うまいもの


松茸とはもの土瓶蒸し 虹家 鹿児島本店にて

キューティー吉本的ミシュラン

キューティー吉本が個人的に、うまいものを選んでみました。以下の条件を満たすと、ポイントが上がります。

  • キューティー吉本が初めて食べたとき、とっても感動した
  • その地元へ行かないと口に入らない
  • キューティー吉本的に、交通費を自腹で払ってでも、食べに行きたいと思う

★★★★★

★★★★

★★★

★★

うまいもの最新記事

そばきり みよ田



そばきり みよ田 入り口

松本城の大手門の前を歩いて5分ぐらいでしょうか。よさげなお蕎麦屋さんを見つけまして。ちょうどランチタイムなので行ってみることにします。そばきり みよ田です。

せいろそば そばきり みよ田にて

平日とはいえ、ランチタイムなので店内は結構混んでいました。まずは、長野県に来たらこれは外せないですね。お蕎麦です。キューティー吉本が頼んだのは、ざるそば。薬味入れが2段になっていて、下段に海苔が入っています。

この大きなざるに、きらきらとした麺が乗っかって出てきた時点で、テンションが上がります。お味ですか。もちろんおいしかったですよ。お蕎麦の風味も去ることながら、こしがあって喉越しが良くて、これはうまいですね。

馬刺し そばきり みよ田にて

・・・で、これまた長野県に来たら外せない、馬刺しです。メニューにあったので、思わず頼んでしまいました。生姜醤油でいただきます。

とにかく、臭みが全然ない。もちろん、うまい。地域によっては馬刺しが凍った状態で出てくるところがあるんですけど、この馬刺しと比べちゃダメでしょって感じですね。

蕎麦焼酎のそば湯割り そばきり みよ田にて

こうなると、お昼だというのに飲み状態です。蕎麦焼酎のそば湯割りを頼んでしまいました。キューティー吉本が頼んだのが、峠。蕎麦焼酎にして香ばしくて、うまいんですね。



鳥梅 やきとりコーナー



鳥梅 やきとりコーナー 店舗外観

上諏訪温泉は、ご飯を食べられるところが点在していまして、晩ご飯を食べるところでまず困ることはないです。キューティー吉本が行ったのが、鳥梅 やきとりコーナーです。なんで長野県なのにそばじゃないのって?

焼き鳥盛り合わせ 鳥梅 やきとりコーナーにて

やきとりコーナーに行ったんだから、当然焼き鳥を注文します。5串の盛り合わせ。塩でいただきます。この焼き鳥、なぜなんだろうと思うぐらい、お肉が柔らかくて、しかもジューシーなんですね。これはうまかったですよ。

えのきバター 外観 鳥梅 やきとりコーナーにて

続いて注文したのが、このこんもりとしたアルミホイル・・・で、その中身はというと・・・

えのきバター 中身 鳥梅 やきとりコーナーにて

えのきバターでした。バターというよりは、お醤油の風味の一品でした。

釜めし 外観 鳥梅 やきとりコーナーにて

ここのもう一つの名物が、釜めしです。ちゃんとこの釜で、お米から炊き上げます。

釜めし 中身 鳥梅 やきとりコーナーにて

中身がこんな感じ。切るように混ぜてから蓋をして、1分ぐらい待つとおいしく食べられるって教えてもらいました。こうすると、表面はがちがち、下はべちゃべちゃにならず、釜めしをおいしくいただけます。

店内は、地元の人たちで結構混んでいました。クレジットカードが使えないのが難点ですが、ここはお勧めできます。


駅弁レビュー:新青森駅 伯養軒の牛めし弁当



伯養軒の牛めし弁当 外箱

北海道新幹線に乗る前に、新青森駅で駅弁を買います。海産物系の駅弁が多い中、キューティー吉本が買ったのは、伯養軒の牛めし弁当でした。

なぜこの駅弁を買ったのかと言いますが、青森と函館の旅行ですと、ホタテ、いか、うに、まぐろ、いくらといった海産物系の食事がどうしても主流になってしまいまして、ここらで肉系が食べたかったというわけです。

伯養軒の牛めし弁当

中を開けてみると、キューティー吉本の期待を裏切らない中身でした。ご飯の上に、牛肉がどーんと載っています。半分は焼肉大にカットしたお肉、もう半分はやや小さめにカットしたお肉でした。

たれが焼肉ともすき焼きとも言えない、特製たれでした。強いてあげればすき焼きが近い感じなのですが、やや甘めなのにしつこくなく、これはうまいですね。これはお勧めです。


駅弁レビュー:東京駅 日本のおもてなし弁当



日本のおもてなし弁当 外箱

朝ご飯(・・・と言っても随分遅めですが)は、東京駅で買った駅弁でした。日本のおもてなし弁当でした。お値段はやや高めで、1,150円でした。

日本のおもてなし弁当 お品書き

お値段がこれだけあって、なかなか豪華でした。いくら、カニフレーク、錦糸玉子、菜の花お浸し、椎茸煮が乗ったちらし寿司。揚げ物が、海老しそ衣揚げ、舞茸と蓮根の天ぷら、ビーマンと赤パプリカの素揚げ。煮物が春雨入り巾着、南瓜、筍、いんげん、人参。付け合わせが、青菜と油揚げの煮びたし、漬物、和菓子です。

日本のおもてなし弁当 中身 見た目にも鮮やかですね

ご覧の通り、見た目も鮮やかなお弁当でした。特に目を引くのが、ちらし寿司と天ぷら。いくらと人参、パプリカの赤がとってもきれいですね。もちろん、お味はとってもおいしかったですよ。

がっつり食べたい人にはちょっと物足りないかもしれませんが、お料理は口だけじゃなくて目でも味わいたい人、お弁当のおかずを肴にお酒飲んで、〆にご飯を食べたい人にはぴったりですね。





駅弁レビュー:新大阪駅 黒毛和牛ステーキ&ハンバーグ弁当



黒毛和牛ステーキ&ハンバーグ弁当 外箱

晩ご飯は、新大阪駅で駅弁を買いました。つい名前にひかれて買ってしまったのが、黒毛和牛ステーキ&ハンバーグ弁当です。

黒毛和牛ステーキ&ハンバーグ弁当 ひもを引っ張ると加熱する仕組みです

このお弁当、加熱機能が付いていまして、黄色いひもを引っ張ると、お弁当があったまる仕組みです。

黒毛和牛ステーキ&ハンバーグ弁当 中身

しかし、キューティ吉本的には、この駅弁ははずれ。まず、加熱機能が災いして、中身はそんなに分量がありません。更に、ステーキ肉は完全に火が入った感じで固め、ハンバーグはスライスされていて食べ応えがありません。これは恐らく、加熱機能があるからそうなってしまったのかもしれません。挙句の果てに、お肉が埋まっているのはご飯の2/3ぐらいで、付け合わせのにんじんとコーンの方が目立つ始末。

たれは別添えになっていまして、食べる直前にかける仕組みになっています。しかし、このたれが多すぎ。ご飯までべちゃべちゃになってしまいまして、とにかく食べにくかったです。たれの袋が入っているところにたれを入れて、お肉を食べるときにたれをつけるという手もあるのですが、だとしてもたれを入れるところが小さすぎ。お肉の薄さが逆に幸いして、これでもどうにか食べられるかもしれませんけどね。

結論、ステーキとハンバーグは、加熱機能との相性はイマイチです。これが鰻とかだったらおいしいんですけどねぇ。それとも、ご飯とお肉は別々の入れ物にして、ご飯だけあっためるとか。



日帰り入浴レビュー:石和温泉 薬石の湯 瑰泉



石和温泉 薬石の湯 瑰泉 国道20号線沿いの看板

石和温泉には温泉旅館が点在していまして、中には日帰り入浴を受け入れてくれるところもありますが、手っ取り早く日帰り入浴できる施設が、薬石の湯 瑰泉です。場所は、石和温泉駅から歩いて15分ぐらいのところ、駅前の通りをずーっとまっすぐ歩いて、国道20号線との交差点のすぐ近くにあります。

24時間営業で、入館料は大人2,100円、子供1,050円、土曜・日曜・祝日の深夜2:00時点で館内を利用していたとき、深夜料金1,000円が加算されます。フェイスタオルとバスタオル、館内着のレンタルが入館料込みになっています。

玄関を入ったら靴を脱ぎ、下駄箱に入れます。下駄箱の鍵と入館料をフロントに渡して、ロッカーの鍵を受け取ります。館内の施設は、ロッカーの鍵で精算できるシステムです。退館時にロッカーの鍵を渡して精算すれば、下駄箱の鍵がもらえるシステムです。お支払いには、クレジットカードや電子マネーが使えます。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 建物

大浴場は、内湯がサウナと水風呂、プール、気泡風呂、寝湯、イベント風呂。露天風呂がまるで池みたいに広い宝石風呂と、2~3人でいっぱいになりそうな檜風呂があります。

お湯はアルカリ性単純温泉で、無色透明です。キューティー吉本の体感温度的には、気泡風呂と宝石露天風呂が41℃~42℃、寝湯、イベント風呂、檜風呂が39℃~40℃ぐらいでした。

薬石の湯と称しているだけあって、大浴場にはあらゆる色の石が使われています。まず、サウナの下には薬石が敷かれています(見えませんが)。また、内湯の中で一番広い気泡風呂には、真ん中に薬石がでーんと置いてあって、ここからお湯が注がれています。一番すごいのは露天風呂で、普通の温浴施設ですと岩風呂になるところなのですが、ここは宝石の原石が使われています。さすが宝石の国、山梨県。キューティー吉本も、こんなお風呂見たことないです。



キューティー吉本が一番気に入ったのは、檜風呂。ここは湯舟が完全に檜造りです。気泡が出る仕組みになっていまして、さすがにそこは金属製ですが。とにかく、ここが気持ちいい。しかもぬるめのお湯なので、時間を忘れてのんびり、ゆったり入れます。

次に気に入ったのが、寝湯。寝湯の床に薬石が敷き詰められていて、薬石の間から気泡が出る仕組みになっています。しかも、仰向けになってはいるとちょうどいい感じに、床がカーブを描いています。ぬるめのお湯と相まって、これは気持ちいいですね。

しかし、一つだけ問題点が。ここ、お風呂入っている合間に休憩できるところが少ないんです。休めるところと言えば、プールの隣にビーチベッドが1つあるのと、檜風呂の隣に申し訳程度にスペースがある程度です。お昼寝できる場所があれば理想的ですが、それがないにしてもせめて椅子ぐらいは置いて欲しいですね。

サウナの温度は約90℃と熱めにしてあります。プールと言っても、泳げるほど広くありません。キューティー吉本の体感的には、水温25℃ぐらいでしょうか。サウナに入った後に身体を冷やすのにはちょうどいい水温です。ただし、座って入るにはやや深く、泳ぐには浅いのですが。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 お食事処で出てくる薬石の水

では、お風呂上がりの呑みです。お食事処に行くと、薬石の水を持ってきてくれます。これは、麦飯石とトルマリンで浄化した水が入っているそうです。なるほど、確かに普通の水よりもまろやかな感じがします。

ほうとう 石和温泉 薬石の湯 瑰泉にて

せっかく山梨県に来たんだからと、ほうとうを注文します。出てきたのはこれ。一人前にしてはやや大きめの鉄鍋が出てきました。

ほうとう 石和温泉 薬石の湯 瑰泉にて

中身はこんな感じ。かぼちゃを始めとして、にんじん、大根、ねぎ、白菜などのお野菜中心のほうとうでした。かぼちゃの甘みが強くて、これはうまいですね。欲を言うと、もう少しかぼちゃが多めで、だしがかぼちゃでクリーミーな感じになっていると完璧なんですけどね。

館内は大浴場と女性専用休憩室、お食事処、喫茶コーナーのほか、琉球漆喰の壁と琉球畳が敷き詰められたリラックス空間。室内はほんのりあったかくて、ここでまったりと過ごしたらサイコーですね。

リラックス空間のお隣が、蒙古火釜効果薬石ドームとなっていますが、早い話が岩盤浴と思っていただいていいと思います。炉で熱した岩盤が、決まった時間に炉から出てくる仕組みになっていまして、この岩盤のおかげで室温が岩盤浴並み(岩盤の近くはそれ以上)になります。

岩盤浴の先には、湯快の森と称する庭園がありまして、更に別館があります(どんだけ広いんだよ)。で、別館の1階にはお昼寝できる休憩室、別館の2階には貸切部屋があります。キューティ吉本は、呑みの後ここでお昼寝していました。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 玄関脇の看板 こちらも石造りでした

Healing Resort Spa KAISENという看板を裏切らない、すごくいい施設だと思います。ただ単にお風呂に入って終わりではなく、お風呂から上がった後も、色んなところでゆっくり、のんびり、まったり過ごせます。キッズスペースがないのですが、ここは家族連れではなく、あえて大人をメインの客層にしているためでしょう。この施設の中身を見れば、それも納得できます。

ここだったら首都圏から電車代を出してでも、行く価値は十分にあると思います。