北海道・東北


札幌市時計台 正面 この日は雪でした 北海道

代表的な都市・観光スポット

最新記事

PowerShot G9Xを持って北海道を旅してみた



Canon PowerShot G9X

先日、PowerShot G9Xを買いました。キューティー吉本は旅行ブログをやっていまして、きれいな写真を撮りたいと思う一方で、写真を撮るのが主目的ではないので一眼レフなんて重たくて持ち歩くのはイヤ・・・という理由です。

小樽運河 運河脇の遊歩道から中央橋方向を撮影 運河に船がいます

最初に行ったのが、小樽です。これは、小樽運河ですね。キューティー吉本が撮るのは景色が多かったりします。

うに丼 小樽 うろこ亭にて

で、うに丼をいただきました。ちょっと色合いがこってりしてるかなって感じですね。

で、次に行ったのが札幌。大通公園のクリスマスイルミネーションです。夜に撮るとこんな感じということで。

夜に撮った写真をもう一つ。路面電車ですね。すすきので撮りました。

JR北海道 キハ40形 前面 増毛駅にて 留萌-増毛が今日で廃止となるだけあって、多くの人でごった返しています

留萌本線の留萌-増毛が廃止になるからということで、乗ってきました。これが、廃止の日の増毛駅です。とにかくすごい人。

JR留萌本線 留萌-増毛 取材のヘリコプターも飛んでいます

帰りの車窓から。よーく見るとヘリコプターが飛んでいるのがわかりますか?

で、そのヘリを撮れないか、ズームをいっぱいにして撮ったのがこれ。とても見れた代物じゃないだろうと思っていたのですが、後で写真を見てびっくり。こんなにきれいに写るんですね。

北海道大学 札幌農学校 第2農場 全景

また札幌に戻ります。北海道大学の敷地内にある、札幌農学校 第2農場です。

上から見た、函館駅です。え? どうやって撮ったのかって?

函館朝市 毛ガニ 普段見ているものより一回りも二回りも大きいです

函館と言えばやっぱり朝市。毛ガニがいっぱい並んでいます。

北海道新幹線 はやぶさ H5系 JR北海道のエンブレム

北海道新幹線も乗ってきました。車体に、反対側のホームが映り込んでいますね。

函館天然温泉 ホテルルートイン グランティア函館駅前 シングルルーム 窓から見える夜景

函館の夜景です。ホテルから撮りました。

とにかく、ピントがしっかり合えば、これがコンパクトデジカメで撮った写真なのかと思うような写真が撮れます。これは、活いか刺しです。

撮影モードは、基本的にオートです。それで、これだけきれいに撮れるって嬉しいですね。





プレミアムクラスのお食事 函館-羽田



プレミアムクラスに乗れば機内食がついてくるのですが、普通の席つまりエコノミークラスでも事前にWebで予約すればプレミアムクラスのお食事を追加することができます。飛行機に乗るのが夜になる場合、キューティー吉本は大抵プレミアムクラスのお食事を頼みます。これは、函館から羽田まで飛行機に乗ったときのお食事です。

函館のうまいものが出てくるのかと思いきや、「精進懐石らかん亭」って東京のお弁当でした。

プレミアムクラスのお食事は、2段重になっています。一の重が海老カステラ、鰤照り焼き、鶏千草焼き、点じゃがフライ、芽くわい唐揚げ、海老しんじょう揚げ、チーズちくわ、しめじ茸辛煮、青唐、竹の子味噌煮、蓮根梅肉煮、薩摩芋津軽煮です。二の重が煮物(南瓜、牛蒡利休煮、高野豆腐、人参梅煮)、揚げとゆかりご飯です。

これが中身です。まず、見た目がとっても鮮やかで、とってもおいしそうです。絶品だったのが、海老しんじょう揚げと鰤照り焼き。あと、煮物のお味がとっても繊細で、おいしかったですよ。

ちなみに、エコノミークラスでプレミアムクラスをお食事を付ける場合、ANAのWebサイトから事前予約が必要です。詳しくは、ANA MY CHOICEのサイトをご覧ください。





青森県観光物産館 アスパム 三角形が特徴の建物です 青森県

代表的な都市・観光スポット

最新記事

大雪にも負けず青森市内をさくっと観光してみた



北海道新幹線 はやぶさ 車窓から 雪がところどころ残っています

ここまで来たんだったら乗って帰らないと後悔しそうな気がしまして、北海道新幹線に乗ることにしました。これが、新青森駅に向かうときに撮った車窓。このときは、雪はほとんど積もっていませんでした。

JR奥羽本線 新青森駅 在来線ホーム 1番線は主に青森方面行き、2番線は主に弘前方面行きの列車が発着します

新青森駅の在来線ホームは風が強く、かなりの寒さ。しかも、雪がちらつき始めました。

JR奥羽本線 青森駅 駅名票 ホームに雪が吹き込んできます

青森駅に着いた頃には、本格的に雪でした。風が強いので、列車が止まっていてもホームまで雪が舞い込んできます。

青い森鉄道線 青森駅 跨線橋から見た青森ベイブリッジと1番線・2番線

青森駅の跨線橋から見える、青森ベイブリッジです。いよいよ本格的に雪が降り初めまして、白くなりかけています。

JR奥羽本線 青森駅 駅舎 結構雪が降っています

こちらが青森駅です。よーく見ると、雪が降っているのがわかると思います。

青森市 アウガ横の商店街 雪がひどくなってきました

キューティー吉本が行きたかったのは、古川市場。前回行った時に食べられなかった、のっけ丼がお目当てでした。しかし、雪がどんどん強くなってきます。

古川市場 青森魚菜センター 今日は定休日でした

が~ん! 今日は定休日でした。ちなみに、古川市場というのは通称で、正しくは青森魚菜センターと言います。ここの名物はのっけ丼と言って、まずはご飯を買って、市場で好きな具を買って乗せる丼ですね。

Festival City AUGA アウガ 青森 新鮮市場 丸青食堂 カウンターとメニュー

あえなく撃沈したキューティー吉本は、アウガに戻りました。地下1階の新鮮市場をうろうろした結果、青森三色丼を食べて帰ることに。

JR青森駅から青函連絡船 八甲田丸方向を見る とんでもない雪が降っています

ここで青森駅に戻ると、いよいよとんでもない雪。真っ白で、八甲田丸が見えません。風が強いので、傘をさすこともできず。

A-FACTORY 外観 もの凄い雪でした

それでも、果敢に八甲田丸を目指します。ここはA-FACTORYです。もうすでに雪が積もってました。

青函連絡船 八甲田丸と青函連絡船戦災の碑 この日は大雪でした

何とか八甲田丸に到着。青函連絡船戦災の碑とともに、写真を撮って帰ります。

この先、ウッドデッキがつながっていまして、更に先にはアスパムがあるのですが、この雪じゃ無理ということで、青森駅まで引き返します。

青森駅 そば処 八甲田 店舗外観 すごい雪でした

青森駅に戻った頃、キューティー吉本は雪だるまと化していました。あまりの寒さにあったかい物が欲しくなり、立ち食いそば屋さんへ。えび天そばを食べて帰りました。しかし、相変わらずのひどい雪です。

北海道新幹線 はやぶさ 車窓から すでに雪が積もっていました

これが、新函館北斗へ戻った時に撮ったはやぶさからの車窓。もう雪が積もっていたのでした。



岩手 盛岡 開運橋から岩手山と北上川を眺める 岩手県

代表的な都市・観光スポット

最新記事

岩手 わんこそば



岩手県に行ったら食べたいもの・・・と言えば、わんこそばですよね? キューティー吉本も、折角岩手県に行ったんだから、わんこそばを食べて帰りたいと思っていたわけなんですよ。しかし、いったいどこへ行けば食べられるんだろう???

「お蕎麦屋さんでしょ?」

そうなんですけど、では岩手県のお蕎麦屋さんだったらどこでも食べられるのかと言われると・・・しかし、灯台下暗し。実は盛岡駅の駅ビルのお蕎麦屋さんで、わんこそばが食べられることがわかりました。しかし・・・

わんこそば 盛岡駅にて

ごめんなさい。写真がこれしか撮れなかったんです。理由を説明する前に、そもそもわんこそばって何かを説明すると・・・

まず、食べる人は写真右手前の、やや大きめのお椀を持ちます。お蕎麦は一口分に小分けしたお椀の中に入った状態になっていまして、おばちゃんお姉さんがお椀についでくれます。お好みで、ネギやとろろ、大根おろしなどの薬味を入れます。

しかし、写真を撮ろうとしたら、いきなりおばちゃんお姉さんがお蕎麦をつぎ始めまして、写真が撮れないままお蕎麦を食べる体制に入らざるを得なかったというわけなんです。ちなみに、キューティー吉本が食べたのが20杯。2,000円でした。その一時間前に立ち食いそばを食べていたため、あんまり入りませんでした。ちなみに、このお店では3,000円でわんこそば食べ放題になるそうです。

なんか、岩手県に来て麺類しか食べていないような・・・





JR秋田新幹線 秋田駅 なまはげ 秋田県

代表的な都市・観光スポット

最新記事

秋田2泊3日の旅のまとめ



山形新幹線つばさ 側面

秋田まで、2泊3日で旅行に行ってきました。まずは、山形新幹線つばさに乗ります。

「え? こまちじゃなくて?」

・・・て声が聞こえてきそうですけどね。

JR山形新幹線 新庄駅 新幹線ホーム

山形新幹線は、終点の新庄駅に到着。1時間ほど新庄駅周辺をうろうろします。

JR奥羽本線 新庄発秋田行き

で、奥羽本線新庄発秋田行きの列車に乗ります。これで秋田県に行こうというわけです。

JR奥羽本線 大曲駅に到着

これで秋田まで・・・ではなく、途中の大曲駅で降ります。今日の旅はここまで。お宿に行きます。

ホテルルートイン 大曲駅前 大曲駅から見ると、こっちが正面です

1日目のお宿は、ホテルルートイン大曲駅前でした。天然温泉じゃなかったですけど大浴場がありました。

JR秋田新幹線 田沢湖駅

2日目。秋田新幹線こまちに乗って、田沢湖駅へ。田沢湖はここからバスに乗るって事実を知って、唖然。

県立自然公園 田沢湖 秋田県

で、バスに乗って田沢湖へ。折角田沢湖に来たんだから、田沢湖温泉に入りたいな・・・しかし、湖の周りを探しても、温泉は見つからず。一体なぜ?

田沢湖と田沢湖温泉への矢印が、逆になってます

田沢湖畔のバス停で、たまたま乳頭温泉行きのバスを見つけたため、予定を変更して乳頭温泉に行くことに。このバスの中であることに気づきます。実は田沢湖温泉は、田沢湖の湖畔ではなく、随分と離れたところにあることが判明。しかし、今更田沢湖温泉に行く気にならず、乳頭温泉を目指します。

乳頭温泉郷 大釜温泉旅館 男女別ののれん

乳頭温泉では、大釜温泉妙乃湯に入りました。この乳頭温泉、全国的にも非常に数少ない、含鉄泉なんです。また、妙乃湯は男女混浴。いや、これは来てよかったですね。

JR秋田新幹線 秋田駅 なまはげ

で、今度こそ本当に秋田駅へ。今日の旅はここまでです。

比内地鶏の親子丼 稲庭うどんと共に

しかし、ここでお昼ご飯を食べていないことに気づいたのでした。そこで、秋田駅でお昼ご飯を食べることに。比内地鶏の親子丼稲庭うどんでした。

秋田中通 秋田西武百貨店

ホテルのチェックインまで、少し時間があります。秋田市の中心街、中通をぶらぶらします。

ホテルドーミーイン秋田 玄関

2日目のお宿は、ホテルドーミーイン秋田でした。ここは中通温泉といって、天然温泉に入れます。しかもこのお湯がとっても良かったです。

千秋公園 久保田城表門 本丸側

3日目。午前中は秋田市内をぶらぶらします。まずは千秋公園へ。ここは久保田城があったところです。天守閣はありませんでして、唯一現存するのが御物頭御番所です。また、千秋公園の中には、八幡秋田神社があります。

秋田市民市場 市場の中

続いて、秋田市民市場へ。ここでお腹がすいたので、お昼ご飯にします。お刺身定食をいただいたのですが、これがうまかった。

JR男鹿線 車窓 一面の田園風景ですね

お昼からは、なまはげ伝説のある男鹿を目指して、秋田駅から男鹿線に乗ります。味のあるディーゼルカーですね。

JR男鹿線 男鹿駅 改札口ホーム側より

列車は、終点の男鹿駅に到着。しばらく男鹿駅周辺をうろうろします。

実は、秋田県の海が見たかったのです。で、男鹿駅の先まで歩くと・・・はい目的終了。

秋田新幹線 こまち E3系 秋田駅にて

帰りは秋田新幹線こまちで。ちなみに、車内で食べたのは秋田駅の駅弁、あきたこまち弁当でした。え? あきたこまちをおかずに、ご飯を食べる弁当ですかって? まさかぁ…



山形 蔵王温泉 ホテルルーセントタカミヤ 夕食の一例 〆のご飯と芋煮 山形県

代表的な都市・観光スポット

最新記事

秋田2泊3日の旅のまとめ



山形新幹線つばさ 側面

秋田まで、2泊3日で旅行に行ってきました。まずは、山形新幹線つばさに乗ります。

「え? こまちじゃなくて?」

・・・て声が聞こえてきそうですけどね。

JR山形新幹線 新庄駅 新幹線ホーム

山形新幹線は、終点の新庄駅に到着。1時間ほど新庄駅周辺をうろうろします。

JR奥羽本線 新庄発秋田行き

で、奥羽本線新庄発秋田行きの列車に乗ります。これで秋田県に行こうというわけです。

JR奥羽本線 大曲駅に到着

これで秋田まで・・・ではなく、途中の大曲駅で降ります。今日の旅はここまで。お宿に行きます。

ホテルルートイン 大曲駅前 大曲駅から見ると、こっちが正面です

1日目のお宿は、ホテルルートイン大曲駅前でした。天然温泉じゃなかったですけど大浴場がありました。

JR秋田新幹線 田沢湖駅

2日目。秋田新幹線こまちに乗って、田沢湖駅へ。田沢湖はここからバスに乗るって事実を知って、唖然。

県立自然公園 田沢湖 秋田県

で、バスに乗って田沢湖へ。折角田沢湖に来たんだから、田沢湖温泉に入りたいな・・・しかし、湖の周りを探しても、温泉は見つからず。一体なぜ?

田沢湖と田沢湖温泉への矢印が、逆になってます

田沢湖畔のバス停で、たまたま乳頭温泉行きのバスを見つけたため、予定を変更して乳頭温泉に行くことに。このバスの中であることに気づきます。実は田沢湖温泉は、田沢湖の湖畔ではなく、随分と離れたところにあることが判明。しかし、今更田沢湖温泉に行く気にならず、乳頭温泉を目指します。

乳頭温泉郷 大釜温泉旅館 男女別ののれん

乳頭温泉では、大釜温泉妙乃湯に入りました。この乳頭温泉、全国的にも非常に数少ない、含鉄泉なんです。また、妙乃湯は男女混浴。いや、これは来てよかったですね。

JR秋田新幹線 秋田駅 なまはげ

で、今度こそ本当に秋田駅へ。今日の旅はここまでです。

比内地鶏の親子丼 稲庭うどんと共に

しかし、ここでお昼ご飯を食べていないことに気づいたのでした。そこで、秋田駅でお昼ご飯を食べることに。比内地鶏の親子丼稲庭うどんでした。

秋田中通 秋田西武百貨店

ホテルのチェックインまで、少し時間があります。秋田市の中心街、中通をぶらぶらします。

ホテルドーミーイン秋田 玄関

2日目のお宿は、ホテルドーミーイン秋田でした。ここは中通温泉といって、天然温泉に入れます。しかもこのお湯がとっても良かったです。

千秋公園 久保田城表門 本丸側

3日目。午前中は秋田市内をぶらぶらします。まずは千秋公園へ。ここは久保田城があったところです。天守閣はありませんでして、唯一現存するのが御物頭御番所です。また、千秋公園の中には、八幡秋田神社があります。

秋田市民市場 市場の中

続いて、秋田市民市場へ。ここでお腹がすいたので、お昼ご飯にします。お刺身定食をいただいたのですが、これがうまかった。

JR男鹿線 車窓 一面の田園風景ですね

お昼からは、なまはげ伝説のある男鹿を目指して、秋田駅から男鹿線に乗ります。味のあるディーゼルカーですね。

JR男鹿線 男鹿駅 改札口ホーム側より

列車は、終点の男鹿駅に到着。しばらく男鹿駅周辺をうろうろします。

実は、秋田県の海が見たかったのです。で、男鹿駅の先まで歩くと・・・はい目的終了。

秋田新幹線 こまち E3系 秋田駅にて

帰りは秋田新幹線こまちで。ちなみに、車内で食べたのは秋田駅の駅弁、あきたこまち弁当でした。え? あきたこまちをおかずに、ご飯を食べる弁当ですかって? まさかぁ…



網焼き 牛たん弁当 中身 仙台名物の牛たんを楽しめる駅弁です 宮城県

代表的な都市・観光スポット

最新記事

みちのく 真田弁当 幸村の思い



みちのく真田弁当 幸村の思い 包み紙

新幹線の中で食べる駅弁を買っておきます。どれにしようか迷ったのですが、これになりました。「みちのく 真田弁当 幸村の思い」なる駅弁です。お値段は1,100円でした。

みちのく真田弁当 幸村の思い お品書き

お品書きを見てみますと、一番左が白石市ということで、”おくずかけ”風炊き合わせと白ご飯、宮城県産梅干し。真ん中が蔵王町ということで、つくね、こんにゃく煮、カステラ蒲鉾、宮城県産舞茸煮と雑穀入りご飯、ふきのとう。一番左が由利本荘市で、比内地鶏と野菜の寄せ揚げ、秋田県産しょっつるだれ、鱈のつけ焼きとひじきご飯と栗甘煮だそうです。

しかしこの駅弁、買ったのは岩手県の盛岡駅なんですけど、本当は宮城県秋田県の駅弁で、岩手県は関係ないんじゃないの?

みちのく真田弁当 幸村の思い 中身

なぜこの駅弁を買ったのかというと、とにかく見た目にもとってもきれいで、三食のご飯にひかれました。ただし、どちらかというとビールのおつまみ的な内容を期待していたのですが、見た目よりもおかずが少なく、ビールを片手にご飯を食べるという、不思議なことに。だったらおかずが多い駅弁を買ったほうがよかったんじゃない・・・ってそう言われればそうなのですが・・・





磐越西線から見える会津磐梯山 福島県

代表的な都市・観光スポット

最新記事

いわき駅周辺を歩いてみた



いわき駅周辺案内図 町の中心が駅から南側であることが分かります

いわき市と言えば、福島県でも海沿いの地域の中心となる都市でして。大抵の特急ひたちいわき駅で折り返しです。(・・・て、まだ常磐線に不通区間があるので、全列車いわき駅で折り返しなんですが)

いわき駅周辺は、地名としては平です。開けているのは、どちらかというといわき駅の南側です。

いわき駅の南西にある歓楽街・・・と言っても居酒屋さんが立ち並んでいるってことなんですが...

いわき駅の南西のあたりが、歓楽街です。歓楽街と言っても、居酒屋さんが立ち並んでいるってことなんですが。ホタテの貝殻がずらりと並んでいて、なんか面白そうだったので写真に撮ってしまいました。

平中央公園 いわき駅から南へ10分ほど歩いたところにあります

歓楽街(?)から南へ10分ほど歩くと、平中央公園があります。周辺にはいわき市役所やいわき市立美術館、いわき芸術文化交流会館があります。ま、このあたりがいわき市の政治の中心みたいですね。

いわき駅の近くでなぜか見かけた女性の裸 菱川ルミエールって一体何?

平中央公園の近くで見つけました。一体なぜ、ここにリアルな女性の銅像が? それ以前に、菱川ルミエールって一体何?

いわき市のメインストリート 写真奥がいわき駅です

駅前大通りです。ここが、いわき市のメインストリートですね。銀行やNHKなんかが立ち並びます。写真奥が、いわき駅です。

いわき市中心部にある柳の並木道 ここはもともと川が流れていたんでしょうか

突如して現れる、柳の並木道です。その両側に、道路があります。ひょっとすると、ここは昔川が流れていたのかも知れませんねぇ。

突然現れる煙突 まるで銭湯みたいですね いわき市にて

いわき駅の南東部は、ややシャッター街の様相を呈しています。また、土地が歯抜けになっていて、駐車場になっているところも少なくありません。そんな中見つけたのが、この謎の煙突。これもしかして、昔ここに銭湯があったってことなんでしょうか。

昔ながらの蔵と倉庫を改築してできた美容院とレストラン いわき市にて

ここは元々、昔ながらの建築方式の蔵か倉庫だったのでしょう。今では改装されて、美容院とレストランになっていました。

いわき駅南東部 ここはビジネスホテルが立ち並びます

いわき駅の南東部には、ビジネスホテルが立ち並びます。周辺には居酒屋さんもあるし、コンビニもあるし。気になる点があるとすれば、朝ご飯を食べる場所が見当たらない点ですか。ここに泊まるんだったら、朝食付きのプランが必須だと思います。

「社員用」と書かれたバス 行き先がJヴィレッジってまさか... いわき駅前にて

いわき駅前で見かけたバス。前面には「社員用」と書いてありまして。どっかの会社の送迎バス・・・にしては随分豪華なバス。扉のところに行き先が書いてありまして、手前のバスが「いわき駅→独身寮→Jヴィレッジ→2F」、後ろのバスが「いわき駅(直通) 新事務棟」って、まさか行き先は・・・