タグ別アーカイブ: 城崎温泉

旅行記:青春18きっぷで山陰本線を完乗しに4泊5日で旅してきました その内容のまとめ


今回は青春18きっぷを持って、山陰本線を完乗しに4泊5日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

青春18きっぷを持って、山陰本線完乗の旅スタート

1日目。山陰本線完乗の旅と言っても、まずは東京駅から京都駅を目指します。山陰本線の起点は、京都駅ですからね。

なお、青春18きっぷを使っているので、普通列車と快速列車には乗れるものの、新幹線とか特急列車とかには乗れません。なので、京都駅へも新幹線には乗らずに行きます。1日目のまとめはこちら

1日目は、京都で1泊します。この日のお宿は、APAホテル京都堀川通です。

JR西日本 221系 普通園部行き

2日目。いよいよ山陰本線完乗の旅の本題に入ります。まずは、園部駅を目指します。この区間は、嵯峨野線という愛称がついています。車窓から見えるのは、丹波の田園風景JR嵯峨野線 園部駅

で、園部駅に到着。ここで福知山行きに乗り換えです。ここで、約1時間の待ち合わせ。何しろ、この区間は1時間に1本ぐらいしか列車がないですからね。胡麻駅を過ぎたあたりで、お昼ご飯にします。お昼ご飯は、京都駅で買ったおにぎり弁当です。

JR山陰本線 福知山駅

列車は、福知山駅に到着。ここで、豊岡行きの列車に乗り換えます。が、乗り換え時間がわずかで、豊岡行きの列車に飛び乗ります。

JR山陰本線 城崎温泉駅 ホームと駅弁たで川さん ここでかにずしを売ってます

豊岡駅から先は、ディーゼルカーです。で、キューティー吉本は城崎温泉駅で途中下車。折角だから城崎温泉に入ろうというわけです。冬の城崎温泉だったら松葉ガニが食べたくなるところですが、そんなお金はないので、温泉へ。城崎温泉駅から一番近い、地蔵湯に行きます。ちなみに、松葉ガニが食べたいんだったらかにずしという手もあります。

JR山陰本線 浜坂駅 駅舎

城崎温泉駅あたりから、雪深くなってきます。なので、浜坂駅までの車窓は雪景色です。でも、これがキレイだったりするんですよね。で、浜坂駅に到着。ここから鳥取駅を目指すのですが・・・ここで今日2度目の1時間待ち。しかも、寒いんだこれが。

JR山陰本線 餘部駅

浜坂駅を過ぎると程なくして、列車は余部鉄橋を渡ります。ここはかなりの高さがありまして、余部鉄橋から見える冬の日本海は、絶景だったりします。

東浜駅を過ぎると、鳥取県です。2日目のまとめはこちら

今日は、鳥取市内で一泊します。この日のお宿は、スーパーホテル鳥取駅北口です。

冬の12月の鳥取県内を移動中 でも雪は積もってません

3日目。まずは、鳥取県横断。米子駅を目指します。幸いにして、鳥取駅から米子行きの列車があったので、1本でストーンと行けます。しかし、雪が全然ありません

JR山陰本線 米子駅

列車は、米子駅に到着。ここでお昼ご飯です。ここから出雲市までは特急やくもが走るので、電化されています。キューティー吉本は益田駅を目指します。幸いにして、益田<行きの快速アクアライナーがありまして、米子から益田も列車1本です。

「なあんだ、今日は楽勝じゃん」

・・・と思ったのですが、甘かった。

JR山陰本線 出雲市~益田 この辺って海がすっごくきれいですね

米子駅を出るとしばらくして、島根県に突入。松江駅を過ぎると、列車は宍道湖の真横を通ります。更に、出雲市駅を過ぎると、列車はいよいよ日本海の海岸へ。車窓からは絶景が広がります。が、この日はあいにくの強風。

「強風のため、運転を見合わせます」

とのことで、列車はそこかしこで長時間の停車。車窓から見える日本海は大荒れ。はて、いつになったら益田駅に着くのだろうか。

JR山陰本線 益田駅 駅名票

列車はどうにかこうには、益田駅に到着。すでに真っ暗になっていました。3日目のまとめはこちら

今日は、益田で一泊します。この日のお宿は、益田グリーンホテルモーリスです。

JR山陰本線 益田~長門市 冬の日本海 いや、きれいですね

4日目。山陰本線完乗の旅もいよいよラスト、下関駅を目指します。まずは、長門市駅を目指します。ここは列車本数が少なく、乗り遅れが命取りになりかねないので、慎重に。

程なくして列車は、山口県に入ります。車窓から見える日本海がキレイです。

列車は、長門市駅に到着。しかし、次の列車の発車時間が迫っているので、慌てて飛び乗ります。うう、お昼ご飯が食べたかったのに。

これで下関に行ける・・・と思いきや、小串行きでした。小串駅で最終目的地、下関行きに乗り換えます。ここから先は、日本海を離れます。この区間には特牛駅という難読駅があります。その手前の阿川駅で撮影。

JR山陰本線幡生駅 ここが、JR山陰本線の終点です

キューティー吉本は、下関駅・・・の一つ手前の幡生駅で下車。なぜかと言いますと、山陰本線は京都-下関ではなく、下関駅の一つ手前にある、幡生駅が終点なんです。なので、幡生駅で降りて記念撮影。

関門大橋 下関より撮影

で、下関に到着。ここから先は、普通に下関観光です。お宿に着いて、お風呂に入ったらもう夕方。関門海峡をうろうろします。関門大橋が見えたところで、もう暗くなりかけていました。下関市立しものせき水族館 海響館は閉館。巌流島クルージングも終わりだろうし。では、どこへ行こうか。

下関 活きいき 唐戸市場

下関観光マップを見るまでもなく、「下関に来たんだったらフグを食べて帰ろう」と。唐戸市場ふぐのフルコースを食べてきました。

しかし、唐戸市場から下関駅までは結構な距離。バスで下関駅に戻ります。下関ゆめタワーがキレイでした。4日目のまとめはこちら

今日は、下関で一泊します。この日のお宿は、ドーミーインPREMIUM下関です。

山陽新幹線 N700系 博多駅にて

5日目。関門海峡をバスで渡って、博多駅に行きます。で、もう一つの完乗の夢、東海道・山陽新幹線の完乗をしようというわけです。しかし、各駅停車で行ったらあれだけ時間がかかったというのに、新幹線だったら半日ちょっとなんですね。5日目のまとめはこちら



特急きのさき こうのとり


京阪神地区から山陰本線を通って、城崎温泉へ行く特急は、2種類あります。京都駅発の特急きのさきと、新大阪駅発の特急こうのとりです。

JR西日本 287系 特急きのさき 前面 京都駅にて

特急きのさきは、京都駅を出ると、二条-亀岡-園部-綾部-福知山-和田山-八鹿-江原-豊岡-城崎温泉の順に止まります。東京名古屋方面から行くのであれば、こっちの方が近くて、若干お値段が安いです。

JR西日本 287系 特急きのさき グリーン車 京都駅にて

きのさきもこうのとりも、同じ電車を使っています。これは、新しい方の電車です。写真は、グリーン車・・・ていうか、グリーン席(半分がグリーン車で半分が普通車)です。座席は3列で、グリーン車なのに4列でグリーン車料金をぼったくろうとするJR東日本も見習って欲しいです。

JR西日本 287系 特急きのさき 普通車 2人掛けシート 京都駅にて

普通車のシートは、こんな感じです。山陰本線の特急って、長らくお古ばっかりだったので、こんなにきれいな新車が走ってるって驚きですね。ちなみに、ディーゼル特急時代は特急あさしおだったのですが、電化されて愛称が特急きのさき・・・て、何とも味気ない名前に変わってしまいました。

JR西日本 287系 特急きのさき 普通車 一人掛けシート 京都駅にて

普通車でも、車いす対応の席は、一人掛けです。

JR西日本 287系 特急きのさき 普通車 シート背面 京都駅にて

シート背面です。新しい特急だけあって、テーブルは大きめ。しかも、コートフックまでついています。これでドリンクホルダーがついていたら嬉しんだけどなぁ・・・と思ったら・・・

JR西日本 287系 特急きのさき 肘掛収納式テーブル 京都駅にて

なんということでしょう。肘掛収納式のテーブルまでついてるんですね。大きさはかなり小さいとはいえ、これだったら座席を向い合せにしてもテーブルが使えるというわけです。恐るべし、JR西日本。

・・・でもって、特急こうのとりです。特急こうのとりは新大阪から福知山線を経由して、城崎温泉へ行きます。某元兵庫県議会議員が架空請求のターゲットを城崎温泉にしたのは、この列車の終点が城崎温泉駅だったからではないかという説があります。

JR西日本 381系 特急こうのとり 前面 新大阪駅にて

特急こうのとりは、新大阪駅を出ると、大阪-尼崎-宝塚-三田-篠山口-柏原(こう書いて「かいばら」と読む)-福知山の順に止まり、福知山駅山陰本線に合流します。(山陰本線の停車駅は、特急きのさきと同じ)

JR西日本 381系 特急こうのとり 普通車 室内 福知山駅にて

特急こうのとりも、特急きのさきも、同じ電車を使っています。これは、古い方の電車です。車内は、いかにも国鉄の特急電車って感じの座席が並んでいます。

特急こうのとりって、ディーゼル特急時代は特急まつかぜでした。それが、電化されたときに愛称が変わって、特急北近畿・・・て、いや確かに北近畿に行くんですけど、なんでそんなに味もそっけもない名前なのって突っ込みを入れたくなる名前に変わったんです。それが、特急こうのとりに変わったんです。

JR西日本 381系 特急こうのとり 普通車 シート背面 福知山駅にて

「だったら最初から、特急こうのとりにしなかったのはなぜ?」

恐らく、国鉄は特急ときで懲りたからでしょう。新潟行きの特急に、新潟県を代表する鳥だからということで特急ときとつけた結果、「絶滅寸前の鳥の名前を付けるなんてヒドイ」と新潟県民からひんしゅくを買ったんだそうです。こうのとりも兵庫県北部を代表する鳥ではあるのですが、絶滅危惧種でして、新潟県民と同じ反応が予想されたので、特急こうのとりとつけられなかったのでしょう。

JR西日本 381系 特急こうのとり 普通車 シート 福知山駅にて

絶雌危惧種という意味では、この車両も絶滅危惧種です。この国鉄時代の特急電車のシートを見るのも久しぶり。いや、これが最後かもしれません。本当だったら、シートの後ろのぽっちの付いているあたりに灰皿があったのですが、時代の流れとともに禁煙車になり、灰皿は撤去されてしまったようです。かつての特急雷鳥も、特急白鳥も、こんな感じのシートだったんですけどねぇ。




車内販売がなくなるのはなぜ?


先日、JR九州が在来線特急列車の客室乗務員の廃止を検討している、と毎日新聞が伝えました。この客室乗務員、飛行機のCAさんとは違いまして、列車内で車内販売を担当する人のことです。ということは、在来線特急列車の車内販売がなくなる、ということにもなりかねないわけです。(もっとも、新幹線と一部観光特急は残るらしいですが)

JR九州 キハ185系 九州横断特急 熊本駅にて

「じゃあ、ワンマン運転の九州横断特急はどうなるんだ?」

・・・て、あれは阿蘇山への観光列車ということで残すんだろうと思うのですが、ではなぜ車内販売がなくなっていくのかというと、早い話が利用する人が減ったからです。聞けば、JR九州も車内販売はずっと赤字だったそうです。

では、なぜ車内販売を利用する人が減ったのか、やはり最大の原因は

「あてにならない」

これが一番だと思います。そもそも、すべての特急列車で車内販売が行われているわけではありません。また、車内販売を行っていたとしても、営業区間が限られていたり、車内混雑のためワゴンが通れず、車内販売を行うことができないケースもあります。しかも、車内販売のワゴンがいつ回ってくるのかもわからず、一度も車内販売のワゴンが来ないまま降りる駅に着くケースも考えられます。

そうすると、車内販売があるという前提で列車を利用するわけにはいかず、食べ物や飲み物は列車に乗る前に買っておこう、ということになってしまいます。事実キューティー吉本も、駅弁や飲み物は大抵乗車前に買ってしまい、車内販売を利用するとすればコーヒーを飲むときぐらいです。

だるま弁当 中身

次に考えられる理由は、

「特急の乗車時間が短くなった」

これは単に新幹線が増えただけではなく、かつてのように長距離区間を走る特急列車がなくなったということだと思います。

かつて山陰本線は、京都を出たら短くても浜坂、長いと鳥取益田まで行く列車がありました。しかもこれ、特急列車だけではなくて、普通列車もそうだったんです。昔の国鉄時代の列車って、今よりもロングランだったんです。ちなみに、キューティー吉本が乗った一番の長距離列車(寝台列車を除く)は、大阪青森を走る特急白鳥でした。

JR西日本 183系 特急はしだて

それが、今では京都発の特急は城崎温泉までになってしまい、浜坂鳥取間の特急は壊滅状態になってしまいました。つまり、以前のように長距離を走る列車がなくなり、特急列車も短い区間に分断された結果、列車に乗っている時間が短くなり、しかも列車を乗り継いでいる間に買い出しができるため、車内販売を利用する必要がなくなったというわけです。

とはいえ、列車の乗り継ぎがあまりにもスムーズだと買い物する暇もなく、やはり2時間以上運転する特急列車では車内販売をやって欲しいと思います。それも、ワゴンで車内を回る形態である必要はないと思います。車内にコンビニがあるというのが理想ですが、それは無理だと思うので、せめてスペーシアみたく車内販売カウンターを付けて欲しいと思います。

東武鉄道 100系 スペーシアきぬ 前面 浅草駅にて

また、車内販売を行っているのであれば、その旨分かりやすく案内して欲しいと思います。駅の放送で

「この列車には、車内販売はありません。」

というのは聞いたことがありますが、

「この列車には、車内販売があります。」

というのは聞いた記憶がありません。車内販売がある列車なのであれば、ちゃんと放送でアナウンスして欲しいです。それができないのであれば、全部の列車で車内販売をして欲しいです。

(注:写真はすべてイメージです)


旅行記:秋の乗り放題パスで、お得に旅する 京阪神発


JRグループが「秋の乗り放題パス」を発売する話は、以前の記事でも書きました。今回は、「京阪神地区からお得に旅するお勧めコース」をご紹介したいと思います。

JR福知山線 大阪駅 駅舎

この秋の乗り放題パス、大人7,500円で3日間、JR乗り放題になる切符なのですが、ここでルールを再確認します。

  1. 乗れるのは、JR線の普通列車、快速列車のみである
    例えば、山陰方面に行きたいからといって、北近畿タンゴ鉄道や智頭急行に乗ることはできません。また、伊勢志摩方面へ行きたいからといって、伊勢鉄道に乗ることもできません。
  2. 新幹線や特急に乗ることができない
    もし新幹線や特急に乗る場合、特急料金の他に、普通乗車券が必要です。ということは、早い話が新幹線や特急には乗れないということです。
  3. 2013年10月5日(土)~10月20日(日)のうち、連続する3日間乗り放題になる
    青春18きっぷなら、5日間別々の日に乗ってもかまわないのですが、秋の乗り放題パスは連続する3日間です。分割することも、3人で分け合うこともできません。

こうなると、往復で7,500円以上かかるところへ行くか、よほど乗り降りを繰り返さない限り、元が取れないというわけです。そこで今回は、大阪駅から計算して、お得になるところを考えてみたいと思います。

東海道方面

大阪駅から東海道線で東に行った場合、三河安城まで行くと片道3,890円なので、三河安城まで行けば往復するだけで元が取れます。ただし、東海道線は、大阪・名古屋は新快速に乗れて、東京近郊も東海道線普通列車に乗れるので、かなり高速に移動できます。加えて、比較的乗り継ぎもスムーズなので、十分東京まで行けます。

JR東京駅 赤レンガの駅舎は丸の内口にあります

ただし、そんな元気がないという方でも、豊橋まで行けば十分元は取れるわけで、ここは豊橋まで行ってみてはいかがでしょうか。写真は、豊橋カレーうどんです。

豊橋カレーうどん 中のとろろご飯が絶妙です

もちろん、豊橋からの帰りがけに名古屋へ行ったり、ちょっと寄り道して伊勢へ行ったりするのもありだと思います。ただし、快速みえで伊勢市へ行った場合、伊勢鉄道線の料金が片道490円必要ですので、ご注意ください。

山陽方面

では、山陽本線を西(正しくは、山陽本線は神戸から西)に行った場合は、ということなのですが、福山まで行けば3,890円です。しかし、姫路-岡山の便数が少なく、乗り継ぎもあんまりよくないので、大阪からだと福山まで行くのはちょっと厳しいでしょう。

ただし、瀬戸大橋だったら駅の数が少なく(当然ですが、瀬戸大橋には駅がない)、岡山から快速マリンライナーに乗れば、結構あっという間に高松に着いてしまいます。大阪-高松は4,620円なので、これを往復すれば十分元が取れるというわけですね。

JR予讃本線 高松駅

なので、高松の旅はいかがでしょうか。香川県といえば、やっぱり讃岐うどん。なのですが、せっかくですから金毘羅参りに行っていただきたいと思います。最寄り駅は、琴平駅です。

金刀比羅宮 来年のテーマは、しあわせさん。こんぴらさん。 だそうです

山陰方面

大阪から福知山線、山陰本線へ行った場合、単純に往復したときの損益分岐点は城崎温泉・・・ではなく、その少し先の柴山で、3,870円です。やはりここは、城崎温泉から北を堪能していただくのがおすすめです。

JR山陰本線 柴山駅 雪のホーム

まずは、浜坂駅を目指します。浜坂まで行きますと、列車は余部鉄橋を渡ります。この余部鉄橋からの景色は、ホント絶景です。

でもって、浜坂駅からバックして、城崎温泉へ行く、という旅はいかがでしょうか。

JR山陰本線 城崎温泉駅

城崎温泉は外湯が充実していて、これを回るだけでも楽しいもんですよ。もし城崎温泉でお宿が見つからなかったら、豊岡で探すという手もあります。ただし、豊岡から北は便数が少ないので、列車に乗り遅れないようご注意ください。

北陸方面

新快速が、敦賀まで行く時代。特急雷鳥に乗らなくったって、北陸が身近になりました。大阪からだと、芦原温泉まで行きますと片道3,870円なので、往復するだけで元が取れます。ただし、金沢だったら十分行けるので、ここは石川県を堪能していただくってのはいかがでしょうか。

JR西日本 221系 普通園部行き

兼六園へ行くもよし、加賀温泉で温泉を堪能するもよし。能登方面へ行くのもいいですね。もちろん、帰りに福井県に立ち寄るのもありだと思いますよ。




ちなみに、今までの話の逆を言うと、東京・横浜・小田原・静岡・浜松・豊橋・金沢・高松・浜坂方面にお住いの方が、京都・大阪・神戸まで遊びに行ったとしても、秋の乗り放題パスでお得に旅行できるというわけです。

秋の乗り放題パスで旅すると、どうしても列車に乗りっぱなしの旅になってしまうのは、否めません。初日と3日目は、6時間以上列車に乗りっぱなしという可能性もあります。ま、せっかくJR乗り放題なのですから、ここは一つJRにたっぷりと乗ってみましょう。

(注:写真はすべてイメージです)


出石の皿そば


正しくは、これは神戸の食べ物ではありません。出石そばって言って、兵庫県の北部にある城下町で有名な食べ物です。出石そばって、大抵こうやって食べます。

皿そば 城崎温泉のすぐ近く、出石の名物です

これは、皿そばといいます。ご覧の通り、お皿に乗っかって出てきます。

「そのまんまじゃねぇかよ」

ただ皿にのって出てくるわけではありません。小さいお皿にちょっとずつ、小分けにして出てきます。ちょうど、わんこそばと同じようなノリですかねぇ。ただし、皿そばは冷たいおそばなんですけどね。

特徴はというと、おそばが太くて平べったいんですよ。しかも、つるっとのど越しのいい感じになってるんです。

出石へ行くと、皿そば屋さんがいっぱいあるんですけどね。神戸にも皿そば屋さんがあります。これは確か、神戸ハーバーランドで食べた皿そばです。一人前は5皿なんですけど、絶対に足りないからってわけで、いきなり10皿頼んでます。

出石名物 皿そばにかかせないアイテムです

皿そば食べるのに大事なアイテムがこれ。

まずは、卵を割って、解きます。ここへ、とろろを入れるんです。しっかり混ぜたら、そこへおだしを入れます。ここへ、おそばをつけて食べるというわけです。なので、冷たいとろろそばを食べている感じですかねぇ。

ちなみに、大抵の皿そば屋さんには台帳がありまして、皿そば20皿以上食べると記録に残るんです。で、皿そば大食いランキングってのがありまして、皿そば屋さんにはいっぱい食べた人の名前と、何皿食べたかが壁に張ってあったりします。トップランクに入る人って、60皿ぐらい食べるみたいですね。

皿そば 城崎温泉のすぐ近く、出石の名物です

また、出石では皿そば大食い大会なんてのもあるらしいです。キューティー吉本は出たことないですけどね。

もう一つのこだわりが、このお皿と入れもの。これ、出石焼なんですね。白くて透明感があって、優しい色をしてますね。

JR山陰本線 城崎温泉駅 駅前ロータリー

出石へ行くには、まず京都新大阪から、城崎温泉行きの特急に乗ります。で、約3時間ぐらいで豊岡に着きます。
(ちなみに、豊岡は城崎温泉の2つ手前の駅です)

豊岡から、出石行きの全但バスに乗って、終点で降ります。東京からだと軽く6時間以上かかるので、結構ハードルは高めです。城崎温泉に行ったときに、立ち寄る感じですね。

去年山陰本線を完乗した時も、もちろん豊岡ってとおってます。残念ながら、出石は行ってないですけどね。

写真は、城崎温泉駅です。たぶん城崎温泉にも皿そば屋さんはあるかもわかりませんが、城崎温泉に行ったらカニが食べたくなりますね。