旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

鬼怒川温泉駅

2013/10/14

東武鉄道鬼怒川線 鬼怒川温泉駅 駅舎

鬼怒川温泉への玄関口、東武鉄道の鬼怒川温泉駅です。特急スペーシアに乗ると、ここかお隣の鬼怒川公園駅が終点です。

鬼怒川温泉駅前の足湯 これだけ人口の多い足湯は見たことありません

駅前には、足湯があります。しかし、キューティー吉本も足湯を数多く見てますけど、これだけ人口密度が高い足湯を見たことありません。ちなみに、キューティー吉本もこの足湯に入ったことがあるのですが、営業時間が終了しまして、お湯が自動的にどんどん抜かれているので悲しい思いをしたことがあります。

鬼怒川温泉の旅館街は、歩いて行ってもかまわないのですが、鬼怒川温泉から送迎バスが出ています。と言っても、160円取られます。それだったら、よほど足が悪い人を除いて、歩いていった方がいいんじゃ・・・と思えなくもないです。

鬼怒川温泉駅から各ホテルへ行く、日光ダイヤルバスの乗り場

この送迎バス、日光ダイヤルバス(昔の東武ダイヤルバス)というブランドで運営していまして、なぜダイヤルバスと言うのかというと、由来はこれです。

電電公社時代からのダイヤル式電話 草津温泉の旅館にて

その昔、NTTが電電公社だった頃、電話はダイヤル式でして、当時は電話を掛けることを比喩的に、「ダイヤルを回す」、または「ダイヤルする」って言っていたんです。つまり、鬼怒川温泉の旅館からダイヤルすれば迎えに来てくれるバス、というわけです。早い話が、「名前からして過去の遺物」と思えなくもないんですけどね。

東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅 改札口

列車は、特急スペーシアがおおむね1時間に1本。ただし、多客時や時間帯によっては、30分に1本走ります。また、ここから野岩鉄道→会津鉄道へ行く列車は、おおむね1時間に1本です。基本的に会津田島まで各駅停車ですが、運がよければ快速AIZUマウントエクスプレスに乗れます。しかし、八重のふる里は相当遠いと思うのですが。

紅葉のシーズンの鬼怒川温泉

駅前には足湯の他、お土産物屋さんや飲食店が並んでいます。ただし、飲食店は夕方には閉まってしまいます。なので、ランチを食べる分には問題なしですが、晩ご飯を食べるのは厳しい感じです。

↓お得なJR+宿泊プランを日本旅行で見る方は、ここをクリック
首都圏発 関西発 中部発 北海道発 東北発 北陸発 中国発 四国発 九州発

11 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください