東海・北陸


名古屋城 天守閣 愛知県

代表的な都市・観光スポット

最新記事

名古屋・伊勢2泊3日の旅のまとめ



豊橋鉄道 市内線 豊橋駅 ホーム

1日目。まずは新幹線で名古屋駅・・・ではなく、その手前の豊橋駅で下車です。なぜかと言いますと、豊橋市内には路面電車が走っていて、一度でいいから乗ってみたかったのです。なので、終点まで往復して終了。あ、ちゃんと豊橋カレーうどんは食べて帰りましたよ。

味噌煮込みうどん 名古屋でいただきました

名古屋鉄道に乗って、名古屋駅へ。お宿に着いたらもう夕方だったので、1日目はこれで終了。近所の居酒屋さんに行きました。〆に食べたのが、味噌煮込みうどんでした。

名古屋テレビ塔

2日目。この日はドニチエコきっぷを買って、名古屋地下鉄でお得に旅しようということにしました。まずは、名古屋市内をぐるっと回る名城線に乗って栄へ。名古屋のシンボルの一つ、名古屋テレビ塔を見に行きます。

鰻のひぶまぶし 名古屋栄でいただきました

で、名古屋に来たら絶対に食べたかった、鰻のひつまぶしを食べます。

名古屋城 天守閣 近くで見るとかなりの迫力です

続いて、これまた名古屋のシンボルの一つ、名古屋城へ行きます。ちなみに、ドニチエコきっぷを持っていると、入館料が割引になります。

ラグーナの湯 正真正銘の天然温泉なんだそうです

このまま名古屋市内を観光すると思いきや、蒲郡へ。なぜかと言いますと、ラグーナの湯に行きたかったのです。ラグーナの湯って、ラグーナ蒲郡の中にあるんですけど、いやしかしこれってどうよって感じのところですね。確かに、南国ムードではありますけど。

スガキヤ 特製ラーメン これで420円ってお得ですねぇ

バスで蒲郡駅に行きますと、もう夕方。はや晩ご飯にします。これまた、名古屋に行ったら絶対に食べたかった、寿がきやのラーメンです。この後、JRよりも時間とお金がかかるのはわかっているのですが、海が見たかったので名鉄蒲郡線経由で名古屋市内に戻りました。

牛めし弁当 中身

3日目。この日は伊勢神宮に行くことにしました。近鉄名古屋駅から近鉄特急に乗って、宇治山田駅を目指します。今日の朝ご飯は牛めし弁当です。

伊勢神宮 外宮 正宮

伊勢神宮は、外宮内宮があります。まずは、外宮に行きます。しかし、さすがは伊勢神宮。中は広いこと広いこと。ちなみに、伊勢神宮の正宮は、20年に1回建て替えるルールになっています。このときに神様がお引越しするお祭りが式年遷宮で、せんぐう館に色々展示があるみたいです。

伊勢神宮 内宮 境内 正宮まではだいぶあります

その後、内宮へ。しかし、こちらは外宮以上の広さ。それなのに、恐ろしいくらいの長蛇の列でした。でっかい公園と言ってもいいぐらいの広さでして、歩き疲れたキューティー吉本は、できたての赤福を堪能しながら一休みしたのでした。

きしめん 名古屋駅 新幹線ホームにて

ここであることに気づきます。そう言えば、お昼ご飯を食べていなかったのでした。名古屋駅で新幹線を待つ間、きしめんを食べます。で、名古屋名物 みそかつ&えびふりゃ~弁当を買って、新幹線の中で食べます。さすがにこれだけ食べるとお腹いっぱい。いや、旅っていいですね。



JR東海道線 清水駅 ちびまる子ちゃんランド まるちゃんが生まれた町 清水へようこそ! 静岡県

代表的な都市・観光スポット

最新記事

熱海市内をぶらぶら歩いて、ついでに温泉に入ってみた



平和通り名店街入口 この商店街を抜けて道なりに進むと、大江戸温泉物語 熱海温泉 あたみ があります

熱海と言えば、日本でも有名な温泉街ですね。たくさんの観光客が訪れます。

熱海 平和通り商店街 観光客でごった返しています

大江戸温泉物語あたみはこっち」という看板につられて、平和通り名店街へ。商店街の中は、多くの観光客でごった返しています。

大江戸温泉物語 熱海温泉 あたみ 建物外観

平和通り名店街を抜けて、坂を下っていくと、大江戸温泉物語あたみがありました。ここで日帰り入浴します。

熱海駅舎跡 熱海温泉 大江戸温泉物語 あたみのすぐ横にあります

熱海駅は、元々ここにあったそうです。熱海駅舎跡を示す石碑があります。

熱海 坂が多く、桜がちらほら咲いていました

熱海駅にはあれだけたくさんの観光客がいたにもかかわらず、平和通り名店街を過ぎるとぱったりといなくなります。恐らく坂の昇り降りが嫌なんでしょう。桜がちらほら咲いていました。

熱海 昭和の雰囲気が残る商店街 しかし、シャッター街と化していました

地元の人向けの商店街だと思うのですが、人影はまばら。商店街というよりは、シャッター街と言ったほうが正しいかもしれませんね。

熱海 温泉街 何とも昭和の雰囲気のホテルがあります

商店街といい、ホテルといい、昭和の空気を感じます。「人生は旅」ってキャッチフレーズが泣かせます。ちなみに、この通りの先に、大湯間欠泉があります。

熱海 本町商店街バス停 ここが桜通りです

本町商店街バス停です。バス停は橋の上にありまして、川沿いが桜並木になっています。

熱海 マリンスパあたみバス停付近からサンビーチを眺める

坂を下った先は、サンビーチと言って、砂浜が広がります。こうして見てると、どこかのリゾート地に来たような錯覚を起こします。(・・・て、熱海も十分リゾート地だという説もあるのですが)

熱海温泉 マリンスパあたみ 建物全景

マリンピアあたみです。日帰り温泉を楽しみに来てみたのですが、ここはプールがメインの施設だそうで、残念ながら断念。ちなみに、水着のレンタルもあるそうです。

熱海 マリンスパあたみバス停付近 猫がいました

マリンピアあたみの近くには、早島行きの船のりばがあります。ここで、一匹の猫を発見。キューティー吉本は、その先のアタミロープウェイ熱海城へ行きます。

大湯間欠泉 市外通話発祥の地 記念公衆電話 もちろん本当に通話できます

熱海は日本の市外通話発祥の地だそうです。大湯間欠泉のそばに、公衆電話ボックスがあります。しかし、大湯と聞いて日帰り温泉を想像していたキューティー吉本は、大湯間欠泉を見てがっかり。人は入れないんですね。

湯前神社 境内

でも、近くに温泉浴場 大湯を見つけて、ちゃんと日帰り温泉には行ったのでした。ここは、大湯の近くにある湯前神社ですね。

熱海温泉 小沢の湯 日帰り温泉ではなく、源泉でした

熱海7湯めぐりというのは、7つの外湯で温泉巡りをしましょうということではなく、熱海の7つの源泉を見に行きましょうということでした。これは、7湯のうちの一つ、小沢の湯です。

JR東海道本線 熱海駅 バスターミナル

熱海市内は坂が多く、歩いて回るには向いていないと感じました。熱海駅から素直にバスに乗ったほうがいいと思います。湯~遊~バスも走っていることですし。



伊勢神宮 内宮 境内 正宮まではだいぶあります 三重県

代表的な都市・観光スポット

最新記事

名古屋・伊勢2泊3日の旅のまとめ



豊橋鉄道 市内線 豊橋駅 ホーム

1日目。まずは新幹線で名古屋駅・・・ではなく、その手前の豊橋駅で下車です。なぜかと言いますと、豊橋市内には路面電車が走っていて、一度でいいから乗ってみたかったのです。なので、終点まで往復して終了。あ、ちゃんと豊橋カレーうどんは食べて帰りましたよ。

味噌煮込みうどん 名古屋でいただきました

名古屋鉄道に乗って、名古屋駅へ。お宿に着いたらもう夕方だったので、1日目はこれで終了。近所の居酒屋さんに行きました。〆に食べたのが、味噌煮込みうどんでした。

名古屋テレビ塔

2日目。この日はドニチエコきっぷを買って、名古屋地下鉄でお得に旅しようということにしました。まずは、名古屋市内をぐるっと回る名城線に乗って栄へ。名古屋のシンボルの一つ、名古屋テレビ塔を見に行きます。

鰻のひぶまぶし 名古屋栄でいただきました

で、名古屋に来たら絶対に食べたかった、鰻のひつまぶしを食べます。

名古屋城 天守閣 近くで見るとかなりの迫力です

続いて、これまた名古屋のシンボルの一つ、名古屋城へ行きます。ちなみに、ドニチエコきっぷを持っていると、入館料が割引になります。

ラグーナの湯 正真正銘の天然温泉なんだそうです

このまま名古屋市内を観光すると思いきや、蒲郡へ。なぜかと言いますと、ラグーナの湯に行きたかったのです。ラグーナの湯って、ラグーナ蒲郡の中にあるんですけど、いやしかしこれってどうよって感じのところですね。確かに、南国ムードではありますけど。

スガキヤ 特製ラーメン これで420円ってお得ですねぇ

バスで蒲郡駅に行きますと、もう夕方。はや晩ご飯にします。これまた、名古屋に行ったら絶対に食べたかった、寿がきやのラーメンです。この後、JRよりも時間とお金がかかるのはわかっているのですが、海が見たかったので名鉄蒲郡線経由で名古屋市内に戻りました。

牛めし弁当 中身

3日目。この日は伊勢神宮に行くことにしました。近鉄名古屋駅から近鉄特急に乗って、宇治山田駅を目指します。今日の朝ご飯は牛めし弁当です。

伊勢神宮 外宮 正宮

伊勢神宮は、外宮内宮があります。まずは、外宮に行きます。しかし、さすがは伊勢神宮。中は広いこと広いこと。ちなみに、伊勢神宮の正宮は、20年に1回建て替えるルールになっています。このときに神様がお引越しするお祭りが式年遷宮で、せんぐう館に色々展示があるみたいです。

伊勢神宮 内宮 境内 正宮まではだいぶあります

その後、内宮へ。しかし、こちらは外宮以上の広さ。それなのに、恐ろしいくらいの長蛇の列でした。でっかい公園と言ってもいいぐらいの広さでして、歩き疲れたキューティー吉本は、できたての赤福を堪能しながら一休みしたのでした。

きしめん 名古屋駅 新幹線ホームにて

ここであることに気づきます。そう言えば、お昼ご飯を食べていなかったのでした。名古屋駅で新幹線を待つ間、きしめんを食べます。で、名古屋名物 みそかつ&えびふりゃ~弁当を買って、新幹線の中で食べます。さすがにこれだけ食べるとお腹いっぱい。いや、旅っていいですね。





金沢 兼六園 瓢池 石川県

代表的な都市・観光スポット

最新記事

金沢駅前バスターミナル



JR北陸新幹線 金沢駅 兼六園口 鼓門 といっても兼六園までは大分遠いです

石川県って、なぜか知らないのですが、北陸3県の中で唯一、路面電車が走っていません。金沢市内の交通機関は、基本的にバスです。

なので、兼六園金沢城公園ひがし茶屋街にし茶屋街、21世紀美術館、尾山神社長町武家屋敷跡と言った観光名所や、近江町市場香林坊片町と言った繁華街も、金沢駅からは基本的には路線バスで、兼六園口のバスターミナルから発着します。頑張れば歩けるかもしれませんが、お勧めできません。

JR北陸本線 金沢駅 交通案内所 北鉄バス 1日フリー乗車券はここで買えます

金沢市内を走るバスは、北陸鉄道バス(北鉄バス)と、西日本JRバスの2種類があります。金沢駅を出てすぐのところに、バス案内所があります。ダントツに混んでいるのは北鉄バスの窓口でして、1日フリー乗車券を買う人の列ができています。

北陸鉄道バス 金沢駅前バスターミナル 7番乗り場 ひがし茶屋街方面に行きます

北鉄バスの乗り場です。大ざっぱにいうと、「ひがし茶屋街」「その他」という分け方です。なぜかというと、金沢市内の名だたる観光名所や繁華街の中でも、ひがし茶屋街だけ逆方向でして、バスの乗り場も分かれているというわけです。

ひがし茶屋街の最寄りバス停は橋場町で、橋場町へ行くバスは7番乗り場から発着します。

北陸鉄道バス 金沢駅前バスターミナル 6番乗り場 近江町市場、尾山神社、長町武家屋敷跡、21世紀美術館、兼六園下・金沢城方面に行きます

兼六園シャトルと言って、近江町市場尾山神社長町武家屋敷跡、21世紀美術館、兼六園金沢城公園へ行くバスが発着します。

近江町市場の最寄りバス停は武蔵ヶ辻、尾山神社の最寄りバス停は南町、長町武家屋敷跡の最寄りバス停は香林坊、兼六園金沢城公園の最寄りバス停は兼六園下・金沢城です。6番乗り場から発着します。

北陸鉄道バス 金沢駅前バスターミナル 8番乗り場 近江町市場、尾山神社、長町武家屋敷跡、香林坊、片町、にし茶屋街方面へ行きます

ただし、武蔵ヶ辻、南町、香林坊は金沢のメインストリートでもありまして、かなりたくさんのバスが走ります。3番、8番~10番乗り場のバスでも行けます。こっちのほうが観光客があんまり乗らないので、空いてて便利だったりします。

にし茶屋街の最寄りバス停は広小路で、8番乗り場から発着します。

北鉄バス 金沢周遊バス 金沢市内を一周する、観光に便利なバスです

北鉄バスは、基本的にオレンジ色の車体です。写真は金沢周遊バスで、金沢市内の名だたる観光地、繁華街を行く循環バスです。赤いバスが右回り、緑色のバスが左回りです。兼六園シャトルと金沢周遊バスも、北鉄バス 一日フリー乗車券で乗れます。

JR西日本バス 金沢駅前バスターミナル まちバス乗り場 近江町市場、尾山神社、長町武家屋敷跡、21世紀美術館、兼六園下・金沢城公園に行きます

西日本JRバスのまちバスの乗り場です。北鉄バスの兼六園シャトル同様、武蔵ヶ辻、南町、香林坊、21世紀美術館、兼六園下・金沢城に行きます。まちバスは土日祝日のみの運行で、一日フリー乗車券では乗れません。しかも、まちバスと経路がかぶる兼六園シャトルが、土日祝日のみ運賃100円です。

では、まちバスのメリットはというと、SuicaやPASMO、ICOCAが使える点です。なので、交通系ICカードをお持ちの方で、金沢市内を一日観光する時間がなく「兼六園に行って帰ってくればいいや」と思っている人にとっては、兼六園シャトルよりまちバスにした方がいいかも知れません。

まちバスは、青い車体です。一日フリー乗車券を買った人は、間違えて乗らないように気を付けましょう。

金沢駅 兼六園下口バスターミナル 主要観光地別バス発車案内

金沢市内のバスは結構複雑で、武蔵ヶ辻、南町、香林坊に至ってはあまりにもたくさんのバスがあるので、どの乗り場から先に発車するのかわかりにくかったりします。そこで、主要行先別の発車案内があります。





大本山 永平寺 仏殿 中雀門から撮影 福井県

代表的な都市・観光スポット

最新記事

芦原温泉駅



JR北陸本線 芦原温泉駅 駅名票

あわら温泉のJR線での最寄り駅、芦原温泉駅(こう書いて、「あわらおんせん」と読みます)です。特急サンダーバード特急しらさぎが停車します。

駅名とは裏腹に、あわら温泉はこの駅の前ではなく、えちぜん鉄道あわら湯のまち駅の前にあります。そのため、あわら温泉へはここからバスで15分ぐらいかかります。

JR北陸本線 芦原温泉駅 ホーム 正面が1番線・2番線で金沢方面行きが発着します 右が3番線・4番線で福井・敦賀方面行きが発着します

ホームは2本あり、4本の列車が止まれます。写真は1番線・2番線で、加賀温泉・金沢方面行きが発着します。

JR北陸本線 芦原温泉駅 ホーム 東側より撮影

別の場所からホームを撮影しました。奥が1番線・2番線です。手前が3番線・4番線で、福井・敦賀方面行きが発着します。

JR北陸本線 芦原温泉駅 昔使われていたと思われるホーム ちはやふるの看板が掲げられています

1番線・2番線の隣に、恐らく昔はホームであっただろう残骸(ひょっとしたら貨物駅の残骸かも知れませんが)が残っています。あわら市はちはやふるの綿谷 新の出身地らしく、ちはやふるの看板が立っていました。

JR北陸本線 芦原温泉駅 改札口 自動改札機はありません

橋上駅でして、改札口は跨線橋の上にあります。自動改札機はなく、駅員さんが検札します。ま、金沢駅にも福井駅にも自動改札機はなかったんで、そりゃあ芦原温泉駅に自動改札機はないわなって感じです。

日中時間帯の列車の本数は、金沢から大阪京都方面へ行く特急サンダーバードと、米原・名古屋方面へ行く特急しらさぎを入れて、およそ1時間に2本~3本。普通列車は1時間に1本ぐらいです。

JR北陸本線 芦原温泉駅 駅待合室 セブンイレブンが運営する売店があります

改札口の向かい側に、待合室と売店があります。この売店、セブンイレブンが運営しています。

JR北陸本線 芦原温泉駅 駅舎の反対側にある駅入り口

駅舎の反対側にある、芦原温泉駅への入り口です。駅名表示もなく、至って質素。ただの跨線橋のようにしか見えないのですが、ちゃんと駅につながっています。

JR北陸本線 芦原温泉駅 駅舎

こちらが、駅舎です。橋上駅で、エレベーターが設置されています。

JR北陸本線 芦原温泉駅 駅前ロータリー バス乗り場とタクシー乗り場があります

駅前には、バス乗り場とタクシー乗り場があります。お土産物屋さんや飲食店も並んでいまして、下手にあわら温泉へ行ってしまうより、こっちの方が飲食・買い物には便利そうなのですが、やや老朽化した建物や、シャッターが下りたままのお店が目立つのが気になります。また、駅前にはコンビニはありません。

JR北陸本線 芦原温泉駅 駅前バスターミナル 京福バスが発着します バス案内所が駅舎の1階にあります

芦原温泉、東尋坊、永平寺をはじめとして、周辺の観光地へ行く京福バスの乗り場があります。また、京福バスの案内所が、駅舎の1階にあります。ちなみに、芦原温泉があるあわら湯のまち駅へはおよそ15分で、運賃は290円です。ただ、平日の日中時間帯で1時間に1本、休日でも30分に1本ぐらいしか出ていません。また、永平寺行きのバスは1日に3~4本しかなく、お勧めできません。