旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

川治湯元駅

2013/10/12

野岩鉄道 川治湯元駅 駅名票

キューティー吉本は、川治温泉に行きたかったのです。川治温泉の最寄り駅は、東武鉄道に乗って鬼怒川温泉から更に先。野岩鉄道の川治温泉・・・ではなく、その隣の川治湯元駅です。これ、看板に偽りありってやつじゃないですかねぇ、野岩鉄道さん。

東武鉄道6050系 快速会津田島行き 川治湯元駅にて

しかしこの川治湯元駅、かなり壮絶なところにあります。長いトンネルを抜けて、高ーいところにある高架橋を渡ったところ・・・というか、高架橋に単線のホームがあります。しかも、この写真をよーく見るとわかるのですが、ホームを抜けるとその先はまたトンネルなんです。

野岩鉄道 川治湯元駅 改札口と簡易精算所

駅舎(・・・ていうか、簡易精算所)は、高架橋の下にあります。エレベーターがついていますので、足が不自由な方でも大丈夫です。後ろに建物が立っていますが、これは駅とは関係ありません。また、左側に写っているのは、公共トイレです。

写真右側の白い部分が、野岩鉄道 川治湯元駅のホームです

どんな感じのところにホームがあるか、この写真を見るとわかるかと思います。写真右側に白く見えるのが、川治湯元駅です。写真左側が浅草方面で、この先にとんでもなく高い高架橋があります。

野岩鉄道 川治湯元駅 駅前広場

駅前は、公共トイレとこの簡単な庭園を除いて、何にもありません。およそ秘境駅の匂いがする感じで、これ本当に温泉があるのかって感じです。

なお、東武鉄道は鬼怒川温泉を含め、全線でSuicaが使えるのですが、野岩鉄道はSuicaが使えません。もしSuicaで乗ると後の精算が面倒臭いので、野岩鉄道に乗る人はSuicaを使わず、切符を買ってから乗りましょう。

↓お得なJR+宿泊プランを日本旅行で見る方は、ここをクリック
首都圏発 関西発 中部発 北海道発 東北発 北陸発 中国発 四国発 九州発

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください