タグ別アーカイブ: 湯田中渋温泉

湯田中渋温泉をぶらぶら歩いてみた


湯田中渋温泉郷 北志賀高原 志賀高原 案内図

湯田中温泉と渋温泉は町自体がつながっているため、湯田中渋温泉とまとめて案内されることもしばしばあります。最寄り駅は、長野電鉄の湯田中駅です。

湯田中温泉 これが温泉地だとは思えない光景です

湯田中駅から手前にあるのが、湯田中温泉です。で、その湯田中温泉の中を歩いているはずなのですが、とてもここが温泉地とは思えない光景が続きます。

湯田中温泉 この時期、桜が満開できれいでした

キューティー吉本が行った当時、ソメイヨシノが満開でした。雪山とのコントラストが、何ともきれいですね。

湯田中温泉 温泉旅館が見え、ようやく温泉地らしくなってきました

しばらく歩くと、ようやく温泉旅館が見えてきました。湯田中温泉の外湯も発見したのですが、入ることができず、先に進みます。

湯田中温泉 渋温泉へはこの坂を下ります

湯田中温泉を更に先に進むと、下り坂がありました。ここを下った先に、渋温泉があるみたいです。

渋温泉 石畳通りの入り口です

下り坂を降り切った先にあったのが、石畳の通りです。どうやらここが、渋温泉の入口みたいです。

渋温泉 石畳を更に歩くと、温泉地らしい光景が見えてきました

更にその先を歩くと、いかにも温泉地らしい旅館街が見えてきました。こういう通りを歩いてみるのも楽しいもんですね。

渋温泉の外湯もあるのですが、残念ながら宿泊客しか入れないそうです。

渋温泉 湯田中駅まで2.1kmあります

湯田中駅から、もう2.1kmも歩いてきたみたいです。ちなみに、ここは猿が温泉に入るという地獄谷にも近く、猿が出るそうです。

湯田中渋温泉 湯宮神社 桜が満開です

再び、湯田中温泉に戻ります。ここは湯宮神社だそうです。ソメイヨシノがキレイですね。

湯田中温泉 若さを創るアオヤキ・・・て、若さを感じないのですが

湯田中温泉で、なんともレトロなイメージのお店を発見。「若さを創る アオヤキ」って、売っている商品に若さを感じないのですが。

ちなみに、湯田中温泉にも外湯があるのですが、一般人は入れません。その代わり、湯田中駅前に楓の湯があります。




湯田中駅前温泉 楓の湯


湯田中駅前温泉 楓の湯 建物外観

湯田中温泉には、入浴料を払えば誰でも入れる外湯があります。しかも、湯田中駅の真横にあります。湯田中駅前温泉 楓の湯です。

入浴料は大人300円で、タオルはついていません。フェイスタオルは160円で販売しています。靴を下駄箱に入れ、自動券売機で入浴券を支払い、フロントで入浴券を渡すシステムです。シャンプーとボディソープは、備え付けのものがあります。ロッカーは、100円リターン式です。

お風呂は、内湯と露天風呂。サウナと水風呂はありません。温泉は、ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉で、無色透明です。わからない人が入ったら、これが温泉だとは気づかないと思います。キューティー吉本の体感温度的には、内湯が41℃、露天風呂が40℃ぐらいでした。

まずは、内湯に入ります。結構な深さがありました。続いて、露天風呂に入ります。昔はここに打たせ湯があったみたいで、その残骸が残っていました。やや浅めのぬる湯で、これは気持ちいいですね。

湯田中駅前温泉 楓の湯 玄関

館内にはお風呂のほか、休憩室がありました。また、湯田中駅の真横にあり施設だけに、湯田中駅の時刻表もありました。

あの料金でシャンプーの備え付けがあり、しかも露天風呂まであるという、信じられない日帰り入浴施設でした。湯田中渋温泉にお越しの際は、是非お立ち寄りいただきたいと思います。


湯田中温泉 外湯


湯田中温泉 大湯 外観

渋温泉同様、湯田中温泉にも外湯があります。そのうちのいくつかをご紹介します。まずは、大湯です。

湯田中温泉 綿の湯 外観

続いて、綿の湯です。

湯田中温泉 鷲の湯 外観

名前が書いてなかったのですが、これは鷲の湯でしょうか。

湯田中温泉 滝の湯 外観

滝の湯です。

湯田中温泉 白樺乃湯 外観

白樺乃湯です。

湯田中温泉 外湯 扉には鍵がかかっていて、組員しか入ることができません

ちなみに、どの外湯にも扉には鍵がかかっていて、中に入ることができません。どうやら各外湯を管理している組が存在して、その組員でないと入ることができないみたいです。キューティー吉本も入ることができず、それ故コメントできないというわけです。

やはりここは有料でもいいので、観光客でも入れるようにして欲しいと思う一方で、マナーの悪い観光客がいるのも事実で、外湯の管理がボランティアベースになってしまっているのであれば、ごく限られた人しか入れなくても致し方ないのかなと言ったところです。




渋温泉 足湯のぶとまる


渋温泉 外湯めぐり 九番湯 大湯

渋温泉には、大湯をはじめ9つの外湯があります。しかし、扉には鍵がかかっていて、宿泊客でないと入ることができません。

渋温泉 足湯のぶとまる 大湯の上にあります

大湯の上には足湯がありまして、こちらは無料で誰でも入ることができます。折角なので、キューティー吉本も入ってみます。

渋温泉 足湯のぶとまる 湯船

入ってみると、タオルが干してありました。自由に使っていいと思われるのですが、自分のタオルを持っていたので使いませんでした。

渋温泉 足湯のぶとまる お湯

お湯はご覧の通りの茶色いお湯。キューティー吉本の体感温度的には約39℃で、ややぬるめのホントいいお湯でした。

渋温泉には、誰でも入れる外湯がなく(キューティー吉本が見つけられなかっただけかもしれませんが)、ここはやはり有料でもいいので、誰でも入れる日帰り温泉が欲しいところです。




渋温泉 外湯めぐり


渋温泉 外湯めぐり 渋温泉お泊りの方以外は利用できないそうです

湯田中温泉と渋温泉は町自体がつながっているので、湯田中渋温泉と呼ばれるケースがあります。湯田中駅から奥が渋温泉、手前が湯田中温泉です。

渋温泉 外湯めぐり 一番湯 初湯

渋温泉には9つの外湯があり、順番に入るとご利益があるそうです。最初に入るのが一番湯 初湯です。名僧行基が最初に発見したお湯だそうで、胃腸に効くそうです。

渋温泉 外湯めぐり 二番湯 笹の湯

二番湯 笹の湯です。笹藪の中から湧き出していたと言われ、湿疹などによく効くと言われています。

渋温泉 外湯めぐり 三番湯 綿の湯

三番湯 綿の湯です。この温泉ができたころ、お湯の中に白い湯の花が混じっていて、それが綿に似ているところから名づけられました。子宝の湯ともいわれ、切り傷や皮膚病に効果があると言われています。

渋温泉 外湯めぐり 四番湯 竹の湯

四番湯 竹の湯です。念願かなって、地獄谷からお湯を引くのに成功した時、松の湯とともに名づけられたそうです。痛風に効果があるそうです。

渋温泉 外湯めぐり 五番湯 松の湯

五番湯 松の湯です。竹の湯とともにできたそうで(でもなぜか梅の湯はない)、神経痛に効果があるそうです。

渋温泉 外湯めぐり 六番湯 目洗の湯

六番湯 目洗の湯です。その昔、ここのお湯で目を洗い、眼病を治したことから名づけられました。肌がきれいになることから、美人の湯とも言われています。

渋温泉 外湯めぐり 七番湯 七操の湯

七番湯 七操の湯です。最初は温泉が7本の滝となって、湯船に注いでいたそうです。また、7つの病に効く、7回入れば病に効くとも言われています。

渋温泉 外湯めぐり 八番湯 神明滝の湯

八番湯 神明滝の湯です。源泉は裏山の神明山で、昔は滝のような打たせ湯だったそうです。婦人病によく効き、子宝の湯とも言われています。

渋温泉 外湯めぐり 九番湯 大湯

九番湯 大湯です。渋温泉の中心にありまして、神経痛やリウマチに効くそうです。

しかし、残念ながら各外湯の扉には鍵がかかっていて、普通の人は入ることができません。渋温泉に宿泊した人でないと入れないそうです。やはりここは有料でもいいから、誰でも入れるようにして欲しいですね。


特急ゆけむり


長野電鉄 1000系 特急ゆけむり 正面 湯田中駅にて

長野電鉄の特急ゆけむりです。長野湯田中の間を結びます。長野電鉄の特急にはA特急とB特急があり、A特急の停車駅は、長野-権藤-須坂-小布施-信州中野-湯田中です。B特急は、A特急の停車駅のほか、本郷-信州吉田-朝陽に止まります。特急料金は100円です。

長野電鉄 1000系 特急ゆけむり 先頭車室内

特急ゆけむりは、昔の小田急ロマンスカーHiSEです。ただ、11車体連接ではさすがに長すぎたのか、長電に来た時に4車体連接になりました。ご覧の通り、これが特急料金100円とは信じられないシートです。もっとも、リクライニングしないんですけどね。

長野電鉄 1000系 特急ゆけむり 展望席

しかも、展望席もちゃんとあります。小田急ロマンスカーは指定席なので、展望席の特急券を買わないの乗れないのですが、特急ゆけむりは自由席でして、空いていれば誰でも座れます。ちなみに、運転手さんは2階で、写真右上のハッチみたいなところから運転席に入ります。

長野電鉄 1000系 特急ゆけむり 先頭車を横から 信州中野駅にて

「一度でいいから、小田急ロマンスカーの展望席に乗ってみたい」

と思っている男の子は、かなりいるはず。長電に乗ったら、その夢がかなうかもしれませんね。