旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:川治温泉 薬師の湯

2013/10/12

川治湯元駅を降りますと、「川治温泉 薬師の湯」ののぼりが。でもって、「男湯、女湯、サウナ・・・」なんて書いてあるし。

「あれ~、混浴露天風呂ってなくなったの!?」

・・・と思ったら、健在でした。

川治温泉 薬師の湯 男女混浴露天風呂 入口

混浴露天風呂に入りたい人も、まずは内湯のある建物へ行きます。ここで入浴料を支払えば、内湯も露天風呂も入れるという仕組みです。日光市民300円、一般500円。この他に、コインロッカーがありまして、100円ですが後で戻ってきます。タオルは持参してください。

混浴露天風呂は、かなり広いです。浴槽が二つあります。うち一つはあつ湯、もう一つがぬる湯です。お湯は無色透明で、若干とろっとした感じがします。

川治温泉 薬師の湯 男女混浴露天風呂

これが混浴露天風呂です。手前がぬる湯、奥があつ湯です。 あつ湯といっても、内湯よりはぬる目になっています。ぬる湯は更にぬるくて、人肌ぐらいの熱さです。しかし、このぬる湯が絶妙でして、全然熱くないのに、長い間浸かっているとじんわりと温まってくるんです。いや、これいいですねぇ。

しかも、この露天風呂からすぐ前に川が見えるんです。かなり開放的です。 しかしこの露天風呂、すぐ前に川があって、かなり開放的で景色がいいということは、川の向こう岸から丸見えってことなんですね。更に、お風呂だけじゃなくて、脱衣場も丸見えなんです。この後向こう岸を歩いたのですが、

「うわ~~~っ!」

川治温泉 薬師の湯 内湯の建物

正直に言いまして、この混浴露天風呂って入るのにかなりの勇気が要ります。ただし、そんな勇気のない人のために、内湯もあります。(混浴露天風呂は、水着着用禁止です)

内湯は、(一応)露天風呂が一つ、それにサウナがついています。露天風呂といっても、鉄壁のガードがされていまして、外からは見えないようしっかり目隠しがしてあります。浴槽は、結構狭いです。7~8人入ればいっぱいいっぱいって感じです。

お湯は、混浴露天風呂よりも熱くしてあります。しかも、サウナもついています。ただし、水風呂がありません。 内湯の2階が、休憩所になっています。かなり広くて、十分お昼寝できます。

川治温泉 この遊歩道の先が、混浴露天風呂です

内湯はかなり混んでまして、やはり混浴露天風呂に入る勇気のなかった人が、こっちに入っていたのでしょう。でも、キューティー吉本的には、丸見えの危険を冒してでも、あの混浴露天風呂に入りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください