カテゴリー別アーカイブ: ラーメン

日帰り入浴レビュー:浅草ROX まつり湯


浅草ROX まつり湯 7階エレベーターホール 浮世絵と羽子板が浅草らしいですね

まつり湯の欠点の一つが、喫煙コーナーが仕切られていなくて、しかもお風呂への入り口の町核にある点。そりゃあ煙草を吸う人ならうれしいかもしれませんけど、煙草を吸わない人にとっては煙いし、お風呂あがってすっきりしたところに煙草の煙をかぶる羽目になるし。いい加減どうにかして欲しいと前々から思っていたのですが、ついに重い腰を上げて、喫煙室を作ることになりました。

浅草ROX まつり湯 喫煙室設置の告知

はい。これが分煙に関する告知の看板です。でもって、後ろにビミョーに見えるのが、今のご時世ではあり得ないと言いたくなる、仕切りも何にもない喫煙コーナーです。

では、喫煙室はどこにできるのかというと、6階のお食事処の隣。昔、キッズコーナーがあったところです。じゃあ、キッズコーナーはどうなるのというと・・・ま、子供が多く来る施設ではないし、そもそも6階フロア自体がキッズコーナーみたいなものだって言うことで。

アサヒドライゼロ グラスで 浅草ROX まつり湯にて

今日は諸般の事情で、ノンアルコールビール。瓶詰で出てくるケースが多い中、ここはグラスに注いで出てきました。泡までうまいというのが売りみたいですが、うーんどうなんだろう???

アンコウの唐揚げ 浅草ROX まつり湯にて

で、おつまみがアンコウの唐揚げ。680円でした。レモン汁と酢醤油でいただきます。唐揚げと言っても、衣がカリッとした感じ。キューティー吉本的には、レモン汁だけで全然OKでしたよ。お味はというと、淡白な白身のお魚って感じで、言われなかったらアンコウだってわからないでしょうねぇ。

鶏そば 浅草ROX まつり湯にて

まつり湯のお食事処って、この手の施設にしては珍しく、ラーメンの種類が多かったりします。キューティー吉本が頼んだのが、鶏そば。790円でした。これ、絶対あっさり塩ラーメンだろうと思ったら、その通りでした。細めの麺とのマッチングも良くて、うまかったですよ。これ、お酒飲んだ後の〆にも良さそうな感じですね。ただし、〆に食べるんだったらもう一回り小さくないときついかも。




函館麵屋ゆうみん 塩ラーメン


函館麵屋ゆうみん 店舗外観

函館に来て、イカの他に食べたいものと言えば、塩ラーメン。函館って朝と夜は海鮮系になりがちなので、塩ラーメンは昼にしました。函館駅のすぐ近くに函館麵屋ゆうみんというお店があったので、行ってみます。

塩ラーメン 函館麵屋ゆうみんにて

これが、お店のお勧めの塩ラーメン、650円です・・・て、そうですよね。ここは函館なんですから。透き通ったスープと、やや厚めのチャーシューが食欲をそそります。

で、お味はというと、すっきりとした味わい。これだけすっきりしているスープに太めの麺を入れて、大丈夫なのかと思ったら、ちゃんといい味しているんですねぇ。これ、二日酔いの時にもすいすい入りそうな感じで、あっという間に食べちゃいました。うまかったです。




きび桃太郎外伝 中華そば


きび桃太郎外伝 店舗

通称「品川ラーメン横丁」と呼ばれている品達。京急品川駅の高架下にあります。ここには色々なラーメン屋さんが集結していまして、キューティー吉本も行ってみることに。

中華そば きび桃太郎外伝にて サービスで餃子3個がついてきました

で、あっさりしたラーメンを食べたいと思ったのですが、塩ラーメンは先日食べたばっかりだったので、きび桃太郎外伝の中華そばを食べることに。お値段は750円でした。この日は夜にラーメンを注文した人には、餃子3個がサービスでついてきました。

中華そば きび桃太郎外伝にて

普通に中華そばを想像していたのですが、白ネギがこんもりと乗っていまして、その上から何やら黒いものが振りかけてありました。しかし、この黒い物体が何だったのか、結局は不明。ただし、あっさりスープの中華そばであることは確かで、しかも太麺がしこしこしてうまかったですよ。




マルちゃん やきそば弁当


マルちゃん やきそば弁当 北海道限定 パッケージ 上から

北海道にしかないご当地カップラーメン(正しくはカップ焼きそば)、マルちゃんのやきそば弁当 です。

マルちゃん やきそば弁当 北海道限定 パッケージ 横から

横から見るとこんな感じ、下の方が大きくすぼんでいる感じです。

マルちゃん やきそば弁当 北海道限定 フタ

ちなみに、お土産物屋さんでも売っているのですが、かさばるので持って帰れず。札幌で食べることにしました。

マルちゃん やきそば弁当 北海道限定 フタを開けたところ

作り方は、基本的に普通のカップ焼きそばと同じ。まずは、右下のAの部分を開き、かやくを開けます。

マルちゃん やきそば弁当 北海道限定 液体ソース かやく ふりかけ 中華スープ

カップの中に入っているのが、かやく、液体ソース、ふりかけ・・・と、ここまでは普通のカップ焼きそばと同じ感じですが、変わっているのが中華スープ。麺を戻した時のお湯を捨ててしまうのではなく、中華スープを作れるんです。

マルちゃん やきそば弁当 北海道限定 できあがり

お湯を注いで3分待ち、湯切り口からお湯を捨て、液体ソースを混ぜれば完成です。なお、お湯は全部捨てるのではなく、一部は中華スープにします。

どんな味かと食べてみれば、ややあっさりした感じでした。それから、中華スープが合うんですよね。確かに、北海道の人がはまるのもわかる気がします。

らー麺 とぐち 白味噌ラーメン


らー麺 とぐち 店舗

やっぱり札幌に来たら、味噌ラーメンを食べて帰りたいですね。すすきの周辺を歩いていて、たまたま見つけたのがここ。らー麺 とぐちです。

らー麺 とぐち 白味噌バターコーンラーメン

味噌ラーメンと言っても、ここは赤味噌ラーメンと白味噌ラーメンが選べます。キューティー吉本は、白味噌バターコーンラーメンを注文。

「100円のトッピングを1品無料でつけられますけど。」

・・・で、味玉子を追加。しかし、味玉子は元々ついていることが判明し、味玉子が2つという事態に。

赤味噌の方がどちらかというと濃厚な感じで、白味噌の方がどちらかというとあっさりとしている感じを想像していたのですが、白味噌でも十分濃厚な感じです。この濃厚な味噌をまろやかにするために、キューティー吉本は大抵バターとコーンをトッピングするというわけです。

お値段は980円と、ラーメンにしては値が張りましたが、うまかったですね。