タグ別アーカイブ: 伊勢

旅行記:豊橋・名古屋・蒲郡・伊勢へ2泊3日で旅してきました その内容のまとめ


今回は、名古屋をはじめとして愛知県へ2泊3日で旅行へ行ってきました。また、伊勢神宮にも行ってきました。その時のコースをまとめます。

豊橋鉄道 市内線 豊橋駅 ホーム

1日目。まずは新幹線で名古屋駅・・・ではなく、その手前の豊橋駅で下車です。なぜかと言いますと、豊橋市内には路面電車が走っていて、一度でいいから乗ってみたかったのです。なので、終点まで往復して終了。あ、ちゃんと豊橋カレーうどんは食べて帰りましたよ。

味噌煮込みうどん 名古屋でいただきました

名古屋鉄道に乗って、名古屋駅へ。お宿に着いたらもう夕方だったので、1日目はこれで終了。近所の居酒屋さんに行きました。〆に食べたのが、味噌煮込みうどんでした。

名古屋テレビ塔

2日目。この日はドニチエコきっぷを買って、名古屋地下鉄でお得に旅しようということにしました。まずは、名古屋市内をぐるっと回る名城線に乗って栄へ。名古屋のシンボルの一つ、名古屋テレビ塔を見に行きます。

鰻のひぶまぶし 名古屋栄でいただきました

で、名古屋に来たら絶対に食べたかった、鰻のひつまぶしを食べます。

名古屋城 天守閣 近くで見るとかなりの迫力です

続いて、これまた名古屋のシンボルの一つ、名古屋城へ行きます。ちなみに、ドニチエコきっぷを持っていると、入館料が割引になります。

ラグーナの湯 正真正銘の天然温泉なんだそうです

このまま名古屋市内を観光すると思いきや、蒲郡へ。なぜかと言いますと、ラグーナの湯に行きたかったのです。ラグーナの湯って、ラグーナ蒲郡の中にあるんですけど、いやしかしこれってどうよって感じのところですね。確かに、南国ムードではありますけど。

スガキヤ 特製ラーメン これで420円ってお得ですねぇ

バスで蒲郡駅に行きますと、もう夕方。はや晩ご飯にします。これまた、名古屋に行ったら絶対に食べたかった、寿がきやのラーメンです。この後、JRよりも時間とお金がかかるのはわかっているのですが、海が見たかったので名鉄蒲郡線経由で名古屋市内に戻りました。

牛めし弁当 中身

3日目。この日は伊勢神宮に行くことにしました。近鉄名古屋駅から近鉄特急に乗って、宇治山田駅を目指します。今日の朝ご飯は牛めし弁当です。

伊勢神宮 外宮 正宮

伊勢神宮は、外宮内宮があります。まずは、外宮に行きます。しかし、さすがは伊勢神宮。中は広いこと広いこと。ちなみに、伊勢神宮の正宮は、20年に1回建て替えるルールになっています。このときに神様がお引越しするお祭りが式年遷宮で、せんぐう館に色々展示があるみたいです。

伊勢神宮 内宮 境内 正宮まではだいぶあります

その後、内宮へ。しかし、こちらは外宮以上の広さ。それなのに、恐ろしいくらいの長蛇の列でした。でっかい公園と言ってもいいぐらいの広さでして、歩き疲れたキューティー吉本は、できたての赤福を堪能しながら一休みしたのでした。

きしめん 名古屋駅 新幹線ホームにて

ここであることに気づきます。そう言えば、お昼ご飯を食べていなかったのでした。名古屋駅で新幹線を待つ間、きしめんを食べます。で、名古屋名物 みそかつ&えびふりゃ~弁当を買って、新幹線の中で食べます。さすがにこれだけ食べるとお腹いっぱい。いや、旅っていいですね。

九州から愛知県へのJR+宿泊セットプラン



特急ワイドビュー南紀


キューティー吉本の紀伊半島一周の旅も、いよいよ後半戦。新宮からワイドビュー南紀に乗って、一路名古屋へ向かいます。

JR東海 キハ85系 特急ワイドビュー南紀 先頭車 新宮駅にて

実は、名古屋から出る特急で、キューティー吉本が乗ったことがないのが、南紀とひだ、後はセントレアへ行くミュースカイですね。今日は、南紀に乗りたいと思います。

JR東海 キハ85系 特急ワイドビュー南紀 車内 新宮駅にて

このワイドビュー南紀、その名のとおり窓がとっても大きく、開放感たっぷりで、眺めがとってもいいです。名前にビューとつけておきながら、下手な特急電車よりも窓が小さい電車を走らせる(これぞ看板に偽りあり)、JR○日本とはえらい違いです。

特急ワイドビュー南紀からかろうじて見えた海(?)

しかし、くろしお同様、海はあんまり見えません。もともと、海沿いを走る距離が短く、和歌山県内を出たら山の中を縦断しますから。でも、やっぱりこれだけ窓が広いと気持ちいいですね。

秋の乗り放題パスで、お得に旅する 京阪神編


JRグループが「秋の乗り放題パス」を発売する話は、以前の記事でも書きました。今回は、「京阪神地区からお得に旅するお勧めコース」をご紹介したいと思います。

JR福知山線 大阪駅 駅舎

この秋の乗り放題パス、大人7,500円で3日間、JR乗り放題になる切符なのですが、ここでルールを再確認します。

  1. 乗れるのは、JR線の普通列車、快速列車のみである
    例えば、山陰方面に行きたいからといって、北近畿タンゴ鉄道や智頭急行に乗ることはできません。また、伊勢志摩方面へ行きたいからといって、伊勢鉄道に乗ることもできません。
  2. 新幹線や特急に乗ることができない
    もし新幹線や特急に乗る場合、特急料金の他に、普通乗車券が必要です。ということは、早い話が新幹線や特急には乗れないということです。
  3. 2013年10月5日(土)~10月20日(日)のうち、連続する3日間乗り放題になる
    青春18きっぷなら、5日間別々の日に乗ってもかまわないのですが、秋の乗り放題パスは連続する3日間です。分割することも、3人で分け合うこともできません。

こうなると、往復で7,500円以上かかるところへ行くか、よほど乗り降りを繰り返さない限り、元が取れないというわけです。そこで今回は、大阪駅から計算して、お得になるところを考えてみたいと思います。

東海道方面

大阪駅から東海道線で東に行った場合、三河安城まで行くと片道3,890円なので、三河安城まで行けば往復するだけで元が取れます。ただし、東海道線は、大阪・名古屋は新快速に乗れて、東京近郊も東海道線普通列車に乗れるので、かなり高速に移動できます。加えて、比較的乗り継ぎもスムーズなので、十分東京まで行けます。

JR東京駅 赤レンガの駅舎は丸の内口にあります

ただし、そんな元気がないという方でも、豊橋まで行けば十分元は取れるわけで、ここは豊橋まで行ってみてはいかがでしょうか。写真は、豊橋カレーうどんです。

豊橋カレーうどん 中のとろろご飯が絶妙です

もちろん、豊橋からの帰りがけに名古屋へ行ったり、ちょっと寄り道して伊勢へ行ったりするのもありだと思います。ただし、快速みえで伊勢市へ行った場合、伊勢鉄道線の料金が片道490円必要ですので、ご注意ください。

山陽方面

では、山陽本線を西(正しくは、山陽本線は神戸から西)に行った場合は、ということなのですが、福山まで行けば3,890円です。しかし、姫路-岡山の便数が少なく、乗り継ぎもあんまりよくないので、大阪からだと福山まで行くのはちょっと厳しいでしょう。

ただし、瀬戸大橋だったら駅の数が少なく(当然ですが、瀬戸大橋には駅がない)、岡山から快速マリンライナーに乗れば、結構あっという間に高松に着いてしまいます。大阪-高松は4,620円なので、これを往復すれば十分元が取れるというわけですね。

JR予讃本線 高松駅

なので、高松の旅はいかがでしょうか。香川県といえば、やっぱり讃岐うどん。なのですが、せっかくですから金毘羅参りに行っていただきたいと思います。最寄り駅は、琴平駅です。

金刀比羅宮 来年のテーマは、しあわせさん。こんぴらさん。 だそうです

山陰方面

大阪から福知山線、山陰本線へ行った場合、単純に往復したときの損益分岐点は城崎温泉・・・ではなく、その少し先の柴山で、3,870円です。やはりここは、城崎温泉から北を堪能していただくのがおすすめです。

JR山陰本線 柴山駅 雪のホーム

まずは、浜坂駅を目指します。浜坂まで行きますと、列車は余部鉄橋を渡ります。この余部鉄橋からの景色は、ホント絶景です。

でもって、浜坂駅からバックして、城崎温泉へ行く、という旅はいかがでしょうか。

JR山陰本線 城崎温泉駅

城崎温泉は外湯が充実していて、これを回るだけでも楽しいもんですよ。もし城崎温泉でお宿が見つからなかったら、豊岡で探すという手もあります。ただし、豊岡から北は便数が少ないので、列車に乗り遅れないようご注意ください。

北陸方面

新快速が、敦賀まで行く時代。特急雷鳥に乗らなくったって、北陸が身近になりました。大阪からだと、芦原温泉まで行きますと片道3,870円なので、往復するだけで元が取れます。ただし、金沢だったら十分行けるので、ここは石川県を堪能していただくってのはいかがでしょうか。

JR西日本 221系 普通園部行き

兼六園へ行くもよし、加賀温泉で温泉を堪能するもよし。能登方面へ行くのもいいですね。もちろん、帰りに福井県に立ち寄るのもありだと思いますよ。

ちなみに、今までの話の逆を言うと、東京・横浜・小田原・静岡・浜松・豊橋・金沢・高松・浜坂方面にお住いの方が、京都・大阪・神戸まで遊びに行ったとしても、秋の乗り放題パスでお得に旅行できるというわけです。

秋の乗り放題パスで旅すると、どうしても列車に乗りっぱなしの旅になってしまうのは、否めません。初日と3日目は、6時間以上列車に乗りっぱなしという可能性もあります。ま、せっかくJR乗り放題なのですから、ここは一つJRにたっぷりと乗ってみましょう。

(注:写真はすべてイメージです)




赤福


伊勢神宮に来たんだったら、やっぱりこれを食べなきゃダメでしょう。伊勢の名物、赤福餅です。

伊勢銘菓 赤福

この赤福、近畿一円でCMやってまして、主要な駅だったらほぼどこへ行っても売ってるんですね。ちなみに、新幹線の駅で確認できただけでも、新大阪京都名古屋で売ってました。

なので、近畿・東海圏内だったらおよそどこへ行っても買えるんですけど、やっぱり赤福って伊勢の名物ですから。伊勢神宮で食べましょう。

写真は、その場で食べる3個入りの赤福で、280円です。食券売り場で食券を買って、後は座って待っていたら赤福を配ってくれるというシステムです。お茶は飲み放題です。

キューティー吉本は赤福が大好きでして、伊勢だけじゃなくて、近畿方面へ行った時にはたいてい買って帰るんですけどね。できたての赤福が食べられるってサイコーですね。しかも、お茶にあうんですよねー




伊勢神社 内宮


伊勢神社 内宮 正面

外宮(げくう)から内宮(ないくう)までは、約4kmあります。とても歩ける距離ではないので、バスに乗ることにします。正しくは、宇治山田駅の隣の、五十鈴川(内宮前)駅からだと歩けるのですが、かなりの距離があるのでおすすめできません。(だからぁ、五十鈴川(内宮前)駅って絶対看板に偽りがあるって)

伊勢神宮 内宮 鳥居

ゴールデンウィークとか、初詣とかのシーズンには、三重交通のあちこちの営業所からバスが集結し、ピストン輸送で参拝客輸送にあたります。今日も、バスが集まってました。

伊勢神宮 内宮を流れる五十鈴川 これぞパワースポットって感じですね

しかし、このバスの当たり外れがすごいんです。とっても快適な観光バスあり、使い古した高速バスあり、ごくごく普通の路線バスあり・・・どれに乗っても料金は同じなんですよねー。それだったら、観光バスでゆったり行きたいもんですけどね。

伊勢神宮 内宮 境内

ちなみに、外宮にも当然のごとく行列ができていまして、内宮行きのバスに乗る人でした。しかし、臨時バスのおかげで大した待ち時間もなく、内宮に着きました。

伊勢神宮 内宮 正しくは、皇大神宮と言うそうです

伊勢神宮(内宮)は、正しくは皇大神宮と言います。天照大御神が祀られているところですね。

伊勢神宮 内宮 神宮の敷地内を五十鈴川が流れます

外宮も十分広いんですけど、内宮はもっと広いです。どれぐらい広いかというと、これ。なんと、神社の中に川が流れています。五十鈴川ですね。

伊勢神宮 内宮 五十鈴川がきれいです

しかし、これがまたすっごくきれいなんですよ。この時期は新緑のシーズンでこんな感じ。これはこれで十分きれいなんですけどね。紅葉のシーズンだと最高でしょうねぇ。

2013081811

外宮同様、内宮も本体は正宮(しょうぐう)です。なので、正宮にお参りしないと着た意味がないんです。

2012050409

しかし、とんでもない行列が。いや、この写真を見た人は、どこの神社の初詣の写真なんだと思うでしょうねぇ。これ、初詣じゃなくて、ゴールデンウィークの伊勢神宮なんですけどね。

2013081812

待てども待てども列は進まず。結局お参りできるまで、約40分並びました。いやー、なんか今日は行列に並びに来たような感じですねぇ。

伊勢神宮 内宮 御稲御倉

正宮へのお参りが終わったので、伊勢神宮 内宮を色々見て回ることにします。これは、御稲御倉(みしねのみくら)です。稲を入れておく倉ということみたいです。

伊勢神宮 内宮 荒祭宮

伊勢神宮の内宮にも、別宮があります。これは、荒祭宮(あらまつりのみや)です。こちらもかなりの人です。

伊勢神宮 内宮 立派な橋があります

境内に、立派な橋と鳥居がありました。この先には何があるのだろうと行ってみると・・・

伊勢神宮 内宮 風日祈宮

鳥居があった時点で想像はできていたのですが、別宮がありました。風日祈宮(かざひのみのみや)です。