タグ別アーカイブ: 東武特急りょうもう

特急りょうもう


東武スカイツリーライン 200系 特急りょうもう 前面 浅草駅にて撮影

浅草から東武伊勢崎線を走る、特急りょうもうです。大抵の列車は赤城行きですが、たまに太田行きや伊勢崎行きがあります。停車駅は、浅草、東京スカイツリー、北千住、東武動物公園、久喜、館林、足利市、太田、藪塚、新桐生相老赤城です。一部のりょうもう号は、加須と羽生に停まります。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう 車内 シートが新しくなりました

特急りょうもうに久々に乗ってびっくり。なんと、シートが新しくなっていたのでした。特急りょうもうって、外観こそ変わらないものの、列車によってシートが異なるので、全部が新しいシートになったのかどうかはわかりませんが。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう シート 横から撮影

横から見ると、こんな感じ。以前からあった跳ね上げ式のテーブルは健在で、座席を向かい合わせにしてもテーブルが使えます。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう シート背面 シート背面式テーブルがつきました

ついにと言いますか、ようやくと言いますか、シート背面式のテーブルが付きました。跳ね上げ式のテーブルって、ノートPCが使いづらく、通路側の人が使えないというデメリットがあるのですが、これでようやく解消された感じです。

東武伊勢崎線 200系 特急りょうもう シート背面 フットレストがなくなりました

その代わり、今までの東武特急には大抵ついていた、フットレストがなくなっています。また、シートこそ新しくなったものの、特急リバティみたくひじ掛け収納式のテーブルやACコンセントはついていません。

シートが新しくなったということは、この車両を当分は使うつもりで、特急リバティで使っている車両に置き換える予定はないと思われます。

特急りょうもう


東武鉄道 200系 特急りょうもう 前面 太田駅にて

東武鉄道の特急には、日光線を走るスペーシアきりふり以外に、伊勢崎線を走るりょうもうがあります。日中はおおむね30分に1本、赤城行きと大田行きが交互に走る感じです。ただし、特急とは言ってもスペーシアほど豪華ではありません。車内には自販機はあるものの、車内販売はありません。

ちなみに、「りょうもう」というのは漢字で書くと「両毛」で、群馬県と栃木県のことです。

東武鉄道 200系 特急りょうもう シート その1

この特急りょうもう。外観はほとんど同じなのに、シートは何パターンかあるみたいです。行きに乗ったのは、このパターンです。ただ、どのパターンでも、跳ね上げ式テーブルとフットレストはついているみたいです。

東武鉄道 200系 特急りょうもう シート背面 その1

シート背面にテーブルがついていません。しかも、物入れがゴムバンド式と質素。「きりふりの方がいいじゃん」という意見もあるかもしれませんが、りょうもうのシートはリクライニング式です。

東武鉄道 200系 特急りょうもう シート その2

帰りに乗ったのが、このパターン。行きにのったシートよりもふかふかで、しかもリクライニングシートを倒すと座面が動くというゴージャスなシートです。

東武鉄道 200系 特急りょうもう シート背面 その2

物入れも、網になっています。難点は、背面がやや低いのと、リクライニングが3段階しかない点ですか。ただし、キューティー吉本的には、こっちのシートの方が快適と感じました。

東武鉄道 200系 特急りょうもう 車内 東武動物公園と久喜では2か所のドアしか開きません

停車駅は、浅草、東京スカイツリー、北千住、東武動物公園、館林、足利、太田、藪塚、新桐生相老赤城です。一部のりょうもう号は、羽生、加須、久喜にも止まります。ただし、東武動物公園と久喜では、2号車と5号車のドアしか開きません。なぜかと言うと、この2つの駅は上下線ともに乗り降り両方が発生する可能性があり、ホームの駅員さんが特急券を確認するためです。このため、りょうもう号の扉の上には、案内が書いてあります。