旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:東京健康ランド まねきの湯

2013/09/23

東京で、日帰り入浴施設の草分けとなった施設といえばここ。東京健康ランド まねきの湯です。

東京健康ランド まねきの湯 建物

JR新小岩駅の南口と、東京メトロ東西線の西葛西駅から無料送迎バスが出ていますが、便数が1時間に1本(午前中だけ30分に1本)と少ないので、お勧めしません。都営新宿線の船堀駅まで行って、5分ほど歩いていった方がいいでしょう。

お値段は、大人1,880円、小学生980円、小学生以下480円で、館内着・フェイスタオル・バスタオルがついています。なお、深夜2:00以降は一律1,260円の料金が加算されます。ま、これで翌朝9:00まで仮眠が取れるんですけどね。

東京健康ランド まねきの湯 玄関

お風呂はかなり広いです。かなり色んな種類のお風呂があるのですが、特筆すべきは檜風呂がある点です。確かに、同様の施設で「檜風呂があります」と言っているところはあるのですが、大抵のケースの場合は手すりのところが檜なだけで、浴槽は普通のお風呂なんです。しかし、ここは浴槽も檜なので、正真正銘の檜風呂です。キューティー吉本が知っている限りでは、東京都内だとここぐらいでしょう。

特筆すべき点の2点目は、電気風呂があるということ。これは、お風呂に低周波を流して、腰痛・肩こり・手足の痛みにとってもよく効くお風呂なのでして、これがある銭湯って結構あったんですけど、今ではこの電気風呂があるところってかなり貴重です。しかし、さすが日帰り入浴のパイオニアだけあって、電気風呂があります。ただし、これは強烈に効くので、好みが分かれるとは思います。キューティー吉本的には、この手の温浴施設で電気風呂があるってだけで、行く価値ありなんですけどね。

特筆すべき点の3点目は、超ぬる湯があるということ。バイブラバスって言って、下から気泡が出てくる浴槽があるんですけど、ここの温度が36~37℃なんです。これ、サウナを出た後に熱さましするのに、ちょうどいい湯加減なんですよ。これだったら、水風呂よりこっちの方がいいですね。(注:普通の水風呂もあります)

その他、高温サウナと塩サウナ、イベント風呂、露天岩風呂、シルクバス、打たせ湯があります。なので、お風呂の種類はかなり豊富です。ただし、天然温泉はありません。その代わり、月替わりの人工温泉があります。また、これはちょっと気を付けたほうがいいのかもしれませんが、カルキ臭が結構強めです。室内プールほどではないのですが、塩素臭がダメな人はやめたほうがいいかもしれません。

お風呂を上がった後の飲食・休憩スペースも、かなり広いです。特に、キッズスペースがかなり充実していて、しかもフードコートがあります。更に、あり得ないぐらいたくさんのマッサージ椅子が並んでいまして、しかもこれが結構埋まってるんです。あ、もちろんキューティー吉本も利用してきましたよ。その他、貸切部屋や、リラックスコーナー(ここで仮眠が取れる)、シアタールーム(ここで映画が見れる)があります。

ただし、老朽化はやや来ている感じはします。浴槽の塗装が剥げている箇所があったり、リラックスコーナーの椅子が破れている箇所があったりします。また、これはキューティー吉本の個人的な好みの問題ですが、リラックスコーナーのテレビはやめて、シアタールームへ行けばテレビが見れるって形にして欲しいです。要は、休憩部屋が2種類あるんだったら、片一方を寝る人用でテレビなし、もう一方をテレビ見る人用に分離して欲しいってわけです。これで、シアタールームの各席に個人用のテレビがついていると完璧なのですが。

キューティー吉本的には、子供連れでお風呂に行きたいのであれば、ここは十分お勧めできます。また、東京のど真ん中でお宿が見つからなかった人に取って見れば、ここは穴場かもしれません。

詳しくは、↓こちらをご覧ください。
東京健康ランド まねきの湯

1 件のコメント

  • Cutie Yoshimoto より:

    記事の中で「恐らく東京都内だとここぐらいしかない」と書いた檜風呂が、東京健康ランドまねきの湯の目と鼻の先にある、湯宴ランドにもあることが判明しました。ただし、湯宴ランドは2016年4月20日で閉館するそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください