タグ別アーカイブ: 大宮

日帰り入浴レビュー:美楽温泉 SPA HERBS


美楽温泉 SPA HERBS 建物

埼玉県の大宮に近いところに、新しい日帰り温泉ができたらしいということで、行ってみました。美楽温泉 SPA HERBSです。

場所は、JR大宮駅から宇都宮線で一駅、土呂駅から歩いて10分足らずのところにあります。営業時間は10:00~23:00です。料金はタオル+館内着のレンタルがついて、平日昼間で大人1,296円。子供864円。休日で大人1,512円、子供756円です。更に岩盤浴がつくと、大人が平日で1,512円、休日で2,052円です。

下駄箱に靴を預け、フロントで受付を済ませると、精算用バーコードと館内着引換券がもらえます。この引換券と、館内着+タオルとを交換します。脱衣場のロッカーは自由で、空いているところを適当に使います。

美楽温泉 SPA HERBS 1階玄関

お風呂は、内湯がサウナ、水風呂、炭酸泉、シルク風呂、電気風呂、ジェットバス。露天風呂が天然温泉が2つと壺湯、寝転び湯、源泉洞窟風呂です。泉質はアルカリ性単純温泉で、無色透明で無味無臭です。キューティー吉本の体感温度的には、シルク風呂(電気風呂)と露天風呂(広い方の湯船)が41℃、露天風呂(狭い方の湯船)が40℃、壺湯と炭酸泉と寝転び湯が38℃ぐらいでした。

面白いのが、源泉洞窟風呂。湯温が約35℃。中は薄暗い造りになっていまして、中は一人ずつ座れるようになっています。で、熱さ冷たさを感じない微妙な温度で、ゆっくりと入りましょうというわけです。確かに、温泉はあったまるもんだと思っている人にとっては「何これ?」だと思いますが、キューティー吉本的にはこれはあり! ここで目を閉じていると、ほんとリラックスできます。




また、電気風呂があるのもキューティー吉本的にはポイントが高いですね。しかもここの電気風呂、とってもよく効きます。ただし、天然温泉と言っても、別にこれといった特徴のあるお湯ではないので、言われなかったら天然温泉だと気づかないと思います。

館内は全体的に、日帰り温泉施設というよりは、フィットネスクラブのような雰囲気で、1階が駐車場。2階がフロントと岩盤浴、お食事処。3階が大浴場とカフェ、キッズコーナーと休憩スペース。4階がゲームコーナーとトレーニングジムです。

串揚げ盛り合わせ 美楽温泉 SPA HERBSにて

今日は呑みと言っても、ちょっと控えめ。(その理由は、後で説明します)

キューティー吉本がオーダーしたのは串揚げの盛り合わせ。820円(税別)でした。この手の施設で串揚げってありそうでないなって思いまして、頼みました。衣はさっくりで、うまかったです。ただ、ソースが入っている器が小さすぎて、串揚げ全体がソースに浸らないのがちょっと残念。


この後、ちょっとお昼寝・・・て、この施設。なんとお昼寝するスペースがないんです。正しく言うと、3階の休憩スペースはごろごろできる感じになっていまして、ブランケットも置いてあるので、これでお昼寝できるスペースを作ったつもりなのでしょう。しかし、こんな明るいところで、しかもお隣がキッズコーナーとカフェ。こんなところでお昼寝しろなんて、ありえない!

(注:キッズコーナーとお食事処、フロントは、日帰り温浴施設の中でも3大騒音源でして、休憩するスペースとは離れたところに配置するのが常識だと、キューティー吉本は思っています)

ブランケットも短すぎて足まで入らず、ここでのお昼寝は断念しました。お風呂上がりの呑みを控えめにした理由がこれで、こんなところでお昼寝できないんじゃないかと感じたからなのでした。

美楽温泉 SPA HERBS 2階玄関

この施設のターゲットは女性、しかも若年層だと思われます。しかし、女性をターゲットにした温浴施設って、最初こそはやるものの、男性客と家族連れを確保することができず、短命に終わるケースが多かったりします。ここもその可能性は高いのではないかと思っていまして、健康ランド的な施設で一日ゆっくりしたい人からは「休憩スペースがない」という理由で敬遠され、スーパー銭湯に行きたい人からは「料金が高すぎる」と言われそうな気がします。そうなると、一体誰が行くんだろうという話なんです。

お風呂とお食事処は十分合格点を出せるだけに、休憩スペースのなさで大幅減点というのは誠に残念だと思います。キューティー吉本的にも、今回は試しに行ってみましたが、次はないと思います。


東北新幹線 はやぶさ はやて やまびこ なすの


東北新幹線 はやぶさ E5系 盛岡駅にて

JR東日本のフラッグシップ、東北新幹線です。東京駅から上野大宮宇都宮を経由して、東北は福島・仙台盛岡新青森に行きます。かつては速達タイプがやまびこ、各駅停車があおばだったのですが、のちに愛称が改められ、仙台以遠へ行く通過駅ありうるタイプがやまびこ、那須塩原折り返しの各駅停車がなすのになりました。

(ここから話がややこしくなるのですが)

で、長らく盛岡までだった東北新幹線が八戸まで伸びることになり、八戸行きの速達タイプの列車がはやてになりました。更に、新青森まで伸びたとき、最高時速320km/hの列車がはやぶさ、最高時速270km/hの列車がはやてになりました。更に、北海道新幹線が開業し、はやぶさが北海道新幹線に乗り入れて新函館北斗に行くようになったというわけです。

ここで改めて整理しますと、大宮仙台ノンストップで盛岡以遠に行く速達タイプがはやぶさとはやて(違いは最高時速)、仙台または盛岡行きで大宮・福島と仙台以遠の各駅(一部宇都宮郡山・白石蔵王に止まる列車あり)に止まるのがやまびこ、那須塩原または郡山どまりで各駅停車がなすのです。

東北新幹線 はやぶさ E5系 普通車指定席車内

普通車指定席です。グレーの落ち着いた感じで統一されています。海側(太平洋側)が3列シート、山側(日本海側)が2列シートです。

東北新幹線 やまびこ E5系 普通車指定席 シート側面 シートには枕が付いています

シートを横から見ると、こんな感じです。上下に動かせる枕がついています。ただし、使い勝手は今一つかなと言った感じです。

東北新幹線 なすの 普通車指定席 シート背面

シート背面です。コートフックとボトルホルダーが付いています。以前はゴムバンド式だった背面の物入れは、網式に戻っています。

東北新幹線 はやて E5系 窓側のACコンセント

やはり今時の新幹線・特急列車らしく、ACコンセントがついています。ただし、窓側しかなくて。通路側の人が使えないのがちょっぴり残念です。


上越新幹線 Maxとき Maxたにがわ


上越新幹線 E4系 Maxたにがわ 前面

かつてJR東日本は、Maxという愛称の2階建て新幹線を作りました。その目的はというと、お客さんを大量に詰め込むためです。しかしながら、最高速度が245km/hしか出せないため、今では上越新幹線に集結しています。

上越新幹線は、東京駅を出ますと、上野大宮熊谷-本庄早稲田-高崎-上毛高原-越後湯沢-長岡-浦佐-燕三条-新潟の順に止まります。新潟行きで通過駅ありなのがとき、越後湯沢行きで各駅停車なのがたにがわです。

JR東日本 E4系 Maxやまびこ 自由席車内

Maxの象徴ともいうべきなのがこれ。2階自由席です。なんと、3列-3列シートで、しかも座席のリクライニングはありません。「おいおい、新幹線特急料金を取っておいて、これ?」って言いたくなるのですが、一方で自由席の座席定員が増えれば着席率も高くなるはずで、立っているよりはましという意見もあるかと思います。

上越新幹線 E4系 Maxとき 2階指定席 室内

指定席料金を払いますと、もれなくリクライニングシートに座れます。こちらは、2階指定席です。普通の新幹線に比べて室内が短いのと、やや天井が低めなのが特徴ですね。

上越新幹線 E4系 Maxたにがわ 2階指定席 シート側面

シートはリクライニングシートで、背面だけじゃなくて座面も動きます。窓がやや小さいように見えますが、2階席からの眺めはサイコーです。電車好きの男の子だったら、一度は乗ってみたい新幹線じゃないでしょうか。

上越新幹線 E4系 Maxとき 2階指定席 シート背面

シート背面です。ボトルホルダーやACコンセントがないのは許すとして、座席後ろの物入れが網じゃなくてゴムバンドというのがいただけない感じです。これだと何にも入れられないですからね。

上越新幹線 E4系 Maxたにがわ 1階指定席 室内

1階指定席です。1階席を選んだ人は、2列-2列シートに座れるなんてオプションはありません。さすが、詰込み主義のJR東日本。しかしながら、2階席より1階席の方が揺れが少ないので、新幹線に乗ったら寝るだけと割り切っている人にとっては、むしろ1階席の方が好都合かも知れません。

上越新幹線 E4系 Maxとき 1階指定席 シート側面

1階指定席のシートです。基本的に、2階指定席のシートの色違いです。2階指定席はブルーが基調ですが、1階指定席はアイボリーが基調です。

上越新幹線 E4系 Maxたにがわ 1階指定席 シート背面

シート背面も、2階指定席のシートと同様です。

上越新幹線 E4系 Maxとき サービスコーナー 車両販売基地 現在では車内販売を行っていないみたいです

サービスコーナーです。かつては、E1系Maxはワゴンが通れないので、車内販売はサービスコーナーで行われていました。それが、E4系になって専用ワゴンとエレベーターを付けまして、Maxでもワゴンによる車内販売が行われるようになりました。

キューティー吉本が乗ったMaxたにがわでは車内販売がなかったため、ご覧のとおりです。ま、Maxたにがわって走行区間が短いので、どうしても車内販売が必要というわけではないのですが。




北陸新幹線 かがやき はくたか あさま つるぎ


北陸新幹線 W7系 前面 東京駅にて

長野新幹線が金沢まで延びまして、その結果、北陸新幹線になりました。列車の愛称も、かがやき、はくたか、あさま、つるぎの4種類になりました。

北陸新幹線は、JR東日本の区間と、JR西日本の区間があります。このため、JR東日本とJR西日本が、同じ形の電車を持っています。また、乗務員は長野で交代します。

北陸新幹線 W7系 側面 東京駅にて

速達タイプの列車がかがやきで、東京上野大宮長野、富山、金沢に停まります。各停タイプの列車がはくたかで、北陸新幹線内の各駅に停まります。長野止まりの列車が、あさまです。はくたかって、以前は越後湯沢からほくほく線を経由して、北陸方面に行く列車だったのですが、北陸新幹線の開業と同時に、新幹線の愛称になりました。また、以前は富山まで行っていた特急サンダーバードが、金沢止まりとなったため、代わって金沢-富山間をつるぎが走ります。

北陸新幹線 W7系 シート D席・E席

シートは、赤を基調にしています。今までのJR東日本の新幹線と比べて、ヘッドレストがついていて、座り心地もよくなりました。客を詰め込むことしか考えていなかった頃と比べると、随分と進化しました。

北陸新幹線 W7系 シート背面 東京駅にて

シート背面です。ドリンクホルダーがついています。

北陸新幹線 W7系 窓側コンセント 東京駅にて

やはり新しいだけあって、ちゃんとコンセントがついています。窓側の壁際に1個。

北陸新幹線 W7系 シート下コンセント 東京駅にて

ありがたいことに、座席下にもついています。2人掛けシートは1個。3人掛けシートは2個ついています。なので、窓側じゃない人でもコンセントにありつけます。

北陸新幹線 W7系 壁側コンセント 東京駅にて

では、端っこの人はどうなるのかというと、ご覧の通り。とってもでっかいテーブルと、コンセントがちゃんとついています。

ただし、Wi-Fi接続サービスはありません。しかも、もともと碓氷峠があったあたりを通るためにトンネルが多く、インターネット接続だと途切れがち。やはりここは、特急ひたちみたくWi-Fi接続サービスをやって欲しいものです。(もっとも、特急ひたちのインターネット接続も、トンネルの中だとアウトなのかも知れませんが)

北陸新幹線 W7系 糸魚川付近を走行中 車窓から日本海が見えます

糸魚川から金沢寄りは、車窓から日本海が見えます。ちなみに、海が見えるのは3列シートがある側、窓側はA席です。




特急草津1号


JR東北本線 上野駅 地上ホーム 特急草津はここから発着します

これから草津温泉に行くので、上野駅から特急草津1号に乗ります。上野東京ラインが開通した後でも、この列車は上野発。しかも、地平ホームから発着します。

それで、ずっと前は朝の7時台に発車していたのが、「集客が見込める時間帯へ運転する」という名目で9時台に発車になり、それでも集客が芳しくなかったのか(ちなみに、どの位の集客だったかはこの記事をご覧ください)、10時ちょうどに発車するようダイヤが変わっていました。

JR東日本 651系 特急草津 前面 上野駅にて

それが幸いしたのか、それともただ単に春休みなだけなのか、未だかつて見たことないぐらいの大混雑。まず、指定席は完売。自由席は、上野駅を出発した時点で満席。ここから赤羽、浦和、大宮へ停車するたびにお客さんがどんどん乗ってきまして、大宮駅を発車する頃には立っているお客さんで通路までいっぱい状態でした。しかも、高崎、新前橋、渋川・・・とお客さんは一応降りていくんですけど、終点の長野原草津口まで、自由席は満席でした。

これだけ人気になった理由として考えられるのは、発車時刻が変更になっただけではなく、列車が変更になって快適になったこと。従来は大宮を出たら上尾、桶川・・・と細々と停車駅があったのが、大宮から熊谷までノンストップになったことも理由なのかもしれません。「上野高崎だったら新幹線に乗ればいいじゃん」と思うのですが、特急料金が若干安いのが魅力なのかもしれません。

JR東日本 651系 特急草津 先頭車側面 上野駅にて

しかし、朝10時発になって困ったことがありまして。一番早い時間に出る特急草津1号に乗っても、草津温泉に着くのは13時頃。でもって、最終の草津4号に乗るには、草津温泉を15時ちょうど発のバスに乗らないといけないんです。そうなると、滞在時間は2時間ほど。東京から草津温泉まで日帰りが厳しくなってしまったんです。なので、多客時の臨時便でいいから、あと1時間早く上野長野原草津口行きを出してくれるか、あと1時間遅く長野原草津口上野行きを出して欲しいですね。