旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

旅行記:サンフランシスコ・サンノゼの旅 2010年12月1日(水)

2013/07/03

シアトル→ポートランドに乗った飛行機

シアトルからポートランドまで、どんな飛行機かと思ったら、これです!

いや、マジでちっちゃい、これ。中に乗ってみたら1列に3人乗る感じで、座席は結構疲れが目立つ。通路の部分で大人が立てる感じの大きさ。いや、確かにちっちゃいです。

挙句の果てに、「(海や川に墜落した時は)座席のクッションを浮き具代わりにしてください」なんて書いてあるし。これ、まじかよ!

ほんとに飛ぶのかな・・・と思ったらしっかり飛びました。そりゃそうですよね、飛行機なんですから。

サンフランシスコ ホテル室内

泊まったホテルの室内が、こんな感じ。結構中は広かったですよ。
キングサイズのベッドとソファー、あと机があります。

朝になって気づいたのですが、どうやら窓は東側にあるらしく、朝日が昇っていくところを部屋から見ることができます。

サンフランシスコ ホテルのテレビ

部屋に置いてあったテレビです。SHARPのAQUOSでした。ひょっとして、亀山産の液晶パネルかな?

サンフランシスコ ホテルの蛇口

お風呂に入ろうと思って、悩んだのがこれ。蛇口なんですけど、シングルレバーなんですね。で、日本の常識でレバーを倒すも、全然倒れず。もちろんお湯も出ず。

ここで力ずくで・・・と思ったのですが、レバー壊すと大変ですからね。

結局、レバーを左に回せば水が出て、更に回すとだんだんあったかくなるということみたいです。うーん、ところ変われば品変わるってやつですね。

サンフランシスコの地図

どこに何があるかわからず、あえなくホテルへ逆戻り(T T)

何とか地図をゲットして、再チャレンジです。アナログ人間ですねって? はい、そうです。カーナビ的なサイトとか、ナビタイム的なサイトって、アメリカにもあるんですよん。Googleマップだって、アメリカにもありますよ。・・・っていうかGoogleってもともとアメリカにあるんだし。

でも、やっぱり紙の地図のほうがいいですね。PCなくても見れるし。

そう言えば、市役所の近くでホームレスが口げんかしてた。何をいってるかよくわからない分、かえって怖い。

MUNI 3日間パスポート

MUNIの3日間パスポート。これです。

どうやら、駅に行ってもダメで、切符売り場に行かないと売ってないみたいです。日本でいうと、定期券なんかはみどりの窓口に行かないと売ってないって感覚に近いでしょうかね。

これでサンフランシスコのバス・地下鉄・路面電車・ケーブルカーは全部乗れるみたいです。金額はともかく、いちいち切符を買わなくて済むのがうれしいですね。

FOREVER 21 サンフランシスコ

切符売り場のすぐ横に、フォーエバー21がありました。日本にも来ましたよね。ちなみに、3日間パスポートを売ってた切符売り場というのが、写真の左側にあります。

で、フォーエバー21の目の前にケーブルカーのターンテーブルがあって、その隣にGAPがあります。

サンフランシスコ ケーブルカー

GAPとフォーエバー21のあるあたりが終点で、ケーブルカーはここで向きを変えます。写真が、向きを変えるためのターンテーブルで、なんと人力です。よく見ると、後ろにGAPがありますよね。

結局、私はここのGAPで結構買い込んで・・・おいおい、GAPって日本にもあるだろ。

あ、写真は普通のやつですけど、クリスマス仕様のケーブルカーも走ってましたよ。

サンフランシスコ ピザ

今日のお昼ご飯は、このピザ・・・だったのですが、これが命取りに。

大きさが、日本だとおよそ2~3人分。これを一人で食べたもんだから、後が大変。胃もたれはするは、強烈な眠気(時差ボケ?)がくるはで、さっきまでホテルで寝てました。

でも、未だにお腹がすかないんですよね。どうしようかなぁ、もう夕方の17:30なのに。

サンフランシスコ フィッシャーマンズワーフ 看板

夜になったので、フィッシャーマンズワーフに繰り出しました。ユニオンスクエアもきれいだったんですけど、フィッシャーマンズワーフのイルミネーションもきれいでしたよ。何しろ、クリスマスが近いですから。

ちなみに、フィッシャーマンズワーフまでケーブルカーで行ったんですけど、この景色はまた別の機会に。

残念だったのは、昼のピザが効いていて、晩ご飯を食べられなかったこと。この辺はお魚がおいしいらしいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください