タグ別アーカイブ: 浅草駅

特急りょうもう


東武スカイツリーライン 200系 特急りょうもう 前面 浅草駅にて撮影

浅草から東武伊勢崎線を走る、特急りょうもうです。大抵の列車は赤城行きですが、たまに太田行きや伊勢崎行きがあります。停車駅は、浅草、東京スカイツリー、北千住、東武動物公園、久喜、館林、足利市、太田、藪塚、新桐生相老赤城です。一部のりょうもう号は、加須と羽生に停まります。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう 車内 シートが新しくなりました

特急りょうもうに久々に乗ってびっくり。なんと、シートが新しくなっていたのでした。特急りょうもうって、外観こそ変わらないものの、列車によってシートが異なるので、全部が新しいシートになったのかどうかはわかりませんが。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう シート 横から撮影

横から見ると、こんな感じ。以前からあった跳ね上げ式のテーブルは健在で、座席を向かい合わせにしてもテーブルが使えます。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう シート背面 シート背面式テーブルがつきました

ついにと言いますか、ようやくと言いますか、シート背面式のテーブルが付きました。跳ね上げ式のテーブルって、ノートPCが使いづらく、通路側の人が使えないというデメリットがあるのですが、これでようやく解消された感じです。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう シート背面 フットレストがなくなりました

その代わり、今までの東武特急には大抵ついていた、フットレストがなくなっています。また、シートこそ新しくなったものの、特急リバティみたくひじ掛け収納式のテーブルやACコンセントはついていません。

シートが新しくなったということは、この車両を当分は使うつもりで、特急リバティで使っている車両に置き換える予定はないと思われます。


特急リバティ会津 特急リバティけごん


東武日光線 特急リバティけごん 前面 浅草駅にて

東武鉄道の特急リバティです。特急リバティというのはこの車両への愛称でして、行先によって、特急リバティ会津、特急リバティけごん、特急リバティりょうもう、などの愛称がつきます。理屈は、特急スペーシアと同じですね。

この列車の売りは、3両編成2本に分割することができる点です。これを活かして、東武動物公園で分割して、館林方面へ行く列車と、鬼怒川温泉方面に行く列車にする。下今市で分割して、東武日光方面に行く列車と、鬼怒川温泉方面に行く列車にする、なんてことができるんです。

東武伊勢崎線 特急リバティりょうもう シート 横から撮影

シートを横から見ると、こんな感じ。身体を包み込む感じのデザインになっています。ただし、座った感じはやや硬めでした。

東武鬼怒川線 特急リバティきぬ シート背面のテーブル

東武鉄道の特急としては初めて(?)、シート背面式のテーブルがつきました。テーブルの背面には、車内のご案内が載っています。

会津鉄道 会津線 特急リバティ会津 シート脇のコンセント

これまた東武鉄道の特急としては初めて(?)、ACコンセントがついています。ちょうどひじ掛けのあたりについているので、窓側・通路側どっちの席でもコンセントにありつけます。

野岩鉄道 会津鬼怒川線 特急リバティ会津 シート下部

更に東武鉄道の特急としては初めて(?)、シート背面にボトルホルダーがつきました。が、今までの東武特急にはついていた、フットレストがなくなっていました。これはちょっとショック。

東武日光線 特急リバティけごん ひじ掛け式テーブル

それでも、ひじ掛け収納式のテーブルは、ちゃんとありました。座席を向かい合わせにしても、テーブルにありつけるようにとの配慮でしょう。

東武鬼怒川線 特急リバティきぬ 車内の電光掲示板

しかし、前々から嫌な予感がしていたのですが、残念ながら特急リバティに乗って、その嫌な予感が確信に変わってしまいました。なんと特急リバティって、車内販売はおろか、自動販売機もないんです。はっきり言って、これは大きなマイナスポイント。

6両編成を3両ずつに分割できる構造である以上、特急スペーシアのようなビュッフェは無理として、せめて車内販売か自動販売機は置いて欲しいですね。分割併合のタイミングで買い出しに行くという手もありそうに思えるのですが、東武動物公園と下今市には、ホームに売店がないんで…

野岩鉄道 会津鬼怒川線 特急リバティ会津 前面 川治湯元駅にて

特急リバティ会津は、鬼怒川温泉から先、野岩鉄道と会津鉄道に乗り入れまして、会津田島駅まで乗り入れます。ちょうど昔の快速列車がなくなった代わりに、特急リバティ会津に変わった感じです。

しかし、ここで驚愕の事実が。下今市駅でやたらお客さんがどこどこ乗ってきまして、一体何事かと思ったら・・・

下今市駅から先は、特急券なしでご乗車いただけます」

・・・との車内放送が。しかも、下今市駅から先は、各駅停車。こんなんだったら特急券は下今市駅までしか買わず、下今市から鬼怒川温泉方面は特急券なしで乗るって裏技をつかう輩が出るんじゃないかと思ったら・・・

下今市駅を超えて同一列車に乗る場合は、全区間の特急券を購入する必要があります。」

・・・て、なんだよそれー。これだったら、特急わかしおとか、特急しおさいとかを見習って、「下今市駅から先は、各駅停車です。」ってことにして欲しいですね。

川治湯元駅で、特急リバティの動画を撮ってきました。よかったら見てくださいね。



特急スペーシアきぬ


東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 日光詣号 前面 下今市駅にて撮影

なんと! 期間限定バージョンでしょうか。下今市駅にゴールドのスペーシアが停まっていました。このデザイン、結構かっこいいので、いっそ全部これに塗り替えて・・・て、それじゃあこの列車のありがたみがないか。

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 日光詣号 側面のシンボルマーク 下今市駅にて

側面はこんな感じ。日光詣のシンボルマークが描かれています。ちなみに、モチーフは日光東照宮の「見ざる・聞かざる・言わざる」と、「眠り猫」です。

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 日光詣号 車内 枕カバーが黄色いのが特徴です 鬼怒川温泉駅にて撮影

しかも、帰りのスペーシアがこの日光詣号でした。これが、車内です。一見すると、普通のスペーシアと同じように見えるのですが・・・

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 車内 浅草駅にて撮影

これが、普通のスペーシアの車内です。行きのスペーシアに乗った時に、浅草駅で撮影しました。見比べてみるとわかるのですが、日光詣号は枕カバーが黄色のスペシャルバージョンなんです。

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 日光詣号 シート背面 枕カバーにもシンボルマークが描かれています 鬼怒川温泉駅にて撮影

しかも、枕カバーの背面にもシンボルマークが描かれています。

DSC_0387

東武特急スペーシアきぬの詳細は前回の記事に書きましたが、3号車にはビュッフェのほか、自動販売機があります。自動販売機では、清涼飲料水が買えます。アルコール類は売っていません。車内販売か、ビュッフェで買います。ちなみに、ビュッフェではお弁当類のほか、生ビールを売っています。

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ シート フットレストがついているのが特徴です 浅草駅で撮影

シートはかなりゆったりしています。東武特急のお決まりといいますか、フットレストがついています。やはり東武鉄道のフラッグシップだけあって、スペーシアのシートが一番豪華で、座り心地がいいです。

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 春日部駅での降車口の案内

特急スペーシアは、春日部駅では2号車と5号車の扉しか開きません。これは、春日部駅では降りる人と乗る人の両方がいるためです。理屈は、東武動物公園駅と久喜駅では特急りょうもうの扉が2号車と5号車しか開かないのと同じです。

東武浅草駅


浅草 雷門 この奥に仲見世通りと浅草寺があります

浅草です。ここから、東武特急スペーシアに乗ります。ちなみに、これは浅草の雷門。平日の朝だというのに、かなりの人です。ちなみに、浅草周辺のホテルは意外と安かったりします。理由は、浅草とか東京スカイツリーとかへ行くには便利なんですが、それ以外のところへ行くには不便だから。なので、ビジネス客が見込めないので、お値段が安いというわけです。

東武伊勢崎線 浅草駅 駅ビル正面

で、東武鉄道の浅草駅です。東武伊勢崎線(あ、今では東武スカイツリーラインって言うんですね)の起点です。東京メトロ銀座線、都営浅草線に乗り換えできます。つくばエクスプレスの浅草駅はだいぶ離れたところにあるので、要注意です。

東武伊勢崎線 浅草駅 駅ビル 新仲見世通りから撮影

浅草って、もともとは東京一の繁華街だったのですが、今では観光で行く感じですね。東武浅草駅の駅ビルも、東京スカイツリーの開業に合わせ、きれいになりました。しかし、この駅ビル内にホームがあり、しかも駅を出ると直角に曲がって隅田川を渡る構造があだとなってしまいました。

東武伊勢崎線 浅草駅 1階コンコース

前述の理由で、浅草駅は6両編成までしか停まることができません。なので、今では押上から東京メトロ半蔵門線、北千住から東京メトロ日比谷線に乗り入れる列車が主体で、浅草を発着する電車は大抵が、北千住か竹ノ塚止まりです。

東武伊勢崎線 浅草駅 2階改札口

ただし、鬼怒川温泉方面に行く特急スペーシア快速列車赤城方面に行く特急りょうもうは浅草駅発着です。ただし、悲しいかな北千住で乗ってくるお客さんの方が多い感じがします。ま、ターミナルとしては浅草駅より北千住駅の方が使い勝手がいいので(事実、浅草駅より北千住駅の方が広い)、致し方ない気はします。


特急りょうもう


東武鉄道 200系 特急りょうもう 前面 太田駅にて

東武鉄道の特急には、日光線を走るスペーシアきりふり以外に、伊勢崎線を走るりょうもうがあります。日中はおおむね30分に1本、赤城行きと大田行きが交互に走る感じです。ただし、特急とは言ってもスペーシアほど豪華ではありません。車内には自販機はあるものの、車内販売はありません。

ちなみに、「りょうもう」というのは漢字で書くと「両毛」で、群馬県と栃木県のことです。

東武鉄道 200系 特急りょうもう シート その1

この特急りょうもう。外観はほとんど同じなのに、シートは何パターンかあるみたいです。行きに乗ったのは、このパターンです。ただ、どのパターンでも、跳ね上げ式テーブルとフットレストはついているみたいです。

東武鉄道 200系 特急りょうもう シート背面 その1

シート背面にテーブルがついていません。しかも、物入れがゴムバンド式と質素。「きりふりの方がいいじゃん」という意見もあるかもしれませんが、りょうもうのシートはリクライニング式です。

東武鉄道 200系 特急りょうもう シート その2

帰りに乗ったのが、このパターン。行きにのったシートよりもふかふかで、しかもリクライニングシートを倒すと座面が動くというゴージャスなシートです。

東武鉄道 200系 特急りょうもう シート背面 その2

物入れも、網になっています。難点は、背面がやや低いのと、リクライニングが3段階しかない点ですか。ただし、キューティー吉本的には、こっちのシートの方が快適と感じました。

東武鉄道 200系 特急りょうもう 車内 東武動物公園と久喜では2か所のドアしか開きません

停車駅は、浅草、東京スカイツリー、北千住、東武動物公園、館林、足利、太田、藪塚、新桐生相老赤城です。一部のりょうもう号は、羽生、加須、久喜にも止まります。ただし、東武動物公園と久喜では、2号車と5号車のドアしか開きません。なぜかと言うと、この2つの駅は上下線ともに乗り降り両方が発生する可能性があり、ホームの駅員さんが特急券を確認するためです。このため、りょうもう号の扉の上には、案内が書いてあります。