タグ別アーカイブ: 小田原

伊豆箱根鉄道


伊豆箱根鉄道 駿豆線 3000系 全体 三島駅にて

伊豆箱根鉄道は西武鉄道のグループ会社でして、駿豆線(「すまめせん」ではなく「すんずせん」と読みます)と、大雄山線の2つの路線があります。路線はつながっていません。

まずは駿豆線から。駿豆線は、東海道新幹線と東海道線の三島駅から、温泉で有名な伊豆長岡、大仁(「おおひと」と読みます)を経由して、修善寺に行く路線です。

伊豆箱根鉄道 駿豆線 3000系 車内 三島駅にて

車内の様子です。オレンジが基調になっています。観光路線であるためか、升席になっています。

伊豆箱根鉄道 駿豆線 3500系 正面 修善寺駅にて

基本的には各駅停車で、ワンマン運転です。たまに、特急踊り子号が乗り入れます。

JR東海道本線 三島駅 伊豆箱根鉄道線ではSuicaが使えないことを知らせる案内看板

駿豆線では、Suica、PASMOなどのICカードは使えません。このため、三島駅ではSuicaで乗ってきた乗客は、JR線の改札口を出場処理後(つまり「一旦JR線の改札口を出ろ」ということ)、伊豆箱根鉄道線に乗り換えるよう、書いてあります。

伊豆箱根鉄道 駿豆線 修善寺駅 ホーム 正面が3番線と4番線です

終点の修善寺駅です。修善寺駅からバスで、修善寺温泉や湯ヶ島温泉、常連の滝、河津七滝方面に行けます。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 5500系 全体 小田原駅にて

続いて、大雄山線です。大雄山線は、東海道新幹線、東海道線、小田急線、箱根登山鉄道線の小田原駅と、大雄山駅を結ぶ路線です。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 5500系 正面 小田原駅にて

面白いのはこの電車、行先表示が幕式ではなく、電光式になっている点です。これは、行先が小田原と大雄山しかなく、どちらかのランプを点灯される仕組みになっているんです。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 5500系 車内 小田原駅にて

車内はこんな感じです。所要時間が約20分ぐらいなのですが、クロスシートの車掌があります。また、大雄山線には車掌さんが乗っています。これは、途中駅で運賃を回収するためだと思われます。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 大雄山駅 改札口 自動改札機にSuica、PASMOなどのICカードリーダーが付いています

大雄山線では、SuicaやPASMOなどのICカードが使えます。なので、自動改札機にはICカードリーダーが付いています。ちなみに、途中駅には簡易ICカード改札機が付いています。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 大雄山駅 駅に隣接する車庫全景 真ん中がホームです

終点の大雄山駅が、車庫を兼ねています。元々は大雄山最乗寺への参拝客を乗せるための路線だったのですが、現在ではどちらかというと、観光路線というよりは地元の人たちが足代わりに使う感じです。

最近では中小私鉄の経営が苦しく、大手私鉄の中古車が走っている路線が増えていまして、せっかく旅行に行ったというのに「あれー、この電車って昔やったらめったら乗った記憶があるんだけどなぁ」とがっかりする(「満員電車でひどい目に合った」とか、あんまりいい記憶がないもんで)ケースがままある中、伊豆箱根鉄道はオリジナルの電車が走っています。キューティー吉本的には嬉しい感じですね。


小田原駅


JR東海道本線 小田原駅 駅名票

神奈川県の西の要所と言ってもいい、小田原駅です。東海道新幹線、東海道線、小田急線、箱根登山線、大雄山線が乗り入れます。

JR東海道本線 小田原駅 JR線改札口

改札口は、鉄道会社ごとに分かれています。これは、JR線の改札口です。でっかい小田原提灯がお出迎えしてくれます。また、休日おでかけパスで行けるのは、ここ小田原駅までです。

JR東海道本線 小田原駅 3番線・4番線 主に熱海方面行きが発着します

3番線と4番線です。主に、熱海方面行きと、伊東・伊豆急下田方面行きの特急踊り子号が発着します。

JR東海道本線 小田原駅 5番線・6番線 主に大船・横浜・東京方面行きが発着します

5番線と6番線です。主に、大船・横浜東京方面と、上野東京ラインや湘南新宿ラインを経由して大宮高崎宇都宮方面へ行くの列車が発着します。

小田急電鉄 小田急線 小田原駅 小田急線・箱根登山線改札口

小田急線と箱根登山線の改札口です。こちらは、白が基調です。

箱根登山鉄道線 小田原駅 7番線・8番線 箱根湯本行き特急ロマンスカーが発着します

左側が7番線です。箱根登山鉄道の箱根湯本へ行く列車で、小田急線から直通運転の列車が発着します。と言っても、大抵は箱根湯本行きの特急ロマンスカーが発着します。右側が8番線で、降車ホームです。

箱根登山鉄道線 小田原駅 11番線 主に箱根湯本行き各駅停車が発着します

11番線です。箱根登山鉄道の箱根湯本へ行く列車で、小田原駅で折り返す列車が発着します。と言っても、事実上は箱根湯本行きの各駅停車が発着します。

小田急電鉄 小田急線 小田原駅 9番線・10番線 主に海老名・町田・新宿方面行きが発着します

9番線と10番線です。小田急線の海老名・町田・新宿方面行きの列車が発着します。このうち、9番線は小田原駅で折り返す列車用で、線路が行き止まりになっています。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 5500系 全体 小田原駅にて

「あれー、なんか足りないなー」

と思った方。その通りです。まだ大雄山線が出てきていません。大雄山線のホームは、実はJR線のホームから見えます。でも、改札口が見当たらず。一体どこに?

伊豆箱根鉄道 大雄山線 小田原駅 大雄山線への案内看板

小田原駅から東口に出ようと、案内看板をよーく見ると、「←大雄山線」って書いてあるんですね。半信半疑で、左側に進んでみます。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 小田原駅 改札口 Suiacaが使えます

その先に階段がありまして、降りた先にありました。伊豆箱根鉄道 大雄山線の小田原駅の改札口です。駿豆線では使えなかった、SuicaやPASMOなどのICカードが、大雄山線ではちゃーんと使えます。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 小田原駅 ホーム

1番線と2番線です。どちらも大雄山駅へ行きます。JR線や小田急線と比べると、のんびりムードです。しかしながら、列車は1時間に5本ぐらいと結構な頻度で走っています。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 小田原駅 東口 大雄山線口

ちなみに、これが東口の大雄山線口です。「大雄山線」と書いてあるものの、ここが大雄山線口であるとは書いてありません。「大雄山線 小田原駅」とでっかく書いてあるわけでもないので、ちょっとわかりにくかったりします。

JR東海道新幹線 小田原駅 東口駅舎

東口の駅舎です。こちらが小田原城と、小田原市の繁華街に近い方の出口です。箱根方面に行く、箱根登山バスと伊豆箱根鉄道バスが発着します。

小田急ロマンスカー 特急はこね VSE


小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE 前面 新宿駅にて

せっかく箱根に来たので、小田急の特急ロマンスカーに乗ることにしました。ま、VSEに乗りたかったっていうのもあるのですが。いつの間にやら登場してから10年が経過するそうですが、今でも十分新しい車両に感じます。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE 車内

このVSE、天井が丸い感じで、しかも高いので広々と感じます。扉の上には、液晶ディスプレイ式の案内表示がついています。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE シート 横から撮影

シートがちょっと変わっていて、若干窓側を向いています。室内は木材を多用していまして、落ち着いた感じになっています。シートはオレンジ色なのですが、温かみがある感じで好印象です。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE シート背面

シートの背面です。テーブルも木製です。また、VSEの車内販売はシートオーダー式になっていまして、アテンダントが注文を聞きに車内を回る仕組みになっています。このため、車内販売のメニューが各席に置いてあります。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE 車内販売のアイスコーヒー

・・・で、アイスコーヒーを頼んでしまいました。320円です。何と、ガラスのコップに入ってました。ただ、細かいことを言うと、コースターのサイズがビミョーで、丸くくぼんだ部分に入らないんです。本来はここに飲み物を入れると思うのですが。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE 向かい合わせにした時のテーブル

シートを向かい合わせにしたときに使用する、跳ね上げ式のテーブルです。うーん、さすが観光特急ですね。欲を言えば、コンセントが欲しいですね。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE 展望席

この特急ロマンスカーVSE、なぜか知らないんですけど車内がとっても静かです。で、LSEを置き換えるぐらい作るのかと思ったら、あんまり作っていないみたいで。未だに乗るのが大変な列車だったりします。



東海道新幹線 山陽新幹線 のぞみ ひかり こだま


キューティー吉本が一番よく乗ってる新幹線、にもかかわらず今までブログに登場しなかったのが、東海道新幹線だったりします。恐らく、キューティー吉本的にはあんまりにも当たり前すぎて、今まで書いてなかったんでしょうね。

東海道新幹線は、東京新大阪を結ぶ新幹線です。東京駅からは、東海道新幹線区間内を走る列車の他、新大阪駅から先の山陽新幹線へ乗り入れる列車も走っています。なので、東京駅をはじめ、東海道新幹線の駅には、「東海道・山陽新幹線」と書いてあります。

JR東海 東京駅 日本橋口 東海道・山陽新幹線のりば

東京駅では、東海道・山陽新幹線と、東北・上越・秋田・山形・北陸・北海道新幹線の改札口は別々です。なぜかと言うと、東海道・山陽新幹線はJR東海、東北・上越・秋田・山形・北陸・北海道新幹線はJR東日本の路線だからです。

東海道新幹線が開業したとき、列車の愛称は2種類。一部の駅にしか停まらないのが「ひかり」、各駅停車が「こだま」でした。

東海道新幹線 山陽新幹線 初代ドクターイエロー 0系 新大阪駅にて

残念ながら、開業したときの0系の写真は見つかりませんでした。その代わりと言っては何ですが、0系とまったくおんなじ形で、黄色い新幹線の写真が見つかりました。ドクターイエローと言って、計測用の列車ですね。(むしろこっちの方が珍しいって言う説も…)

後に、最高時速270km/hと、従来の東海道新幹線よりも速いのが出ました。これが、「のぞみ」です。なぜ新しい愛称になったのかと言うと、登場当時の「のぞみ」は完全に特別扱いでして、「のぞみ」用の新幹線特急券を買わなければいけなかったり、新幹線回数券では乗れなかったりと、実に使い勝手の悪い列車だったんです。にもかかわらず、東京新大阪間を結ぶ最終列車が「のぞみ」で、最終電車で東京(または新大阪)に行く人から銭を巻き上げようという、何とも悪どいJR東海。

初代「のぞみ」こと300系の写真も、見つかりませんでした。その代わりと言っては何ですが、動画が見つかりましたのでここに載せておきます。(むしろこっちの方が珍しいって言う説も…)

東海道新幹線 山陽新幹線 ひかり 700系 側面

現在は、「のぞみ」も「ひかり」も「こだま」も、最高速度は同じです。では、どこが違うのかと言うと、「のぞみ」は最速達列車で、新大阪駅までの停車駅は品川・新横浜・名古屋京都です。「ひかり」も速達列車ですが、「のぞみ」の停車駅の他に、三島・静岡・浜松・豊橋・岐阜羽島・米原のいずれかの駅に停まります。

「こだま」は各駅停車ですが、名古屋行きの「こだま」もあるので、名古屋以西は各駅に停車する「ひかり」が運転されています。愛称が「のぞみ」「ひかり」「こだま」と別れた結果、名古屋以西が各駅停車になる「ひかり」が、途中駅で別の「ひかり」に抜かれるというパターンがなくなりました。

東海道新幹線 山陽新幹線 こだま 700系 前面 東京駅にて

300系の後に登場した、700系です。登場当時、その顔立ちから「アヒル」と呼ばれたりもしました。現在ではだいぶ数を減らしていて、主に「こだま」として運転されています。270km/h出すと大揺れする300系と違って、270km/hでも乗り心地がよくてびっくりしたもんですけどね。

東海道新幹線 山陽新幹線 のぞみ N700系 前面 東京駅にて

絶賛増殖中なのがこちら、N700系です。いつの間にやら、一番本数が多いのが「のぞみ」で、「のぞみ」は大抵N700系で運転するようになりました。座席にコンセント、公衆無線LANサービス、全車禁煙で喫煙コーナー付きと、今までの東海道新幹線と比べてサービス内容を大幅に変えた車両でもあります。

N700系が、豊橋駅を通過する動画です。ここって長い直線でして、N700系も全速力で通過していきます。



ちなみに、東海道・山陽新幹線は、東京方向が16号車で、新大阪博多方向が1号車です。なので、東京ディズニーランドへ行く場合、1号車に一番近い階段、つまり八重洲南口への階段を降りると乗り換えが楽、と言う攻略法があったりします。(京葉線・武蔵野線に乗り換える場合、八重洲南口から更に南を目指さなければならない)




小田急 青いロマンスカー MSE


箱根に行ってきました。箱根と言えば、特急ロマンスカー。・・・というわけで、新宿に行きます。

小田急電鉄 60000形 特急ロマンスカー MSE 前面 新宿駅地上ホームにて

やってきたのは、青いロマンスカーことMSE。最近にわかに増殖中だったりします。しかし、ここでキューティー吉本痛恨のミス。写真を撮ってくるのを忘れました。この写真は、別の日に新宿駅で撮ったものです。

小田急電鉄 60000形 特急ロマンスカー MSE シート

座席はこんな感じ。特徴は、JRの大抵の特急見たく、シートの背面にテーブルがついていないこと。その代わり、コートなんかをかけられるフックがついています。では、テーブルはどこについているのかと言うと、肘掛の中に収納する仕組みになっています。

小田急電鉄 60000形 特急ロマンスカー MSE 肘掛収納式のテーブル

肘掛式のテーブルを出してみました。これまた特徴のある形でして、ほぼ三角形のテーブルです。これは恐らく、テーブルを出したままでも座席の向きを変えられるようにするためでしょう。テーブルを肘掛式にすると、座席を向い合せにしてもテーブルが使える代わりに、どうしてもテーブルが小さくなってしまいます。

このMSE、なんと東京メトロの千代田線に乗り入れます。しかし、便数が少なく、東京メトロ千代田線で見つけるのは至難の業だったりします。この動画は、北千住駅に到着した青いロマンスカーです。