タグ別アーカイブ: 新宿

日帰り入浴レビュー:東京荻窪天然温泉 なごみの湯


東京荻窪天然温泉 なごみの湯 新しい玄関 ここは昔パチンコ屋さんでした

久々に行ってみたのですが・・・

「あれ~、玄関ってここだったけなぁ・・・」

東京荻窪天然温泉 なごみの湯 元々の玄関 閉鎖されていました

更にその隣には、閉鎖された玄関が。どうやら、元パチンコ屋さんがあった場所を潰して、新しい玄関を作ったみたいです。しかし、フロントの場所は従来通り。なので、玄関を入って靴を脱ぎ、玄関の先にある下駄箱に入れ、更にその先にあるフロントで入館手続きをする流れになりました。

では、なぜ玄関を新しくしたのか。以前の玄関はフロントの真横にありまして、人が出入りする度に寒い空気が入ってくるため、冬だと1階が超寒かったんです。なので、寒い空気が直接入らないよう、フロントから離れた場所に玄関を移したんだと思います。

その他、アルス玉檜風呂なる訳のわからないお風呂がなくなって、ジェットバスに変わっていました。

鶏天 東京荻窪天然温泉 なごみの湯にて

で、いつもの呑みです。ここはおつまみが充実していてうれしいですね。

最初に頼んだのが、とり天。大分県の皆さんにはおなじみのメニューです。で、出てきたのがこれ。何が言いたいのかというと、かぼすポン酢がないんです。いや、これはダメでしょう。かぼすポン酢とは言わないまでも、せめて普通のポン酢を付けて欲しかったです。

チキンのマカロニグラタン 東京荻窪天然温泉 なごみの湯

続いて、チキンのマカロニグラタン。マカロニも程よい硬さで、ホワイトソースもクリーミー。これはうまかったですよ。気づけば、鶏肉ばっかりになってしまったのがちょっと失敗かな・・・ってところですね。

それにしても、今日は混み過ぎ。地下1階の休憩スペースが、人で溢れかえっていました。常連さんと思われる人が口々に、「こんなに混んだとこ見たことない」と話していたので、これは異常事態だったのでしょう。確かに、ここは丸1日ゆっくりできる施設で、しかも天然温泉がいいお湯なので、そりゃあ人気も出るわなって感じなんですけどね。




駅弁レビュー:宮川本廛 うなぎ


宮川本廛 うなぎ 外箱

朝ご飯は駅弁にします。新宿駅で駅弁を買いに行ったのですが、新宿はおろか、東京都とも関係ない駅弁が並んでいまして、「いやいや、駅弁ってその土地で買って食べるから価値があるんでしょうよ」ってわけで、買ったのが宮川本廛のうなぎ弁当です。

宮川本廛 うなぎ 外箱 新宮川という新宿の会社が作っているみたいです

では、なぜこの駅弁を買ったのかと言いますと、これは東京都新宿区の駅弁会社が作っているんだから、新宿の駅弁に間違いない…というわけです。

宮川本廛 うなぎ 内箱

外箱を開けると、プラスチック製の内箱が出てきます。で、蒲焼のたれと山椒が乗っかっています。

宮川本廛 うなぎ 中身

これが、中身です。まず嬉しいのは、ご飯全面が隠れるぐらいの鰻が乗っかているということ。でもって、この鰻が肉厚なんですね。なので、かなり食べ応えがあります。確かに、駅弁なので温かくないのですが、そんなこと関係なく満足できる駅弁です。もちろんお値段は相応に高いのですが、十分買う価値はあると思います。

日帰り入浴レビュー:天然温泉 テルマー湯


新宿 天然温泉 テルマー湯 建物外観 北東から撮影

天然温泉 テルマー湯です。場所は、地下鉄東新宿駅または新宿三丁目駅から、10分ぐらい歩いたところ、歌舞伎町の歓楽街にほど近いところ・・・ていうか歌舞伎町にあります。

営業時間は11:00~翌9:00で、料金は18歳以上2,364円、12歳以上18歳未満で1,620円。深夜1:00~6:00に利用すると深夜割増料金1,600円、土日祝日等の休日に利用すると休日割増料金324円が追加されます。なので、大人が休日に利用すると、料金が2,700円というわけで、結構いいお値段なのですが、場所が新宿歌舞伎町なので仕方ないかって感じですね。(料金はいずれも税込み)

新宿 天然温泉 テルマー湯 建物外観 北側から撮影

玄関を入ると下駄箱があり、ここに靴を入れます。フロントで入館手続きをして、非接触型ICチップ入りの腕輪を受け取ります。この腕輪がロッカーキーを兼ねていて、これで館内の精算ができる仕組みになっています。

フロントの先にリネンコーナーがありまして、ここで腕輪をタッチして館内着とバスタオルを受け取ります。1階フロントの横にロッカー室があり、ここで館内着に着替え、バスタオルを持って浴室に行きます。浴室は2階で、脱衣場のロッカーは空いているところを適当に使います。フェイスタオルは使い放題です。シャンプー、リンス、ボディソープ、髭剃りは備え付けのものを使えます。

帰るときは、館内着とバスタオル、館内着が入っていた袋を、ロッカー室横の返却箱に入れます。最後にフロントで、入館料と館内の利用料金を精算する仕組みです。クレジットカードの他に、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードが使えます。

お風呂は、内湯が乾式サウナとスチームサウナ、水風呂、白湯、シルクバス、高濃度炭酸泉、寝湯、ジェットバス。露天風呂が天然温泉と寝転び湯です。これだけあると、どこから入ろうか迷ってしまうのですが、まずは白湯から。で、乾式サウナ→水風呂→天然温泉→寝転び湯と入って、いったん休憩します。で、高濃度炭酸泉→乾式サウナ→水風呂→寝湯の順に入りました。

新宿 天然温泉 テルマー湯 自慢の露天風呂「神代の湯」の写真 中伊豆から天然温泉を毎日運搬しているそうです

天然温泉はナトリウム-カルシウム-硫酸塩温泉で、無色透明無味無臭。さらりとした感じのあっさりとしたお湯です。このお湯は、中伊豆から毎日運んでいるそうです。中伊豆と言えば、修善寺温泉とか湯ヶ島温泉とかがあるあたりですね。でも、キューティー吉本的に気に入ったのが高濃度炭酸泉。ちょうどぬるめで入ってて気持ちよくて、しかも十分広い湯船で、とってもよかったですよ。ちなみに温泉は、加水あり、加温あり、循環ろ過あり、塩素消毒ありで、こうなると普通のお湯とほぼ変わらない感じです。はっきり言って、「おいおい、入浴に適した温度にするために加水しておきながら、加温ってそれはないだろ」って思うのですが。

キューティー吉本の体感温度的には、天然温泉が約41℃、高濃度炭酸泉が約39℃、その他の内湯が約40℃でした。乾式サウナが約90℃、スチームサウナが約50℃でした。キューティー吉本的にちょっと不満だったのが、寝転び湯とスチームサウナの温度。まず、寝転び湯の湯温が熱すぎて、ゆっくり入れません。ここは約38℃ぐらいが適温なんじゃないかと思います。また、スチームサウナがぬる過ぎで、しかもどことなく悪臭がしまして、早々に立ち去りました。

新宿 天然温泉 テルマー湯 建物外観 東側から撮影

地下2階が休憩スペースとボディケア、地下1階がお食事処(和食系とアジアン系の2種類あり)、1階がフロントとロッカー室、2階が浴室、3階が休憩スペース(男女兼用と女性専用があり)、4階が岩盤浴です。岩盤浴の利用には、別料金810円かかります。

全体的に館内は、アジア系とも西欧系とも言えないのですが、異国の雰囲気がする感じで、しかもとっても癒される感じです。キューティー吉本的に嬉しいと感じたのが、館内の至るところに椅子や机が置いてありまして、ホントどこでも休憩できるところ。また、休憩スペースもテレビ付きリラックスチェアが置いてあるところの他に、ソファと机が置いてあるところもありまして、お風呂から上がった後も、ゆっくりくつろげます。休憩スペースに扉がついていないため、話し声が丸聞こえなのが玉に傷。ただし、館内全体が落ち着いた雰囲気で、全然騒々しくないので許容範囲です。

新宿 天然温泉 テルマー湯 玄関

確かに、天然温泉とか露天風呂とかを期待して行くと、がっかりして帰る結果になると思います。ただし、ここでゆっくりくつろいて、リラックスするのが目的なのであれば、全然ありだと思います。キューティー吉本的にはこのコンセプトは大歓迎。ただし、たくさんのお客さんが押し寄せて、騒々しい雰囲気になって欲しくないですね。今回は岩盤浴は利用せず、お食事処も利用しませんでしたが、次回行った時には利用してみたいと思います。いや、これは気に入りました。

日帰り入浴レビュー:東京荻窪天然温泉 なごみの湯


どうやら荻窪にも天然温泉があるらしいと聞きまして、キューティー吉本も行ってみることにしました。東京荻窪天然温泉 なごみの湯です。場所はJR中央線、東京メトロ丸の内線の荻窪駅のすぐ近く。北口を出てすぐを左に曲がり、西友とマクドナルドがあって、その先にあります。これだったら本当に歩いて1分で着いてしまいます。

東京荻窪天然温泉 なごみの湯 建物

営業時間は10:00~翌9:00で、料金は大人2,000円、子供1,050円。館内着とタオルのレンタルがついています。ヒーリングスパと称する岩盤浴は、別料金で450円です。各種クレジットカードやSuica、PASMO、Edyが使えます。1階フロントで館内着とタオル、カードキーを受け取り、ロッカールームへ行きます。ロッカーにカードキーを入れると開く仕組みになっています。館内を利用するときは、カードキーはつけたまま、ロッカーについている鍵を回してロックします。で、鍵がそのまま館内の精算に利用できるシステムになっています。鍵をロッカーにつけると、カードキーを外せる仕組みになっていて、帰るときはカードキーをフロントに返します。しかし、これだったら普通に鍵を使えばいいような気がするのですが。

東京荻窪天然温泉 なごみの湯 玄関横のご案内 女湯の写真が出ています

男湯と女湯で、中身が結構違うみたいです。男湯は、内湯がロッキーサウナと塩スチームサウナ、バイブラバス、アルス玉檜風呂、炭酸泉風呂、水風呂。露天風呂がボナサウナと天然温泉、つぼ湯です。つぼ湯を除いて、どの湯船も10人弱ぐらいは入れそうな大きさです。体感温度的には、檜風呂が42℃、バイブラバスと天然温泉が41℃、つぼ湯が40℃、炭酸泉風呂が38℃ぐらいでした。

なぜかわかりませんが、高温サウナが2つあります。キューティー吉本が気に入ったのはボナサウナで、ここは普通のサウナよりも湿度を高めにしているらしく、体感温度が高い分しっかりあったまる・・・ていうかしっかり熱くなります。これだったらロッキーサウナを低温サウナにしてもいいんじゃないかと思います。

アルス玉檜風呂といっても、檜なのは上だけなので、正確に言うと檜風呂じゃないと思います。ここへアルス玉という、遠赤外線効果のある丸い石を敷き詰めてあります。砂利を敷き詰めてあるお風呂は片倉館で体験済みですが、アルス玉を敷き詰めてあるお風呂は初めて。入ってみますと、確かに玉の刺激が心地いい感じです。しかし、玉であるが故、普通にお風呂に入っていると玉がコロコロ転がって、身体を持っていかれてしまいます。

天然温泉はナトリウム-塩化物泉で、ほぼ無臭の黒いお湯です。お湯はさらっとした感じではあるのですが、お肌がつるつるになるお湯です。湯温や湯船の深さがちょうどよくて、思わず長湯しそうになってしまいます。ただし、やはりここでも人気なのが炭酸泉でした。欠点を挙げるとすると、メインディッシュがどれなのかいまいちよくわからない点と、ジェットバスと寝湯がない点でしょうか。

魚のランチ シーフードグラタン 東京荻窪天然温泉 なごみの湯にて

で、今日の呑みです。ここでは日替わりのランチをやっていまして、肉のランチと魚のランチがあります。今日の魚のランチがシーフードグラタンということだったので、それを注文。880円でした。日帰り温泉のお食事処でグラタンが出てくるというのが珍しいと思ったからだったのですが。

で、出てきたシーフードグラタンを見てびっくり。なんと、サラダ、スープ、パンがついていたのでした。しかも、パンはトーストです。いや、これはおつまみというレベルじゃなくて、完全に食べる感じ。グラタンも、エビ、イカ、ホタテが入っていて、ホワイトソースがシーフードのだしで濃厚な感じに仕上がっていて、うまかったですよ。

東京荻窪天然温泉 なごみの湯 玄関

館内は、1階がフロント、2階が女性浴場、3階がお食事処とヒーリングスパ、4階が男性浴場、5階がヒーリングスパと女性用レストルーム、地下1階がマンガコーナーとレストルームです。館内は、Wi-Fiインターネット接続が無料で利用可能です。優れものなのが地下1階のレストルームで、ここでテレビを見たり、お昼寝したりできます。しかも、リラックスチェアー1つ1つに、ACコンセントがついています。つまり、ここでスマホや携帯電話を充電できるというわけです。

ただ、惜しいのは、レストルームの隣がマッサージ室になっていまして、話し声や施術しているときの音が丸聞こえなんです。静かにマッサージしろというわけにはいかないので、やはりここは別のフロアに持って行ったほうがいいと思います。また、地下1階はエレベーターがつながっていないので、階段で移動なのですが、その際にフロントの前を通過しなければならず、ここが玄関の真横なので寒いこと寒いこと。


恐らくここは昔の健康ランドで、ちょこちょこリニューアルしながら今に至っているんじゃないかと思います。また機会があったら行ってみたいと思います。


小田急ロマンスカー 特急はこね VSE


小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE 前面 新宿駅にて

せっかく箱根に来たので、小田急の特急ロマンスカーに乗ることにしました。ま、VSEに乗りたかったっていうのもあるのですが。いつの間にやら登場してから10年が経過するそうですが、今でも十分新しい車両に感じます。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE 車内

このVSE、天井が丸い感じで、しかも高いので広々と感じます。扉の上には、液晶ディスプレイ式の案内表示がついています。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE シート 横から撮影

シートがちょっと変わっていて、若干窓側を向いています。室内は木材を多用していまして、落ち着いた感じになっています。シートはオレンジ色なのですが、温かみがある感じで好印象です。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE シート背面

シートの背面です。テーブルも木製です。また、VSEの車内販売はシートオーダー式になっていまして、アテンダントが注文を聞きに車内を回る仕組みになっています。このため、車内販売のメニューが各席に置いてあります。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE 車内販売のアイスコーヒー

・・・で、アイスコーヒーを頼んでしまいました。320円です。何と、ガラスのコップに入ってました。ただ、細かいことを言うと、コースターのサイズがビミョーで、丸くくぼんだ部分に入らないんです。本来はここに飲み物を入れると思うのですが。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE 向かい合わせにした時のテーブル

シートを向かい合わせにしたときに使用する、跳ね上げ式のテーブルです。うーん、さすが観光特急ですね。欲を言えば、コンセントが欲しいですね。

小田急電鉄 50000型 特急ロマンスカー VSE 展望席

この特急ロマンスカーVSE、なぜか知らないんですけど車内がとっても静かです。で、LSEを置き換えるぐらい作るのかと思ったら、あんまり作っていないみたいで。未だに乗るのが大変な列車だったりします。