タグ別アーカイブ: 金沢駅

金沢駅前バスターミナル


JR北陸新幹線 金沢駅 兼六園口 鼓門 といっても兼六園までは大分遠いです

石川県って、なぜか知らないのですが、北陸3県の中で唯一、路面電車が走っていません。金沢市内の交通機関は、基本的にバスです。

なので、兼六園金沢城公園ひがし茶屋街にし茶屋街、21世紀美術館、尾山神社長町武家屋敷跡と言った観光名所や、近江町市場香林坊片町と言った繁華街も、金沢駅からは基本的には路線バスで、兼六園口のバスターミナルから発着します。頑張れば歩けるかもしれませんが、お勧めできません。

JR北陸本線 金沢駅 交通案内所 北鉄バス 1日フリー乗車券はここで買えます

金沢市内を走るバスは、北陸鉄道バス(北鉄バス)と、西日本JRバスの2種類があります。金沢駅を出てすぐのところに、バス案内所があります。ダントツに混んでいるのは北鉄バスの窓口でして、1日フリー乗車券を買う人の列ができています。

北陸鉄道バス 金沢駅前バスターミナル 7番乗り場 ひがし茶屋街方面に行きます

北鉄バスの乗り場です。大ざっぱにいうと、「ひがし茶屋街」「その他」という分け方です。なぜかというと、金沢市内の名だたる観光名所や繁華街の中でも、ひがし茶屋街だけ逆方向でして、バスの乗り場も分かれているというわけです。

ひがし茶屋街の最寄りバス停は橋場町で、橋場町へ行くバスは7番乗り場から発着します。

北陸鉄道バス 金沢駅前バスターミナル 6番乗り場 近江町市場、尾山神社、長町武家屋敷跡、21世紀美術館、兼六園下・金沢城方面に行きます

兼六園シャトルと言って、近江町市場尾山神社長町武家屋敷跡、21世紀美術館、兼六園金沢城公園へ行くバスが発着します。

近江町市場の最寄りバス停は武蔵ヶ辻、尾山神社の最寄りバス停は南町、長町武家屋敷跡の最寄りバス停は香林坊、兼六園金沢城公園の最寄りバス停は兼六園下・金沢城です。6番乗り場から発着します。

北陸鉄道バス 金沢駅前バスターミナル 8番乗り場 近江町市場、尾山神社、長町武家屋敷跡、香林坊、片町、にし茶屋街方面へ行きます

ただし、武蔵ヶ辻、南町、香林坊は金沢のメインストリートでもありまして、かなりたくさんのバスが走ります。3番、8番~10番乗り場のバスでも行けます。こっちのほうが観光客があんまり乗らないので、空いてて便利だったりします。

にし茶屋街の最寄りバス停は広小路で、8番乗り場から発着します。

北鉄バス 金沢周遊バス 金沢市内を一周する、観光に便利なバスです

北鉄バスは、基本的にオレンジ色の車体です。写真は金沢周遊バスで、金沢市内の名だたる観光地、繁華街を行く循環バスです。赤いバスが右回り、緑色のバスが左回りです。兼六園シャトルと金沢周遊バスも、北鉄バス 一日フリー乗車券で乗れます。

JR西日本バス 金沢駅前バスターミナル まちバス乗り場 近江町市場、尾山神社、長町武家屋敷跡、21世紀美術館、兼六園下・金沢城公園に行きます

西日本JRバスのまちバスの乗り場です。北鉄バスの兼六園シャトル同様、武蔵ヶ辻、南町、香林坊、21世紀美術館、兼六園下・金沢城に行きます。まちバスは土日祝日のみの運行で、一日フリー乗車券では乗れません。しかも、まちバスと経路がかぶる兼六園シャトルが、土日祝日のみ運賃100円です。

では、まちバスのメリットはというと、SuicaやPASMO、ICOCAが使える点です。なので、交通系ICカードをお持ちの方で、金沢市内を一日観光する時間がなく「兼六園に行って帰ってくればいいや」と思っている人にとっては、兼六園シャトルよりまちバスにした方がいいかも知れません。

まちバスは、青い車体です。一日フリー乗車券を買った人は、間違えて乗らないように気を付けましょう。

金沢駅 兼六園下口バスターミナル 主要観光地別バス発車案内

金沢市内のバスは結構複雑で、武蔵ヶ辻、南町、香林坊に至ってはあまりにもたくさんのバスがあるので、どの乗り場から先に発車するのかわかりにくかったりします。そこで、主要行先別の発車案内があります。




北鉄金沢駅


北陸鉄道 浅野川線 北鉄金沢駅 金沢駅のシンボルと言える鼓門の模型

金沢駅の地下には、駅のシンボルとも言える鼓門の模型が置いてあります。

北陸鉄道 浅野川線 北鉄金沢駅 駅の横にある庭園

また、日本庭園もありまして、さすが金沢だなーと感じます。

北陸鉄道 浅野川線 北鉄金沢駅 改札口

で、この日本庭園の隣に、北陸鉄道浅野川線の、北鉄金沢駅があります。

北陸鉄道 浅野川線 北鉄金沢駅 切符売り場

北陸鉄道浅野川線というのは、北鉄金沢から内灘を結ぶ、どちらかと言うと小さい路線です。日中の時間帯で、およそ30分に1本の間隔で運転されています。駅員さんがいるのは、北鉄金沢駅と内灘駅のみで、あとは無人駅です。

北陸鉄道 浅野川線 北鉄金沢駅 ホーム

ホームは2本あります。ただし、向かって左側のホームは車庫代わりに使っている感じでして、留め置きの電車が止まっていました。

北陸鉄道 浅野川線 8000系 前面 北鉄金沢駅にて

電車が来ると、改札が始まります。でも、これってもしかして、京王井之頭線を走ってた電車じゃないかなぁ。

北陸鉄道 浅野川線 北鉄金沢駅 金沢駅の地下にあります

この金沢駅の地下、かなりの広さでして、北鉄金沢駅こそあるものの、あまり有効に活用されていないようです。いっそ北鉄を野町まで伸ばすか(できれば武蔵ヶ辻、香林坊経由で)、地下街を作ったほうがいいと思うんですけどね。


金沢駅


JR北陸新幹線 金沢駅 駅名票

北陸新幹線の終点(この記事を執筆時点で)、金沢駅です。北陸新幹線のほか、JR北陸本線、IRいしかわ鉄道、北陸鉄道浅野川線が乗り入れます。

JR北陸新幹線 金沢駅 13番線・14番線ホーム

11番線~14番線が、新幹線ホームです。

JR北陸新幹線 金沢駅 ゴールデンウィークのせいか列車が3本止まっていました

ホームは全部で4本の列車が止まれます。今日は、このうち3本が止まっていました。やはりお客さんの数がいつもより多く、臨時列車も運行していたのでしょうか。

JR北陸新幹線 金沢駅 新幹線ホームの駅員さん 立ち位置はこうなっています

新幹線ホームは、ホームドアが付いています。このため、駅員さんの立ち位置には、駅員さん用のドアと、色々な設備がついています。ちなみに、モニターにはホーム上の監視カメラの映像が映っています。

JR北陸新幹線 金沢駅 ホームのベンチ 駅のベンチにしては豪華な作りです

新幹線ホームのベンチです。駅のベンチにしては豪華で、座り心地が良さそうです。

JR北陸新幹線 金沢駅 新幹線改札口

新幹線改札口です。ここから、北陸新幹線に直接乗れます。

北陸新幹線 金沢駅 新幹線乗り換え改札口

新幹線と在来線の乗り換え改札口です。自動改札になっていまして、Suicaリーダーがついているのですが、Suicaで通過できませんでした。

JR北陸本線 金沢駅 在来線ホーム 何と駅員さんが切符を見る改札口です

その理由は、在来線改札口を見た時点で見当が付きました。何と、県庁所在地の代表駅だというのに、しかも新幹線の駅だというのに、改札口に駅員さんがいます。いや、今時これは珍しいですねぇ。Suicaは使えないにしても、大抵自動改札口なんですけど。

JR北陸本線 521系 前面 金沢駅にて

で、在来線乗り場に行ってみます。金沢駅には、北陸本線、IRいしかわ鉄道の他、その先の七尾線に乗り入れる列車が発着します。

JR七尾線 415系 前面 金沢駅にて

何しろ、特急サンダーバード特急しらさぎをはじめ、金沢駅で折り返す在来線の列車が結構あるので、在来線のホームの数は多いです。

JR北陸本線 金沢駅 1番線・2番線 主に福井・敦賀・米原方面の列車が発着します

1番線・2番線です。主に、北陸本線の福井、敦賀、米原方面と、更にその先の大阪へ行く特急サンダーバードや、名古屋へ行く特急しらさぎが発着します。

IRいしかわ鉄道 金沢駅 6番線・7番線 主に高岡・富山方面行きの列車が発着します

6番線・7番線です。主に、IRいしかわ鉄道から高岡・富山方面と、七尾・和倉温泉方面に行く列車が発着します。

IRいしかわ鉄道 金沢駅 3番線・5番線 主に普通列車の折り返しに使っているみたいです

3番線・5番線です。主に、金沢駅で折り返す普通列車が使っているみたいでして、色々な行先の列車が発着します。

IRいしかわ鉄道 金沢駅 4番線 主に七尾・和倉温泉方面行きの列車が発着します

で、4番線はどこにあるのかというと、3番線・5番線の先、富山方向に歩いたところにあります。主に、七尾・和倉温泉方面に行く列車が発着します。

IRいしかわ鉄道 金沢駅 兼六園口 東口 すぐ上が北陸新幹線ホームです

兼六園口です。駅前バスターミナルのほか、この地下に北陸鉄道の北鉄金沢駅があります。

JR北陸新幹線 金沢駅 兼六園口 東口 鼓門

金沢駅のシンボルと言ってもいい、鼓門です。やはり、この門を写真に撮ろうと、大勢の観光客がデジカメやスマホを構えていました。兼六園のほか、市内中心部にはこっちの方が近いです。

IRいしかわ鉄道 金沢駅 金沢港口 西口 駅ビル

金沢港口です。金沢駅の駅ビルはこっちにあります。概ね高速バスが発着するバスターミナルがあります。