、甘い香りがぷーんとします。お隣がシネコンで、お菓子の匂いがするんです。違和感こそ感じるものの、不快な臭いではないのでよしとします。

下駄箱に靴を入れ、フロントで下駄箱の鍵を預け、入館料を払います。館内着とタオル、ロッカーキーを受け取り、脱衣場→大浴場へ行きます。館内はロッカーキーで精算する仕組みになっていて、帰るときに館内着とタオルをフロントに返し、ロッカーキーを返却、代金を精算すると下駄箱の鍵がもらえる仕組みです。困るのは、クレジットカードや電子マネーが一切使えない点。ここは要改善と感じました。



大浴場が、ローマ風呂と日本風呂の2種類がありまして、半月ごとに男女入れ替わる仕組みになっています。キューティー吉本が行ったときは、男性がローマ風呂で、女性が日本風呂でした。内湯が乾式サウナ、スチームサウナ、水風呂、天然温泉、イベント風呂、白湯、寝湯、ジェットバス。露天風呂が天然温泉の湯舟が1つでした。

温泉はほぼ無色透明の、ナトリウム・カルシウム-塩化物強塩温泉です。イベント風呂は入浴剤の入ったお風呂でして、この日はコラーゲン風呂でした。キューティー吉本の体感温度的には、天然温泉、露天風呂、イベント風呂が40~41℃、白湯、寝湯、ジェットバスが41~42℃でした。

まずは、内湯の天然温泉に入った後、乾式サウナに入ります。しかし、このサウナがとにかく暑い。室温が約100℃でした。最近の傾向として、サウナの室温って80~90℃になっている温浴施設が多く、ここはかなり暑めです。

天然温泉の内湯、露天風呂ともにややぬるめで、ゆっくり入れるのがうれしいですね。ゴロンと横になる場所こそないものの、お風呂の合間に休憩できるよう、椅子が置いてあったのでよしとしましょう。

白湯・寝湯・ジェットバスは1つにつながっています。寝湯が熱すぎて、ゆっくり入れないのが難点。これじゃ寝湯になってないですよね。また、ジェットバスは壊れて片側しかジェットが噴射しないところがあります。

小エビとマカロニのグラタン つくば湯~ワールドにて

で、お風呂上がりの呑みです。まず頼んだのが、小エビとマカロニのグラタン。761円(税込)でした。いまどきグラタンを置いているところが珍しく、思わず頼んでしまいました。強いて言えば、マカロニがやや柔らかめ。でも、ちゃんとオーブンで焼いているらしく、うまかったですよ。

フライドポテト つくば湯~ワールドにて

続いて、フライドポテト。380円(税込)でした。健康ランド的な施設へ行くと、グラタンと並んで、毎度頼んでいる代物です。このフライドポテトは、至ってフツーでした。

つくば湯~ワールド 玄関

館内は、1階がフロント、大浴場、宴会場、休憩所、お食事処。2階はプール(大浴場とつながっている)、リラックスコーナーです。リラックスコーナーは、でっかいテレビがずらりと並んでいまして、地上波が全チャンネル同時に見れます。音声は、リラックスチェアーで選局する仕組みです。シートごとに小さいモニターを付ける施設が多い中、ここは全チャンネル同時に見れるのがうれしいですね。

とにかく、ガチに健康ランドでした。恐らく、築30年は経過していると思われ、経年劣化か壁紙が剥がれたり、黄ばんだりしている箇所が見受けられました。しかし、キューティー吉本的には許容範囲。むしろ、築年数のわりにきれいだと感じました。ここだったら1日十分楽しめると思います。