カテゴリー別アーカイブ: 神奈川

熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部


熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部 エントランス

久々に来ました。

この施設の数少ない欠点の一つが、入退館の列の長さ。一体なんでそうなるのかと思ったら、他の施設に比べて、1人のお客さんにかける時間が長すぎ。ただ、キューティー吉本はそんなに時間がかかるわけではなく、キューティー吉本の入館手続きが済んだのに、キューティー吉本よりも前に並んでいたはずの人の入館手続きが終わっていなかった、なんてこともありました。なので、なんであんなに時間をかけているのか謎です。

手羽先焼き鳥 熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部にて

で、いつもの呑みです。手羽先の焼き鳥を売りに来たので、試しに頼んでみました。しかし、正直に言うと、これははずれ。味はともかく、とにかく食べにくい。そのままかじったとしても、一旦串から外したとしても、結局手で持つことになり、手がねちょねちょになるんですね。

牛ハラミの炙り焼 熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部にて

続いて、牛ハラミの炙り焼きです。牛ハラミ肉をさっと炙って、レアでいただきます。お肉が柔らかくておいしかったのですが、問題はお値段。なんと、1,290円もします。確かにおいしかったんですけど、値段相応でしたかって言われると、うーんって感じです。

天ぷら盛り合わせ 熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部にて

最後に、天ぷらの盛り合わせ。790円でした。ししとう、なす、かぼちゃ、えび2匹です。ちゃんと揚げたてが出てきまして、これはおいしかったですよ。欲を言えば、えびは1匹でいいから、いかの天ぷらも食べたかったかな?




熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部


横浜みなとみらい万葉倶楽部 建物外観

立て続けというかなんというか、横浜みなとみらい万葉倶楽部に来ました。

横浜みなとみらい万葉倶楽部 横浜駅西口行き送迎バス

横浜駅西口から無料送迎バスが出ています。ここはみなとみらい駅から5分とかからないところにありまして、どうしても送迎バスがないと困るというわけではないのですが、無料で横浜駅まで送ってくれるというのはありがたいですね。

横浜みなとみらい万葉倶楽部 冬の万葉御膳 全体

いつもだったらお風呂上りは呑みなのですが、今日は諸般の事情で食べる方にしました。万葉御膳をご注文いただいた方は、ワンドリンクサービスという言葉につられて、つい万葉御膳を頼んでしまいました。

横浜みなとみらい万葉倶楽部 冬の万葉御膳 前菜と軍艦巻き3貫、茶わん蒸し、フグの天ぷら

前菜が3種類。だし巻き卵、おつまみとろろ、マグロの漬けです。お寿司が、いくら、フグ、ねぎとろの軍艦巻きです。マグロの漬けにはゆずが振りかけてあって、これがお上品なお味でした。

横浜みなとみらい万葉倶楽部 冬の万葉御膳 軍艦巻き3貫と茶わん蒸し、フグの天ぷら

揚げ物がフグの天ぷら。それに、茶わん蒸しがつきます。ご飯ものが軍艦巻き3貫しかないので、おいしいものと一緒にご飯が欲しい人にとっては物足りないかもしれません。キューティー吉本的にはこれで十分OKなんですけどね。

横浜みなとみらい万葉倶楽部 冬の万葉御膳 大山鶏の豆乳鍋

メインは、大山鶏の豆乳鍋です。ここはお鍋は小型のカセットコンロを使っています。お鍋には鷹の爪が浮いていまして、さぞかし辛いのかかと思いきや、ゆずの風味を効かせたおだしになっていまして、これが上品なお味でした。

横浜みなとみらい万葉倶楽部 冬の万葉御膳 大山鶏の豆乳鍋

しかも、ちゃんと〆のうどんがついてきました。これはうまかったです。

これは、万葉御膳の中には含まれていないのですが、デザートのケーキです。見た目はすごくきれいなのですが、これが食べにくかった。なにせ、フォークじゃまともに切れないんですね。だからと言って、一口でパクリと食べられるサイズじゃなくて、仕方なく分解する羽目に。あーあ、お行儀の悪いこと。

ちなみに、万葉御膳のお値段は、2,890円。今日は呑んでいないにもかかわらず、呑んでいるのと変わらない金額がかかっているという…




綱島源泉 湯けむりの庄


綱島源泉 湯けむりの庄 看板

宮前平源泉 湯けむりの庄と同じシリーズのお店ができたらしいという情報をキャッチしていたのですが、なかなか行く機会がなく、この度ようやく行ってみました。綱島源泉 湯けむりの庄です。

その名の通り、最寄り駅は東急東横線の綱島駅です。綱島駅と言えば、今でこそ住宅街になっているものの、かつては綱島温泉があったところ。そりゃあここにいいお湯が出ないわけがないよな、ということで、かなり期待できます。

横浜市交通局 臨港バス 樽野谷バス停留所 綱島源泉 湯けむりの庄の最寄りバス停です

ただし、綱島駅から歩いて20分ぐらいかかるので、できればバスに乗ったほうがいいと思います。綱島駅の6番のりばから、鶴見駅行きか川崎駅行きに乗って、樽野谷バス停で降ります。キューティー吉本は鶴見行きに乗りましたが、運賃は150円でした。日中時間帯で、バスは1時間に8本ぐらい出ているので、不便を感じることはないと思います。

樽野谷バス停からは歩いて1分とかからないところにありまして、この写真をよーく見るとわかるのですが、背後に「綱島源泉 湯けむりの庄」の看板が見えます。

綱島源泉 湯けむりの庄 綱島駅からのシャトル時刻表

また、綱島駅から無料のシャトルバスもあるのですが、9名しか乗車できず、運が良ければ乗れる程度に考えておいたほうがいいと思います。

綱島源泉 湯けむりの庄 入口

営業時間は9:00~翌0:30で、料金はタオルと館内着のレンタル込みで、大人平日1,200円、休日1,400円。小学生が平日900円、休日1,100円です(料金はいずれも税抜)。小学生未満は入館できません。ここは大人がゆっくりする場所だとキューティー吉本は勝手に解釈していまして、そういう意味では子供が簡単に入れない料金システムになっているのは好感が持てます。逆に、タオル・館内着がついていると考えれば、大人料金は格安とも言えまして、そりゃあ人気が出るわなって感じです。

綱島源泉 湯けむりの庄 建物外観

お風呂は、内湯が乾式サウナ、スチームサウナ、水風呂、天然温泉、ジェットバス、寝湯。露天風呂が天然温泉と壺湯、炭酸泉、うたたね湯です。変わっているのは水風呂で、なんとここも温泉です。なので、天然温泉じゃないのはジェットバスだけです。

天然温泉はナトリウム-炭酸水素冷鉱泉で、コーヒー色のお湯です。入ってみると、トロっと感があります。宮前平源泉 湯けむりの庄スパ ガーディッシュも同じ感じのお湯なのですが、これはいいお湯だなと感じました。キューティー吉本の体感温度的には、おおむね40~41℃。炭酸泉、壺湯、うたたね湯はぬるめで38~39℃でした。

まず、内湯の天然温泉には、電気風呂があります(これだけでもキューティー吉本のテンションアップ)。強・中・弱の3つがあるのですが、強は電気が強すぎて入れず、弱は電気が弱すぎて効果なしでした。これだったら3つとも中にしてもいいんじゃないかと思います。事実、みんな入っているのは中でして、強と弱に入っている人はいませんでした。

近隣にマンションがある関係で、露天風呂は屋根付きです。ただし、開放感を出す工夫はされていまして、「外の空気が入っているんだし、露天風呂だよね」的な感覚はゼロ。これはうまいと感じました。

キューティー吉本的に一番気に入ったのが、壺湯。ここはぬるめの天然温泉になっていまして、しかも漢方薬湯になっていました。温度が高くなると冷源泉が投入される仕組みになっていまして、これはホントずっと入っていられる感じでした。

宮前平源泉 湯けむりの庄と同様にうたたね湯がありまして、ここは仰向けに寝ると半分がお湯に浸かる仕組みになっているのですが、宮前平源泉 湯けむりの庄では熱すぎて入れず、ここはどうかと思ったら、ぬるめのお湯になっていまして、実に快適そのもの。また、宮前平源泉 湯けむりの庄にはなかった、お風呂の途中で横になって休憩できるところがこっちにはあります。

青竹二種豆冨 綱島源泉 湯けむりの庄にて

で、お風呂から上がった後の呑みです。最初に頼んだのが、青竹二種豆富。530円(税抜)でした。普通の豆腐とごま豆腐の両方を味わえます。わさびかだし醤油でいただきます。ごま豆腐の胡麻の風味が濃い感じですが、まずまずおいしかったですよ。ただ、キューティー吉本的には味が混ざらないよう、だし醤油と取り皿を2つ出して欲しかったな。

海老とホタテのペンネグラタン 綱島源泉 湯けむりの庄にて

次に頼んだのが、海老とホタテのペンネグラタン。930円(税抜)でした。サラダとガーリックトーストがついてきます。

まず、グラタンが濃厚そのもの。その理由がホタテでして、これがいい味を出しています。また、ガーリックトーストと言ってもパンが変わっていて、ガーリックトーストにしていると思うのですが、パンはふわふわ。不思議な食感でおいしかったですよ。

せいろそば 綱島源泉 湯けむりの庄にて

最後の〆はせいろそば。630円(税抜)でした。見た目の立派さとは裏腹に、お味は落第点。これだったら、立ち食い蕎麦でももうちょっとおいしいお蕎麦が出てくるのにって思ってしまいました。正直お勧めできません。

綱島源泉 湯けむりの庄 館内 2階の吹き抜け

館内は、1階がフロント、お食事処、岩盤浴、お休み処。2階が浴場とフィットネスクラブです。岩盤浴は、別料金で800円(税抜)です。全体的には和モダンの感じで、落ち着いた雰囲気です。

お休み処は、1階岩盤浴の奥にあります。ここにはリラックスチェアーがありまして、お風呂上りにお昼寝ができます。位置的にフロントやお食事処とも近く、騒音が入ってこないかと心配でしたが、許容範囲でした。宮前平源泉 湯けむりの庄よりも座席数が多いのがうれしいです。

綱島源泉 湯けむりの庄 玄関

キューティー吉本の期待を裏切らず・・・ていうか、期待以上にすごい施設になっていまして、宮前平源泉 湯けむりの庄で弱点と思っていたところが全部改善されていまして、これは恐るべしと感じました。キューティー吉本的な満足度は非常に高く、ここの人気が高いのも納得できると思います。ただし、キューティー吉本が行ったのは平日でして、これが休日だとたくさんの人が押し寄せている姿が目に浮かぶ感じがします。


熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部


横浜みなとみらい 万葉倶楽部 玄関 正月らしくしめ縄と門松が飾られていました

年末年始の強行軍で、横浜みなとみらい 万葉倶楽部へ行ってきました。行ってみると、お正月らしくしめ縄が掲げられて、門松が立っていました。

で、今日は駅伝見たさに低温サウナを長湯。間に水をかぶったとはいえ、20分は入っていたと思います。しかし、思いのほかこれで身体が軽くなることが判明。肩こり・腰痛がすらっと楽になりました。

(注:だからと言って、医学的根拠があるわけではありません。真似する方は自己責任でお願いします)

牛もつ鍋 一人用鍋で出てきます 横浜みなとみらい 万葉倶楽部にて

で、メニューに牛もつ鍋を見つけてしまいました。恐る恐る

「これ、1人前でも頼めますか?」

・・・と聞いてみたら、OKとのこと。で、出てきたのがこれです。1,290円(税別)でした。ガスこんろに火をつけて、しばらく待ちます。

牛もつ鍋 完成 横浜みなとみらい 万葉倶楽部にて

しばらく待つと、完成です。しょうゆベースのスープに、牛もつ、キャベツ、ごぼう、ニラ、豆腐が入っていました。やはりこの牛もつのプルプルの食感がたまりません。口の中に入れると、ふわりと消えてなくなります。で、この脂っぽいのをキャベツとごぼうが打ち消してくれるというわけで、いやこれはうまいですね。

牛もつ鍋 〆の麺 横浜みなとみらい 万葉倶楽部にて

やはり最後は〆のちゃんぽん麺で。〆の麺が1玉290円(税別)でした。こうやって見ると、鍋焼きラーメンに見えると思うんですけど、こちらは牛もつや色んなおだしが出ていて、うまかったです。

この他、まぐろの解体ショーもやっていました。どうやら正月3が日はずっとやるみたいです。




PowerShot G9Xを持ってあちこちを旅してみた


Canon PowerShot G9X

以前使っていたデジカメがお亡くなりになりまして、代わってPowerShot G9Xを買いました。ま、このカメラのレビューはカメラマニアの皆様にお任せするとして、旅行大好きのキューティー吉本としては、新しいカメラを買ったからにはあっちこっちに行ってみたくなるわけで、色々なところへ行って撮影してきました。

JR外房線 茂原駅 3番線・4番線 Canon PowerShot G9Xで撮影

まず行ったのが、JR茂原駅。本当だったら安房鴨川あたりに行って海を撮りたかったのですけど、あいにくこの日は雨。なので、茂原駅で折り返すことに。

舞浜ユーラシア 3階ロビー Canon PowerShot G9Xで撮影

で、舞浜ユーラシアでお風呂に入ることにしました。これは、3階のロビーで撮りました。

舞浜ユーラシア 5階テラスで咲いていたお花 Canon PowerShot G9Xで撮影

お酒飲みつつ、テラスで撮影。絞りとか色々いじくってました。

舞浜ユーラシア 夜のロータリー Canon PowerShot G9Xで撮影

夜になるとこんな感じ。この時間、東京ディズニーランドへ行っていた宿泊客がどーんと押し寄せます。

杉戸天然温泉 雅樂の湯 中庭 Canon PowerShot G9Xで撮影

続いて、杉戸天然温泉 雅楽の湯。ここの中庭がホント立派なんですよね。

杉戸天然温泉 雅樂の湯 中庭 Canon PowerShot G9Xで撮影

こちらは別の場所から。

どうやらこのカメラ、狙ったものへピントをきっちり合わせる性格みたいですね。ピントがきっちり合えば、抜群にきれいな写真が撮れるのですが、ピントが合わないと超ボケボケの写真が出来上がります。

ボタンが2段階ありまして、軽く押してピント合わせ、更に押すと撮影です。なので、ボタンを軽く押し→更に押しってやらないときれいに撮れないのですが、キューティー吉本みたいな超初心者は慣れるのが大変で、ついボタンをぐっと押してしまいますね。

小田急電鉄 特急はこね VSE  車内販売エリア 小田原駅で撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

で、今度は箱根に行こうということで。たまたま、小田急ロマンスカーVSEが来たので、こちらも撮影。

箱根登山鉄道線 特急はこね VSE 正面 箱根湯本駅にて撮影  Canon PowerShot G9Xで撮影

箱根湯本駅で、真正面を撮影できました。

箱根湯本温泉 温泉街への河原  Canon PowerShot G9Xで撮影

で、天成園に行く道すがらで撮影。

箱根湯本温泉 天成園 温泉街への道のり  Canon PowerShot G9Xで撮影

箱根湯本って川沿いに温泉街がありまして、これが結構きれいだったりします。

箱根湯本温泉 天成園 箱根湯本温泉街への川  Canon PowerShot G9Xで撮影

なので、この川で色々撮影。シャッター速度とか、わけもわからず色々いじくって遊んでました。

箱根湯本温泉 天成園 建物の前を川を夜に撮影  Canon PowerShot G9Xで撮影

こちらは、天成園の目の前で撮影。なるほど、シャッター速度を長くすると、夜でも明るく見えるんですね。

箱根湯本温泉 天成園 温泉街の河原を夜に撮影  Canon PowerShot G9Xで撮影

同じく、箱根湯本温泉街を、シャッター速度を長めにして撮影。

箱根登山鉄道線 箱根湯本駅 駅舎を夜に撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

色々遊んだあとで、箱根湯本駅に到着。

京浜急行 600系 正面 平和島駅にて撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

続いて、京浜急行線で平和島へ。シャッター速度を短くして、通過電車を撮ってみました。

天然温泉平和島 建物 Canon PowerShot G9Xで撮影

で、天然温泉平和島へ来ました。

羽田空港第2旅客ターミナル  クリスマスツリーとクリスマスイルミネーション Canon PowerShot G9Xで撮影

このままゆっくりすればいいのに、何を思い立ったのか羽田空港へ。クリスマスツリーとイルミネーションがきれいでしたよ。

A320 羽田空港にて撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

でも、飛行機を撮りたい。これは、A320です。PowerShot G9Xって光学3倍ズームで、高額ズームの範囲を超えていたんですけど、キレイですね。

B787とB777-200 羽田空港にて撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

手前がB787、奥がB777-200です。B747が引退しまして、キューティー吉本的に大好きな飛行機はB777-300っていって、世界で一番胴体の長い旅客機なのですが・・・

B777-300 羽田空港にて撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

そのB777-300が来ました! キューティー吉本大感激です!




箱根湯本温泉 天成園


箱根湯本温泉 天成園 建物

PowerShot G9Xを持って、どこへ行こうかなと思ったのですが、行った場所は天成園でした。ま、温泉大好きのキューティー吉本らしいということで。

箱根湯本温泉 天成園 近くの川に珍しい鳥がいました

天成園に行く前に、珍しい鳥を見つけました。しかしこのPowerShot G9X、ピントが合えば抜群にきれいな絵を撮ってくれますね。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾の瀧

建物の裏には、玉簾の滝があります。ここでしばらく練習がてらに撮影します。あ、もちろんこの後、温泉に入っていますよ。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾の瀧 池には鯉が泳いでいます

玉簾の滝の池には、鯉がいます。

冷奴 箱根湯本温泉 天成園にて

で、温泉に入った後の呑みです。最初に頼んだのが、冷奴。だし醤油でいただきます。きーんと冷えた状態で出てくるのがいいですね。

お刺身盛り合わせ 箱根湯本温泉 天成園にて

次に頼んだのが、お刺身の盛り合わせ。金目鯛、マグロ、鯛の三種盛りです。見た目すっごくきれいで、しかも氷の上に盛り付けてあるという一品です。しかし、その割にはあんまり冷えてなかったのがちょっと不満。

ほたるいかの沖漬け 箱根湯本温泉 天成園にて

つづいて、ほたるいかの沖漬けを注文。これ、お酒とか焼酎とかによく合うんですよね。

ざるとろろそば 箱根湯本温泉 天成園にて

〆は、ざるとろろそば。実は箱根ってとろろそばがおいしいところなんですけど、天成園もその期待を裏切らないお味でした。まず、とろろの粘りがすごい。で、鶉卵が入っているのがすごくうれしいですね。お蕎麦ものど越しがよくて、うまかったですよ。