タグ別アーカイブ: 新大阪

駅弁レビュー:新大阪駅 黒毛和牛ステーキ&ハンバーグ弁当


黒毛和牛ステーキ&ハンバーグ弁当 外箱

晩ご飯は、新大阪駅で駅弁を買いました。つい名前にひかれて買ってしまったのが、黒毛和牛ステーキ&ハンバーグ弁当です。

黒毛和牛ステーキ&ハンバーグ弁当 ひもを引っ張ると加熱する仕組みです

このお弁当、加熱機能が付いていまして、黄色いひもを引っ張ると、お弁当があったまる仕組みです。

黒毛和牛ステーキ&ハンバーグ弁当 中身

しかし、キューティ吉本的には、この駅弁ははずれ。まず、加熱機能が災いして、中身はそんなに分量がありません。更に、ステーキ肉は完全に火が入った感じで固め、ハンバーグはスライスされていて食べ応えがありません。これは恐らく、加熱機能があるからそうなってしまったのかもしれません。挙句の果てに、お肉が埋まっているのはご飯の2/3ぐらいで、付け合わせのにんじんとコーンの方が目立つ始末。

たれは別添えになっていまして、食べる直前にかける仕組みになっています。しかし、このたれが多すぎ。ご飯までべちゃべちゃになってしまいまして、とにかく食べにくかったです。たれの袋が入っているところにたれを入れて、お肉を食べるときにたれをつけるという手もあるのですが、だとしてもたれを入れるところが小さすぎ。お肉の薄さが逆に幸いして、これでもどうにか食べられるかもしれませんけどね。

結論、ステーキとハンバーグは、加熱機能との相性はイマイチです。これが鰻とかだったらおいしいんですけどねぇ。それとも、ご飯とお肉は別々の入れ物にして、ご飯だけあっためるとか。


駅弁レビュー:新大阪駅 厚切りロース とんかつ弁当


厚切りロース とんかつ弁当 中身

最近、近畿地方にこだわって駅弁を買っていたのですが、今日はがっつり食べたい気分だったので、厚切りロースとんかつ弁当を買ってみました。ま、これは新大阪駅だけじゃなく、東海道新幹線の各駅で売ってそうな気がするのですが。

厚切りロース とんかつ弁当 中身

開けてみると、お弁当箱の半分がとんかつ、半分がご飯でした。ま、どーんととんかつが入っていないと、看板に偽りありなのですが。

とんかつを駅弁にした場合、とんかつは冷めているわけで、そんな中で注意点が2つありまして。まず、お肉が硬くないか。次に、衣が硬くないか。なのですが、キューティー吉本的には、この駅弁は合格。とんかつのお肉がとっても肉厚で、衣も硬くなく、べちゃべちゃでもなく、これはうまいとんかつでしたよ。駅弁にして、がっつり食べたい人には十分合格点を出せます。

駅弁レビュー:新大阪駅 関西味めぐり


関西味めぐり 外箱

キューティー吉本が新大阪駅で買った駅弁がこれ、関西味めぐりです。今更説明する必要はないかもしれませんが、関西って三重県を除けば2府4県ありまして、これを1つの駅弁で堪能できると思って買いました。

関西味めぐり 中身

で、中身がこれです。はて、なにわ御膳とどこが違うんだろうという感じでして、芋・たこ・南瓜の煮つけが入っているのは同じなのですが、こっちはサツマイモでした。で、串カツとたこ焼きが入っているのは同じなのですが、焼きそばがなくなって、代わりに筍と巾着が入っています。また、こっちはおこわではなく、普通の白ご飯です。

確かに、大阪らしさを感じるのは事実ですが、「あれ!? その他1府4県は?」と感じるのは事実でして。無理やりこじつけると、明石のタコは有名ですし、焼肉は神戸牛・・・はムリとして近江牛か、でもって京都でも筍は取れるよなぁ・・・ああ、やっぱり無理がありますね。

キューティー吉本的には、関西を1つの駅弁で堪能するなら、近畿味めぐり弁当の方がいいんじゃないかと感じました。




駅弁レビュー:新大阪駅 なにわ御膳


なにわ御膳 外箱

キューティー吉本が新大阪駅で買った駅弁がこれ、なにわ御膳です。まあ、これだったら大阪でしが売ってないだろうと思って買いました。

なにわ御膳 中身

で、中身がこれです。大阪らしいなと思ったのが、まず串カツ・たこ焼き・焼きそばが入っていて、しかもソースが別に付いています。泣かせるのが、オリバーソースである点。欲を言えば、中脳ソースじゃなくてとんかつソースを付けて欲しかったですね。

あと、大阪らしいって思ったのは、いも(里芋)、タコ、南瓜(かぼちゃ)の煮つけですね。これは確かにうまかったです。

その他、おこわが2種類と焼肉、焼き鮭、出し巻き卵とデザートが入っています。なにわ御膳の名前を裏切らず、これは大阪を堪能できる駅弁に仕上がっているのが好感が持てます。キューティー吉本的にはお勧めです。



旅行記:大阪へ2泊3日で旅してきました ついでに紀伊半島を一周しました その内容のまとめ


今回は、大阪へ2泊3日で旅行へ行ってきました。ついでに、紀伊半島を1周してきました。その時のコースをまとめます。

1日目。新大阪駅からスタートです。そういえば、東海道新幹線には何回も乗っているのに、新大阪駅って降りたことがなかったんですよね。降りたとしても、地下鉄御堂筋線でどこかに行ってるし。

地下鉄御堂筋線で、なんばへ行きます。行ってみたかったのは、まず551の蓬莱の本店。551の豚まんって、大阪だったらどこへ行っても売ってるんですけど、難波だと地方発送を承っているんですね。なので、キューティー吉本の自宅まで配送をお願いしてきました。

その後、金龍のラーメンを食べに行きました。これも大阪のソウルフードには違いないですよね。

難波から近鉄電車で天理駅へ。目的は天理教・・・ではなく、天理ラーメンだったのでした。商店街の中でいただきました。実は天理ラーメンって、近畿ではメジャーなんですけど、なぜ全国区で有名にならないのか不思議ですね。キューティー吉本的には大好きです。

更に地下鉄御堂筋線で動物園前へ。この辺りは新世界と言って、通天閣があるんですよね。づぼらやに行って、てっちりを食べて1日目は終了です・・・ていうか、食べてばっかり。

キューティー吉本がお泊りしたのが、新大阪ワシントンホテルプラザでした。新大阪駅にも近くて、便利でしたよ。ただし、大阪を堪能するんだったら梅田か難波に泊まった方がいいかも。

2日目。前々から行きたかった、紀伊半島1周の旅に出ます。まずは、新大阪駅からくろしおに乗って、新宮駅を目指します。朝ご飯は、新大阪駅で買った駅弁、春の竹籠色彩弁当でした。

紀勢本線って、和歌山の海が見えるだろうと期待してたら、意外と海が見えなくて残念。新大阪駅を出発した時は超満員だったくろしおも、新宮駅が近づくにつれてがらがらになっていきます。

列車は新宮駅に到着。ここで特急ワイドビュー南紀に乗り換えて、名古屋へ行けば紀勢本線完乗なのですが、時間があるので新宮市街をうろうろします。キューティー吉本が行ったのが、浮島の森。国の天然記念物に指定されていまして、辺りは住宅街なのに、ここだけうっそうと茂った森になっています。写真は、おいの伝説のおいのです。

新宮駅から特急ワイドビュー南紀に乗って、名古屋を目指します。キューティ吉本的に一番乗ってみたかったのが特急ワイドビュー南紀だったのですが、新宮駅で買った駅弁まぐろ祭りを肴に、くまの那智の滝なるお酒を呑んだ結果、酔っ払って爆睡する始末。気づいたら名古屋駅の手前でした。

東海道新幹線のホームできしめんを食べた後、新大阪駅に戻ります。梅田のお初天神に着いた頃には、もう真っ暗でした。梅田でたこ焼きを食べて、今日は終了です。

3日目。まずは住吉大社に行きます。本殿に行った後、摂社・末社の楠珺社(こう書いて「なんくんしゃ」と読みます)、浅沢社と大歳社にも行ってきましたよ。本殿だけでも十分広いのですが、周辺の摂社・末社を入れたらどんだけ広いか。

その後、日本橋(「にほんばし」ではなく「にっぽんばし」と読みます)へ。ここは秋葉原と並ぶ電気店街なのですが、キューティー吉本が絶対に行くのがこけし。ここでとんかつ丼を食べます。注文したのがダブルエッグセパレーツスーパー。どういう意味なのかは、この記事をご覧ください。

日本橋からほど近い、新世界に行きます。で、スパワールド世界の大温泉でのんびりすることにします。このお風呂、京阪神のみならず、首都圏にお住いの人の基準で考えても、とにかく広い! ちなみに、写真右側が大阪市電です。

そう言えば、大阪に行ったのにお好み焼きを食べてなかったな・・・というわけで、新大阪駅めっせ熊に行きました。お好み焼きの半分はソースがかかっていなくて、自分で好きなソースをかけられるのがうれしいですね。

大阪の食い倒れとはよく言ったもので、本当に食べてばっかりの旅でした。

首都圏から大阪府へのJR+宿泊セットプラン