カテゴリー別アーカイブ: 蕎麦

手打ち蕎麦 大丸 更科とろろそば


手打ち蕎麦 大丸 店舗

善光寺に行ったところで、少し遅いのですがお昼ご飯にしたいと思います。善光寺への参道に、活けてる感じのお蕎麦屋さんがあったので、行ってみたいと思います。

手打ち蕎麦 大丸 店内

普通のお蕎麦と更級そばの2種類がありまして、更級そばは1,000円以上する上物。どっちにしようか迷ったのですが、ここはけちると後悔すると思って、更級そばを頼むことに。

更級とろろそば 手打ち蕎麦 大丸にて

しかも、とろろまでつけてしまいました。これで、1,100円です。

まず、キラキラと光る細麺が、食欲をそそります。で、食べてみると優しい感じの食感です。これが蕎麦であると主張せず、控えめな感じ。それでいてコシが適度にあって、のど越しも良く、これはうまいですね。

手打ち蕎麦 大丸 入口

しかも、このレトロな雰囲気がいいですね。こういう空気感で、しかも観光地だと、味は期待できないお店が多い中で、ここのお蕎麦はホントうまかったです。いや、さすが長野県ですね。




信州そばと地酒 小木曽製粉所


信州そばと地酒 小木曽製粉所 外観

晩ご飯は、信州そばと地酒 小木曽製粉所に目を付けていまして、行ってみることにしました。なんとここ、長野東急REIホテルと同じ建物でした。(以下、代金は税別)

玉子焼き 小木曽製粉所にて

まず頼んだのが、玉子焼き。500円でした。しかし、ここで痛恨のミス。よーく考えたら、今朝東京駅玉子焼き定食を食べたのでした。

馬刺し 小木曽製粉所にて

それから、長野県に来たらこれが食べたい。馬刺し、700円でした。しょうが醤油でいただきます。臭みが全くなく、うまかったですよ。

焼き味噌 小木曽製粉所にて

続いて、焼き味噌。350円でした。その名の通り、味噌をペースト状にして、しゃもじの上に伸ばし、上からこんがりと焼きあげます。味噌の濃い味と、おこげの香ばしさが、何ともお酒が進みます。あ、お酒はもちろん、蕎麦焼酎のそば湯割りで。

冷奴 小木曽製粉所にて

続いて、冷奴。320円でした。ここ、とにかく一品料理が安くて、ありがたいですね。

ざるそば 小木曽製粉所にて

長野県ですから、〆はざるそばで。500円でした。どちらかというとしっかりしていて、腰のある麺でした。のど越しも良く、うまかったですよ。ここは本来お蕎麦屋さんでして、自社製粉だそうです。

信州そばと地酒 小木曽製粉所 看板

このお店、昼はセルフ式のお蕎麦屋さん、夜は信州郷土料理がある居酒屋さんになります。残念なのが、クレジットカードが使えない点。ただし、お値段がリーズナブルなので、そこは許すとしましょう。


そば亭 油や もりそば


そば亭 油や 店舗入口

長野についたところで、お昼ご飯を食べます。長野駅前に、「そば亭 油や」なるお店があったので、入ってみます。

もりそば そば亭 油やにて

キューティー吉本が頼んだのが、もりそば。750円でした。キラキラ光る麺が、食欲をそそります。で、お蕎麦そのもののお味がしっかりしていて、それでいてコシもあって、のど越しのいいお蕎麦でしたよ。さすが長野県、お蕎麦はおいしかったですねぇ。

ただ、残念なのが、出てくるまでにとんでもなく時間がかかったこと。10分~15分ぐらいは待ったと思います。店内は広く、たくさんのお客さんを収容できるのですが、調理が間に合っていない感じです。




両国湯屋 江戸遊


両国湯屋 江戸遊 建物外観 中央の細長いビルです

久々に行ってみました。で、キューティー吉本がここへ行くのは、岩盤浴に行きたいときなんですね。なぜかと言いますと、2,380円の入場料の中に、岩盤浴の料金が込みになっているからなのです。平日は入り放題、土日祝日は予約制です。(料金はいずれも税込)

で、この日も岩盤浴に行ってみたのですが、ちょっと臭う。やはり劣化し始めているのかなといった感じです。

鶏わさ 両国湯屋 江戸遊にて

ここは、酒の肴が充実しています。最初に頼んだのが、鶏わさ。520円でした。鶏肉の周りをうっすらと焼き、たたき状にした一品です。これ、鶏肉を食べているとはとても思えなくて、お魚を食べてるとしか思えない食感。うまかったです。

たらの芽とふきのとうの天ぷら 両国湯屋 江戸遊にて

続いて、たらの芽とふきのとうの天ぷら。800円でした。春らしい一品ですね。塩でいただきます。このほろ苦さが癖になりそうなんですけど、キューティー吉本的には天つゆで食べたかったですね。

二八ざるそば 両国湯屋 江戸遊にて

最後の〆が、二八ざるそば。670円でした。このお蕎麦ののど越しが良く、細麺がたまらなくうまいですね。あっという間になくなってしまうのは、このお蕎麦がおいしいせいか、それともキューティー吉本の食欲のせいか。

両国湯屋 江戸遊 玄関

岩盤浴がついているのはうれしいんですけど、お風呂をどうにかグレードアップして欲しいですね。寝湯とジェットバス、二股温泉があるとはいえ、湯船が事実上2種類しかないんです。建物の構造上、露天風呂が作れないのは仕方がないとして、だったらせめて湯船をもう1つ増やして、高濃度炭酸泉を作って欲しいですね。




へぎそば菊新 天ざるそば


へぎそば菊新 建物

越後湯沢温泉には、お蕎麦屋さんがたくさんあります。名物はへぎそば。大きな箱に、4~5人前はありそうなお蕎麦が、きれいに盛り付けられてでてきます。何人かで箸をつっつきながら食べるざるそばみたいなものって考えればいいと思います。

キューティー吉本が行ったのは、越後湯沢駅東口の目の前にある、菊新というお蕎麦屋さん。もちろん、へぎそばもあります。

へぎそば菊新 大名そば サンプル

これが、へぎそばです。大名そばと名前がついていますが、最低でも3人前。多いと5人前のお蕎麦が出てくるそうで、こんなの一人で食べきれるわけがない。

へぎそば菊新 天ざるそば

そこで、キューティー吉本が頼んだのは、天ざるそばでした。1,400円です。ざるそばに、えび、舞茸、野菜の天ぷらがついてきます。

とにかく、この蕎麦がうまい! お蕎麦ののど越しがいいし、腰もあるし、お味もいいですね。キューティー吉本も昔へぎそばって食べたことがあったんですけど、そんなにおいしかった記憶がなく、「あれー、越後湯沢のそばってこんなにおいしかったっけ!?」と失礼ながら思ってしまいました。

天ぷらも揚げたてで、うまかったです。しかも、分量も多くて、およそ蕎麦よりも量が多かったんじゃないかって思ってしまいました。ただ、だしの分量が少なめで、そこだけがちょっと残念。

あまりのうまさに、あっという間にぺろり。これだったら3人前の大名そばだったら行けたんじゃないかと、ちょっと後悔。




栄茶屋 自然薯そば


高尾山口 栄茶屋 店舗

高尾山に行く前に、そろそろお昼なのでお昼ご飯を食べます。高尾山口駅の周辺には、お蕎麦屋さんがいっぱいあります。中でも名物は、とろろそば。キューティー吉本も、そのうちの一軒に入ります。

高尾山口 栄茶屋 自然薯そば 冷たいの

なぜここにしたのかというと、とろろそばを置いているお店は色々あるものの、ここだけ自然薯そばがありまして、どんな感じなのか食べてみたかったのです。自然薯そばは冷たいのと暖かいのがあるのですが、キューティー吉本は冷たいのを注文。

高尾山口 栄茶屋 自然薯そば わさびとネギを入れて、よく混ぜていただきます

食べ方はと言いますと、わさびとネギを適量入れ、しっかり混ぜていただきます。このお蕎麦のコシが強くて、しかものど越しが良くてうまかったですね。ただ、自然薯ってもう少し味を主張するかなと思ったのですが、普通のとろろとあまり差を感じなかったのが残念。

高尾山口 栄茶屋 自然薯そば 残ったおだしは蕎麦湯で割っていただきます

おそばを食べた後は、残っただしを蕎麦湯で割っていただきます。

高尾山口 栄茶屋 玄関 お店でそばを打っています

この自然薯そば、お値段はなんと1,340円もします。ちなみに、高尾山口周辺でのとろろそばのお値段は、900~1,000円ぐらい。そう考えると、お値段は高いのですが、何せ自然薯そばなんてそう簡単に食べられないので、高尾山口に来たときは是非ご賞味を。