カテゴリー別アーカイブ: 飛行機

悲報:ANAのプレミアムクラスのお食事を、普通席でも食べられるサービスがなくなりました


那覇-羽田 プレミアムクラスのお食事 暖かい食事と聞いていたのですが、暖かいのはご飯だけでした

ANAは2017年10月に、プレミアムクラスのお食事をグレードアップさせまして、更にお昼に提供される時間帯が伸びました。一方で、プレミアムクラスに乗らなくても、Webで事前予約すれば、プレミアムクラスのお食事を購入できるサービスがなくなりました。

今ではだいぶ充実したとはいえ、地方の空港だと駅弁ならぬ空弁を売っているかどうかが怪しく、あっても夕方には売り切れという可能性があります。更に、到着後は空港内を含め、飲食店が開いているかどうかが怪しく、確実に晩ご飯にありつけるサービスとして便利だとは思っていたのです。が、1,800円近いお値段がネックになったのか、利用者はあまりいなかったみたいです。事実、このサービスをキューティー吉本以外の人が利用していたところを見たことがありません。

これからは、確実に晩ご飯が食べたかったらプレミアムクラスに乗れってことなんでしょう。うーん、しかしあのお値段ですからねぇ…


機内食レビュー:プレミアムクラスのお食事 那覇-羽田


那覇-羽田 プレミアムクラスのお食事 2段重が分かれて出てきました

那覇-羽田線でも、プレミアムクラスのお食事を予約していました。なにせ、那覇-羽田便は国内線の中でも屈指の長距離路線でして、夜に那覇空港を出たら、羽田空港に着いた頃には食べるところがないという。ま、那覇空港って夕方でも空弁が充実していたので、「もしかしたら、空弁にありつけないかも」という心配は、取り越し苦労に終わったのですが。

那覇-羽田 プレミアムクラスのお食事 お品書き

いつもだったら2段重ねで出てくるのですが、今回は別々に出てきました。

お品書きは、厚焼き玉子、鯵塩麹焼き、人参しりしり、薩摩芋レモン煮、蓮根金平、牛時雨煮、煮物そぼろ餡かけ(揚げ茄子、冬瓜、人参、紅葉麩、里芋)、パプリカ甘酢漬け、しば漬け、ジューシーご飯、だそうです。

那覇-羽田 プレミアムクラスのお食事 暖かい食事と聞いていたのですが、暖かいのはご飯だけでした

なぜ2段重ねになっていないのか、開けてみるとその謎は解けました。実は那覇-羽田便って、暖かい食事が出るんです。しかし、暖かいのはご飯だけ。「えーっ、そっち!?」って感じでした。たしかに、しば漬けをあっためるわけにはいきませんからねぇ。

やはり暖かいだけあって、ジューシーご飯がうまかったです。あと、このなかでキューティー吉本的に好きだったのは、鯵の焼き魚と煮物かな? 人参しりしりはちょっと食べにくかったですけどね。

ちなみに、エコノミークラスでプレミアムクラスをお食事を付ける場合、ANAのWebサイトから事前予約が必要です。詳しくは、ANA MY CHOICEのサイトをご覧ください。



那覇空港


那覇空港 国内線ターミナル

那覇空港の国内線ターミナルです。日本でも有数の規模を誇る空港だけあって、かなり立派なターミナルビルです。

那覇空港 国際線ターミナル

また、那覇空港には、国際線のターミナルもあります。

那覇空港 手荷物検査場内

国内線ターミナルの中、手荷物検査場内のエリアです。中は広くて、端っこから端っこまで歩いたら10分はかかるんじゃないでしょうか。時間に余裕をもってお越しくださいませ。

那覇空港 1階到着ロビー

1階到着ロビーです。各種サービスカウンターや、飲食店があります。夕方の時間帯でも、空弁は結構豊富にありました。

那覇空港 リムジンバス乗り場

バス乗り場です。沖縄本島各地へ行くバスが発着します。

那覇空港 2階出発ロビー

2階出発ロビーです。お土産物屋さんが立ち並びます。また、ゆいレールで那覇市内へ行く方は、一旦2階出発ロビーに上がります。



機内食レビュー:プレミアムクラスのお食事 函館-羽田


プレミアムクラスに乗れば機内食がついてくるのですが、普通の席つまりエコノミークラスでも事前にWebで予約すればプレミアムクラスのお食事を追加することができます。飛行機に乗るのが夜になる場合、キューティー吉本は大抵プレミアムクラスのお食事を頼みます。これは、函館から羽田まで飛行機に乗ったときのお食事です。

函館のうまいものが出てくるのかと思いきや、「精進懐石らかん亭」って東京のお弁当でした。

プレミアムクラスのお食事は、2段重になっています。一の重が海老カステラ、鰤照り焼き、鶏千草焼き、点じゃがフライ、芽くわい唐揚げ、海老しんじょう揚げ、チーズちくわ、しめじ茸辛煮、青唐、竹の子味噌煮、蓮根梅肉煮、薩摩芋津軽煮です。二の重が煮物(南瓜、牛蒡利休煮、高野豆腐、人参梅煮)、揚げとゆかりご飯です。

これが中身です。まず、見た目がとっても鮮やかで、とってもおいしそうです。絶品だったのが、海老しんじょう揚げと鰤照り焼き。あと、煮物のお味がとっても繊細で、おいしかったですよ。

ちなみに、エコノミークラスでプレミアムクラスをお食事を付ける場合、ANAのWebサイトから事前予約が必要です。詳しくは、ANA MY CHOICEのサイトをご覧ください。



函館空港


函館空港 国内線旅客ターミナルの模型

函館の空の玄関口、函館空港です。函館駅からは空港バスで約20分で運賃410円と、実は函館の中心部から意外と近いところにあったりします。何しろ、函館空港って湯の川温泉をもう少し先に行ったところにあるんですから。函館市電をもう少し伸ばしたら、函館空港まで着きそうな気がします。日本で唯一、路面電車で行ける空港って、あったらいいなぁって思いますけどねぇ。

函館空港 搭乗カウンター

国内線ターミナルです。搭乗カウンターと出発ロビーは、1階にあります。これが、搭乗カウンターです。

函館空港 到着ロビー

こちらが、到着ロビーです。この先に、国際線ターミナルがあります。

函館空港 出発ロビー

2階が出発ロビーです。今となっては絶滅危惧種と言ってもいい、パタパタ式(・・・とキューティー吉本は勝手に呼んでいる)の出発案内があります。

函館空港 出発口 手荷物検査場入り口

手荷物検査場の入り口です。この横にお土産物屋さんが並んでいます。

函館空港 出発待合所

手荷物検査場の先にある、待合所です。売店もありまして、空弁の品ぞろえは多い部類に入るんじゃないでしょうか。

函館空港 送迎デッキの入り口

3階には、送迎デッキがあります。ちょっと行ってみます。

函館空港 送迎デッキ ほぼ何も見えませんでした

これが送迎デッキです。残念ながら、ほぼ何にも見えませんでした。ま、飛行機がひっきりなしに飛んでいるというわけではないですから。