カテゴリー別アーカイブ:

ステーキハウス88 特上サーロイン


ステーキハウス88 国際通り西口店 店舗 この建物の2階にあります

国際通りって、なぜかステーキハウスが多くて、その中でもステーキハウス88は国際通りに3つぐらいあったと思います。ちょっと興味があったので入ってみました。

折角沖縄県に来たんだったら、ここは石垣島和牛を堪能したいところですが、とってもいいお値段で、キューティー吉本のお財布ではムリ。そこで、特上サーロインステーキにしました。3,780円で、スープバー、サラダバー、ライスまたはトーストがつきます。

特上サーロイン 250g ステーキハウス88にて

250gともなると、それなりにお肉にも厚みがあります。また、特上だからなのか、ゴムみたいな食感の脂身の部分が少なく、おいしくいただけました。

ソースは3種類あったのですが、かなり濃厚なお味で、ケチャップととんかつソースを混ぜて作った感じのお味でした。なので、首都圏のステーキソースとはだいぶ違う感じでした。




熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部


熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部 エントランス

久々に来ました。

この施設の数少ない欠点の一つが、入退館の列の長さ。一体なんでそうなるのかと思ったら、他の施設に比べて、1人のお客さんにかける時間が長すぎ。ただ、キューティー吉本はそんなに時間がかかるわけではなく、キューティー吉本の入館手続きが済んだのに、キューティー吉本よりも前に並んでいたはずの人の入館手続きが終わっていなかった、なんてこともありました。なので、なんであんなに時間をかけているのか謎です。

手羽先焼き鳥 熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部にて

で、いつもの呑みです。手羽先の焼き鳥を売りに来たので、試しに頼んでみました。しかし、正直に言うと、これははずれ。味はともかく、とにかく食べにくい。そのままかじったとしても、一旦串から外したとしても、結局手で持つことになり、手がねちょねちょになるんですね。

牛ハラミの炙り焼 熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部にて

続いて、牛ハラミの炙り焼きです。牛ハラミ肉をさっと炙って、レアでいただきます。お肉が柔らかくておいしかったのですが、問題はお値段。なんと、1,290円もします。確かにおいしかったんですけど、値段相応でしたかって言われると、うーんって感じです。

天ぷら盛り合わせ 熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部にて

最後に、天ぷらの盛り合わせ。790円でした。ししとう、なす、かぼちゃ、えび2匹です。ちゃんと揚げたてが出てきまして、これはおいしかったですよ。欲を言えば、えびは1匹でいいから、いかの天ぷらも食べたかったかな?


キリンビール園 ジンギスカン


キリンビール園 建物外観

晩ご飯ですが、ホテルが中島公園の近くだったので、キリンビール園に行くことにしました・・・と最初に場所を書いてしまいましたが、最寄り駅は札幌地下鉄南北線の中島公園駅で、1番出口から歩いて2~3分もかからないところにあります。

キリンビール園 ジンギスカン食べ放題

キューティー吉本が注文したのがジンギスカンで、生ラム肉とたれ付きラム肉の食べ放題コースでした。正しく言うと、焼き野菜とソーセージも食べ放題です。

キリンビール園 ジンギスカン食べ放題 焼き開始

で、キューティー吉本的ジンギスカンの食べ方はというと、まずはもやしを下に敷き詰めて、その上にラム肉を載せます。

キリンビール園 ジンギスカン食べ放題 これぐらいになったらぐちゃぐちゃに混ぜて食べます

このままラム肉を裏返しながら焼き続け、ちょうどこれぐらいになったところで野菜とラム肉をぐちゃぐちゃに混ぜます。で、ラム肉に十分火が入ったところでいただきます。

ただ、この食べ放題コース、お勧めできるかと言いますと、お勧めできません。なにせ、出てくるお肉がご覧の通りの切れ端ばっかり。しかも、ちゃんとしたお肉をまともに頼んでも、お値段はあんまり変わりません。なので、食べ放題コースをお勧めできるのは、子供連れの家族客か、彼氏がお相撲さんのカップルか、彼女がギャル曽根のカップルぐらいですね。


天然温泉 平和島


天然温泉平和島 今日はOTAふれあいフェスタをやってました

OTAふれあいフェスタをやっていたため、人出はすごく多かったです。あと、出店が多くて、完全にお祭りですね。

天然温泉平和島 玄関

しかし、そんなお祭りとは裏腹に、天然温泉平和島ってすいてました。ビューイングスパのテレビがついていなくて、「あれー、故障してるのかな?」と思ったら、後でビューイングスパに行ったらついていたので、一体なぜってかんじですね。

それから、泉質が変わったのか、以前はもっと茶色いお湯だったのに、最近だと黄色いお湯で、しかも石油系の匂いがします。首都圏には石油系の匂いのする、いいお湯があったりするんで、これはこれで歓迎ですけどね。

ただし、圧注浴は相変わらず直っていません・・・ていうか、直す気がないんじゃないかって気がします。

牛肉のたたき 天然温泉平和島にて

で、お風呂上がりの呑みです。ここはおつまみ系が充実しているので、ありがたかったりします。最初に頼んだのが、牛肉のたたき。ポン酢をかけていただきます。キューティー吉本的には、首都圏には牛肉のたたきがホントなくて、牛肉のたたきが食べられるだけでもありがたいですね。お味ですか? もちろんサイコーです。

白子と舞茸の天ぷら 天然温泉平和島にて

つづいて、舞茸と白子の天ぷらを注文。これはこれでうまかったんですけど、強いて言えば白子に火が入りすぎかなって感じでした。白子って、ちょっととろっとした食感がうまいんですけど、それがなかったのが残念ですね。

フライドポテト 天然温泉平和島にて

最後に頼んだのが、フライドポテトです。




美楽温泉 SPA HERBS


美楽温泉 SPA HERBS 建物

埼玉県の大宮に近いところに、新しい日帰り温泉ができたらしいということで、行ってみました。美楽温泉 SPA HERBSです。

場所は、JR大宮駅から宇都宮線で一駅、土呂駅から歩いて10分足らずのところにあります。営業時間は10:00~23:00です。料金はタオル+館内着のレンタルがついて、平日昼間で大人1,296円。子供864円。休日で大人1,512円、子供756円です。更に岩盤浴がつくと、大人が平日で1,512円、休日で2,052円です。

下駄箱に靴を預け、フロントで受付を済ませると、精算用バーコードと館内着引換券がもらえます。この引換券と、館内着+タオルとを交換します。脱衣場のロッカーは自由で、空いているところを適当に使います。

美楽温泉 SPA HERBS 1階玄関

お風呂は、内湯がサウナ、水風呂、炭酸泉、シルク風呂、電気風呂、ジェットバス。露天風呂が天然温泉が2つと壺湯、寝転び湯、源泉洞窟風呂です。泉質はアルカリ性単純温泉で、無色透明で無味無臭です。キューティー吉本の体感温度的には、シルク風呂(電気風呂)と露天風呂(広い方の湯船)が41℃、露天風呂(狭い方の湯船)が40℃、壺湯と炭酸泉と寝転び湯が38℃ぐらいでした。

面白いのが、源泉洞窟風呂。湯温が約35℃。中は薄暗い造りになっていまして、中は一人ずつ座れるようになっています。で、熱さ冷たさを感じない微妙な温度で、ゆっくりと入りましょうというわけです。確かに、温泉はあったまるもんだと思っている人にとっては「何これ?」だと思いますが、キューティー吉本的にはこれはあり! ここで目を閉じていると、ほんとリラックスできます。

また、電気風呂があるのもキューティー吉本的にはポイントが高いですね。しかもここの電気風呂、とってもよく効きます。ただし、天然温泉と言っても、別にこれといった特徴のあるお湯ではないので、言われなかったら天然温泉だと気づかないと思います。

館内は全体的に、日帰り温泉施設というよりは、フィットネスクラブのような雰囲気で、1階が駐車場。2階がフロントと岩盤浴、お食事処。3階が大浴場とカフェ、キッズコーナーと休憩スペース。4階がゲームコーナーとトレーニングジムです。

串揚げ盛り合わせ 美楽温泉 SPA HERBSにて

今日は呑みと言っても、ちょっと控えめ。(その理由は、後で説明します)

キューティー吉本がオーダーしたのは串揚げの盛り合わせ。820円(税別)でした。この手の施設で串揚げってありそうでないなって思いまして、頼みました。衣はさっくりで、うまかったです。ただ、ソースが入っている器が小さすぎて、串揚げ全体がソースに浸らないのがちょっと残念。



この後、ちょっとお昼寝・・・て、この施設。なんとお昼寝するスペースがないんです。正しく言うと、3階の休憩スペースはごろごろできる感じになっていまして、ブランケットも置いてあるので、これでお昼寝できるスペースを作ったつもりなのでしょう。しかし、こんな明るいところで、しかもお隣がキッズコーナーとカフェ。こんなところでお昼寝しろなんて、ありえない!

(注:キッズコーナーとお食事処、フロントは、日帰り温浴施設の中でも3大騒音源でして、休憩するスペースとは離れたところに配置するのが常識だと、キューティー吉本は思っています)

ブランケットも短すぎて足まで入らず、ここでのお昼寝は断念しました。お風呂上がりの呑みを控えめにした理由がこれで、こんなところでお昼寝できないんじゃないかと感じたからなのでした。

美楽温泉 SPA HERBS 2階玄関

この施設のターゲットは女性、しかも若年層だと思われます。しかし、女性をターゲットにした温浴施設って、最初こそはやるものの、男性客と家族連れを確保することができず、短命に終わるケースが多かったりします。ここもその可能性は高いのではないかと思っていまして、健康ランド的な施設で一日ゆっくりしたい人からは「休憩スペースがない」という理由で敬遠され、スーパー銭湯に行きたい人からは「料金が高すぎる」と言われそうな気がします。そうなると、一体誰が行くんだろうという話なんです。

お風呂とお食事処は十分合格点を出せるだけに、休憩スペースのなさで大幅減点というのは誠に残念だと思います。キューティー吉本的にも、今回は試しに行ってみましたが、次はないと思います。




舞浜ユーラシア


2016091101

ここって行くたびに毎度どっかしらが変わっているのですが、今回もやはり変わっていました。

まず、サウナマットが小さくなりまして、以前はバスタオル大だったのが、今回から一人座れる分の大きさになりました。以前の大きさだとコストがかかるという問題もさることながら、あの大きさだとケロサウナに敷いてごろ寝する人が後を絶たず、その対策に出たんじゃないかと思われます。

舞浜ユーラシア 併設のペットホテル

次に、5階の立ち飲み場が、寿司処に変更になっていました。ま、立ち飲みったって夜しか空いてなくて、キューティー吉本も行ったことがなかったし、ここでおっちゃん達相手の商売やってもビミョーかなとは思ってましたけどね。

更に、3階のバイキングコーナー(昼間は事実上の休憩スペース)が、土日祝日の夕方以降に限り、グリルレストランになりました。ステーキやハンバーグなどを中心としたメニューで、全品サラダバーがついているそうです。ただし、まだ知名度が低いせいか、お客さんの入りはイマイチといったところでした。



日帰り入浴施設にして、どうしてこんなに夕方以降のレストランを充実させてくるのかというと、ここはホテルを併設しているからなのです。舞浜という場所柄、昼間に東京ディズニーランドに行っていた観光客が泊っていきまして、夕食をここで取るという需要を見込んで、夕方以降のレストランが充実しているというわけです。

2016091102

で、秋限定のメニューだと思うんですけど、きのこのピザを注文。1,200円(税別)でした。

実物を見て、びっくり。まず、チーズときのこの盛りの厚さ。薄ーい生地の上に、どーんと盛ってあります。しかも、きのこの香りがとってもいい匂い。食欲をそそります。ただ、肉系一切ゼロにして、相当なボリュームがありまして、一人で食べるときついかもしれません。

2016091103

次に注文したのが、肉焼売。600円(税別)でした。ご覧の通り、ちゃんと蒸し器に入った状態で出てきました。この肉焼売も粒が大きくて、とってもジューシー。うまかったですよ。

今回は頼んだものがボリューミーだったため、これで終了。本当はもうちょっと色々食べたかったのですけどね。