旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

草津温泉の最寄駅

2013/07/29

草津温泉に行ってきました。キューティー吉本は温泉好きでして、その関係で群馬県はよく行くんですけど(・・・て言うか、こないだも行ったという説も)、草津温泉はちょっと久しぶりです。

さて、ここで問題です。JRに乗って草津温泉に行く場合、どこで降りればいいでしょう。
「草津駅!!!」

残念!!! 草津駅があるのは、滋賀県草津市です。なぜこの話をしたかと言いますと、滋賀県に草津市ってのがあって、しかも草津市内に草津駅があるばっかりに、関西人に「草津ってどこにあるの?」って聞くと、普通に「滋賀県」って答えが返ってくるんですよ。なので、草津温泉は滋賀県にあると思っている関西人が多いんです。なので、

「草津よいと~こ~、一度~は~おいで~、どっこいしょ~♪」

という歌を聴いて、関西人の頭に浮かんでいるのは、滋賀県なんです。

JR吾妻線 長野原草津口駅 ホーム

ただし、草津温泉があるのは滋賀県草津市ではなく、群馬県吾妻郡草津町なんです。ちなみに、群馬県吾妻郡草津町には大津って地名があって、大津って滋賀県の県庁所在地なんですよ。なので、関西人に「大津ってどこにあるの?」って聞くと、これまた普通に「滋賀県」って答えが返ってくるんですよ。あー、なんともややっこしい。

それで、草津温泉は滋賀県じゃなくって群馬県にあるって話に戻しまして、じゃあ草津温泉までJRで行こうとしたら、どの駅で降りればいいんですかって話をしますと、残念ながら草津温泉まで電車で直行することはできないんです。まずは、吾妻線(こう書いて「あがつません」と読みます)の長野原草津口駅に行きまして、ここからバスに乗り換えて20分ぐらいのところに草津温泉があるんです。

キューティー吉本も、電車で草津温泉に行ったんですけど(だって、1000円高速終わったし、ガソリン代高いんだもん)、やはり久しぶりに行ったので、色々様子が変わってまして、最初にびっくりしたのがこの写真です。

JR吾妻線 長野原草津口駅 改札口 奥に草津温泉行のバスが止まってます

これが長野原草津口駅なんですけど、以前草津温泉に行ったときって、ホームから階段を上がって、写真左手にある駅舎の2階にある改札口に行っていたんです。で、改札口を抜けて、草津温泉行きのバスに乗るのに、また1階に降りていたんです。

それが、いつの間にか1階へショートカットする通路ができていまして、改札口が1階になっていたんです。なので、ほぼ階段の昇り降りをしなくても、バスに乗り換えられるようになったんです。

いや、これははっきり言って楽になりましたねー。最初っからこの作りにして欲しかったですねー。これだったら、わざわざ階段を昇らなくて済みますからねー。

ちなみに、車いす用の通路もできています。こうやって考えると、昔ながらにホームを踏切でつなぐパターンって、バリアフリーの観点で考えると合理的だったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください