カテゴリー別アーカイブ: JR西日本

旅行記:青春18きっぷで山陰本線を完乗しに4泊5日で旅してきました その内容のまとめ


今回は青春18きっぷを持って、山陰本線を完乗しに4泊5日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

青春18きっぷを持って、山陰本線完乗の旅スタート

1日目。山陰本線完乗の旅と言っても、まずは東京駅から京都駅を目指します。山陰本線の起点は、京都駅ですからね。

なお、青春18きっぷを使っているので、普通列車と快速列車には乗れるものの、新幹線とか特急列車とかには乗れません。なので、京都駅へも新幹線には乗らずに行きます。1日目のまとめはこちら

1日目は、京都で1泊します。この日のお宿は、APAホテル京都堀川通です。

JR西日本 221系 普通園部行き

2日目。いよいよ山陰本線完乗の旅の本題に入ります。まずは、園部駅を目指します。この区間は、嵯峨野線という愛称がついています。車窓から見えるのは、丹波の田園風景JR嵯峨野線 園部駅

で、園部駅に到着。ここで福知山行きに乗り換えです。ここで、約1時間の待ち合わせ。何しろ、この区間は1時間に1本ぐらいしか列車がないですからね。胡麻駅を過ぎたあたりで、お昼ご飯にします。お昼ご飯は、京都駅で買ったおにぎり弁当です。

JR山陰本線 福知山駅

列車は、福知山駅に到着。ここで、豊岡行きの列車に乗り換えます。が、乗り換え時間がわずかで、豊岡行きの列車に飛び乗ります。

JR山陰本線 城崎温泉駅 ホームと駅弁たで川さん ここでかにずしを売ってます

豊岡駅から先は、ディーゼルカーです。で、キューティー吉本は城崎温泉駅で途中下車。折角だから城崎温泉に入ろうというわけです。冬の城崎温泉だったら松葉ガニが食べたくなるところですが、そんなお金はないので、温泉へ。城崎温泉駅から一番近い、地蔵湯に行きます。ちなみに、松葉ガニが食べたいんだったらかにずしという手もあります。

JR山陰本線 浜坂駅 駅舎

城崎温泉駅あたりから、雪深くなってきます。なので、浜坂駅までの車窓は雪景色です。でも、これがキレイだったりするんですよね。で、浜坂駅に到着。ここから鳥取駅を目指すのですが・・・ここで今日2度目の1時間待ち。しかも、寒いんだこれが。

JR山陰本線 餘部駅

浜坂駅を過ぎると程なくして、列車は余部鉄橋を渡ります。ここはかなりの高さがありまして、余部鉄橋から見える冬の日本海は、絶景だったりします。

東浜駅を過ぎると、鳥取県です。2日目のまとめはこちら

今日は、鳥取市内で一泊します。この日のお宿は、スーパーホテル鳥取駅北口です。

冬の12月の鳥取県内を移動中 でも雪は積もってません

3日目。まずは、鳥取県横断。米子駅を目指します。幸いにして、鳥取駅から米子行きの列車があったので、1本でストーンと行けます。しかし、雪が全然ありません

JR山陰本線 米子駅

列車は、米子駅に到着。ここでお昼ご飯です。ここから出雲市までは特急やくもが走るので、電化されています。キューティー吉本は益田駅を目指します。幸いにして、益田<行きの快速アクアライナーがありまして、米子から益田も列車1本です。

「なあんだ、今日は楽勝じゃん」

・・・と思ったのですが、甘かった。

JR山陰本線 出雲市~益田 この辺って海がすっごくきれいですね

米子駅を出るとしばらくして、島根県に突入。松江駅を過ぎると、列車は宍道湖の真横を通ります。更に、出雲市駅を過ぎると、列車はいよいよ日本海の海岸へ。車窓からは絶景が広がります。が、この日はあいにくの強風。

「強風のため、運転を見合わせます」

とのことで、列車はそこかしこで長時間の停車。車窓から見える日本海は大荒れ。はて、いつになったら益田駅に着くのだろうか。

JR山陰本線 益田駅 駅名票

列車はどうにかこうには、益田駅に到着。すでに真っ暗になっていました。3日目のまとめはこちら

今日は、益田で一泊します。この日のお宿は、益田グリーンホテルモーリスです。

JR山陰本線 益田~長門市 冬の日本海 いや、きれいですね

4日目。山陰本線完乗の旅もいよいよラスト、下関駅を目指します。まずは、長門市駅を目指します。ここは列車本数が少なく、乗り遅れが命取りになりかねないので、慎重に。

程なくして列車は、山口県に入ります。車窓から見える日本海がキレイです。

列車は、長門市駅に到着。しかし、次の列車の発車時間が迫っているので、慌てて飛び乗ります。うう、お昼ご飯が食べたかったのに。

これで下関に行ける・・・と思いきや、小串行きでした。小串駅で最終目的地、下関行きに乗り換えます。ここから先は、日本海を離れます。この区間には特牛駅という難読駅があります。その手前の阿川駅で撮影。

JR山陰本線幡生駅 ここが、JR山陰本線の終点です

キューティー吉本は、下関駅・・・の一つ手前の幡生駅で下車。なぜかと言いますと、山陰本線は京都-下関ではなく、下関駅の一つ手前にある、幡生駅が終点なんです。なので、幡生駅で降りて記念撮影。

関門大橋 下関より撮影

で、下関に到着。ここから先は、普通に下関観光です。お宿に着いて、お風呂に入ったらもう夕方。関門海峡をうろうろします。関門大橋が見えたところで、もう暗くなりかけていました。下関市立しものせき水族館 海響館は閉館。巌流島クルージングも終わりだろうし。では、どこへ行こうか。

下関 活きいき 唐戸市場

下関観光マップを見るまでもなく、「下関に来たんだったらフグを食べて帰ろう」と。唐戸市場ふぐのフルコースを食べてきました。

しかし、唐戸市場から下関駅までは結構な距離。バスで下関駅に戻ります。下関ゆめタワーがキレイでした。4日目のまとめはこちら

今日は、下関で一泊します。この日のお宿は、ドーミーインPREMIUM下関です。

山陽新幹線 N700系 博多駅にて

5日目。関門海峡をバスで渡って、博多駅に行きます。で、もう一つの完乗の夢、東海道・山陽新幹線の完乗をしようというわけです。しかし、各駅停車で行ったらあれだけ時間がかかったというのに、新幹線だったら半日ちょっとなんですね。5日目のまとめはこちら




児島駅


JR瀬戸大橋線 児島駅 駅名票

JR瀬戸大橋線の児島駅です。ここがJR西日本とJR四国の境界線になっていまして、ここから先が瀬戸大橋です。特急しおかぜ特急南風、快速マリンライナー以下、すべての列車が止まります。

では、なぜこの駅に来たのかというと、折角岡山に来たんだから、瀬戸大橋が見たいと思ったからでした。で、児島駅から瀬戸大橋が見えるのかというと・・・

JR瀬戸大橋線 児島駅 3番線・4番線から瀬戸内海を見る

残念。瀬戸内海は見えるのですが、瀬戸大橋は見えませんでした。児島駅のすぐ近くから観光船が出ていまして、観光船からだったら見えるはずですけどね。

JR瀬戸大橋線 児島駅 1番線・2番線 主に岡山方面に行く列車が発着します

1番線・2番線です。主に、岡山方面に行く列車が発着します。ちなみに、児島駅の発車ミュージックは、瀬戸の花嫁です。

JR瀬戸大橋線 児島駅 3番線・4番線 主に瀬戸大橋を経由して高松・松山・高知方面に行く列車が発着します

3番線・4番線です。主に瀬戸大橋を経由して、高松・松山・高知方面にいく列車が発着します。

JR瀬戸大橋線 児島駅 改札口

改札口です。岡山方面だけでなく、瀬戸大橋を超えて高松・多度津までICOCAエリアで、Suica・PASMOも使えます。なので、改札口にはICカードリーダーがついた自動改札機が並びます。

JR瀬戸大橋線 児島駅 西口

西口です。こちらが正面で、バス乗り場とタクシー乗り場があります。

JR瀬戸大橋線 児島駅 西口 中国自然歩道案内図とバス乗り場案内

瀬戸大橋が岡山県側から見えるスポットとして、有名なのが鷲羽山ハイランド(こう書いて、「わしゅうざん」と読みます)でして、鷲羽山ハイランドへは児島駅からバスで、とこはい号に乗れということなのですが・・・

JR瀬戸大橋線 児島駅 鷲羽山ハイランド方面行き時刻表

残念。とこはい号は1時間に1本しか出ていなくて、これに乗ったら飛行機の時間に間に合わないため、断念しました。ま、瀬戸大橋は次回のお楽しみということで。




特急しおかぜ いしづち


JR四国 8000系 非貫通型前面 岡山駅にて

四国唯一の電車特急、しおかぜといしづちです。岡山駅から瀬戸大橋を渡るのがしおかぜ、高松駅発なのがいしづちです。どちらも、香川県から愛媛県の松山に行きます。特急しおかぜの停車駅は、岡山-児島-宇多津-丸亀-多度津-観音寺-川之江-伊予三島-新居浜-伊予西条-壬生川-今治-松山です。(一部停車駅の異なる列車あり)

しかしこの形、どうにも0系新幹線や100系新幹線のパクリとしか思えませんでして。鉄道ホビートレインと言い、JRで唯一新幹線が走っていないJR四国だけに、新幹線への憧れが強いんでしょうかねぇ。

JR四国 8000系 貫通型前面 岡山駅にて

で、その反対側がこちら。ずいぶんとすっきりした顔立ちですね。

JR四国 8000系 自由席シート 側面

自由席のシートがこちら。That’s 国鉄って感じのシートです。今となっては、こういうシートのほうが珍しかったりするんですけどね。

JR四国 8000系 自由席シート 背面

シート背面です。そういえば、100系新幹線ってこんな感じのシートだったような記憶があります。ささやかながら、フットレストがついています。しかしながら、ACコンセントやコートフック、ボトルホルダーはなし。時代を感じさせるシートではあります。

出雲市駅


JR山陰本線 出雲市駅 駅名票

JR山陰本線と、一畑電鉄の出雲市駅です。出雲大社をはじめとして、出雲方面の玄関口になっています。

JR山陰本線 出雲市駅 1番線・2番線 主に岡山方面に行く特急やくもと、松江・米子・鳥取方面に行く列車が発着します

1番線・2番線です。主に岡山方面に行く特急やくもと、松江米子鳥取方面に行く列車が発着します。

JR山陰本線 出雲市駅 3番線・4番線 主に浜田・益田・新山口方面行きの列車が発着します

3番線・4番線です。主に浜田・益田・新山口方面に行く列車が発着します。

しかし、本題とは関係ないのですが、JR出雲市駅のあの暗~い発車ミュージックって一体…

JR山陰本線 出雲市駅 改札口と切符売り場

改札口と切符売り場です。やはりと言いますか、自動改札機はありません。駅員さんが改札します。

JR山陰本線 出雲市駅 時刻表

時刻表です。出雲市駅で折り返すのは特急やくもぐらいで、大抵の列車は出雲市以遠を直通します。山陰本線で電車が走れるのは出雲市までなのですが、山陰本線を走っている電車って特急やくもぐらいなんで。

JR山陰本線 出雲市駅 北口 出雲大社をかたどった感じになっています

北口です。出雲大社を模した出口ですね。こちらが出雲大社に近い方の出口でして、駅前には出雲大社方面行きをはじめとして、バスターミナルとタクシー乗り場があります。

JR山陰本線 出雲市駅 南口

南口です。近年整備されたと思われまして、ビジネスホテルが立ち並びます。

一畑電鉄 電鉄出雲市駅 高架ホーム

で、出雲市駅って、JR山陰本線と一畑電鉄の乗換駅だったりします。こちらは、一畑電鉄の電鉄出雲市駅です。

一畑電鉄 電鉄出雲市駅 駅舎と高架ホーム

一畑電鉄も高架線です。JR出雲市駅の北口から、松江方向に歩いていくと、駅舎があります。

一畑電鉄 電鉄出雲市駅 映画「RAILWAYS」の舞台だったんですね

一畑電鉄って映画「RAILWAYS」の舞台でして、電鉄出雲駅にも書いてありました。ここから、松江しんじ湖温泉方面に行く列車が発着します。ちなみに、出雲大社にも行けるのですが、途中で乗り換えないといけないので、バスに乗ったほうがいいと思います。

一畑電鉄 電鉄出雲市駅 改札口と切符売り場

1階にある駅舎部分がこんな感じ。改札口があって、切符売り場があって・・・目を疑ったのが、「手・小荷物取扱」と書かれた窓口。JR・・・ていうか国鉄が手荷物を廃止してから久しく、「本当に手荷物を送れるんですか?」って思わず聞いてしまいそう。



特急やくも


特急やくも 出雲市側 前面 グリーン車で展望車になっています 出雲市駅にて

岡山から伯備線を経由して、山陰地方を結ぶ特急やくもです。出雲市側の先頭がグリーン車で、展望車になっています。

特急やくも 岡山側 前面 松江駅にて

これが、岡山側の先頭。普通の顔ですね。停車駅は、岡山倉敷-備中高梁-新見-伯耆大山-米子-安来-松江-宍道-出雲市です。(一部停車駅が異なる列車あり)

特急やくも 普通車 車内

普通車の車内です。近年リニューアルをしたのか、かなりきれいです。

特急やくも 普通車 シート側面

シートはワインレッドを基調としています。

特急やくも 普通車 シート背面

シート背面です。コートフックがついています。ただし、ACコンセントとボトルホルダーはついていません。

しかしこの特急やくも、振り子電車なのでよく揺れます。