タグ別アーカイブ: 新潟

旅行記:新潟・日本海・あつみ温泉へ1泊2日で旅してきました その内容のまとめ


今回は、冬の日本海を見に、新潟からあつみ温泉へ1泊2日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

1日目。冬の日本海が見たくなって、上越新幹線に乗って、新潟へ・・・と、その前に越後湯沢駅です。何しろ冬の新潟県ですから、キューティー吉本の頭の中は雪景色。で、越後湯沢駅も雪景色です。さぞかし新潟駅もすごい雪なんだろうと思いきや・・・

「何これ? 全然雪ないじゃん」

という結果でした。とりあえず、新潟駅の周辺を歩き回ります。万代シテイバスセンターの先にあるのが、新潟のシンボル萬代橋ですね。

万代シテイバスセンターの真横で、にいがた冬 食の陣なるイベントをやってました。このイベント、新潟市内の繁華街2か所でやっていまして、あと古町でもやっていました。

でも、キューティー吉本の旅の目的は、冬の日本海。雪が降っていないとわかっていても、日本海を見に行きます。これは、新潟駅から割とすぐに行ける、金衛町海岸です。

この日のお宿は、ホテルドーミーイン新潟。最上階に天然温泉があって、よかったですよ。ただ、冬の新潟県だけあってサウナの後の水風呂が氷水と化していて、超冷たかったのと、廊下が屋外になっていて扉を開けると寒いのが欠点でした。

2日目。この日は新潟市内もしっかりと雪が降っていましたよ。なので、絶景が見れること間違いなし。日本海沿いを走る、羽越本線から車窓を眺める戦略です。

朝ご飯ににいがた冬 食の陣 冬の美味づくし弁当なる駅弁を買って、新潟駅からきらきらうえつ号 酒田行きに乗ります。しかし、きらきらうえつ号は全車指定席で、日本海と反対側の席だったのでした。でも、雪景色はきれいでしたよ。

キューティー吉本は、あつみ温泉駅で下車。「もしかして、日本海を見ながら露天風呂なんて入れるかな?」って思ったからでした。ところが、温海温泉は日本海沿いではなく、あつみ温泉駅から山の方へ行ったところにあることが判明。なので、日本海を見ながら露天風呂には入れなかったのでした。でも、あつみ温泉駅から海岸に行きましたよ。感想ですか? いや、これは感動的にきれいでした。

本来あつみ温泉駅から温海温泉まではバスで行くところなのですが、日本海を見に行っていたがために乗り遅れ。仕方なく歩いたのですが、これが大後悔。とんでもない雪で、足まで埋まる始末。それでも果敢に温海温泉を目指します。

で、折角温海温泉まで来たんだから、当然温泉は入りたいですよね。温海温泉をそぞろ歩きします。最初に見つけたのは、飲泉所・・・て入れるわけないですよね。次に見つけたのはあんべ湯・・・て、これは無理。足湯ですから。で、ようやく見つけた下の湯に入ります。大雪の中を歩いていたので、お湯がしみる~

しかも、悲劇はまだ続きます。なんと、帰りのバスもなく、あつみ温泉駅までまた歩く羽目に。折角あったまった身体が冷え切った状態で、あつみ温泉駅に到着。特急いなほ新潟駅に戻ります。今度は日本海側の席をゲット! 冬の日本海が車窓から見えたのでした。動画を撮ってきたので、よかったら見てくださいね。

首都圏から新潟県へのJR+宿泊セットプラン

上越新幹線 Maxとき Maxたにがわ


上越新幹線 E4系 Maxたにがわ 前面

かつてJR東日本は、Maxという愛称の2階建て新幹線を作りました。その目的はというと、お客さんを大量に詰め込むためです。しかしながら、最高速度が245km/hしか出せないため、今では上越新幹線に集結しています。

上越新幹線は、東京駅を出ますと、上野大宮熊谷-本庄早稲田-高崎-上毛高原-越後湯沢-長岡-浦佐-燕三条-新潟の順に止まります。新潟行きで通過駅ありなのがとき、越後湯沢行きで各駅停車なのがたにがわです。

JR東日本 E4系 Maxやまびこ 自由席車内

Maxの象徴ともいうべきなのがこれ。2階自由席です。なんと、3列-3列シートで、しかも座席のリクライニングはありません。「おいおい、新幹線特急料金を取っておいて、これ?」って言いたくなるのですが、一方で自由席の座席定員が増えれば着席率も高くなるはずで、立っているよりはましという意見もあるかと思います。

上越新幹線 E4系 Maxとき 2階指定席 室内

指定席料金を払いますと、もれなくリクライニングシートに座れます。こちらは、2階指定席です。普通の新幹線に比べて室内が短いのと、やや天井が低めなのが特徴ですね。

上越新幹線 E4系 Maxたにがわ 2階指定席 シート側面

シートはリクライニングシートで、背面だけじゃなくて座面も動きます。窓がやや小さいように見えますが、2階席からの眺めはサイコーです。電車好きの男の子だったら、一度は乗ってみたい新幹線じゃないでしょうか。

上越新幹線 E4系 Maxとき 2階指定席 シート背面

シート背面です。ボトルホルダーやACコンセントがないのは許すとして、座席後ろの物入れが網じゃなくてゴムバンドというのがいただけない感じです。これだと何にも入れられないですからね。

上越新幹線 E4系 Maxたにがわ 1階指定席 室内

1階指定席です。1階席を選んだ人は、2列-2列シートに座れるなんてオプションはありません。さすが、詰込み主義のJR東日本。しかしながら、2階席より1階席の方が揺れが少ないので、新幹線に乗ったら寝るだけと割り切っている人にとっては、むしろ1階席の方が好都合かも知れません。

上越新幹線 E4系 Maxとき 1階指定席 シート側面

1階指定席のシートです。基本的に、2階指定席のシートの色違いです。2階指定席はブルーが基調ですが、1階指定席はアイボリーが基調です。

上越新幹線 E4系 Maxたにがわ 1階指定席 シート背面

シート背面も、2階指定席のシートと同様です。

上越新幹線 E4系 Maxとき サービスコーナー 車両販売基地 現在では車内販売を行っていないみたいです

サービスコーナーです。かつては、E1系Maxはワゴンが通れないので、車内販売はサービスコーナーで行われていました。それが、E4系になって専用ワゴンとエレベーターを付けまして、Maxでもワゴンによる車内販売が行われるようになりました。

キューティー吉本が乗ったMaxたにがわでは車内販売がなかったため、ご覧のとおりです。ま、Maxたにがわって走行区間が短いので、どうしても車内販売が必要というわけではないのですが。



特急いなほ号からの冬の日本海


キューティー吉本が新潟まで行った理由が、これ。特急いなほ号から日本海を見たかったんです。ここはもともと素晴らしい景色なんですけど、雪の日本海を見れるってホントすばらしいんですよ。

JR東日本 485系3000番台 特急いなほはこの車両でした 新潟駅で撮影

確かに、雪の日本海を見れるところは他にもあるんですけど、キューティー吉本が知ってる限り、首都圏から見に行くんだったらここが一番ハードルが低いんじゃないですかねぇ。

え? じゃあ首都圏から一番ハードルが高いところってどこですかねぇって? うーん、餘部鉄橋からの冬の日本海だと思いますよ。餘部鉄橋って高さがすごくって、あの高さからの雪の日本海って、首都圏からじゃそう簡単に見に行けないと思いますね。




きらきらうえつ号の車窓


きらきらうえつ号からの車窓 雪の粒が大きくなってきました

きらきらうえつ号の車窓から、日本海が見える辺りから雪が降り始め、見る見るうちに雪の粒が大きくなっていって、いつの間にやら昼間だというのに

きらきらうえつ号からの車窓 だいぶ雪が積もってるみたいです

「これは絶対に積もるぞ」

・・・という雪の降り方。挙句の果てには雪で反対側の線路が見えなくなってしまいました。

桑川駅にて 雪が結構積もってます きらきらうえつ号の車窓より

これぞまさしく雪国。しかし、心配なのは果たして今日帰れるのかなぁ…




駅弁レビュー:新潟駅 にいがた冬 食の陣 冬の美味づくし弁当


にいがた冬 食の陣 冬の美味づくし弁当 包み紙

ここで、朝食兼昼食にしたいと思います。「にいがた冬 食の陣 冬の美味づくし弁当」なるお弁当です。

いくらのご飯に、にんじん・里芋・舞茸の炊き合わせ、焼き鮭、かき揚げ、玉子焼き、鳥のローストなど、具だくさんでおいしかったですよ。

にいがた冬 食の陣 冬の美味づくし弁当 中身

しかし、きらきらうえつ号の最大の欠点を見つけてしまったのでした。それは、床がフローリングってことなんです。何しろ、ジョイフルトレインなんで、ちっちゃい子供が多いんです。しかも、電車の中を走り回るんで、ぺったんぺったん音がうるさいんですよ。

いやー、子供なんだから騒ぐのは仕方ないとして、床をカーペットにするか、ラウンジやめてキッズルームを作るか、なんか対策を打って欲しいですねぇ。