旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

浅虫水族館

2013/08/23

浅虫水族館 正面

浅虫温泉駅からほど近いところに、浅虫水族館があります。ホテルのチェックインまで時間がある(・・・て言うか、まだ午前中じゃないの)ので、行ってみることにします。

いやー、海沿いの温泉とは言え、こんな温泉郷と言っても過言じゃない温泉のすぐ近くに、水族館があるってことが信じられないですねー。ま、首都圏だと犬吠埼とか鴨川とかに、温泉のすぐ近くの水族館ってありますけどね。でも、温泉の規模とか、旅館の数とかが全然違いますからね。

浅虫水族館 桜並木

浅虫水族館の前は、こんな感じ。桜並木ですね。なので、ちょっとした桜の名所になってたりします。じゃあ、ここで花見の宴会をしている人がいたのかというと・・・いませんでした。そりゃあそうですよねぇ。ここって、水族館の敷地内ですからね。

ホテルのチェックインまでだいぶ時間があるので、浅虫水族館の中に入ってみたいと思いますね。

ウミガメ 青森県の浅虫水族館にて

お宿のチェックインまではだいぶある・・・っていうかまだ午前中だし・・・というわけで、浅虫水族館に行ってみました。いや、こう表現すると大変失礼なんですけど、こんなに広いとは思わなかったですねぇ。中をくぐれるシースルーの水槽なんてのもありますしね(確かこれって、ちゅら海水族館が始めて、他の水族館が真似したんでしたっけ)。

この中で、自分でもよく撮れたねっていう写真がこれ。ウミガメですね。ウミガメが青森県で生息しているかどうかは定かではないですけどね。

ゴマフアザラシ 青森県の浅虫水族館にて

ウミガメの次に気に入っている写真がこれ。ゴマフアザラシですね。

やはりアザラシの中でも一番人気なので、浅虫水族館にも当然います。で、これはたまたまキューティー吉本がカメラを向けたときに、こっちを向いてくれたところを撮影したんです。

しかし、マナーの悪い人達はいますねー。こういう水族館とか動物園とかで写真を取るのはいいんですけど、フラッシュを炊くいるんですよねー。しかも、わざと暗くしてある場所で。これは、魚たちとか動物たちとかの都合で暗くしているとキューティー吉本は解釈しているんですけど、ここでフラッシュ炊いたらNGでしょ、絶対。大体、今のデジカメなんて、フラッシュ炊かなくったってちゃんと撮れますよ。いやー、写真撮るのはいいですけど、魚とか動物とかの写真を撮るときはフラッシュを炊かないぐらいのマナーは守ってほしいですねぇ。

イシダイ 青森県の浅虫水族館にて

色々写真を撮ってましたけど、これもまずまずのできかな? イシダイですね。

うーん、本当だったらイシダイがもう少し真ん中に来ていたら、完ぺきだったんですけどね。生き物ってどっち向きに動くかわからないので、難しいんですよね。お昼寝中だったら別ですけどね。

浅虫温泉の水族館には、イルカ専用のプールがありまして、上からだけじゃなくて下(正確には、プールの中)からもイルカが見れる仕組みになっているんですね。ただ、イルカが泳ぐ速度が速くて、しかも予測不能な動きをするため、プールの上からの撮影ならともかく、プールの中のイルカを撮影するのはムリ・・・というわけで、写真じゃなくて動画にしてみました。

しかし、これでもやっぱり難しくて、イルカが泳いでいる姿をありのままに・・・とは行かないみたいです。ま、雰囲気だけでも感じていただければ。

あ、イルカプールとは別に、イルカショーなんかをやっている、観客席つきのプールもありますよ。ただし、すごい人気です。キューティー吉本は見なかったですけどね。
(あとから思えば、これ見て帰ればよかった)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

当サイトおすすめ
楽天トラベル
Yahoo! トラベル
アソビュー