タグ別アーカイブ: 会津

旅行記:川治温泉・宇都宮・会津若松へ1泊2日で旅してきました その内容のまとめ


今回は、川治温泉と宇都宮、会津若松へ1泊2日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

1日目。まずは特急きりふりに乗って、下今市駅を目指します。しかし、キューティー吉本が行きたかったのは、そこから先の川治温泉。なので、区間快速が来るまでの間、下今市駅の周辺をぶらぶらします。それでも時間が余ったので、下今市駅で電車を見ていました

下今市の周辺はそばが有名らしいのですが、残念ながらキューティー吉本が行った時間帯には、開いている蕎麦屋さんはありませんでした。なので、下今市駅栃木牛めし弁当なる駅弁を買って、これを昼ご飯にします。

キューティー吉本が行きたかったのは、川治温泉。最寄り駅の川治湯元駅で降ります。川治温泉薬師の湯がありまして、ここは男女混浴露天風呂があるんです。ただし、対岸から丸見えなので、入るのに勇気がいるかも。

その他、川治温泉をうろうろ。川治ふれあい公園に行きました。ここには足湯があるので、混浴露天風呂に入る勇気がない方は、こちらへどうぞ。

続いて、湯西川温泉駅へ。ここは野岩鉄道の駅でもあり、道の駅でもあります。

さて、キューティー吉本のお宿は、宇都宮だったりします。ここからどうやって宇都宮まで行くかが問題なのですが、まずは日光バス鬼怒川温泉駅へ。ここから東武日光駅へ行って、JR日光駅から宇都宮駅へ行くことにしました。ただし、宇都宮の繁華街の中心は東武宇都宮駅周辺だったりします。

本日のお泊りは、ホテルアーバングレイス宇都宮さんでした。

2日目。まずは宇都宮の繁華街をうろうろします。東武宇都宮駅からオリオン通りを通って、二荒山神社へ行きました。で、宇都宮駅から新幹線に。行先は・・・

郡山でした。ここから磐越西線に乗って、会津若松を目指します。

で、会津若松駅に着きました。ここからエコろん号に乗って、会津若松周辺を観光です。

旧甲賀町鶴ヶ城稲荷神社を抜けて、その先に若松城があります。別名、鶴ヶ城とも言います。

その後、会津若松駅にほど近い場所にある、富士の湯へ。内装は???でしたけど、結構楽しめましたよ。

今回の旅は(毎度のことながら)ばたばたでしたけど、ちゃんと温泉にも入れて満足な旅でした。

首都圏から栃木県へのJR+宿泊セットプラン


特急リバティ会津 特急リバティけごん


東武日光線 特急リバティけごん 前面 浅草駅にて

東武鉄道の特急リバティです。特急リバティというのはこの車両への愛称でして、行先によって、特急リバティ会津、特急リバティけごん、特急リバティりょうもう、などの愛称がつきます。理屈は、特急スペーシアと同じですね。

この列車の売りは、3両編成2本に分割することができる点です。これを活かして、東武動物公園で分割して、館林方面へ行く列車と、鬼怒川温泉方面に行く列車にする。下今市で分割して、東武日光方面に行く列車と、鬼怒川温泉方面に行く列車にする、なんてことができるんです。

東武伊勢崎線 特急リバティりょうもう シート 横から撮影

シートを横から見ると、こんな感じ。身体を包み込む感じのデザインになっています。ただし、座った感じはやや硬めでした。

東武鬼怒川線 特急リバティきぬ シート背面のテーブル

東武鉄道の特急としては初めて(?)、シート背面式のテーブルがつきました。テーブルの背面には、車内のご案内が載っています。

会津鉄道 会津線 特急リバティ会津 シート脇のコンセント

これまた東武鉄道の特急としては初めて(?)、ACコンセントがついています。ちょうどひじ掛けのあたりについているので、窓側・通路側どっちの席でもコンセントにありつけます。

野岩鉄道 会津鬼怒川線 特急リバティ会津 シート下部

更に東武鉄道の特急としては初めて(?)、シート背面にボトルホルダーがつきました。が、今までの東武特急にはついていた、フットレストがなくなっていました。これはちょっとショック。

東武日光線 特急リバティけごん ひじ掛け式テーブル

それでも、ひじ掛け収納式のテーブルは、ちゃんとありました。座席を向かい合わせにしても、テーブルにありつけるようにとの配慮でしょう。

東武鬼怒川線 特急リバティきぬ 車内の電光掲示板

しかし、前々から嫌な予感がしていたのですが、残念ながら特急リバティに乗って、その嫌な予感が確信に変わってしまいました。なんと特急リバティって、車内販売はおろか、自動販売機もないんです。はっきり言って、これは大きなマイナスポイント。

6両編成を3両ずつに分割できる構造である以上、特急スペーシアのようなビュッフェは無理として、せめて車内販売か自動販売機は置いて欲しいですね。分割併合のタイミングで買い出しに行くという手もありそうに思えるのですが、東武動物公園と下今市には、ホームに売店がないんで…

野岩鉄道 会津鬼怒川線 特急リバティ会津 前面 川治湯元駅にて

特急リバティ会津は、鬼怒川温泉から先、野岩鉄道と会津鉄道に乗り入れまして、会津田島駅まで乗り入れます。ちょうど昔の快速列車がなくなった代わりに、特急リバティ会津に変わった感じです。

しかし、ここで驚愕の事実が。下今市駅でやたらお客さんがどこどこ乗ってきまして、一体何事かと思ったら・・・

下今市駅から先は、特急券なしでご乗車いただけます」

・・・との車内放送が。しかも、下今市駅から先は、各駅停車。こんなんだったら特急券は下今市駅までしか買わず、下今市から鬼怒川温泉方面は特急券なしで乗るって裏技をつかう輩が出るんじゃないかと思ったら・・・

下今市駅を超えて同一列車に乗る場合は、全区間の特急券を購入する必要があります。」

・・・て、なんだよそれー。これだったら、特急わかしおとか、特急しおさいとかを見習って、「下今市駅から先は、各駅停車です。」ってことにして欲しいですね。

川治湯元駅で、特急リバティの動画を撮ってきました。よかったら見てくださいね。



日帰り入浴レビュー:会津高原温泉 夢の湯


会津高原温泉 夢の湯 建物

場所は、会津鉄道と野岩鉄道の会津高原尾瀬口駅から、歩いて3分ぐらいのところにあります。駅と直結している「憩の家」バス停から見えます。

しかし、どうにも営業しているように見えず、恐る恐る中に入ってみると・・・

会津高原温泉 夢の湯 玄関

どうにも人気がありません。本当に営業しているのかと思ったら、奥から従業員の方が出てきました。営業中だったみたいです。料金は500円。フェイスタオルは300円です。この他、15:00までなら休憩所が使えるそうです。

で、まさかお客さんはキューティー吉本一人なのかなぁ・・・と、大浴場へ行ったら・・・

会津高原温泉 夢の湯 内湯 誰もいませんでした

予想通りでした!

お湯は内湯のみ。露天風呂もあったみたいですが、中止されていました。およそ5~6人入ったらいっぱいになりそうな大きさですが、川の方角がガラス張りになっている展望風呂でして、ここから野岩鉄道が見えます。

お湯は無色透明で、ややトロットした感じがあります。キューティー吉本の体感温度的には40℃ぐらい。ややぬるめでゆっくり入れました。入るとお湯が柔らかい感じで、いいお湯だなと感じました。

会津高原温泉 夢の湯 泉質と注意書き

泉質は確認できませんでしたが、源泉をかけ流しにしているそうです。また、特殊な装置を使用して、湯の花ができないようにしているそうです。しかしこのお湯、湯加減がちょうど良かったからなのかもしれませんが、とっても気持ちが良かったです。

会津高原温泉 夢の湯 露天風呂 中止されていました

気を付けないといけないポイントとして、脱衣所は脱衣かご式でして、ロッカーがありません。その代わり、外にコインロッカーがありましたが有料みたいです。(料金は未確認)

どうやらここは、登山客やスキー客のための旅館みたいです。それでも、会津高原まで来て温泉に入れるとは思ってもみなかったので、嬉しかったです。



会津高原尾瀬口駅


会津鉄道線 会津高原尾瀬口駅 ホームと会津田島行きの電車

野岩鉄道と会津鉄道の接続駅、会津高原尾瀬駅です。接続と言っても、両線は相互乗り入れしているので、大抵の列車はそのままスルーしていきます。また、尾瀬方面、たかくら・だいつえスキー場への玄関口となる駅です。このため、私鉄ではここしかない、夜行列車が発着する駅でもあります。

野岩鉄道線 会津高原尾瀬口駅 ホーム

このためか、ホームは驚くほど小さいです。なお、野岩鉄道・会津鉄道共に、SuicaやPASMOといったICカードは使えません。

会津鉄道線 会津高原尾瀬口駅 ホームと駅舎を結ぶ踏切

ホームを降りるとこんな感じ。緩い坂を降りたら右に曲がり、踏切を渡ったところに改札口があります。

野岩鉄道線 会津高原尾瀬口駅 駅舎 ホーム側から

踏切の先には、立派な駅舎があります。改めて構内踏切のある駅に着いてみると、わざわざ長い階段を上り下りしなくて済む分、かえってこっちの方が便利なんじゃないかと思えてしまいます。

会津鉄道線 会津高原尾瀬口駅 駅への入口 お食事処は営業していないみたいです

会津高原尾瀬口駅の入口です。駅にはお食事処が併設されていましたが、どうやら営業していないみたいです。

野岩鉄道線 会津高原尾瀬口駅 駅前ロータリー 驚くほど何にもありません

駅前は、驚くほど何にもありません。大衆食堂が1軒あるぐらいです。向かって左側が駅舎、右側が憩の家への連絡通路です。

会津鉄道線 会津高原尾瀬口駅 会津高原駅プラザ 憩の家への連絡通路 この先にバス・タクシー乗り場があります

駅の入口の正面に、「バス タクシー」と書いた扉がついています。一体何だろうと思い、中に入ってみます。

会津高原駅プラザ 憩の家 会津高原尾瀬口駅とは連絡通路で直結しています

通路の先は、会津高原プラザ 憩の家でした。ここには会津高原の観光案内所やお食事処、お土産物店があります。

会津鉄道線 会津高原尾瀬口駅 会津田島方面 尾瀬方面 会津バス乗り場 憩の家の隣にあります

また、近隣のスキー場や尾瀬方面行きのバスは、憩の家に隣接するバス停から発着します。ただし、一日4~5便しかなく、決して便利とはいえません。また、タクシー乗り場にはタクシーがいませんでした。ま、キューティー吉本以外にお客さんの姿が見えない状態である以上、それは致し方ないかなとは思いますが。

ちなみに、尾瀬方面の玄関口になる駅ではありますが、尾瀬へはここからバスで2時間ぐらいかかります。

野岩鉄道線 会津高原尾瀬口駅 待合室

会津高原尾瀬駅の待合室です。自動改札機はおろか、ICカードリーダーもない改札口です。決してお客さんは多くはないとは思いますが、それでも石油ストーブが出迎えてくれます。なかなか味のある待合室だと思います。ちなみに、ちゃんと駅員さんがいる駅でして、切符も売ってくれます。(自動券売機はないってことなんですが)

やはり今年は雪が少なくて、もう正月が近いというのにスキー場が営業で来ていないせいなのか、人影はまばら・・・を通り越して、キューティー吉本しかいない状態でした。本格的なスキーシーズンや、尾瀬へのハイキングシーズンだと、この駅は賑わっているのでしょうか。

日帰り入浴レビュー:日帰り温泉 富士の湯


なんと、会津若松駅から歩いて2~3分のところに、日帰り入浴できる施設があります。「日帰り温泉 富士の湯」です。場所は、会津若松駅を出てすぐを右に曲がったところにあります。

日帰り温泉 富士の湯 外観

お風呂の種類は豊富で、内湯、薬湯、ジェットバス、高濃度炭酸風呂、ジャグジー、黄金風呂、真珠風呂、信楽焼風呂、ぬる湯、露天風呂、水風呂、高温サウナ、スチームサウナ・・・と覚えきれないぐらいあります。で、これだけの施設にして、なんと料金は390円(!)。銭湯と変わらない料金です。もちろんタオルは着いていませんので、持参してください。

日帰り温泉 富士の湯 入口

やはりこれだけ料金が安いと、地元の人が銭湯代わりに入るという使い方をしているみたいです。また、会津若松駅から高速バスに乗る前にお風呂に入りたいという人にも便利だと思います。



お湯は天然温泉で、かけ流しにしているそうです。無色透明で、そう言えばとろみがあるかなって感じの温泉です。前述の通り、覚えきれないぐらい色んなお風呂があるのですが、個人的に好きだったのは黄金風呂の寝湯。ややぬるめの泡風呂で、ホントお昼寝しそうになります。

サウナに入ると、一人前サイズのタオル・・・というかマットがサウナのストーブ(の囲い)に干してありまして、サウナに入る人はここから一つ取って、お尻に敷きます。サウナを出るときは、マットをサウナバスに戻して出る・・・というわけで、未だかつて見たことない、サウナの中に山のようにマットが積まれた光景を目にすることができます。

日帰り温泉 富士の湯 玄関

この施設、もともとは健康ランドだったんだと思います。確かにお風呂の種類は多いのですが、経年劣化は隠せない感じで、しかもお風呂を何度か増改築しているみたいです。このため、内湯は暗い感じで、大浴場はさながら迷路のような造りです。しかも、くどいぐらいにあっちこっちに「100%天然温泉」という文字がでかでかと書いてあって、館内の案内も異常に太くてでかい文字で、ごてごてした感じです。

清潔感とか落ち着き感とかはまるでないので、お風呂に入ってゆっくりしたい人には向いていないかもしれません。とにかく温泉に入りたい、格安だったらなおいいじゃんって人にはお勧めできます。

詳しくは、↓こちらをご覧ください
日帰り温泉 富士の湯