カテゴリー別アーカイブ: 東武鉄道

SuicaやPASMOが使えない鉄道会社があるのはなぜ?


JR東日本をはじめとして、首都圏の列車と地下鉄、バスでは、Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimocaなどの全国共通交通系ICカード(以下、Suicaと略します)が使えるのがもはや常識となっています。しかし、都心から離れたところに行くと、未だにSuicaが使えない鉄道会社や、バス会社があります。

秩父鉄道線 秩父駅 Suica、PASMOなどのICカードは使えません

例えば、羽生から熊谷を経由して、三峰口を結ぶ秩父鉄道秩父駅には、Suicaが使えない旨でっかく書いてあります。

上毛電鉄線 中央前橋駅 改札口 Suica、PASMOは使えません

また、中央前橋から赤城を経由して、西桐生を結ぶ上毛電鉄も、Suicaは使えません。このため、中央前橋駅の改札には、自動改札もICカードリーダーもありません。

1.Suicaは、他の電子マネーよりも仕組みが複雑である

「機械ぐらい買えよ。Suicaなんて、いまどきコンビニだって使えるんだからさぁ。」
なんて考えている方もいらっしゃいますが、簡単に設置できるのは物販の場合。物販だと単純に引き落とし金額を入力して、ICカードリーダーにタッチしてもらえばいいだけなので、仕組みが簡単なのです。

ところが、Suicaを電車やバスで使う場合はそうは行きません。乗車駅と経由駅を記録して、下車駅で運賃を算出してから引き落とす、という処理が必要なのです。このため、乗車駅と経由駅には、どこの駅から乗った(または通った)かを、Suicaに記録しています。で、下車駅ではこの情報を元に、最安の運賃を算出して、Suicaの残額から差し引く、しかもそれをタッチした瞬間に行うという、高度な技術が使われているんです。もちろん、システムの導入にはソフトウェア開発費を含め、多額の資金がかかります。

要は、コンビニでSuicaを使っているのと、電車・バスでSuicaを使っているのとでは仕組みが大きく異なり、後者の方がより高度なことをやっているんです。その分お金もかかりまして、中小の私鉄やバスでは導入する資金を捻出できないのです。

2.サイバネ規格に準拠しなければならない

全国には、ICカード乗車券を採用しているにもかかわらず、Suicaが使えない鉄道・バス会社があります。例えば、同じ九州の市電でも、熊本市電はSuicaが使えます。なので、熊本のレトロ電車にもSuicaが使えますと書いてあります。

熊本市交通局 101号 レトロ電車 熊本駅にて撮影

ところが、鹿児島市電はICカード乗車券が使えるのに、Suicaは使えません。このため、鹿児島のレトロ電車には、ICカードリーダーがついているにもかかわらず、Suicaが使えないのです。

鹿児島市交通局 101型 観光電車 車内 鹿児島駅にて

その他、広島電鉄ゆいレールなど、特に地方都市あたりだと、独自のICカード乗車券を採用しているためにSuicaが使えない鉄道会社やバス会社があるんです。

「ICカードが使えるのに、なんでSuicaが使えないんだよ!」

それは、全国共通のICにするためには、日本鉄道サイバネティクス協議会が策定した規格(通称:サイバネ規格)に準拠しなければならないからなのです。サイバネ規格を採用するには、まずはこの協議会に参加しなけばなりません。それには、多額の年会費を支払わなければならないのです。しかも、路線の追加や変更、廃止を行った場合には申請をしなければならない等、結構面倒だったりするのです。

この費用や負担を嫌って、敢えてサイバネ規格に準拠せず、独自規格のICカード乗車券を採用する鉄道会社・バス会社があるんです。

3.約款を変更しなければならない

これは、JR東日本をはじめとして、A駅からB駅に行くときに複数ルートが存在する鉄道会社の場合の話です。Suicaで乗った場合、正確な乗車経路を特定することができません。また、切符を買うときに乗車経路を指定することもできません。このため、「どの経路で乗ったとしても、最短経路を経由したものとみなして運賃を算出する」と約款に記載する必要があるんです。

では、具体的にどうするかというと、大都市近郊区間に含めるということ。実はJRには大都市近郊区間を乗車している場合、実際の乗車経路にかかわらず最短距離を乗車したものとみなして運賃を計算するルールになっていまして、Suicaが使える区間はこのルールを適用できるよう、大都市近郊区間に含める必要があるんです。

このため、東京近郊区間は関東圏を超え、遠く山梨県や長野県まで範囲に入っています。

「長野県って、どこが東京の近くやねん!」

・・・と突っ込みを入れたくなるかと思いますが、これは首都圏でSuicaが利用できる範囲は約款上、東京近郊区間に含める必要があるからなのです。

4.では、Suicaで乗って、Suicaが使えない駅で降りたらどうなる?

上毛鉄道線 赤城駅 改札口 ICカードリーダーは東武鉄道に乗るときしか使ってはいけません

「改札口にICカードリーダーがない時点で、Suicaが使えないとわかるから気づくのでは?」

・・・と思う方もいらっしゃるかと思いますが、さにあらず。前述の通り、ICカードリーダーがついているのにSuicaが使えないケースがあります。

また、Suicaが使える鉄道会社と、Suicaが使えない鉄道会社の共用駅の場合、Suicaが使えない鉄道会社にSuicaで乗ってしまうケースがあります。この写真は、赤城駅。ICカードリーダーが付いていますが、Suicaが使えるのは東武鉄道線に乗った場合のみ、上毛電鉄線ではSuicaは使えません。ここで、上毛鉄道線に乗る人が、誤ってSuicaをタッチして改札口を通過するケースが考えられるのです。

更に、JRでSuicaエリア内からSuicaエリア外に乗る。Suicaが使える鉄道会社と、Suicaが使えない鉄道会社の間で、列車が相互乗り入れしている・・・など、Suicaで乗ったお客が、Suicaが使えない駅で降りるケースは十分に考えられるのです。

東京メトロ有楽町線 新木場駅 自動改札機 ピンクの自動改札機はICカード専用です

では、Suicaで乗って、Suicaが使えない駅で降りた場合、何が起こるのでしょう。

もちろん、Suicaが使えない駅で降りた場合、当然ですが運賃をSuicaで払うことはできません。現金で支払うことになります。しかし、それだけだとSuicaに乗車駅の情報が残ってしまいます。そこで、乗車駅の情報を消してもらわないといけないのです。もちろん、Suicaが使えない駅ではできません。なので、運賃を精算した時に、運賃を支払い済みであることの証明書がもらえます。で、Suicaが使える駅に行ったときに、この証明書とSuicaを駅員さんに渡して、Suicaの乗車駅情報を消してもらうんです。

これは、JRでSuicaエリア内の駅から、Suicaエリア外の駅へ行った場合も同じ。言うまでもなく、とっても面倒くさいです。

野岩鉄道 会津鬼怒川線 特急リバティ会津 前面 川治湯元駅にて

東武特急リバティ会津って、東武鉄道から野岩鉄道を経由して、会津鉄道の会津田島まで行くのですが、Suicaが使えるのは東武鉄道線内のみ。野岩鉄道線と会津鉄道線内ではSuicaが使えません。これ、かなり危険でして、浅草か北千住あたりで特急リバティ会津にSuicaで乗って、新藤原駅から先の駅へ行くと、かなり高額の運賃を請求されるケースがあるんです。しかも現金精算で、Suicaはしばらく使えなくなるというおまけつきです。事実、これを知らずに特急リバティ会津にSuicaで乗って、野岩鉄道の車掌さんから現金で精算するよう言われ

「機械ぐらい買えよ!」

と逆切れしていたおじさんがいました。確かに、東武鉄道の駅で特急券を買う時点で、新藤原から先の駅に行くかどうかはわかるはずなので、東武鉄道の駅で、新藤原以遠の駅への特急券のみを買おうとしたお客さんに

「Suicaは使えませんので、乗車券も買わないといけないのですが、よろしいですか?」

・・・と注意喚起する必要は大いにあるのではないかと思います。


特急りょうもう


東武スカイツリーライン 200系 特急りょうもう 前面 浅草駅にて撮影

浅草から東武伊勢崎線を走る、特急りょうもうです。大抵の列車は赤城行きですが、たまに太田行きや伊勢崎行きがあります。停車駅は、浅草、東京スカイツリー、北千住、東武動物公園、久喜、館林、足利市、太田、藪塚、新桐生相老赤城です。一部のりょうもう号は、加須と羽生に停まります。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう 車内 シートが新しくなりました

特急りょうもうに久々に乗ってびっくり。なんと、シートが新しくなっていたのでした。特急りょうもうって、外観こそ変わらないものの、列車によってシートが異なるので、全部が新しいシートになったのかどうかはわかりませんが。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう シート 横から撮影

横から見ると、こんな感じ。以前からあった跳ね上げ式のテーブルは健在で、座席を向かい合わせにしてもテーブルが使えます。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう シート背面 シート背面式テーブルがつきました

ついにと言いますか、ようやくと言いますか、シート背面式のテーブルが付きました。跳ね上げ式のテーブルって、ノートPCが使いづらく、通路側の人が使えないというデメリットがあるのですが、これでようやく解消された感じです。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう シート背面 フットレストがなくなりました

その代わり、今までの東武特急には大抵ついていた、フットレストがなくなっています。また、シートこそ新しくなったものの、特急リバティみたくひじ掛け収納式のテーブルやACコンセントはついていません。

シートが新しくなったということは、この車両を当分は使うつもりで、特急リバティで使っている車両に置き換える予定はないと思われます。

赤城駅


上毛電鉄線 赤城駅 駅名票

上毛電鉄線と東武桐生線の赤城駅です。特急りょうもうは、大抵この赤城駅行きです。しかし、ターミナル駅とは思えない、何とものどかな雰囲気の駅です。

東武桐生線 赤城駅 駅構内 向かって左側が上毛電鉄のホーム、右側が東武鉄道のホーム

赤城駅は上毛電鉄と東武鉄道の共同駅でして、駅構内でつながっています。写真左側が駅舎、真ん中が上毛電鉄のホーム、右側が東武鉄道のホームです。

上毛電鉄線 赤城駅 1番線・2番線 1番線は西桐生方面に行く列車が発着します 2番線は中央前橋方面に行く列車が発着します

上毛電鉄が使用する、1番線・2番線です。向かって右側が1番線で、西桐生方面に行く列車が発着します。向かって左側が2番線で、中央前橋方面に行く列車が発着します。

上毛電鉄線 赤城駅 上毛電鉄から東武鉄道に乗り換えるため、上毛鉄道線のホームにICカードリーダーがあります

上毛電鉄線のホームに、乗り換え客用のICカードリーダーがあります。Suica、PASMOなどのICカードが使えるのは東武鉄道のみで、上毛電鉄では使えません。このため、上毛電鉄のホームから出る方が入場、上毛鉄道のホームに行く方が出場になっています。

東武桐生線 赤城駅 東武鉄道線ホーム 3番線・4番線共に、新桐生・太田・館林・浅草方面に行く列車が発着します

東武鉄道が使用する、3番線・4番線です。新桐生・太田・足利市・館林・北千住・浅草方面に行く列車が発着します。赤城駅は東武桐生線の終点なので、線路は行き止まりになっています。

東武桐生線 赤城駅 東武鉄道の留置線

また、ホームの隣には、東武鉄道の留置線があります。

東武桐生線 赤城駅 改札口と切符売り場 東武鉄道線のみSuica、PASMOなどのICカードが使えます

改札口と切符売り場です。上毛電鉄も、東武鉄道も、同じ改札口を通ります。このため、改札口には東武鉄道用のICカードリーダーがあります。駅舎にはこの他、待合室と売店があります。

上毛電鉄線 赤城駅 駅舎 サブタイトルに「おおまま」と書いてあります

駅舎です。近年建て替えられたのか、かなりモダンな作りです。よーく見ると「おおまま」と書いてあります。実は赤城駅のすぐ近くに、わたらせ渓谷鉄道の大間々駅があります。ただし、東武鉄道からわたらせ渓谷鉄道に乗り換えるときは、相老駅の方が便利だったりします。


特急リバティ会津 特急リバティけごん


東武日光線 特急リバティけごん 前面 浅草駅にて

東武鉄道の特急リバティです。特急リバティというのはこの車両への愛称でして、行先によって、特急リバティ会津、特急リバティけごん、特急リバティりょうもう、などの愛称がつきます。理屈は、特急スペーシアと同じですね。

この列車の売りは、3両編成2本に分割することができる点です。これを活かして、東武動物公園で分割して、館林方面へ行く列車と、鬼怒川温泉方面に行く列車にする。下今市で分割して、東武日光方面に行く列車と、鬼怒川温泉方面に行く列車にする、なんてことができるんです。

東武伊勢崎線 特急リバティりょうもう シート 横から撮影

シートを横から見ると、こんな感じ。身体を包み込む感じのデザインになっています。ただし、座った感じはやや硬めでした。

東武鬼怒川線 特急リバティきぬ シート背面のテーブル

東武鉄道の特急としては初めて(?)、シート背面式のテーブルがつきました。テーブルの背面には、車内のご案内が載っています。

会津鉄道 会津線 特急リバティ会津 シート脇のコンセント

これまた東武鉄道の特急としては初めて(?)、ACコンセントがついています。ちょうどひじ掛けのあたりについているので、窓側・通路側どっちの席でもコンセントにありつけます。

野岩鉄道 会津鬼怒川線 特急リバティ会津 シート下部

更に東武鉄道の特急としては初めて(?)、シート背面にボトルホルダーがつきました。が、今までの東武特急にはついていた、フットレストがなくなっていました。これはちょっとショック。

東武日光線 特急リバティけごん ひじ掛け式テーブル

それでも、ひじ掛け収納式のテーブルは、ちゃんとありました。座席を向かい合わせにしても、テーブルにありつけるようにとの配慮でしょう。

東武鬼怒川線 特急リバティきぬ 車内の電光掲示板

しかし、前々から嫌な予感がしていたのですが、残念ながら特急リバティに乗って、その嫌な予感が確信に変わってしまいました。なんと特急リバティって、車内販売はおろか、自動販売機もないんです。はっきり言って、これは大きなマイナスポイント。

6両編成を3両ずつに分割できる構造である以上、特急スペーシアのようなビュッフェは無理として、せめて車内販売か自動販売機は置いて欲しいですね。分割併合のタイミングで買い出しに行くという手もありそうに思えるのですが、東武動物公園と下今市には、ホームに売店がないんで…

野岩鉄道 会津鬼怒川線 特急リバティ会津 前面 川治湯元駅にて

特急リバティ会津は、鬼怒川温泉から先、野岩鉄道と会津鉄道に乗り入れまして、会津田島駅まで乗り入れます。ちょうど昔の快速列車がなくなった代わりに、特急リバティ会津に変わった感じです。

しかし、ここで驚愕の事実が。下今市駅でやたらお客さんがどこどこ乗ってきまして、一体何事かと思ったら・・・

下今市駅から先は、特急券なしでご乗車いただけます」

・・・との車内放送が。しかも、下今市駅から先は、各駅停車。こんなんだったら特急券は下今市駅までしか買わず、下今市から鬼怒川温泉方面は特急券なしで乗るって裏技をつかう輩が出るんじゃないかと思ったら・・・

下今市駅を超えて同一列車に乗る場合は、全区間の特急券を購入する必要があります。」

・・・て、なんだよそれー。これだったら、特急わかしおとか、特急しおさいとかを見習って、「下今市駅から先は、各駅停車です。」ってことにして欲しいですね。

川治湯元駅で、特急リバティの動画を撮ってきました。よかったら見てくださいね。


会津高原尾瀬口駅


会津鉄道線 会津高原尾瀬口駅 ホームと会津田島行きの電車

野岩鉄道と会津鉄道の接続駅、会津高原尾瀬駅です。接続と言っても、両線は相互乗り入れしているので、大抵の列車はそのままスルーしていきます。また、尾瀬方面、たかくら・だいつえスキー場への玄関口となる駅です。このため、私鉄ではここしかない、夜行列車が発着する駅でもあります。

野岩鉄道線 会津高原尾瀬口駅 ホーム

このためか、ホームは驚くほど小さいです。なお、野岩鉄道・会津鉄道共に、SuicaやPASMOといったICカードは使えません。

会津鉄道線 会津高原尾瀬口駅 ホームと駅舎を結ぶ踏切

ホームを降りるとこんな感じ。緩い坂を降りたら右に曲がり、踏切を渡ったところに改札口があります。

野岩鉄道線 会津高原尾瀬口駅 駅舎 ホーム側から

踏切の先には、立派な駅舎があります。改めて構内踏切のある駅に着いてみると、わざわざ長い階段を上り下りしなくて済む分、かえってこっちの方が便利なんじゃないかと思えてしまいます。

会津鉄道線 会津高原尾瀬口駅 駅への入口 お食事処は営業していないみたいです

会津高原尾瀬口駅の入口です。駅にはお食事処が併設されていましたが、どうやら営業していないみたいです。

野岩鉄道線 会津高原尾瀬口駅 駅前ロータリー 驚くほど何にもありません

駅前は、驚くほど何にもありません。大衆食堂が1軒あるぐらいです。向かって左側が駅舎、右側が憩の家への連絡通路です。

会津鉄道線 会津高原尾瀬口駅 会津高原駅プラザ 憩の家への連絡通路 この先にバス・タクシー乗り場があります

駅の入口の正面に、「バス タクシー」と書いた扉がついています。一体何だろうと思い、中に入ってみます。

会津高原駅プラザ 憩の家 会津高原尾瀬口駅とは連絡通路で直結しています

通路の先は、会津高原プラザ 憩の家でした。ここには会津高原の観光案内所やお食事処、お土産物店があります。

会津鉄道線 会津高原尾瀬口駅 会津田島方面 尾瀬方面 会津バス乗り場 憩の家の隣にあります

また、近隣のスキー場や尾瀬方面行きのバスは、憩の家に隣接するバス停から発着します。ただし、一日4~5便しかなく、決して便利とはいえません。また、タクシー乗り場にはタクシーがいませんでした。ま、キューティー吉本以外にお客さんの姿が見えない状態である以上、それは致し方ないかなとは思いますが。

ちなみに、尾瀬方面の玄関口になる駅ではありますが、尾瀬へはここからバスで2時間ぐらいかかります。

野岩鉄道線 会津高原尾瀬口駅 待合室

会津高原尾瀬駅の待合室です。自動改札機はおろか、ICカードリーダーもない改札口です。決してお客さんは多くはないとは思いますが、それでも石油ストーブが出迎えてくれます。なかなか味のある待合室だと思います。ちなみに、ちゃんと駅員さんがいる駅でして、切符も売ってくれます。(自動券売機はないってことなんですが)

やはり今年は雪が少なくて、もう正月が近いというのにスキー場が営業で来ていないせいなのか、人影はまばら・・・を通り越して、キューティー吉本しかいない状態でした。本格的なスキーシーズンや、尾瀬へのハイキングシーズンだと、この駅は賑わっているのでしょうか。