旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:乳頭温泉郷 大釜温泉

2013/07/14

乳頭温泉郷 大釜温泉旅館 立て看板

羽後交通の乳頭温泉バス停のすぐ前に、大釜温泉旅館があります。看板には、「乳頭温泉小学校大釜分校」と書いてあります。ただし、ここには学校があったわけではなく、本荘市の子吉小学校の廃校舎を譲り受けて、ここに移築したんだそうです。

乳頭温泉郷 大釜温泉旅館 入口

ただし、もともと小学校だった建物を、温泉旅館として使っているというのは確かでして、ちょっと珍しいお宿です。

大釜温泉は、温泉旅館です。当然宿泊もできるのですが、日帰り入浴もできます。1回500円です。ただし、16:30までです。

乳頭温泉郷 大釜温泉旅館 足湯

建物の外には、足湯があります。こっちは無料です。

乳頭温泉郷 大釜温泉旅館 男女別ののれん

キューティー吉本も、早速入ってみます。フロントの先に、お風呂場の入り口があります。

しかし、こののれんに注目です。一見すると、女性が左、男性が右に進むように見えるのですが、右側は行き止まりです。ということは、男性も左に進むんです。

「まさか、ここって混浴?!」

乳頭温泉郷 大釜温泉旅館 脱衣場

残念でした、男女別々です。(ですよねぇ)

この写真の奥に、内湯と露天風呂の写真が載っているのですが、中はもうバリバリの湯治場って感じのお風呂です。これがもともと小学校の校舎だったというのが、信じられないぐらいです。

乳頭温泉郷 大釜温泉旅館のお湯

お湯は、白っぽい茶色です。内湯と露天風呂があるのですが、内湯がとにかく熱いんです。いや、本当に効きそうな感じのお湯です。ところが、露天風呂が超ぬるいんです。この中間だったらいいんですけどねぇ。

キューティー吉本は、まず熱い内湯に入って、暑くなったら露天風呂で冷まして、また内湯に入って・・・を繰り返してました。これが結構快適で、しかもとってもあったまるんです。ひょっとすると、この入り方を想定していたのかもしれませんね。

日帰り入浴のお値段は、500円です。宿泊客は、24時間入れるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

当サイトおすすめ
楽天トラベル
Yahoo! トラベル
アソビュー