タグ別アーカイブ: 盛岡

岩手 わんこそば


岩手県に行ったら食べたいもの・・・と言えば、わんこそばですよね? キューティー吉本も、折角岩手県に行ったんだから、わんこそばを食べて帰りたいと思っていたわけなんですよ。しかし、いったいどこへ行けば食べられるんだろう???

「お蕎麦屋さんでしょ?」

そうなんですけど、では岩手県のお蕎麦屋さんだったらどこでも食べられるのかと言われると・・・しかし、灯台下暗し。実は盛岡駅の駅ビルのお蕎麦屋さんで、わんこそばが食べられることがわかりました。しかし・・・

わんこそば 盛岡駅にて

ごめんなさい。写真がこれしか撮れなかったんです。理由を説明する前に、そもそもわんこそばって何かを説明すると・・・

まず、食べる人は写真右手前の、やや大きめのお椀を持ちます。お蕎麦は一口分に小分けしたお椀の中に入った状態になっていまして、おばちゃんお姉さんがお椀についでくれます。お好みで、ネギやとろろ、大根おろしなどの薬味を入れます。

しかし、写真を撮ろうとしたら、いきなりおばちゃんお姉さんがお蕎麦をつぎ始めまして、写真が撮れないままお蕎麦を食べる体制に入らざるを得なかったというわけなんです。ちなみに、キューティー吉本が食べたのが20杯。2,000円でした。その一時間前に立ち食いそばを食べていたため、あんまり入りませんでした。ちなみに、このお店では3,000円でわんこそば食べ放題になるそうです。

なんか、岩手県に来て麺類しか食べていないような・・・




駅弁レビュー:盛岡駅 みちのく 真田弁当 幸村の思い


みちのく真田弁当 幸村の思い 包み紙

新幹線の中で食べる駅弁を買っておきます。どれにしようか迷ったのですが、これになりました。「みちのく 真田弁当 幸村の思い」なる駅弁です。お値段は1,100円でした。

みちのく真田弁当 幸村の思い お品書き

お品書きを見てみますと、一番左が白石市ということで、”おくずかけ”風炊き合わせと白ご飯、宮城県産梅干し。真ん中が蔵王町ということで、つくね、こんにゃく煮、カステラ蒲鉾、宮城県産舞茸煮と雑穀入りご飯、ふきのとう。一番左が由利本荘市で、比内地鶏と野菜の寄せ揚げ、秋田県産しょっつるだれ、鱈のつけ焼きとひじきご飯と栗甘煮だそうです。

しかしこの駅弁、買ったのは岩手県の盛岡駅なんですけど、本当は宮城県秋田県の駅弁で、岩手県は関係ないんじゃないの?

みちのく真田弁当 幸村の思い 中身

なぜこの駅弁を買ったのかというと、とにかく見た目にもとってもきれいで、三食のご飯にひかれました。ただし、どちらかというとビールのおつまみ的な内容を期待していたのですが、見た目よりもおかずが少なく、ビールを片手にご飯を食べるという、不思議なことに。だったらおかずが多い駅弁を買ったほうがよかったんじゃない・・・ってそう言われればそうなのですが・・・



秋田新幹線 こまち


秋田新幹線 こまち E6系 前面 盛岡駅にて

秋田新幹線こまちです。こうして見てみると、はやぶさの色違いにも見えます。東京から上野大宮仙台盛岡へ行きます。盛岡までははやぶさに併結されまして、盛岡からは在来線区間を走りまして、雫石、田沢湖、角館、大曲秋田へ行きます。

かつて、この列車が数少なかったころ、スーパーこまちという愛称がついていたのですが、今では全列車がこれになったので、愛称はこまちに戻りました。

秋田新幹線 こまち E6系 側面 この列車は盛岡駅発のはやぶさとして運行されています

キューティー吉本がはやぶさの切符の予約をしたとき、窓側の席を指定したのに「D列」と言われ、

「は!? D列だったら通路側だろ!」

・・・と思ったら、列車を見て納得しました。秋田から運転しない場合、はやぶさ、やまびこ、なすのとして運転されるんです。キューティー吉本が予約した列車ははやぶさだったのですが、盛岡始発でして、秋田新幹線こまちの車両を併結していたというわけです。こまちの車両は在来線区間を走るので、在来線を走る特急列車と同じA列とD列が窓側なんですね。

秋田新幹線 こまち E6系 普通車 室内 新幹線なのですが在来線も走るため、2列-2列です

普通車指定席の車内です。最近のJR東日本の特急列車でよくある、枕の付いたシートです。はやぶさはグレーだったのですが、こまちは黄色が基調になっています。

秋田新幹線 こまち E6系 シート背面 ドリンクホルダーはありますが、傘立てがありません

シート背面です。今まで評判が悪かったゴムバンドがなくなり、網式の物入れになりました。でもって、ボトルホルダーとコートフックが付いているのですが、はやぶさにはあった傘立てがありません。ま、これはあったとしても「これ一体何?」と乗客に理解されず、そのままなくなったんじゃないかと思います。

秋田新幹線 こまち E6系 シート側面

シート側面です。細かい話ではありますが、シート座面スライド機能はなくなりまして、こまちでは普通にリクライニングシートになりました。

秋田新幹線 こまち E6系 窓側にあるACコンセント

窓側には、ACコンセントが付いています。これだと通路側の人が使えないのが痛いところですか。欲を言うと、かがやきみたくシートの後ろにつけて、通路側の人でもコンセントを使えるようにして欲しいですね。

盛岡都心循環バス でんでんむし 一日フリー乗車券


岩手県交通 盛岡都心循環バス でんでんむし 車両 盛岡駅にて

でんでんむしは、盛岡市内中心部を1周約35分で回る、都心循環バスです。で、このでんでんむしが一日乗り放題になるフリー乗車券があります。

岩手県交通 岩手県北バス 乗車券自動販売機 盛岡駅にて

フリー乗車券は、盛岡駅のバス案内所の横にある、自動券売機で買えます。お値段は、300円です。

岩手県交通 盛岡都心循環バス でんでんむし 一日フリー乗車券

でんでんむしは1回乗車が100円なので、一日3回乗れば元が取れる計算です。しかしながら、でんでんむし以外のバスには乗れないので、ちょっとビミョーだったりします。でんでんむしに乗っているのは観光客というよりは、地元の人たちで、この切符を持っている人は意外と少なかったようです。


岩手県交通 盛岡都心循環バス でんでんむし


JR東北新幹線 盛岡駅 東口 都心循環バス でんでんむし 乗り場

盛岡駅を降りるといきなり、「でんでんむしのりば」なる日よけが見えまして、一体何かと思ったら、盛岡市内都心循環バスの乗り場だったのでした。

JR東北新幹線 盛岡駅 東口 都心循環バス でんでんむし 乗り場 手前が右回り 奥が左回りです

このでんでんむし、盛岡市の中心部を1周約35分で回ります。ここが盛岡駅東口の乗り場です。手前が右回り、奥が左回りです。

盛岡都心循環バス でんでんむし コース 1周約35分で盛岡の市街地を回ります

左回りルートのバスに乗りますと、盛岡駅を出ますと開運橋菜園川徳前盛岡城址公園、岩手県庁・市役所前、盛岡バスセンター、上の橋、岩手医大前、中央通り、啄木新婚の家を通って、盛岡駅に戻ります。運賃は、どこまで乗っても100円です。

JR東北新幹線 盛岡駅 東口 都心循環バス でんでんむし 右回り乗り場

このでんでんむし、左回りは15分間隔、右回りは10分間隔で運転されています。利便性はかなり高く、地元の人たちが大いに使っているみたいです。盛岡の繁華街でもある大通りへは盛岡駅からちょっと遠くて、100円で行けるんだったらでんでんむしに乗りたい感じですね。

岩手県交通 盛岡都心循環バス でんでんむし号 盛岡城址公園 バス停留所

こちらが、盛岡城址公園のバス停です。その名の通り、盛岡城址公園にも近いのですが、大通り商店街の最寄りバス停でもあります。

岩手県交通 盛岡都心循環バス でんでんむし号 運転席 なぜか使用しない乗り継ぎ券発行機が

運転席です。岩手県交通で使えるICカードリーダーがついています。しかし、よくわからないのが乗り継ぎ券の発行機。他のバスに乗り継ぎできるわけではなく、一体なぜついているんだろうって感じです。

岩手県交通 盛岡都心循環バス でんでんむし シート デザインがみんくるって、これもしかして都バスのお古じゃ

使ってもいない乗り継ぎ券発行機が付いている謎を解くカギが、恐らくこれ。運転席後ろのシートがこれなのですが、みんくるってこれもしかして、都バスのお古じゃありませんか。都バスを引退した後も、岩手県を走っていたって訳ですね。