東京駅攻略法 迷子にならないコツ


東京まで出張や観光で来た方が、かなりの確率でお世話になる東京駅。初めて来た人は、その大きさ・広さに驚くといいます。

そりゃあそうでしょう。新幹線のホームだけで10本。東北新幹線上越新幹線山形新幹線秋田新幹線北陸新幹線北海道新幹線東海道新幹線、山陽新幹線が乗り入れています。新幹線以外(いわゆる在来線)は、山手線、京浜東北線中央線東海道線上野東京ライン総武線横須賀線京葉線武蔵野線・・・これを覚えるだけでも大変です。

しかも、中央線と総武線は各駅停車がなく、東京駅からは快速に乗ります。中央線各駅停車は御茶ノ水駅で、総武線各駅停車は錦糸町駅で乗り換えです。いや、これは確かにややっこしいですね。

JR東京駅 赤レンガの駅舎は丸の内口にあります

では、東京駅で迷子にならないためのコツは? 次の2つを覚えておきましょう。

  • 八重洲と丸の内、どっちなのかを意識する
  • もし改札を出た後に迷子になったら、地下鉄東西線大手町駅を探す

まずは、1つ目。東京駅は何しろあの広さですから、当然改札口もいっぱいあります。また、地上の改札口と、地下の改札口があります。ただし、東京駅は基本的に地下に降りることはあんまりないので、地上なのか地下なのかは、無視してもいいでしょう。
(地下にホームがあるのは、総武線横須賀線京葉線武蔵野線東京メトロです)

で、東京駅の改札口を大ざっぱに分けると、「丸の内○○口」と「八重洲○○口」の2種類があります。このうち、「丸の内口」とつく改札は西側、「八重洲口」とつく改札は東側にあります。

では、どっちがどっちなのか、判別するポイントはこれです。

JR東海道新幹線 東京駅 東海道・山陽新幹線の改札口 八重洲南口

そう。新幹線です。実は、新幹線があるほうが八重洲口なのです。なので、新幹線を降りて、在来線に乗り換える人は、「丸の内」と書いてある方へ向いて歩けばいいのです。逆に、在来線から新幹線に乗る人は、「八重洲」と書いてある方へ歩けばいいのです。

東北・上越・北陸・北海道新幹線の改札口は、こんな感じです。東海道・山陽新幹線と同じ、八重洲口にあります。

JR東北新幹線 上越新幹線 北陸新幹線 東京駅 新幹線乗り場

例外は、京葉線武蔵野線です。東京ディズニーランドの最寄り駅は、京葉線舞浜駅なのですが、この京葉線武蔵野線に乗る人は、「京葉線」と書いている方向へ行きます。八重洲口を、南に進んでいく(新幹線の乗り換え改札口を出てすぐを左に行く)感じです。

JR東北新幹線 東京駅 京葉線と武蔵野線への乗り換え通路

この写真の先にエスカレータとムービングウォークがあり、その先に京葉線武蔵野線の乗り場があります。(詳しくは、この記事をご覧ください)

JR東京駅 改札からこんな風景が見えたら丸の内口です

ちなみに、東京駅のシンボルともいえる、赤レンガの駅舎は丸の内口にあります。なので、改札からこの写真のような感じの風景が見えたら、丸の内口です。

で、丸の内口と八重洲口を間違えて改札を出ると大いにハマるので、充分に注意してください。ちなみに、改札を出る可能性があるとすれば、地下鉄(正確にいうと東京メトロ)との乗換なのですが、この時は丸の内口の地下改札を出れば間違いないです。


続いて、2つ目。では、改札を出た後で間違いに気付いたらどうするか・・・です。

実は、東京駅の東西を結ぶ通路は、東京駅の一番北にあるんです。この通路の近くにあるのが、地下鉄東西線の大手町駅なんです。なので、間違えて改札の外に出てしまったら、東西線の大手町駅を目指して歩けば、東西を結ぶ通路にありつけるわけです。

JR東海道本線 東京駅 丸の内側から八重洲側への自由通路 入口

これが、丸の内側から八重洲側へ行く自由通路の入口です。新幹線や高速バスに乗るつもりだったのに、丸の内○○口から出てしまった人は、この表示に従って八重洲口に行きましょう。

JR東海道新幹線 東京駅 八重洲側から丸の内側への連絡通路 入口

でもって、これがその自由通路の反対側。つまり、八重洲側から丸の内側へ行く自由通路の入口です。どちらにしても、「地下鉄東西線」を目標にすれば見つけることができます。

東京メトロ東西線 大手町駅 地上入口 ここでも東京駅の東西を行き来できます

ちなみに、JR東京駅の地下鉄の最寄り駅は、大手町駅です。万一自由通路を見つけることができなかったとしても、東京メトロ東西線の大手町駅で東西を行き来できます。(正確には、丸ノ内線の東京駅が最寄り駅なのですが、大手町駅のほうが便利)

別解としては、京葉線を探す。京葉線のホームの近くにも、東西を結ぶ通路があります。

最後になりますが、東京駅って端っこから端っこまで歩くと、20分ぐらいかかります。路線にもよりますが、乗り換え時間は最低でも20分は見ておいて、余裕を持ってお出かけくださいませ。




東京駅攻略法 迷子にならないコツ」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 秋の乗り放題パスで、お得に旅する 京阪神編 | アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行

  2. ピンバック: どうしても窓側に座りたい人が指定席特急券を買った時の落とし穴 | アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行

  3. ピンバック: Surface 3を特急列車のテーブルに置いてみた 東日本編 | アイプラス - 全部無料のe-Learning -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です