タグ別アーカイブ: 千葉

日帰り入浴レビュー:大江戸温泉物語 浦安万華郷


大江戸温泉物語 浦安万華郷 建物外観

浦安万華郷です。大江戸温泉物語のグループで、場所は東京ディズニーランドのある舞浜駅の一つ隣、新浦安駅からバスで10分ほど行ったところにあります。最寄りバス停は日の出七丁目で、歩いて5分ほどのところにあります。ただし、新浦安駅、新小岩駅、浦安駅から無料送迎バスが出ているので、時間が合えばそちらを利用するといいでしょう。ちなみに、新浦安駅は北口から無料送迎バスが出ています。

大江戸温泉物語 浦安万華郷 無料送迎バス 新浦安駅、浦安駅、新小岩駅などから出ています

営業時間は、11:00~翌9:00で(館内施設により営業時間は異なる)、料金は平日が大人1,748円、子供734円。土日祝日が大人2,072円、子供842円。特定日が大人2,396円、子供950円で、タオルのレンタルがついています。館内着は別料金で302円です。

中は水着露天ゾーン、露天ゾーン、内湯ゾーンの3つに分かれています。このうち、水着露天ゾーンは男女混浴で、水着着用です。キューティー吉本は水着を持って行っていなかったので、露天ゾーンと内湯ゾーンのみの利用です。


お風呂は、内湯ゾーンが乾式サウナ、スチームサウナ、水風呂、天然温泉、漢方薬湯、気泡浴、寝湯、家族風呂、季節の湯。露天ゾーンが天然温泉、ゲルマニウム風呂、コラーゲンの湯、釜の湯。季節の湯と釜の湯はイベント風呂で、キューティー吉本が行った日には、季節の湯が鳴子温泉で、釜の湯が登別温泉でした。これだけあると、どこから入っていいのかわからなくなってしまいます。

天然温泉は、ナトリウム-カルシウム強塩泉で、茶色い色でした。ちょうど舞浜ユーラシアと同じ感じ・・・て、そりゃあそうですよね、すぐ近くなんですから。ただし、源泉風呂はありません。これだけたくさん湯船があるんだったら、1つぐらいは源泉風呂を作ったっていいんじゃないかと思います。

キューティー吉本の体験温度的には、寝湯と家族風呂が約39℃~40℃。それ以外が約41℃~42℃。普通よりやや熱い感じがしました。それ故、ゆっくり入ることができず、ぽちゃんと入っても1分ぐらいですぐ上がる感じです。もっとも、これはキューティー吉本だけでなく、他の人も同じ感じでした。やはり温度が高すぎると感じる人が結構いるのでしょう。

イベント風呂とコラーゲンの湯は、バリバリの入浴剤。ゲルマニウム風呂は、普通のお湯と大差を感じず。漢方薬湯は、漢方がはいっている感じがせず。どのお風呂もなんか中途半端な感じがします。ただし、乾式サウナが岩塩黄土サウナになっていて気持ちよかったのと、寝湯がゆっくり入れたのと、横になって休憩できるスペースがあったのは評価できます。

大江戸温泉物語 浦安万華郷 館内 食べるところはいっぱいあります

館内は、お風呂も含めて和風の雰囲気。やはりこれも舞浜ユーラシアとは対照的な感じがします。館内は、1階がフロント、お風呂とお食事処。2階がお休み処とマンガコーナー、キッズスペースです。ただし、お休み処は宴会場の空きを利用したものです。

食べるところはラーメン、中華、焼肉、和食と色々ありましたが、焼肉コーナーは昼は営業していませんでした。場所柄、昼に東京ディズニーランドに行っていたお客が、ホテルとして利用するケースも考えられまして、それ故夜の方が食べ物が充実しているのでしょう。

玉子焼き 浦安万華郷にて

考えた挙句、セルフサービスの和食コーナーへ。まずは、玉子焼きを注文。378円でした。お刺身の盛り合わせもあったのですが、味が期待できなかったので、頼みませんでした。(しかし、これが違う意味で正解に)

山盛りフライドポテト 浦安万華郷にて

次に注文したのが、山盛りポテトフライ。410円でした。お安いのはとっても嬉しいのですが、この分量に閉口。一人で食べたら、食べても食べても減らないし。これでお刺身を頼んでいたら、絶対に食べきれなかったかも。

大江戸温泉物語 浦安万華郷 ロビー

この後、お休み処でお昼寝。畳敷きで、マットと枕、ブランケットが置いてありまして、照明もやや暗めにしてあります。ここでお昼寝ができるのですが、扉は開けっ放し。「防犯のため扉は開けたままにしてあります」とのことですが、それならもっと奥の部屋にして、騒音が入ってこないようにするべきでしょう。事実、真下にあるお食事処からの騒音や、お休み処のすぐ先に行く子供が廊下を走る音が容赦なく入ってきます。なので、とても寝られたものではありません。

結論。ここは、ゆっくりしに行く場所じゃなく、遊びに行く場所ですね。それ故、カップルや家族連れで、わいわい楽しみたいのであればお勧めできますが、のんびりお風呂に入って癒されたい人にはお勧めできません。なので、この施設が好きっている人と、嫌いっていう人にはっきり分かれると思います。キューティー吉本的にはお風呂はゆっくり入りたいので、ここではなくて舞浜ユーラシアをお勧めします。




旅行記:PowerShot G9Xを持ってあちこちを旅してみた


Canon PowerShot G9X

以前使っていたデジカメがお亡くなりになりまして、代わってPowerShot G9Xを買いました。ま、このカメラのレビューはカメラマニアの皆様にお任せするとして、旅行大好きのキューティー吉本としては、新しいカメラを買ったからにはあっちこっちに行ってみたくなるわけで、色々なところへ行って撮影してきました。

JR外房線 茂原駅 3番線・4番線 Canon PowerShot G9Xで撮影

まず行ったのが、JR茂原駅。本当だったら安房鴨川あたりに行って海を撮りたかったのですけど、あいにくこの日は雨。なので、茂原駅で折り返すことに。

舞浜ユーラシア 3階ロビー Canon PowerShot G9Xで撮影

で、舞浜ユーラシアでお風呂に入ることにしました。これは、3階のロビーで撮りました。

舞浜ユーラシア 5階テラスで咲いていたお花 Canon PowerShot G9Xで撮影

お酒飲みつつ、テラスで撮影。絞りとか色々いじくってました。

舞浜ユーラシア 夜のロータリー Canon PowerShot G9Xで撮影

夜になるとこんな感じ。この時間、東京ディズニーランドへ行っていた宿泊客がどーんと押し寄せます。

杉戸天然温泉 雅樂の湯 中庭 Canon PowerShot G9Xで撮影

続いて、杉戸天然温泉 雅楽の湯。ここの中庭がホント立派なんですよね。

杉戸天然温泉 雅樂の湯 中庭 Canon PowerShot G9Xで撮影

こちらは別の場所から。

どうやらこのカメラ、狙ったものへピントをきっちり合わせる性格みたいですね。ピントがきっちり合えば、抜群にきれいな写真が撮れるのですが、ピントが合わないと超ボケボケの写真が出来上がります。

ボタンが2段階ありまして、軽く押してピント合わせ、更に押すと撮影です。なので、ボタンを軽く押し→更に押しってやらないときれいに撮れないのですが、キューティー吉本みたいな超初心者は慣れるのが大変で、ついボタンをぐっと押してしまいますね。

小田急電鉄 特急はこね VSE  車内販売エリア 小田原駅で撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

で、今度は箱根に行こうということで。たまたま、小田急ロマンスカーVSEが来たので、こちらも撮影。

箱根登山鉄道線 特急はこね VSE 正面 箱根湯本駅にて撮影  Canon PowerShot G9Xで撮影

箱根湯本駅で、真正面を撮影できました。

箱根湯本温泉 温泉街への河原  Canon PowerShot G9Xで撮影

で、天成園に行く道すがらで撮影。

箱根湯本温泉 天成園 温泉街への道のり  Canon PowerShot G9Xで撮影

箱根湯本って川沿いに温泉街がありまして、これが結構きれいだったりします。

箱根湯本温泉 天成園 箱根湯本温泉街への川  Canon PowerShot G9Xで撮影

なので、この川で色々撮影。シャッター速度とか、わけもわからず色々いじくって遊んでました。

箱根湯本温泉 天成園 建物の前を川を夜に撮影  Canon PowerShot G9Xで撮影

こちらは、天成園の目の前で撮影。なるほど、シャッター速度を長くすると、夜でも明るく見えるんですね。

箱根湯本温泉 天成園 温泉街の河原を夜に撮影  Canon PowerShot G9Xで撮影

同じく、箱根湯本温泉街を、シャッター速度を長めにして撮影。

箱根登山鉄道線 箱根湯本駅 駅舎を夜に撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

色々遊んだあとで、箱根湯本駅に到着。

京浜急行 600系 正面 平和島駅にて撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

続いて、京浜急行線で平和島へ。シャッター速度を短くして、通過電車を撮ってみました。

天然温泉平和島 建物 Canon PowerShot G9Xで撮影

で、天然温泉平和島へ来ました。

羽田空港第2旅客ターミナル  クリスマスツリーとクリスマスイルミネーション Canon PowerShot G9Xで撮影

このままゆっくりすればいいのに、何を思い立ったのか羽田空港へ。クリスマスツリーとイルミネーションがきれいでしたよ。

A320 羽田空港にて撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

でも、飛行機を撮りたい。これは、A320です。PowerShot G9Xって光学3倍ズームで、高額ズームの範囲を超えていたんですけど、キレイですね。

B787とB777-200 羽田空港にて撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

手前がB787、奥がB777-200です。B747が引退しまして、キューティー吉本的に大好きな飛行機はB777-300っていって、世界で一番胴体の長い旅客機なのですが・・・

B777-300 羽田空港にて撮影 Canon PowerShot G9Xで撮影

そのB777-300が来ました! キューティー吉本大感激です!



茂原駅


JR外房線 茂原駅 駅名票

「七夕まつりが有名なところと言えば、千葉県のどこ?」

・・・って仙台の人に聞いたら・・・

「え!? 七夕まつりって仙台じゃなくて???」

・・・って目が点になると思うんですけど、千葉県で七夕祭りが有名なところと言えばここ。茂原です。

JR外房線 茂原駅 1番線・2番線 主に千葉・東京方面行きの列車が発着します

1番線・2番線です。京葉線を経由して東京まで行く特急わかしおの他、千葉方面に行く列車が発着します。

JR外房線 茂原駅 3番線・4番線 主に勝浦・安房鴨川方面行きが発着します

3番線・4番線です。外房線で勝浦・安房鴨川方面に行く列車が発着します。

JR外房線 茂原駅 改札口 Suica対応の自動改札機が並びます

茂原駅周辺は高架線になっていまして、改札口はホームの下にあります。Suica対応の自動改札口が並びます。

JR外房線 茂原駅 南口

メインは南口。昔はここに茂原そごうがあったのですが、閉店してしまいまして、ちょっと寂しい感じです。でも、羽田空港をはじめ各地へ行く高速バスや茂原市内各地へ行くバスが発着するバスターミナルと、タクシー乗り場があります。また、七夕祭りの会場はこっちが近いです。

JR外房線 茂原駅 東口

東口です。こちらにも、バス乗り場とタクシー乗り場があります。

舞浜駅


JR京葉線 舞浜駅 駅名票

JR京葉線と武蔵野線の、舞浜駅です。東京ディズニーランドの最寄り駅で、快速電車が止まります。(特急と通勤快速は通過)

JR武蔵野線 舞浜駅 ホーム 1番線が東京方面行き、2番線が海浜幕張・蘇我・府中本町方面行きです

実はこの舞浜駅、「これ本当に東京ディズニーランドの最寄り駅なの?」って突っ込みを入れたくなるぐらい、小さい駅なんです。なんと、ホームが1つしかありません。それ故、たくさんの人でホームが溢れるんです。もう少しホームを広くしても良さそうなものなのですが。

左側が1番線で、東京行きの列車が発着します。右側が2番線で、海浜幕張・蘇我方面行きの列車と、西船橋から武蔵野線を経由して府中本町方面へ行く列車が発着します。

JR京葉線 舞浜駅 南口 改札口 東京ディズニーランドへの最寄り改札口です

南口の改札口です。東京ディズニーランドへは、こちらの改札口を出ます。

ディズニーリゾートライン リゾートゲートウェイステーション 東京ディズニーシーへはここからリゾートライナーに乗ります

また、南口のすぐ近くに、ディズニーリゾートラインのリゾートゲートウェイステーションがあります(「リゾートゲートウェイ駅」ではなく、「リゾートゲートウェイステーション」という)。東京ディズニーランド近隣のホテルや、東京ディズニーシーへは歩いて行ける距離ではないので、ここからモノレールリゾートライナーに乗ります。

JR武蔵野線 舞浜駅 バスターミナルとタクシー乗り場

南口改札口の下に、バスターミナルとタクシー乗り場があります。各地へ行く高速バスや、浦安市内等へ行く路線バスが発着します。

JR京葉線 舞浜駅 北口 改札口

一方、こちらは北口です。南口と比べると、かなりこじんまりしています。実は舞浜駅って北側に住宅街が広がっていまして、通勤需要も少なからずあるんです。また、舞浜駅周辺って東日本大震災の被災地でもありまして、地盤沈下で傾いてしまったお家もあるんです。舞浜駅も被災しました。(その時の様子は、この記事をご覧ください)

JR武蔵野線 舞浜駅 北口-南口の連絡通路

なので、東京ディズニーランドへ行く方は、間違えて北口から出ないように気を付けましょう。もっとも、北口と南口を結ぶ連絡通路があるので、間違えたらここを通ればいいんですけどね。


千葉駅


JR総武本線 千葉駅 駅名票

千葉県の中で一番大きい駅、千葉駅です。ま、県庁所在地にありまして、千葉県を代表する駅である以上、一番大きいのは当たり前ともいえるのですが。しかし、乗降客数は柏駅や船橋駅の方が多かったりします。

JR内房線 千葉駅 東口通路 ただいま絶賛工事中です

ただいま、駅ビルの建て替えと、駅構内の改良工事を実施しています。なので、駅構内の至る所が仮設状態です。これは駅構内の通路なのですが、天井や床が剥がされて、あちこちに仮囲いがしてあります。

JR総武線 千葉駅 東口通路 工事中のため仮囲いが凄いことになっています

ここはもっとひどくて、これだけ仮囲いが凄いと、かなり息苦しいです。しかも、床を剥がしてゴムを敷いてあるので、ゴムの臭いが凄いです。

JR総武線 千葉駅 1番線・2番線 総武線各駅停車が発着します

1番線・2番線です。主に、総武線各駅停車で秋葉原・新宿・中野・三鷹方面へ行く列車が発着します。

JR内房線 千葉駅 3番線・4番線 主に内房線の電車が発着します

3番線・4番線です。主に、内房線で五井・木更津・君津・館山方面へ行く列車が発着します。ちなみに、千葉-蘇我は正しくは外房線なのですが、内房線の列車も走ります。

JR外房線 千葉駅 5番線・6番線 主に外房線・東金線の列車が発着します

5番線・6番線です。主に、外房線で大網・茂原・勝浦・安房鴨川方面へ行く列車と、大網から東金線を経由してへ成東へ行く列車が発着します。

JR総武本線 千葉駅 7番線・8番線 主に総武本線の列車が発着します

7番線・8番線です。主に、総武本線で佐倉・八街(こう書いて、「やちまた」と読みます)・成東・銚子方面へ行く列車が発着します。

JR成田線 千葉駅 9番線・10番線 主に成田線の列車が発着します

9番線・10番線です。主に、成田線で成田・成田空港・佐原・銚子方面へ行く列車が発着します。

JR外房線 千葉駅 列車発車案内 仮設ですが液晶ディスプレイ表示です

「あれ!? 総武線快速電車はどこに止まるの?」

いい質問ですねぇ。総武線快速電車で船橋・市川・東京方面に行く列車と、横須賀線で品川横浜・大船・逗子・久里浜方面へ行く列車は、3番線~10番線のうち、空いているところに適当に止まるんですね。なので、列車発着案内にどこから発着するか書いてあります。でも、わかりにくいことこの上ないのは確かです。

JR成田線 千葉駅 西口 あまり拓けていません

西口です。実はこちらは千葉市の中心部から外れていて、あんまり開けていなかったりします。

JR総武線 千葉駅 東口改札口

東口の改札口です。こちらが中心部や繁華街に近い方で、たくさんの人がいます。しかし、駅ビル建て替え工事のため、天井は剥がされ、床はコンクリートむき出し、あっちこっちに仮囲いがされている状態です。しかも、電光掲示板の前に柱が立っているため、見づらいこと見づらいこと。

JR内房線 千葉駅 東口 かつてここから駅ビルが見えました

改札の外に出ると、こんな感じです。千葉駅は、上から見るとハの字の形になっています。ここはハの字の下の部分で、かつてはここに駅ビルがありました。現在では、建て替え工事のため取り壊されています。(元々の駅ビルは、この記事をご覧ください)

JR外房線 千葉駅 新駅舎完成予想図 2018年完成予定だそうです

これが、新しい千葉駅ビルの完成予想図です。2018年に完成予定だそうです。

千葉都市モノレール線 千葉駅 駅舎 まるでJR線の千葉駅とくっついているように見えます

駅の前には、千葉都市モノレールの千葉駅があります。JR千葉駅とほぼ一体になっているように見えますが、くっついているわけではありません。しかし、真近くにあるのは確かで、それ故駅ビルの工事は難工事なんだそうです。

京成千葉線 千葉駅 東口バスターミナル 千葉そごうのあるところに京成千葉駅があります

東口には、千葉県内各地へ行くバスターミナルがあります。千葉市の繁華街は、ここから京成千葉中央駅あたりまでです。元々の繁華街は千葉中央駅周辺だったのですが、JR千葉駅周辺まで伸びた感じです。写真正面の千葉そごうのあたりに、京成電車の京成千葉駅があります。