旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:道の駅 湯西川

2013/10/14

道の駅 湯西川です。
「え!? これって野岩鉄道の湯西川温泉駅じゃないの?」
その通りです。実は、道の駅 湯西川って、本当の駅なんです。全国的にも、ちょっと珍しいですよね。

野岩鉄道 湯西川温泉駅 駅舎

野岩鉄道の湯西川温泉駅には、湯西川温泉や川治温泉鬼怒川温泉方面へ行くバスターミナルがあります。この他にも、湯の郷 湯西川観光センターが併設されていて、お食事やお土産物を買うことができます。また、ここから水陸両用バスツアーもやっているみたいです。

ただし、野岩鉄道の湯西川温泉駅って、実は湯西川温泉からだいぶ離れたところにありまして、湯西川温泉までバスで30分ぐらいかかります。いや、これだったら長野原草津口駅草津温泉よりたっぷりとバスに乗らないといけないわけで、湯西川温泉駅って看板に偽りありじゃないのって思えなくもないですけどね。

2013101411

そこで、湯西川温泉駅には、日帰り入浴施設が併設されているんです。湯の郷 湯西川観光センターの2階です。入浴料は、大人500円。タオルは別売りで、100円です。この他にも岩盤浴が併設されているみたいです。

2013101412

大浴場に入ると、硫黄臭がぷんとします。「いやー、これって効く温泉じゃないの」って雰囲気を感じます。入ってみると、お湯がとろっとした感じがします。ますますもって、温泉に入ってるって感じです。

お湯はわずかに茶色い色をしているのですが、よーく見ないとわからないでしょう。ほぼ無色透明です。ただ、お湯が流れている辺りが茶色く変色していて、しかも触ってみるとつるつるするので、なるほど温泉成分が濃いんだなって実感が湧きます。

お風呂は、内湯と露天風呂のみです。サウナはありません。内湯はかなり広いのですが、露天風呂はあんまり広くなく、しかもテラスの中に作ってあるので、露天風呂に入っているっていう実感はあんまりありません。

「サウナに入りたい人は、岩盤浴へどうそ」
・・・と言いたいのかもしれませんが、できればサウナを付けて欲しかったですね。それが無理だったら、これだけ広い内湯を作れるんだから、ぬるめの寝湯とかがあってもいいと思います。

2013101413

ただし、とってもいいお湯であることは間違いなく、キューティー吉本は、内湯に入ってガッツリ温まり、露天風呂で軽く身体を冷ましつつもお風呂に入り、脱衣場で10分ほど休憩して、また内湯に入って・・・を繰り返していました。思うに、サウナがないのは泉質に絶対の自信を持っていて、とにかく温泉に入って欲しいということなのかもしれません。湯西川温泉を手軽に楽しめるという点ではお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください