旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:日帰り温泉 富士の湯

2013/10/14

なんと、会津若松駅から歩いて2~3分のところに、日帰り入浴できる施設があります。「日帰り温泉 富士の湯」です。場所は、会津若松駅を出てすぐを右に曲がったところにあります。

日帰り温泉 富士の湯 外観

お風呂の種類は豊富で、内湯、薬湯、ジェットバス、高濃度炭酸風呂、ジャグジー、黄金風呂、真珠風呂、信楽焼風呂、ぬる湯、露天風呂、水風呂、高温サウナ、スチームサウナ・・・と覚えきれないぐらいあります。で、これだけの施設にして、なんと料金は390円(!)。銭湯と変わらない料金です。もちろんタオルは着いていませんので、持参してください。

日帰り温泉 富士の湯 入口

やはりこれだけ料金が安いと、地元の人が銭湯代わりに入るという使い方をしているみたいです。また、会津若松駅から高速バスに乗る前にお風呂に入りたいという人にも便利だと思います。

お湯は天然温泉で、かけ流しにしているそうです。無色透明で、そう言えばとろみがあるかなって感じの温泉です。前述の通り、覚えきれないぐらい色んなお風呂があるのですが、個人的に好きだったのは黄金風呂の寝湯。ややぬるめの泡風呂で、ホントお昼寝しそうになります。

サウナに入ると、一人前サイズのタオル・・・というかマットがサウナのストーブ(の囲い)に干してありまして、サウナに入る人はここから一つ取って、お尻に敷きます。サウナを出るときは、マットをサウナバスに戻して出る・・・というわけで、未だかつて見たことない、サウナの中に山のようにマットが積まれた光景を目にすることができます。

日帰り温泉 富士の湯 玄関

この施設、もともとは健康ランドだったんだと思います。確かにお風呂の種類は多いのですが、経年劣化は隠せない感じで、しかもお風呂を何度か増改築しているみたいです。このため、内湯は暗い感じで、大浴場はさながら迷路のような造りです。しかも、くどいぐらいにあっちこっちに「100%天然温泉」という文字がでかでかと書いてあって、館内の案内も異常に太くてでかい文字で、ごてごてした感じです。

清潔感とか落ち着き感とかはまるでないので、お風呂に入ってゆっくりしたい人には向いていないかもしれません。とにかく温泉に入りたい、格安だったらなおいいじゃんって人にはお勧めできます。

詳しくは、↓こちらをご覧ください
日帰り温泉 富士の湯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください