タグ別アーカイブ: 宮島

旅行記:広島・松山・宮島へ2泊3日で旅してきました その内容のまとめ


今回は、広島と松山へ2泊3日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

1日目。広島空港からリムジンバスに乗って、紙屋町にある広島バスセンターで降ります。この日は、広島市内を観光すると決めていました。ターゲットは、元々広島市民球場があった周辺エリア。まずは、広島護国神社広島城に行きます。

この後、ここは行かなきゃダメでしょうってことで、動員学徒慰霊塔と広島市高等女学校慰霊碑平和記念公園原爆ドームへ。しかし、原爆ドームが調査中とのことでカバーがかぶせられ、残念なことに。

広島にいたわけですから、とにかくお好み焼きはいっぱい食べました。へんくつやお好み村村長のお店・・・とにかく、1日に1食はお好み焼きを食べていました。ハズレのお店がなくて、どこへ行ってもおいしいんですよね。

ちなみに、キューティー吉本がお泊りしたのは、ホテルドーミーイン広島でした。

2日目。ここからはいよいよ広島電鉄に乗ります。1日乗車券を持って向かった先は、広島港駅でした。ここは、さながら広島電鉄の車両博物館の様相を呈しています。また、宇品旅客ターミナルに隣接していて、各島しょ部にに向かう船に乗れます。

キューティー吉本が乗ったのが、広島と松山を結ぶ高速船、スーパージェット松山観光港へ行きます。ちなみに、松山観光港から松山市内中心部へは、リムジンバスに乗る方法の他に、松山市駅から伊予鉄道に乗って、高浜駅から歩くという手もあります。

松山市駅の近くで、鯛めしを頂きます。ちなみに、松山市の繁華街はJR松山駅の近くではありません。伊予鉄松山市駅か、大街道電停の近くです。

この後、松山城へ。最初は松山城ロープウェイの運賃をケチって、愛媛県庁の裏側あたりから登ってみたのですが、恐ろしく遠く、しかも急勾配で、激しく後悔。帰りは素直に、松山城ロープウェイに乗ったのでした。

この後、伊予鉄に乗って道後温泉駅へ。そりゃあ松山に来たんだったら、道後温泉に行かないとダメでしょう・・・と言うわけで、道後温泉本館へ。もちろん、温泉に入ってきましたよ。ちなみに、松山市駅から道後温泉駅まで、坊っちゃん列車が走っています。

スーパージェットで広島に戻ります。広島の名物と言えば、お好み焼きと牡蠣。そのカキが食べたくて、MABUI袋井店なるオイスターバーに行ってみました。ここは地元でもかなりの人気店みたいです。

3日目。この日は宮島に行くと決めていました。広島駅からJR線に乗って、宮島口駅に行きます。宮島って、その名の通り島なので、船でないと行くことができません。で、青函連絡船と宇高連絡船がなくなったため、宮島口宮島桟橋を結ぶ宮島連絡船が、全国で唯一の連絡船になってしまいました。

宮島に行ったんだったら、ここは行かないとダメでしょうってことで、厳島神社です。ご覧の通り、鳥居は海にあるのですが、干潮の時は歩いて行けます。また、厳島神社って海の上にあると言ってもいい神社でして、どこか幻想的な感じがします。

この後、宮島名物のあなご飯を堪能。思ったよりもあっさりしている感じでしたよ。ちなみに、ホテルドーミーイン広島の朝食でも出てきました。

本当だったら宮島ロープウェーに乗りたかったのですが、帰りの飛行機の時間に間に合わなくなる恐れがあったため、断念。次に広島県に行った時には乗りたいですね。

関西から広島県へのJR+宿泊セットプラン


広島電鉄


広島電鉄 3700形

広島へ旅行に行ったらまず間違いなくお世話になるのが、広島電鉄(通称:広電)です。

広島市内中心部を走る市内線は、160円均一料金です。広島駅紙屋町広島城原爆ドーム平和記念公園などに行けます。

広島電鉄 元京都市電 広島港駅にて

で、もう一つ特徴がありまして、全国で廃止になった市電や路面電車を、そのまま走らせているんです。これは、元京都市電です。

広島電鉄 900形 旧大阪市電

でもって、こちらは元大阪市電です。現役で活躍しているというだけで感動モノなんですけど、色まで同じなんですね。

広島電鉄 350形

こちらは、広電オリジナルの電車です。八丁堀や紙屋町といった、広島市内の繁華街だと、ものすごい頻度でやって来ます。

広島電鉄 市内線 広島港(宇品)駅 ホーム

広島港です。車内で精算するため、改札口がありません。また、終点だけにいろんな種類の路面電車が止まっています。なので、駅というよりは、まるで路面電車の博物館のような感じです。

広島電鉄 5000形 Green Mover

西広島から宮島口を結んでいるのが、宮島線です。こちらは、区間料金制です。真横をJR山陽本線が並走しているのですが、広電の方が駅の数が多い感じです。

広島電鉄 5000形 グリーンムーバー 運転台

・・・で、これが運転台です。何やらボタンがいっぱい並んでいます。

広島電鉄 宮島線 高いホームと低いホームがあります

宮島線の電車は、西広島からそのまま市内線を走ります。このため、普通の電車でも、路面電車でも止まれるよう、高いホームと低いホームがあります。ただし、今では普通の電車が走っていない(路面電車だけ)ので、2段のホームがある駅は少なくなっています。

広島電鉄 電車一日乗車券


広島電鉄(略して広電)の電車が、600円で一日乗り放題になる切符があります。電車一日乗車券です。

広島電鉄 電車一日乗車券 表面

表面には「路面電車」と書いてあるのですが、宮島線も乗れます・・・と、ここで勘のいい方はお気づきかと思いますが、この切符を買って元を取ろうと思ったら、一番いい方法は広島市内中心部から宮島口を往復する、ということです。

広島市内の路面電車は、160円の均一料金です。なので、4回乗れば元が取れる計算です。ただし、広島市内へ観光旅行で来た人にとって、おいしい場所は八丁堀-原爆ドーム前に固まっているんです。なので、広島城から原爆ドームへ行って、平和記念公園へ行くのであれば、どうしても路面電車に乗らなければならないという距離ではありません。(ちなみに、広電の電停2つ分がおおむね徒歩圏内)

広島電鉄 電車一日乗車券 裏面

ただし、広島市内の路面電車ってかなり色んな路線がありまして、慣れていない人だとと乗り間違いも十分あり得ます。なので、一日乗車券を買っておくと、乗り放題なんだから間違えて乗っても運賃を取られない、という安心感はあります。また、広島駅の近辺にホテルを取った場合、紙屋町などの中心部までは路面電車に乗ることになるわけで、これだったら元は取りやすいと思います。

広島電鉄 5000形 Green Mover 運賃表と運賃箱

でも、一番元を取りやすいのは、宮島線に乗る場合。宮島線は区間別の運賃になっていまして、宮島口から市内線は260円です。なので、広島市内中心部から宮島口まで往復すれば、あと1回乗るだけで元が取れます。なので、厳島神社に行く日に一日乗車券を買えば、元を取りやすいといえます。

一日乗車券は広島駅にある切符売り場の他、車内でも運転手さんか車掌さんから買うことができます。変わっているのが、乗降時にカードリーダーに通す仕組みになっている点です。なので、広電ではとっくにプリペイドカードが廃止になっているにもかかわらず、運賃箱にカードリーダーがついています。




宮島ロープウェー


厳島神社へ行った後、折角だから弥山(みせん)に登ってみようと思いまして、でも松山城で懲りたので最初からロープウェイに乗ることに。しかし・・・

厳島神社の出口から宮島ロープウェイを目指す 急な坂道です

ロープウェイの駅まで、急な坂道だったのでした。松山城は、急な坂道を登らなくて済むようにロープウェイがあったというのに・・・

宮島ロープウェイまでは500mだそうです

しかも駅まで500mって、その500mの坂がきついから、松山城はロープウェイがあるっていうのに・・・

紅葉谷園地と思われる 宮島ロープウェイまでの道すがら

坂というよりは、遊歩道に近い感じの道に出ました。案内表示に従って歩いているとはいえ、この先に本当にロープウェイの駅があるのかどうか心配になってきます。

紅葉谷園地 宮島ロープウェイまであと少し

どうやらこの辺りは紅葉谷園地というらしいです。歩いているのが冬なのでよくわからないのですが、もし秋だったら紅葉がきれいなんでしょう。だからこそ、広島の名物がもみじまんじゅうなのかもしれませんが。

しかし、ここまで来ると足はがくがく。あとちょっとでロープウェイってところで見つけたのが・・・

実は宮島ロープウェイって無料送迎バスがあったのでした

思わず、

「何だよそれーーーっ!」

・・・て叫んでしまいました。実は、無料送迎バスがあったのでした。札幌へ行った時に藻岩山に登った時と似たような落ちだったのでした。

宮島ロープウェイ 紅葉谷駅 駅舎

無料送迎バスが止まっている先に、宮島ロープウェーの紅葉谷駅があったのでした。早速駅に行ってみます。

宮島ロープウェイ案内図 紅葉谷から弥山山頂まで60分かかるそうです

弥山山頂へはロープウェイを2つ乗り継いで、更に30分歩くと着くそうです。所要時間は、ロープウェイに乗っている時間を含め、片道で60分。これだと今日帰れなくなる可能性大で、しかも足がくがく状態で30分歩けるとは思えず、残念ながら断念しました。やはり宮島へ行って、厳島神社へ行って、弥山山頂へ行こうと思ったら、丸一日見ておかないとダメみたいです。

宮島ロープウェイ 無料送迎バス乗り場

無料送迎バスは、厳島神社からほど近いところにあります。歩くとかなり遠い上、ロープウェイで登った後も歩くことになるので、弥山にロープウェイで行く方は無料送迎バスのお世話になった方がいいと思います。

厳島神社


広島 宮島 厳島神社 大鳥居

今日の目的は、これ。厳島神社です。恐らく日本でもここしかない、海の上にある神社です。大鳥居も海の上。ただし、干潮の時は歩いて行けるケースもあるらしいです。

広島 宮島 厳島神社 全景

海の上というよりは、海岸の浅瀬の上にあると言った方が正しいかも知れません。1,100本もの柱で、本殿と廊下を支えます。しかし、初詣のときはどうするんだろう?

広島 宮島 厳島神社 参拝入口

境内・・・ていうか神社の中は狭いので、順路が決まっています。拝観料は、大人300円です。拝観料を取るお寺は色々ありますけど、拝観料を取る神社って他にあったかなぁ。

広島 宮島 厳島神社 入口から本殿を見る

床はかなり重そうな板というか木でできています。しかし、これだけ頑丈そうな木を以ってしても、台風が来たら被害は免れないでしょう。しかし、まるで神社が海の上に浮かんでいるように見えまして、何とも幻想的ですね。

広島 宮島 厳島神社 鏡の池

鏡の池です。池といってもだいぶ水は少ない感じです。この写真の左が客神社といって、平清盛が造営した当初の姿をよく残しているといわれています。

広島 宮島 厳島神社 本殿

厳島神社の主祭神は女神様でして、市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命です。創建は593年で、平清盛が1168年に現在の季語に造営したそうです。宮島は昔から神の島として崇められていたので、海水のさしひきするところに建てたといわれています。

広島 宮島 厳島神社 大鳥居に一番近いところで記念撮影しようと待っている人の列

本殿のすぐ手前、大鳥居に一番近いところで記念写真を撮ろうと、並んでいる人の行列です。しかし、皆さん忘れていませんかねぇ。ありがたいのは大鳥居というより、その後ろの本殿なんですけど・・・

広島 宮島 厳島神社 天神社

天神社です。ちょうど能舞台の反対側です。たくさんの絵馬がかけられています。もちろん神社ですので、おみくじもあります。キューティー吉本も引いてみました。結果は、吉でした。

広島 宮島 厳島神社 能舞台

能舞台です。神社全体が赤がベースなんですけど(・・・て、大抵の神社はそうなんだけど)、ここだけは落ち着いた色合いになっています。

厳島神社の模型 広島空港にて

最後ですが、厳島神社の模型です。広島空港にあります。やはり海の上にある神社ですと、船にでも乗らない限り、この方向から写真を撮るのは難しいですね。

広島 宮島 厳島神社 潮が引いているときは真正面へ行くことができます

別解は、引き潮の時間帯を狙う。これは、前回宮島に行った時の写真です。引き潮の時間帯だと、厳島神社を正面から撮ったり、大鳥居のすぐ傍まで歩いて行けます。