駅弁レビュー:横川駅・高崎駅 峠の釜めし


あまりにも有名すぎる駅弁、峠の釜めしです。JR信越本線の横川駅の駅弁ですね。

峠の釜めし 外観

その昔、この峠の釜めしが日本一の売り上げを誇る駅弁だったんです。なぜかと言うと、長野新幹線が通る前、横川-軽井沢は急勾配になっていたため、特殊な機関車をつながないと登れなかったのです。そこで、機関車をつないだり切り離したりする間の時間に、みんな峠の釜めしを買って食べていたというわけです。

しかし、長野新幹線が開通した結果、横川-軽井沢は廃止に。結果、長野・軽井沢方面に行く人が、横川駅を通らなくなってしまいました。そこで、峠の釜めしを作っているおぎのやさんが、軽井沢とか高崎とかに支店を出して、峠の釜めしを売っているってわけですね。

峠の釜めし 中身

釜めしってその昔、電子レンジがなかった頃でもあったかいお弁当をいただくことができまして、峠の釜めしの具も過熱して食べるのが前提になっています。お味は、至って素朴な感じです。うーん、今度はあったかいのをいただきたいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です