カテゴリー別アーカイブ: まとめ

旅行記:日光・湯元温泉・鬼怒川温泉へ2泊3日で旅してきました その内容のまとめ


今回は、日光と鬼怒川温泉へ2泊3日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

1日目。まずは東武日光駅湯元温泉フリーパスを買いまして、日光駅湯元温泉バスターミナルまで2日間バス乗り放題にします。

続いて、日光の世界遺産エリアをぶらぶらします。ランチにゆばそばを食べた後、日光山輪王寺へ。しかし、残念ながら工事中で敢え無く撃沈。

気を取り直して、日光東照宮へ。ま、日光に行ったらここは行かないとダメでしょう。あの有名な見ざる・聞かざる・言わざるもありますし、鳴き龍もあります。ちなみに、中はかなり広いです。

続いて、日光二荒山神社へ。正しいお名前は二荒山神社なのですが、宇都宮にある二荒山神社と区別がつかないので、あえてこっちを呼ぶときは日光二荒山神社と言います。

続いて、日光廟大猷院へ。ここが徳川家光公の廟所、つまり御墓があるところです。ここもかなりの広さ。徳川家がいかにすごかったかがわかりますね。

日光の世界遺産エリアをぶらぶらした後は、奥日光湯元温泉に行きます。バスに乗って、終点の湯元温泉バスターミナルへ。このバスターミナルがとにかくすごいんです。どうすごいかはこの記事をご覧くださいませ。

キューティ吉本がお泊りしたのが、日光グランドホテル ほのかな宿 樹林でした。ここは温泉がすっごく良くて、しかも夜になったら露天風呂の近くまで野生動物が来るという、すごい温泉旅館です。

2日目。この日は奥日光を旅します。まずは、日光湯元温泉 湯ノ湖の周辺をお散歩します。この後、バスに乗って戦場ヶ原へ。ここは雄大な大湿原になっています。ちなみに、最寄りバス停は三本松です。

戦場ヶ原からバスに乗って、中禅寺温泉バスターミナルへ。ほぼ隣接して、華厳の滝があります。ま、奥日光へ行ったんだったら、これも外せないですよね。

この後、中禅寺湖へ。ランチは、中禅寺湖畔で、ハンバーグランチを。ちなみに、華厳の滝には多くの観光客がいたというのに、中禅寺湖は人影がまばら。すぐ近くだというのに、一体なぜ?

この後、中禅寺温泉に入りたかったのですが、敢え無く断念。ま、日光湯元温泉 源泉を引いているらしいので、お湯は奥日光湯元温泉と同じ。だったら奥日光湯元温泉に行けってことなんでしょうね。

3日目。まずは、奥日光湯元温泉をぶらぶらします。まず外せないのが、日光湯元温泉 源泉です。辺り一面が湿原になっていて、しかも草木が全然生えていないという、ちょっと不思議な光景。奥日光湯元温泉は硫黄泉で、やや緑がかった乳白色の濁り湯です。湯の花がお湯に浮かぶ、とってもいいお湯ですね。

源泉に隣接して、日光山 温泉寺があります。ここは本当に日帰り入浴できるお寺です。続いて、奥日光 温泉神社と、あんよのゆに行きます。あんよのゆは、その名の通り、無料で入れる足湯です。

東武日光駅の近くでゆば丼を食べた後、下今市駅を経由して、鬼怒川温泉駅へ。ついでだから、鬼怒川温泉にも行こうというわけです。鬼怒川温泉駅には、鬼怒太の湯という足湯があります。

続いて、鬼怒川観光ホテルへ。ここは大江戸温泉物語傘下のホテルでして、日帰り入浴もできるんですね。鬼怒川に面して露天風呂もあるのですが、景色は鬼怒子の湯の方がよかったですね。ちなみに、鬼怒川温泉は無色透明のアルカリ性単純温泉です。

更に歩いて、鬼怒川公園駅へ。ここには、鬼怒川公園岩風呂があります。お湯はやや熱めで、ゆっくり入れなかったのが残念。

この後、特急スペーシアきぬで帰ってきました。日光湯元温泉と鬼怒川温泉の両方に入ってきたのですが、キューティー吉本的には日光湯元温泉の方が好きかな。

首都圏から栃木県へのJR+宿泊セットプラン



旅行記:山形・蔵王温泉へ2泊3日で旅してきました その内容のまとめ


今回は、山形県の蔵王温泉へ2泊3日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

1日目。キューティー吉本は、山形駅に到着。まずは、山形市内の中心部をぶらぶらします。山形に行って、食べたかったのが冷しラーメン。これ、冷やし中華とも冷麺とも違うんですよね。

山形駅からバスで約40分、蔵王温泉バスターミナルに着きました。立派な建物、かつこじんまりとしたバスターミナルでしたよ。

今回お泊りしたのが、ホテルルーセントタカミヤさんでした。確かにお風呂はよかったんですけど・・・ね。

2日目。今日は温泉三昧と心に決めていました。でも、その前に蔵王温泉をお散歩します。蔵王温泉は強酸性泉の白い濁り湯でして、酸性度は草津温泉以上という、すごい温泉なんですね。

共同浴場がいくつかありまして、ここを湯めぐり。入り口に料金箱がありまして、大人200円を入れて入る仕組みです。

ここから、山登り。酢川温泉神社の長い石段を抜けます。酢川というのは、蔵王温泉の温泉街を流れる川でして、酸性度が高く、この名前が付きました。

その先にキューティー吉本のお目当て、蔵王温泉 大露天風呂があります。ここは、ホント素晴らしいの一言。なお、冬季は営業していませんのでご注意を。

ふもとに戻ったキューティー吉本は、ランチに板そばを注文。で、仁左衛門の湯に行きます。ここは、強酸性温泉の刺激を弱めるため、敢えて加水しているお風呂があります。また、誰でも無料で入れる足湯があります。

3日目。山形駅から仙山線に乗って、仙台駅へ行きます。「はて、一体なぜ仙台へ?」 その答えは・・・

キューティ吉本の目的は、これ。粋家ラーメンでした。首都圏では絶滅したのですが、仙台では生き残っていまして、せっかく近くに行ったんだから食べたい、というわけだったんです。

この後、網焼き牛タン弁当を買って、東北新幹線で帰りました。蔵王温泉に入れて、大満足でした。

首都圏から山形県へのJR+宿泊セットプラン



旅行記:市バス一日乗車券を持って京都へ2泊3日で旅してきました その内容のまとめ


今回は、京都へ2泊3日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

1日目。この記事のタイトルとは裏腹に、大阪新世界から始まります。で、づぼらやでてっちりとてっさをご注文。

この後、京都駅に行きます。で、萬福ラーメンへ。キューティー吉本が京都に行ったら、ラーメンはよく食べます。大抵行くのが天下一品、あとは本家第一旭ですね。京都のラーメンって、色々な味があるんですけど、共通しているの味が濃いんですね。

で、そのままお宿へ。今回お泊りしたのが、APAホテル京都駅堀川通でした。ちなみに、山陰本線完乗の旅で京都にお泊りした時にもお世話になりました。京都駅前にはAPAホテルが数軒あるので、間違えないように気を付けましょう。

2日目。事実上、ここからが本題です。京都定期観光バスに乗るという手もあるのですが、キューティー吉本は市バス・京都バス一日乗車券を買って、京都市バスでお得に京都観光をしようという道を選びました。ま、京都駅が恐ろしく不便なところにありまして、京都市バスに乗らないとどうにもならないという理由もあるのですが。

まずは、京都市でも西のエリアを旅します。最初に行ったのが、金閣寺。続いて、北野天満宮二条城に行きました。しかし、さすがは夏の京都。日本人よりも外国人の方が多い。その理由は、後程ご説明差し上げます。

金閣寺に行ったんだったら、ここも行かないとダメでしょう。銀閣寺ですね。ランチにはも天丼を食べた後、行ってみました。銀閣寺は、京都市でも東のエリアにあります。共通しているのは、京都市バスでないと行きにくいところにある点ですね。

3日目。まずは京都のど真ん中、京都御苑に行くも、あまりの暑さに早々に撤退します。続いて、京都市でも東のエリアに移動します。まずは平安神宮に行きます。

清水寺へ。こちらは京都観光では定番中の定番なのですが、清水寺の裏に地主神社がありまして、こちらへも行きました。ちなみにここ、野宮神社と並んで、女子率No.1の神社だったりします・・・と、この時点でご利益は何なのか、もうおわかりですよね?

あまりの暑さに、清水寺近くの茶店で、冷やしあめをご注文。正直なところ、京都って盆地なので夏は暑いんですよ。なので、寺社仏閣巡りには向いていないのです。この事情を知らない外国人が、夏に京都を訪れるというわけです。

京都駅に着く頃には、完全に汗だく。とにかくお風呂に入りたいということで、京都タワー大浴場 YUUへ。いや、ここで汗を流して、生き返った感じがします。ちなみに、京都タワーにはお風呂だけでなく、京都タワーホテルもあります。

首都圏から京都府へのJR+宿泊セットプラン




旅行記:川治温泉・宇都宮・会津若松へ1泊2日で旅してきました その内容のまとめ


今回は、川治温泉と宇都宮、会津若松へ1泊2日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

1日目。まずは特急きりふりに乗って、下今市駅を目指します。しかし、キューティー吉本が行きたかったのは、そこから先の川治温泉。なので、区間快速が来るまでの間、下今市駅の周辺をぶらぶらします。それでも時間が余ったので、下今市駅で電車を見ていました

下今市の周辺はそばが有名らしいのですが、残念ながらキューティー吉本が行った時間帯には、開いている蕎麦屋さんはありませんでした。なので、下今市駅栃木牛めし弁当なる駅弁を買って、これを昼ご飯にします。

キューティー吉本が行きたかったのは、川治温泉。最寄り駅の川治湯元駅で降ります。川治温泉薬師の湯がありまして、ここは男女混浴露天風呂があるんです。ただし、対岸から丸見えなので、入るのに勇気がいるかも。

その他、川治温泉をうろうろ。川治ふれあい公園に行きました。ここには足湯があるので、混浴露天風呂に入る勇気がない方は、こちらへどうぞ。

続いて、湯西川温泉駅へ。ここは野岩鉄道の駅でもあり、道の駅でもあります。

さて、キューティー吉本のお宿は、宇都宮だったりします。ここからどうやって宇都宮まで行くかが問題なのですが、まずは日光バス鬼怒川温泉駅へ。ここから東武日光駅へ行って、JR日光駅から宇都宮駅へ行くことにしました。ただし、宇都宮の繁華街の中心は東武宇都宮駅周辺だったりします。

本日のお泊りは、ホテルアーバングレイス宇都宮さんでした。

2日目。まずは宇都宮の繁華街をうろうろします。東武宇都宮駅からオリオン通りを通って、二荒山神社へ行きました。で、宇都宮駅から新幹線に。行先は・・・

郡山でした。ここから磐越西線に乗って、会津若松を目指します。

で、会津若松駅に着きました。ここからエコろん号に乗って、会津若松周辺を観光です。

旧甲賀町鶴ヶ城稲荷神社を抜けて、その先に若松城があります。別名、鶴ヶ城とも言います。

その後、会津若松駅にほど近い場所にある、富士の湯へ。内装は???でしたけど、結構楽しめましたよ。

今回の旅は(毎度のことながら)ばたばたでしたけど、ちゃんと温泉にも入れて満足な旅でした。

首都圏から栃木県へのJR+宿泊セットプラン

旅行記:静岡・清水へ日帰りで旅しました その内容のまとめ


今回は、静岡へ日帰りで旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

今まで通過したことしかなかった静岡駅に、今回初めて降りてみました。それにしても、通過する新幹線の多いこと多いこと。

静岡駅から歩いて、静岡鉄道の新静岡駅に行きます。新静岡の駅ビルはショッピングモールの他、新静岡バスターミナルもあります。

静岡鉄道の新清水駅から、清水駅まで歩きます。新清水駅から清水駅までの道のりが、こんな感じ。やや寂しい感じがするのは否めません。

お腹がすいたので、清水魚市場 河岸の市へ。食べるんだったら、生しらすって決めていました。で、生しらすと桜えび丼を注文。こんなの静岡県じゃないと口に入らないし。いや、うまかったです。

首都圏から静岡県へのJR+宿泊セットプラン