カテゴリー別アーカイブ: 駅弁

関西味めぐり


関西味めぐり 外箱

キューティー吉本が新大阪駅で買った駅弁がこれ、関西味めぐりです。今更説明する必要はないかもしれませんが、関西って三重県を除けば2府4県ありまして、これを1つの駅弁で堪能できると思って買いました。

関西味めぐり 中身

で、中身がこれです。はて、なにわ御膳とどこが違うんだろうという感じでして、芋・たこ・南瓜の煮つけが入っているのは同じなのですが、こっちはサツマイモでした。で、串カツとたこ焼きが入っているのは同じなのですが、焼きそばがなくなって、代わりに筍と巾着が入っています。また、こっちはおこわではなく、普通の白ご飯です。

確かに、大阪らしさを感じるのは事実ですが、「あれ!? その他1府4県は?」と感じるのは事実でして。無理やりこじつけると、明石のタコは有名ですし、焼肉は神戸牛・・・はムリとして近江牛か、でもって京都でも筍は取れるよなぁ・・・ああ、やっぱり無理がありますね。

キューティー吉本的には、関西を1つの駅弁で堪能するなら、近畿味めぐり弁当の方がいいんじゃないかと感じました。


なにわ御膳


なにわ御膳 外箱

キューティー吉本が新大阪駅で買った駅弁がこれ、なにわ御膳です。まあ、これだったら大阪でしが売ってないだろうと思って買いました。

なにわ御膳 中身

で、中身がこれです。大阪らしいなと思ったのが、まず串カツ・たこ焼き・焼きそばが入っていて、しかもソースが別に付いています。泣かせるのが、オリバーソースである点。欲を言えば、中脳ソースじゃなくてとんかつソースを付けて欲しかったですね。

あと、大阪らしいって思ったのは、いも(里芋)、タコ、南瓜(かぼちゃ)の煮つけですね。これは確かにうまかったです。

その他、おこわが2種類と焼肉、焼き鮭、出し巻き卵とデザートが入っています。なにわ御膳の名前を裏切らず、これは大阪を堪能できる駅弁に仕上がっているのが好感が持てます。キューティー吉本的にはお勧めです。


近畿味めぐり弁当


近畿味めぐり弁当 外箱

晩ご飯は、新大阪駅で買った駅弁でした。どれにしようか迷ったのですが、近畿味めぐり弁当だったら近畿地方でないと売ってないだろうということで、これにしました。

近畿味めぐり弁当 外箱を開けたところ

開けてみるとこんな感じ。外箱の蓋の部分の裏に、食材の産地マップが載っています。

近畿味めぐり弁当 外箱の裏 食材の産地マップになっています

それを拡大すると、これ。大阪・奈良・京都の丸茄子、京都と奈良の水菜、兵庫のぶなしめじと玉葱、滋賀の近江米と近江牛、近江鶏、奈良の牛蒡、和歌山の紀州梅。ここでメジャーどころを挙げるとすると、近江牛と紀州梅ですかねぇ。

近畿味めぐり弁当 中身

中身は、かやくご飯、枝豆、たくあんじゃこ煮、筑前煮、出し巻き卵、水菜と揚げの浸し、丸茄子揚げ煮、近江牛メンチカツ、大根の含め煮、紀州南高梅(切干し和え)です。ここに、興福寺秘伝のレシピを再現した、ごま味噌が付いてきます。

煮物比率が多すぎるのと、焼き物が1つもないのが残念なところ。とはいえ、かやくご飯とメンチカツは気に入りました。うまかったです。

そうそう。ごま味噌が付いてくるって、いったいどこについているんだろうと思ったら、大根と人参の間でした。気づいたのが食べ終わった後で、これは残念。もっとわかりやすいところに入れて欲しかったですね。


プレミアムクラスのお食事 那覇-羽田


那覇-羽田 プレミアムクラスのお食事 2段重が分かれて出てきました

那覇-羽田線でも、プレミアムクラスのお食事を予約していました。なにせ、那覇-羽田便は国内線の中でも屈指の長距離路線でして、夜に那覇空港を出たら、羽田空港に着いた頃には食べるところがないという。ま、那覇空港って夕方でも空弁が充実していたので、「もしかしたら、空弁にありつけないかも」という心配は、取り越し苦労に終わったのですが。

那覇-羽田 プレミアムクラスのお食事 お品書き

いつもだったら2段重ねで出てくるのですが、今回は別々に出てきました。

お品書きは、厚焼き玉子、鯵塩麹焼き、人参しりしり、薩摩芋レモン煮、蓮根金平、牛時雨煮、煮物そぼろ餡かけ(揚げ茄子、冬瓜、人参、紅葉麩、里芋)、パプリカ甘酢漬け、しば漬け、ジューシーご飯、だそうです。

那覇-羽田 プレミアムクラスのお食事 暖かい食事と聞いていたのですが、暖かいのはご飯だけでした

なぜ2段重ねになっていないのか、開けてみるとその謎は解けました。実は那覇-羽田便って、暖かい食事が出るんです。しかし、暖かいのはご飯だけ。「えーっ、そっち!?」って感じでした。たしかに、しば漬けをあっためるわけにはいきませんからねぇ。

やはり暖かいだけあって、ジューシーご飯がうまかったです。あと、このなかでキューティー吉本的に好きだったのは、鯵の焼き魚と煮物かな? 人参しりしりはちょっと食べにくかったですけどね。

ちなみに、エコノミークラスでプレミアムクラスをお食事を付ける場合、ANAのWebサイトから事前予約が必要です。詳しくは、ANA MY CHOICEのサイトをご覧ください。


人形町今半 すき焼き重


人形町今半 すき焼き重 外箱

キューティー吉本は、飛行機で移動中です。お昼ご飯は、羽田空港で買った駅弁ならぬ空弁にします。今日買ったのは、人形町今半 すき焼き重です。

人形町今半 すき焼き重 中身

で、中身はと言いますと、「今半」と書いた麩がデーンとのっています。で、付け合わせのシイタケ、結び糸こんにゃくの下にもお肉がドーンと乗っています。ここへ、すき焼きのたれをかけていただきます。お味は、なんとも繊細でやさしいお味。空弁だけあって中身は小さめ。ぺろりと行けてしまいました。

羽田-那覇間の窓から見える海

問題はお値段。なんと1,784円(税込)もしました。確かにおいしかったんですけど、コストパフォーマンスを考えると「うーん」って感じでした。


ふたごの焼肉弁当


ふたごの焼肉弁当 外観

東京駅から旅する時は、大抵東京駅で駅弁を買って、それを朝ご飯にします。この日買ったのは、ふたごの焼肉弁当でした。「大阪焼肉・ホルモン」とサブタイトルがついています。

ふたごの焼肉弁当 中身

まあ、透明な蓋なので、この写真を載せなくても中身は想像できるかもしれませんが、これが中身です。ご飯の上に牛肉がどーんと乗っていて、ナムルが付け合わせです。

ふたを開けると、焼肉のたれの匂いがぷんとします。「これはすき焼きじゃなくて、焼肉なんだぞ」と主張している感じです。しかし、いざ食べてみますと、お肉がこま切れになっていて、しかも焼肉って感じのお味ではなく、焼肉とは程遠い感じです。むしろ牛丼を食べている感じに近く、もう少し焼肉って感じの味付けにして欲しかったですね。