タグ別アーカイブ: 出雲

青春18きっぷで行く 山陰本線完乗4泊5日の旅のまとめ


今回は青春18きっぷを持って、山陰本線を完乗しに4泊5日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

青春18きっぷを持って、山陰本線完乗の旅スタート

1日目。山陰本線完乗の旅と言っても、まずは東京駅から京都駅を目指します。山陰本線の起点は、京都駅ですからね。

なお、青春18きっぷを使っているので、普通列車と快速列車には乗れるものの、新幹線とか特急列車とかには乗れません。なので、京都駅へも新幹線には乗らずに行きます。1日目のまとめはこちら

1日目は、京都で1泊します。この日のお宿は、APAホテル京都堀川通です。

JR西日本 221系 普通園部行き

2日目。いよいよ山陰本線完乗の旅の本題に入ります。まずは、園部駅を目指します。この区間は、嵯峨野線という愛称がついています。車窓から見えるのは、丹波の田園風景JR嵯峨野線 園部駅

で、園部駅に到着。ここで福知山行きに乗り換えです。ここで、約1時間の待ち合わせ。何しろ、この区間は1時間に1本ぐらいしか列車がないですからね。胡麻駅を過ぎたあたりで、お昼ご飯にします。お昼ご飯は、京都駅で買ったおにぎり弁当です。

JR山陰本線 福知山駅

列車は、福知山駅に到着。ここで、豊岡行きの列車に乗り換えます。が、乗り換え時間がわずかで、豊岡行きの列車に飛び乗ります。

JR山陰本線 城崎温泉駅 ホームと駅弁たで川さん ここでかにずしを売ってます

豊岡駅から先は、ディーゼルカーです。で、キューティー吉本は城崎温泉駅で途中下車。折角だから城崎温泉に入ろうというわけです。冬の城崎温泉だったら松葉ガニが食べたくなるところですが、そんなお金はないので、温泉へ。城崎温泉駅から一番近い、地蔵湯に行きます。ちなみに、松葉ガニが食べたいんだったらかにずしという手もあります。

JR山陰本線 浜坂駅 駅舎

城崎温泉駅あたりから、雪深くなってきます。なので、浜坂駅までの車窓は雪景色です。でも、これがキレイだったりするんですよね。で、浜坂駅に到着。ここから鳥取駅を目指すのですが・・・ここで今日2度目の1時間待ち。しかも、寒いんだこれが。

JR山陰本線 餘部駅

浜坂駅を過ぎると程なくして、列車は余部鉄橋を渡ります。ここはかなりの高さがありまして、余部鉄橋から見える冬の日本海は、絶景だったりします。

東浜駅を過ぎると、鳥取県です。2日目のまとめはこちら

今日は、鳥取市内で一泊します。この日のお宿は、スーパーホテル鳥取駅北口です。

冬の12月の鳥取県内を移動中 でも雪は積もってません

3日目。まずは、鳥取県横断。米子駅を目指します。幸いにして、鳥取駅から米子行きの列車があったので、1本でストーンと行けます。しかし、雪が全然ありません

JR山陰本線 米子駅

列車は、米子駅に到着。ここでお昼ご飯です。ここから出雲市までは特急やくもが走るので、電化されています。キューティー吉本は益田駅を目指します。幸いにして、益田<行きの快速アクアライナーがありまして、米子から益田も列車1本です。

「なあんだ、今日は楽勝じゃん」

・・・と思ったのですが、甘かった。

JR山陰本線 出雲市~益田 この辺って海がすっごくきれいですね

米子駅を出るとしばらくして、島根県に突入。松江駅を過ぎると、列車は宍道湖の真横を通ります。更に、出雲市駅を過ぎると、列車はいよいよ日本海の海岸へ。車窓からは絶景が広がります。が、この日はあいにくの強風。

「強風のため、運転を見合わせます」

とのことで、列車はそこかしこで長時間の停車。車窓から見える日本海は大荒れ。はて、いつになったら益田駅に着くのだろうか。

JR山陰本線 益田駅 駅名票

列車はどうにかこうには、益田駅に到着。すでに真っ暗になっていました。3日目のまとめはこちら

今日は、益田で一泊します。この日のお宿は、益田グリーンホテルモーリスです。

JR山陰本線 益田~長門市 冬の日本海 いや、きれいですね

4日目。山陰本線完乗の旅もいよいよラスト、下関駅を目指します。まずは、長門市駅を目指します。ここは列車本数が少なく、乗り遅れが命取りになりかねないので、慎重に。

程なくして列車は、山口県に入ります。車窓から見える日本海がキレイです。

列車は、長門市駅に到着。しかし、次の列車の発車時間が迫っているので、慌てて飛び乗ります。うう、お昼ご飯が食べたかったのに。

これで下関に行ける・・・と思いきや、小串行きでした。小串駅で最終目的地、下関行きに乗り換えます。ここから先は、日本海を離れます。この区間には特牛駅という難読駅があります。その手前の阿川駅で撮影。

JR山陰本線幡生駅 ここが、JR山陰本線の終点です

キューティー吉本は、下関駅・・・の一つ手前の幡生駅で下車。なぜかと言いますと、山陰本線は京都-下関ではなく、下関駅の一つ手前にある、幡生駅が終点なんです。なので、幡生駅で降りて記念撮影。

関門大橋 下関より撮影

で、下関に到着。ここから先は、普通に下関観光です。お宿に着いて、お風呂に入ったらもう夕方。関門海峡をうろうろします。関門大橋が見えたところで、もう暗くなりかけていました。下関市立しものせき水族館 海響館は閉館。巌流島クルージングも終わりだろうし。では、どこへ行こうか。

下関 活きいき 唐戸市場

下関観光マップを見るまでもなく、「下関に来たんだったらフグを食べて帰ろう」と。唐戸市場ふぐのフルコースを食べてきました。

しかし、唐戸市場から下関駅までは結構な距離。バスで下関駅に戻ります。下関ゆめタワーがキレイでした。4日目のまとめはこちら

今日は、下関で一泊します。この日のお宿は、ドーミーインPREMIUM下関です。

山陽新幹線 N700系 博多駅にて

5日目。関門海峡をバスで渡って、博多駅に行きます。で、もう一つの完乗の夢、東海道・山陽新幹線の完乗をしようというわけです。しかし、各駅停車で行ったらあれだけ時間がかかったというのに、新幹線だったら半日ちょっとなんですね。5日目のまとめはこちら


出雲そば


松江とか出雲とかに来たら、これを食べて帰らないとダメでしょう。出雲そばです。

出雲そば 割り子そば 松江市内にて

出雲そばの典型的な食べ方は、割り子そばです。一説によると、そばをお弁当として持ち歩いた際の入れ物の形を模したものだと言われています。

まずは、一番上の器に薬味とだしを入れて、いただきます。残っただしを2つ目の器に入れ、薬味とだしが足りなかったらつぎ足します。で、2つ目の器のお蕎麦をいただいて・・・と、これを繰り返します。

出雲そば 天ぷらそば 出雲市駅にて

こちらは、天ぷらそばです。出雲市駅でいただきました。

出雲そばの特徴が、もう一つ。薬味がわさびではなくて、赤だいだいなんです。なので、辛みが大根と唐辛子の辛みなんです。

お味はまずまず。ただし、お店による当たり外れが大きかったりするので、色んなお店で食べ比べてみることをお勧めします。




出雲駅前温泉 らんぷの湯


出雲駅前温泉 らんぷの湯 看板

折角出雲に来たんだから、出雲大社・・・ではなく、前回行ったときに立ち寄れなかった、出雲駅前温泉 らんぷの湯に行ってみます。

場所はその名の通り、JR出雲市駅の駅前にありまして、南口を出てすぐ右側、スーパーホテルの裏側にあります。営業時間は10:00~22:00。料金は、大人600円、子供300円です。シャンプーの備え付けはありますが、タオルは別料金です。レンタルのバスタオルとフェイスタオルが、各200円です。

出雲駅前温泉 らんぷの湯 玄関

フロントの横の自動券売機で入場券を買って、フロントに出します。脱衣場には貴重品を入れるロッカーこそあるものの、脱衣かご方式でして、できれば鍵がかかるロッカーにして欲しいところです。

大浴場は、サウナと水風呂、それに天然温泉の内湯がシンプルに一つ。露天風呂は、一人ずつ入れる小さな湯船が3つあります。キューティー吉本の体感温度的には、内湯が41℃、露天風呂が39~40℃ぐらいでした。

出雲駅前温泉 らんぷの湯 無料で入れる足湯 玄関の横にあります

ここのお湯、含鉄泉という全国でも珍しいお湯で、キューティー吉本も有馬温泉乳頭温泉ぐらいでしか見たことがありません。これが、玄関にある、無料で入れる足湯なのですが、ご覧の通り赤茶色のお湯なんです。これはかなりいい湯と感じました。

らんぷの湯という名前にふさわしく、大浴場内は石油ランプで明かりを取っています。そのため、どうしても石油の臭いがするのですが、ランプの光って温かみがありまして、癒される感じがします。

キューティー吉本的に気に入ったのが、露天風呂。およそ壺湯とほぼ同じぐらいの湯船が、3つ並んでいます。ここが露天風呂の涼しさと相まって、とっても気持ちいいんですね。さながら庭園風の露天風呂でして、思わず長湯してしまいます。

出雲駅前温泉 らんぷの湯 建物

場内は、フロント、大浴場のほか、ささやかではありますが休憩室があります。

出雲駅前にして、まさかこんなにいいお湯に入れるとは思ってもみませんでした。出雲市駅周辺にはビジネスホテルがいっぱいありまして、ビジネスホテルに泊まって温泉はらんぷの湯ってのもありだと感じました。


出雲市駅


JR山陰本線 出雲市駅 駅名票

JR山陰本線と、一畑電鉄の出雲市駅です。出雲大社をはじめとして、出雲方面の玄関口になっています。

JR山陰本線 出雲市駅 1番線・2番線 主に岡山方面に行く特急やくもと、松江・米子・鳥取方面に行く列車が発着します

1番線・2番線です。主に岡山方面に行く特急やくもと、松江米子鳥取方面に行く列車が発着します。

JR山陰本線 出雲市駅 3番線・4番線 主に浜田・益田・新山口方面行きの列車が発着します

3番線・4番線です。主に浜田・益田・新山口方面に行く列車が発着します。

しかし、本題とは関係ないのですが、JR出雲市駅のあの暗~い発車ミュージックって一体…

JR山陰本線 出雲市駅 改札口と切符売り場

改札口と切符売り場です。やはりと言いますか、自動改札機はありません。駅員さんが改札します。

JR山陰本線 出雲市駅 時刻表

時刻表です。出雲市駅で折り返すのは特急やくもぐらいで、大抵の列車は出雲市以遠を直通します。山陰本線で電車が走れるのは出雲市までなのですが、山陰本線を走っている電車って特急やくもぐらいなんで。

JR山陰本線 出雲市駅 北口 出雲大社をかたどった感じになっています

北口です。出雲大社を模した出口ですね。こちらが出雲大社に近い方の出口でして、駅前には出雲大社方面行きをはじめとして、バスターミナルとタクシー乗り場があります。

JR山陰本線 出雲市駅 南口

南口です。近年整備されたと思われまして、ビジネスホテルが立ち並びます。

一畑電鉄 電鉄出雲市駅 高架ホーム

で、出雲市駅って、JR山陰本線と一畑電鉄の乗換駅だったりします。こちらは、一畑電鉄の電鉄出雲市駅です。

一畑電鉄 電鉄出雲市駅 駅舎と高架ホーム

一畑電鉄も高架線です。JR出雲市駅の北口から、松江方向に歩いていくと、駅舎があります。

一畑電鉄 電鉄出雲市駅 映画「RAILWAYS」の舞台だったんですね

一畑電鉄って映画「RAILWAYS」の舞台でして、電鉄出雲駅にも書いてありました。ここから、松江しんじ湖温泉方面に行く列車が発着します。ちなみに、出雲大社にも行けるのですが、途中で乗り換えないといけないので、バスに乗ったほうがいいと思います。

一畑電鉄 電鉄出雲市駅 改札口と切符売り場

1階にある駅舎部分がこんな感じ。改札口があって、切符売り場があって・・・目を疑ったのが、「手・小荷物取扱」と書かれた窓口。JR・・・ていうか国鉄が手荷物を廃止してから久しく、「本当に手荷物を送れるんですか?」って思わず聞いてしまいそう。


特急やくも


特急やくも 出雲市側 前面 グリーン車で展望車になっています 出雲市駅にて

岡山から伯備線を経由して、山陰地方を結ぶ特急やくもです。出雲市側の先頭がグリーン車で、展望車になっています。

特急やくも 岡山側 前面 松江駅にて

これが、岡山側の先頭。普通の顔ですね。停車駅は、岡山倉敷-備中高梁-新見-伯耆大山-米子-安来-松江-宍道-出雲市です。(一部停車駅が異なる列車あり)

特急やくも 普通車 車内

普通車の車内です。近年リニューアルをしたのか、かなりきれいです。

特急やくも 普通車 シート側面

シートはワインレッドを基調としています。

特急やくも 普通車 シート背面

シート背面です。コートフックがついています。ただし、ACコンセントとボトルホルダーはついていません。

しかしこの特急やくも、振り子電車なのでよく揺れます。




近畿地方の引退列車が地方で活躍できないのはなぜ?


「会うは別れの始め」とはよく言いますが、華々しくデビューした列車たちも、いつかは引退します。引退後は通常廃車になるのですが、中には別の鉄道会社に譲渡されて、第2の人生を送る列車もあります。(それゆえ、旅行へ行っても毎度乗ってた電車に出くわすので、旅行の楽しみが半減するとも思えなくもない)

富士急行 1000系 富士登山電車 前面 大月駅にて

しかし、首都圏の電車が引退した後、地方の鉄道会社で活躍している例は結構あるのに、関西地区で活躍していた電車が引退すると、大抵は廃車になってしまうみたいです。関西の引退電車がなぜ活躍できないのか。これには、理由があります。

1.線路幅が違う

近畿地方の電車は、近鉄の一部と南海を除いて、線路幅が新幹線と同じなのです。それに対して、首都圏の電車は、京王の一部と京成、京急を除いて、線路幅が在来線と同じなのです。

阪急電車 特急 河原町行き

在来線より新幹線の方が線路幅が広いのですが、これは高速走行をするうえで、線路幅が広い方が車両の安定を保つのが有利だからです。しかし、地方の鉄道会社がそんな高速運転をするわけがなく、大抵は在来線と同じ線路幅なのです。

線路幅の違う列車を導入するとなると、台車の交換は当然として、モーターを含めた足回りを入れ替えないとのダメなのです。ならば、同じ線路幅の電車を入れた方が手っ取り早いというわけです。

2.引退したときの車齢が長い

最近の傾向として、引退した東急の電車が、地方で活躍する例が多かったりします。しかし、これは東京メトロ副都心線の影響が大きいんです。

秩父鉄道 7800系 正面 熊谷駅にて

副都心線が開業して、東急東横線との相互乗り入れが実施された結果、副都心線への乗り入れに対応できない車両は戦力外ということになりました。更に、東急東横線と東京メトロ日比谷線との乗り入れが廃止されたため、日比谷線への乗り入れ対応車両も戦力外ということになりました。結果、車齢30年そこそこの電車に戦力外通告が出されることになり、これらの電車が地方の鉄道会社へ譲渡されたというわけです。

同じような例は、京都でもあります。京阪電車の特急列車です。

京阪電車 特急 淀屋橋行き

京阪電車の鴨東線が開業した際、特急電車の数が足りず、やむなく新型車両を追加したのでした。本当だったら足りなくなった分だけ足すつもりだったのですが、この新型車両が好評で、お客さんはこの新型車両を待ってまで乗る始末。仕方なく、まだ車齢20年そこそこの旧特急電車を引退させ、全車新型に置き換える羽目になったんです。

では、旧特急電車はどうなったのかというと、富山地方鉄道で活躍しています。

富山地方鉄道10030系 旧京阪電鉄3000系 電鉄富山駅にて

ちなみに、富山地方鉄道の上層部は、この電車があまりにも優秀で、びっくりしたとのこと。そりゃあそうでしょう。京阪電車では、もっと古い電車がまだまだ走ってましたから。

話を元に戻しますと、新線開業その他諸々の事情で、1980年代に製造された車齢30年そこそこの電車が引退しているのが首都圏の電車事情なのです。対して、近畿地区はといいますと、引退しているのは1970年代以前に製造された電車。車齢にして40年以上、場合によっては50年以上経過している電車なんです。

車齢30年ならまだ頑張れば使えるものの、40年以上だと廃車にするしかない、というわけです。

ことでん 琴電琴平駅 ホーム

この他、西日本の中小鉄道会社で、電車が走っている(路面電車を除く)といえば、近鉄から分社した第3セクターを除けば、近江鉄道、広島電鉄、一畑電鉄、伊予鉄道、熊本電鉄ぐらい。東日本から比べると数は少ないのは確かです。しかも、一畑電車に元南海の電車が来たぐらいで、後は首都圏の引退電車が活躍しています。琴電も、主力は元京急の電車です。

富士急行 2000系 前面 富士山駅にて

ま、大阪周辺の鉄道会社は、古い電車を大事に使っているということでもあるわけなんですけどね。

(注:写真はすべてイメージです)