河原町の悲劇


京都でありがちな光景です。

観光客「すみませーん。河原町ってどっちですか?」
地元民「ここですけど。」
観光客「??? いや、河原町に行きたいんですけど。」
地元民「あのー、河原町のどこへ行きたいんですか?」
観光客「???」

なぜこういうことが起こるのかというと、京都には「河原町」という町は存在しないからなのです。

阪急電車 特急 河原町行き

実は、京都の地名の表し方は、「○○通りと○○通りの交差点から東西南北どっちの方向へ歩く」という表現になっているのです。例えば、住所が「河原町四条上ル」と書いてあった場合、「河原町通と四条通の交差点から、北へ歩いたところ」という意味なんです。ちなみに、
南・・・下ル
北・・・上ル
東・・・東入ル(こう書いて、「ひがしいる」と読む)
西・・・西入ル(こう書いて、「にしいる」と読む)
です。また、その建物が面している通りを、先に書きます。例えば、「四条河原町西入ル」と書いて場合は、その建物は四条通に面しているので、四条河原町の交差点から四条通を西に歩いていけばいい、ということです。

この住所表記のメリットは、通りの順番を覚えておけば、地図が要らないんです。なので、京都の地元民は、「まるたけえびすにおしおいけ、あねさんろっかっくたこにしき、しあやぶったかまつまんごじょう」と言って、東西の通りの順番を覚えているのです。

もうこの時点でお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。冒頭のお話は、「河原町通で『河原町はどこですか?』と聞かれた」ので、「ここです」という答えが返ってきたのです。河原町というのは、町の名前ではなく、河原町通という通りの名前です。

ただし、阪急電車の河原町駅がありまして、ここが京都の繁華街になっているため、河原町駅に行きたいから「河原町ってどっちですか?」と聞かれるケースはありまして、親切な地元の方ですと、「阪急電車の河原町駅のことですか?」と聞いてくれます。

ただし、四条は要注意です。京阪電車の四条駅(今の祇園四条駅の旧名)と、地下鉄烏丸線の四条駅の2つがありまして、しかも全然違う場所にあるんです(京阪電車の四条駅は四条京阪、地下鉄烏丸線の四条駅は烏丸四条にあります)。




河原町の悲劇」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 京都で格安のお宿にお泊りするコツ | アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です