タグ別アーカイブ: 函館

青森・函館2泊3日の旅のまとめ


今回は、青森市内と浅虫温泉、函館へ2泊3日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

1日目。まずは東北新幹線新青森駅に行きました。本当だったらはやぶさに乗りたかったのですが、残念ながら満席。はやてで行きます。当時は新青森駅まで開業したばっかりだったので、新青森駅はものすごい人でした。

青森駅に到着。まだお昼ご飯を食べていなかったのに気づきまして、立ち食いそば青森煮干しラーメンを頂きます。で、青森ベイエリアを散策します。青森ベイエリアには、A-FACTORY青函連絡船八甲田丸青函連絡船戦災の碑アスパムがあります。

青森デスティネーションキャンペーンをやっていまして、青森市内はお祭りムード一色でした。AOMORI春フェスティバルなるイベントをやっていまして、道路を完全に封鎖してお祭り騒ぎとなっていました。また、この頃ちょうどが見ごろになっていました。

この後、青森市場の周辺へ。たまたま青森まちなかおんせんを見つけたので、行ってみることにします。晩ご飯に三色丼を食べて今日は終了。青森市内でお泊りします。ちなみに、↓ここにお泊りしました。

2日目。朝ご飯はうにいくら丼でした。

で、青森駅で感動的な出会いが。なんと、寝台特急日本海が停まっていたのでした。そう言えば昔、函館から大阪まで行くのに乗った記憶があるんですけどね。

快速しもきたに乗って、浅虫温泉駅に行きます。今日は浅虫温泉を観光します。やはり最初に見たいのは、湯の島ですね。この後、浅虫水族館に行きます。それにしても、浅虫水族館浅虫小学校の桜が見事ですね。

お宿のチェックインまでだいぶ時間があるので、とにかく時間を潰さないといけません。淡嶋神社に行って、ほたる池を一周します。これ、2,100メートルあるんだそうです。

折角浅虫温泉に来たんだから、温泉に入りたいと思います。まず見つけたのが、混浴足湯・・・て言うか、そりゃあ足湯は普通混浴でしょうよ。松の湯にも行ったのですが、営業しているのかどうか定かではなく断念。結局、ゆーさ浅虫に行ったのでした。

お宿にチェックインした後、夕暮れ時の湯の島を見に行きます。この後、八大龍神宮に行ったのですが、あまりの急階段に断念。ちなみに、↓ここにお泊りしました。

3日目。青い森鉄道に乗って、青森駅に戻ります。なぜか函館に行きたくなって、特急スーパー白鳥に乗ります。列車は津軽海峡から青函トンネルへ。函館駅に着きます。

キューティー吉本の頭から離れなかったのが、きくよ食堂のいか刺し定食函館朝市に行きます。さすが函館。いかがコリコリしてうまい!

青函連絡船 摩周丸を見た後、函館市電に乗って湯の川温泉へ。今日も温泉に入ります。キューティー吉本が行ったのが湯っ多里でして、ここはお泊りしたことがあるんですけど、閉店になったらしく、残念ですね。

津軽海峡線の移動だけで時間を取られたため、今日はこれで終了。かに寿し弁当を頂きながら帰ります。いや、本当だったらもうちょっとゆっくり函館市内を観光したかったですね。


PowerShot G9Xを持って北海道を旅してみた


Canon PowerShot G9X

先日、PowerShot G9Xを買いました。キューティー吉本は旅行ブログをやっていまして、きれいな写真を撮りたいと思う一方で、写真を撮るのが主目的ではないので一眼レフなんて重たくて持ち歩くのはイヤ・・・という理由です。

小樽運河 運河脇の遊歩道から中央橋方向を撮影 運河に船がいます

最初に行ったのが、小樽です。これは、小樽運河ですね。キューティー吉本が撮るのは景色が多かったりします。

うに丼 小樽 うろこ亭にて

で、うに丼をいただきました。ちょっと色合いがこってりしてるかなって感じですね。

で、次に行ったのが札幌。大通公園のクリスマスイルミネーションです。夜に撮るとこんな感じということで。

夜に撮った写真をもう一つ。路面電車ですね。すすきので撮りました。

JR北海道 キハ40形 前面 増毛駅にて 留萌-増毛が今日で廃止となるだけあって、多くの人でごった返しています

留萌本線の留萌-増毛が廃止になるからということで、乗ってきました。これが、廃止の日の増毛駅です。とにかくすごい人。

JR留萌本線 留萌-増毛 取材のヘリコプターも飛んでいます

帰りの車窓から。よーく見るとヘリコプターが飛んでいるのがわかりますか?

で、そのヘリを撮れないか、ズームをいっぱいにして撮ったのがこれ。とても見れた代物じゃないだろうと思っていたのですが、後で写真を見てびっくり。こんなにきれいに写るんですね。

北海道大学 札幌農学校 第2農場 全景

また札幌に戻ります。北海道大学の敷地内にある、札幌農学校 第2農場です。

上から見た、函館駅です。え? どうやって撮ったのかって?

函館朝市 毛ガニ 普段見ているものより一回りも二回りも大きいです

函館と言えばやっぱり朝市。毛ガニがいっぱい並んでいます。

北海道新幹線 はやぶさ H5系 JR北海道のエンブレム

北海道新幹線も乗ってきました。車体に、反対側のホームが映り込んでいますね。

函館天然温泉 ホテルルートイン グランティア函館駅前 シングルルーム 窓から見える夜景

函館の夜景です。ホテルから撮りました。

とにかく、ピントがしっかり合えば、これがコンパクトデジカメで撮った写真なのかと思うような写真が撮れます。これは、活いか刺しです。

撮影モードは、基本的にオートです。それで、これだけきれいに撮れるって嬉しいですね。


プレミアムクラスのお食事 函館-羽田


プレミアムクラスに乗れば機内食がついてくるのですが、普通の席つまりエコノミークラスでも事前にWebで予約すればプレミアムクラスのお食事を追加することができます。飛行機に乗るのが夜になる場合、キューティー吉本は大抵プレミアムクラスのお食事を頼みます。これは、函館から羽田まで飛行機に乗ったときのお食事です。

函館のうまいものが出てくるのかと思いきや、「精進懐石らかん亭」って東京のお弁当でした。

プレミアムクラスのお食事は、2段重になっています。一の重が海老カステラ、鰤照り焼き、鶏千草焼き、点じゃがフライ、芽くわい唐揚げ、海老しんじょう揚げ、チーズちくわ、しめじ茸辛煮、青唐、竹の子味噌煮、蓮根梅肉煮、薩摩芋津軽煮です。二の重が煮物(南瓜、牛蒡利休煮、高野豆腐、人参梅煮)、揚げとゆかりご飯です。

これが中身です。まず、見た目がとっても鮮やかで、とってもおいしそうです。絶品だったのが、海老しんじょう揚げと鰤照り焼き。あと、煮物のお味がとっても繊細で、おいしかったですよ。

ちなみに、エコノミークラスでプレミアムクラスをお食事を付ける場合、ANAのWebサイトから事前予約が必要です。詳しくは、ANA MY CHOICEのサイトをご覧ください。




函館空港


函館空港 国内線旅客ターミナルの模型

函館の空の玄関口、函館空港です。函館駅からは空港バスで約20分で運賃410円と、実は函館の中心部から意外と近いところにあったりします。何しろ、函館空港って湯の川温泉をもう少し先に行ったところにあるんですから。函館市電をもう少し伸ばしたら、函館空港まで着きそうな気がします。日本で唯一、路面電車で行ける空港って、あったらいいなぁって思いますけどねぇ。

函館空港 搭乗カウンター

国内線ターミナルです。搭乗カウンターと出発ロビーは、1階にあります。これが、搭乗カウンターです。

函館空港 到着ロビー

こちらが、到着ロビーです。この先に、国際線ターミナルがあります。

函館空港 出発ロビー

2階が出発ロビーです。今となっては絶滅危惧種と言ってもいい、パタパタ式(・・・とキューティー吉本は勝手に呼んでいる)の出発案内があります。

函館空港 出発口 手荷物検査場入り口

手荷物検査場の入り口です。この横にお土産物屋さんが並んでいます。

函館空港 出発待合所

手荷物検査場の先にある、待合所です。売店もありまして、空弁の品ぞろえは多い部類に入るんじゃないでしょうか。

函館空港 送迎デッキの入り口

3階には、送迎デッキがあります。ちょっと行ってみます。

函館空港 送迎デッキ ほぼ何も見えませんでした

これが送迎デッキです。残念ながら、ほぼ何にも見えませんでした。ま、飛行機がひっきりなしに飛んでいるというわけではないですから。


函館麵屋ゆうみん 塩ラーメン


函館麵屋ゆうみん 店舗外観

函館に来て、イカの他に食べたいものと言えば、塩ラーメン。函館って朝と夜は海鮮系になりがちなので、塩ラーメンは昼にしました。函館駅のすぐ近くに函館麵屋ゆうみんというお店があったので、行ってみます。

塩ラーメン 函館麵屋ゆうみんにて

これが、お店のお勧めの塩ラーメン、650円です・・・て、そうですよね。ここは函館なんですから。透き通ったスープと、やや厚めのチャーシューが食欲をそそります。

で、お味はというと、すっきりとした味わい。これだけすっきりしているスープに太めの麺を入れて、大丈夫なのかと思ったら、ちゃんといい味しているんですねぇ。これ、二日酔いの時にもすいすい入りそうな感じで、あっという間に食べちゃいました。うまかったです。




谷地頭温泉


函館 谷地頭温泉 施設全景

諸般の事情で湯の川温泉で温泉に入れなかったキューティー吉本は、函館にもう一つある温泉に行くことにしました。谷地頭温泉です。こう書いて、「やちがしらおんせん」と読みます。

函館市企業局交通部 函館市電 谷地頭電停

その名の通り、場所は函館市電の谷地頭電停から5分とかからない場所にあります。電停を降りたら、斜め右方向に行く感じで歩くと見つかります。

施設は、1階がフロントと軽食コーナー、2階が休憩室と浴場になっています。玄関に入ったら靴を脱ぎ、下駄箱に入れます。次に、自動券売機でチケットを買って、フロントで渡します。ロッカーの鍵を受け取って、脱衣場に行くシステムです。ロッカーの鍵は、帰るときにフロントに返却します。

函館 谷地頭温泉 自動券売機

料金は大人420円、子供140円と、まるで銭湯のような低料金です。それもそのはず。この谷地頭温泉、施設が現代的であることを除いて、がちに銭湯だったりします。なので、タオルのレンタルもなければ、シャンプー、リンス、ボディソープなどの備え付けもなし。必要であればフロントで売っていますので、自動券売機でチケットを買って、フロントで引き換えます。

お風呂は、内湯が43℃の高温、41℃の中温、39℃の低温気泡湯の3つに分かれています。この他、サウナと水風呂、露天風呂があります。サウナの温度は約80℃、露天風呂の温度は約42℃でした。(温度はいずれもキューティー吉本の体感温度)

お湯はナトリウム-塩化物泉で茶色のお湯で、わずかにトロッと感があります。まず、高温のお湯に入って、体を温めます。その後、サウナに入って、水風呂。さすが冬の北海道、水がめちゃくちゃ冷たかったです。続いて、露天風呂に入ってみます。水風呂で冷えた身体で入ったせいか、かなり熱く感じます。くどいようですが、ここは冬の北海道なので、露天風呂は結構な熱さにしないとダメなのかもしれません。

この後、しばらく休憩します。この料金にして、サウナだけでなくて休憩できる椅子が置いてあるのはありがたい限りです。で、中温→低温の順に入って、またサウナへ。超冷たいとわかっていても、サウナの後はやっぱり水風呂ですね。

キューティー吉本的に気に入ったのは、高温と低温。高温湯で身体をしっかりあっためて、低温湯にゆったりのんびり入ると、これがまた気持ちいんですよ。

函館 谷地頭温泉 どうにも謎すぎる手ぶらセットの中身

谷地頭温泉に手ぶらセットなるものを売っていまして、キューティー吉本はタオルも何にも持っていなかったので買うことに。手ぶらセットは500円で、中身はフェイスタオル、シャンプー、リンス、ボディソープ、石鹸、剃刀、歯ブラシ、ブラシです。

しかし、この中身が謎すぎ。まず、歯ブラシと剃刀って、これ本当に要るんですかねぇ。剃刀はともかく、お風呂で歯を磨く人ってあんまりみたことないんですけど。次に、ブラシってこんなにでっかいのにしないとダメですかねぇ。百歩譲って、くしがあれば十分なんですけど。で、最大の謎は、ボディソープが入っているにもかかわらず、石鹸が入っている点。身体を石鹸で洗って、頭をボディソープで洗う人がいるかも・・・て、いやいや、ちゃんとシャンプーとリンスが入っていますから。

なお、タオルは100円、バスタオルは180円、シャンプーセットが300円です。同じ500円だったら、剃刀と歯ブラシとブラシも単品売りにして、フェイスタオル、バスタオル、シャンプー、リンス、ボディソープのセットで500円にしてくれた方が嬉しいのですが。

函館 谷地頭温泉 玄関

たったの420円でこんなにいいお湯に入れて、しかもただお湯に入るだけじゃなくてサウナと露天風呂もあって、ゆったりのんびりできるのはありがたい限りだと思います。