タグ別アーカイブ: 箱根湯本天成園

日帰り入浴レビュー:箱根湯本温泉 天成園


箱根湯本温泉 天成園 建物全景

久々に行ってみると、日帰り入浴の浴衣はフロント後ろから自由に取る仕組みに変わっていました。つまり、自由なサイズを選ぶことができるんです。更に、女性の場合は好きな柄を選べます。もっとも、これは以前からできたのですが、フロントでサイズや柄を聞いて、指定の浴衣を付ける方式だったんですね。ま、フェイスタオルならともかく、浴衣なんて一人で何着も持って行く人なんてまずいないわけで、こうすればフロントの手間が省けるというわけですね。

箱根湯本温泉 天成園 建物裏の庭園の池 錦鯉がきれいですね

しかし、ここで痛恨のミスが発覚。お風呂から上がって浴衣に着替えようとしたところ、帯が見つかりません。

「え!? 浴衣に付いてるんじゃないの?」

仕方なく、普通の服に着替えて、1階のフロントへ。
(注:天成園の大浴場は、一番上の階にあります)

しかし、浴衣は置いてあるものの、やはり帯は置いてありません。仕方なく、また大浴場へ。一体帯はどこにあるのかと思ったら、フロントでタオルを受け取った時のバッグの中に入っていたのでした。うーん、これだったら

「浴衣は後ろからお取りください。帯はバッグの中に入っています。」

・・・って言って欲しかったなぁ・・・

玉簾豆腐 箱根湯本温泉 天成園にて

で、お風呂上りにお食事処へ。今日は大人しく、玉簾豆腐です。この名前は、玉簾の滝にちなんで名づけられたものです。ネギ・生姜とだし醤油でいただきます。さすが、氷でキンと冷やしているだけあって、冷たくてうまい。

とろろそば 箱根湯本温泉 天成園にて

続いて、とろろそばです。うずら卵が入っているのがうれしいですね。でも、とろろの分量が少ないような気がするのですが。でも、お蕎麦ののど越しが良くて、うまかったので許します。

箱根湯本温泉 天成園 玄関

しかし、行ったタイミングが悪かった。館内はどこもかしこも超満員。大浴場こそそれほどでもなかったのですが、お食事処はかろうじて席を確保できた状態。リラックスルームに至っては、満席で利用できない状態。仕方なくお昼寝はあきらめ、もう一度お風呂に入ってから帰りました。リラックスルームを広くしろとは言いませんが、横浜の万葉の湯みたく、多客時は宴会場をお昼寝場所にして欲しいです。
(注:臨時で宴会場が解放されてはいたのですが、休憩所として開放されていたので、ここでお昼寝はムリです)




日帰り入浴レビュー:箱根湯本温泉 天成園


箱根湯本温泉 天成園 建物

PowerShot G9Xを持って、どこへ行こうかなと思ったのですが、行った場所は天成園でした。ま、温泉大好きのキューティー吉本らしいということで。

箱根湯本温泉 天成園 近くの川に珍しい鳥がいました

天成園に行く前に、珍しい鳥を見つけました。しかしこのPowerShot G9X、ピントが合えば抜群にきれいな絵を撮ってくれますね。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾の瀧

建物の裏には、玉簾の滝があります。ここでしばらく練習がてらに撮影します。あ、もちろんこの後、温泉に入っていますよ。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾の瀧 池には鯉が泳いでいます

玉簾の滝の池には、鯉がいます。

冷奴 箱根湯本温泉 天成園にて

で、温泉に入った後の呑みです。最初に頼んだのが、冷奴。だし醤油でいただきます。きーんと冷えた状態で出てくるのがいいですね。

お刺身盛り合わせ 箱根湯本温泉 天成園にて

次に頼んだのが、お刺身の盛り合わせ。金目鯛、マグロ、鯛の三種盛りです。見た目すっごくきれいで、しかも氷の上に盛り付けてあるという一品です。しかし、その割にはあんまり冷えてなかったのがちょっと不満。

ほたるいかの沖漬け 箱根湯本温泉 天成園にて

つづいて、ほたるいかの沖漬けを注文。これ、お酒とか焼酎とかによく合うんですよね。

ざるとろろそば 箱根湯本温泉 天成園にて

〆は、ざるとろろそば。実は箱根ってとろろそばがおいしいところなんですけど、天成園もその期待を裏切らないお味でした。まず、とろろの粘りがすごい。で、鶉卵が入っているのがすごくうれしいですね。お蕎麦ものど越しがよくて、うまかったですよ。




日帰り入浴レビュー:箱根湯本温泉 天成園


久々に、天成園に行ってみました。この時期、天空露天風呂から紅葉が見えます。いや、大浴場にカメラを入れられないのが残念です。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾御膳

で、今回はおつまみを色々頼むのではなく、玉簾御膳を頼むことに。なぜかと言うと、お刺身5点盛りで2,200円。600円ぐらいのおつまみを4つぐらい頼むと2,400円ぐらいするわけで、だったら2,700円の玉簾御膳を頼んだっていいんじゃない・・・ってことで。

で、ちょっとずつ来るのかと思ったら・・・いっぺんに全部来ました。なので、お盆がとてつもなく大きいことに。しかも、これだけの代物を注文を受けてから作っているとは思えず、あらかじめ作ってあったんじゃないかって勘繰りたくなります。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾御膳 お造り3点盛り

玉簾御膳は、基本的にお魚尽くしです。ますは、お刺身4点盛り。これはこれでおいしかったのですが、マグロが見た目おいしそうなものの、実際には筋だらけだったのががっかり。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾御膳 煮魚

魚の煮つけです。絶品だったのは、むしろこちら。やや甘辛い感じで、魚の頭の部分を煮つけてあるんですけど、脂が乗っていて、しかもしつこ過ぎずしっかりとした味付けで、これはうまかったですね。お酒もさることながら、ご飯が進む味付けでした。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾御膳 天ぷら

続いて、天ぷらです。えび天をはじめとして、しし唐、椎茸、なすの天ぷらでした。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾御膳 寄せ鍋

そして、寄せ鍋です。

基本的にお魚尽くしだったのですが、食べ終わった後、あることに気づきます。

「あれ、焼き魚がなかったんじゃない?」

はい。懐石料理だったら、焼き物が入っているはずで、魚尽くしだったら焼き魚が入っているはず。また、これだけたくさんお魚が出てくるのに、お魚を食べたって実感はあんまりなかったです。ま、ちょっとずつ色んなものを食べられたので、これはこれで満足なのですが。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾御膳 デザート

最後にデザートが付きます。抹茶のババロアでした。

確かに、おいしかったのですが、焼き魚と茶碗蒸しが欲しかったのと、マグロの刺身が不満でした。また、これだけの代物をいっぺんに出されても食べきれるわけがなく、食べるスピードに合わせてちょっとずつ出して欲しかったです。特に、お酒飲む人にとっては、ご飯とお味噌汁を最初に出されても困ってしまうわけで、飲んだ後にご飯を食べようと思ったら、お味噌汁が完全に冷めていました。ここが改善されれば、もう一回食べてみたいですね。

日帰り入浴レビュー:箱根湯本温泉 天成園


キューティー吉本が箱根湯本に行くと、大抵天成園に行きます(前回行ったときの記事は、こちら)。ここはホテル・・・というか温泉旅館なのですが、23時間営業の日帰り入浴施設でもあったりします。

箱根湯本温泉 天成園 美肌うるおいの湯 看板

日帰り入浴として利用する場合、営業時間は朝10:00~翌朝9:00。料金は、大人2,400円です。料金の中には、浴衣とバスタオルのレンタル料金と、お持ち帰りできるフェイスタオルの料金が含まれています。宿泊する場合、チェックインは15:00~、チェックアウトは~10:00なのですが、チェックインする日の10:00~お風呂に入れます。なので、1階のフロントが、日帰り入浴用と、宿泊用に別れています。

箱根湯本温泉 天成園 ホテルの建物全体 大浴場は6階と7階です

大浴場は、男性が7階、女性が6階です。天空大露天風呂と名前がついているのですが、ちょうど建物の屋上が露天風呂になっているというわけです。なので、かなりの解放感です。露天風呂には、浅い湯船と深い湯船があって、浅い湯船には泡風呂がついています。湯船はかなりの広さです。露天風呂にはこの他、源泉かけ流しの石風呂があります。この石風呂、一つに大体3人ぐらいまで入れる大きさです。

箱根湯本温泉 天成園 中庭

内湯は、これまたかなり広い湯船が2つ。他に、ドライサウナとスチームサウナ、水風呂があります。内湯もガラス張りになっていて、外の景色が見えます。お湯はアルカリ性単純温泉で、無色透明のあっさりとした感じのお湯です。温泉旅館の大浴場として考えても、これはかなり広くて立派なお風呂ですね。あ、有料ですけど、家族風呂もあるそうです。

2階には、お食事処兼無料休憩室があります。ただ、無料休憩室と書いてあるのですが、机の上にはメニューがしっかり置いてあって、ただで使うのはちょっと気が引ける感じがします。3階には、リラックスルームがあって、ここでお昼寝や仮眠ができます。なので、温泉旅館の日帰り入浴みたく、ただお風呂に入って終わりではなく、お風呂に入ってご飯も食べて、ゆっくり休むこともできる施設だったりします。

なお、天成園には宿泊者専用ゾーンがあり、ここには客室と、宿泊者専用のお食事処があります。また、1階にはフロントの他、お土産物屋さんやキッズコーナー、喫茶店があります。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾の滝と玉簾神社への通路 誰でも入れます

天成園の裏には、かなり立派な庭園があります。この庭園には、玉簾の滝(たまだれのたき)と玉簾神社(たまだれじんじゃ)がありまして、なんとホテルを利用していない人でも、無料で入ることができます。玉簾の滝と玉簾神社へは、ホテルの脇にある通路を通ります。

箱根湯本温泉 天成園 玉簾の滝

これが、玉簾の滝です。実は、天成園の裏には、滝が2つあります。うち、玉簾の滝は奥にあります。で、この2つの滝の間を昇ったところに、玉簾神社があります。古くから延命の水として知られていまして、無料の飲水場があります。



この2,400円と言う料金を、高いとみるか否かは人によると思うのですが、せっかく箱根に来たんだから、温泉に入って一日ゆっくりしたいという目的で来ている人に取っては、妥当な金額なんじゃないかと思います。ただし、ただお風呂に入れればそれでいいという人であれば、正直高いと思います。キューティー吉本はゆっくりしたい派なので、まあ健康ランドに行ってもこれぐらいのお金を取られると考えれば、こんなもんじゃないかなと思います。健康ランドにない特徴は、箱根湯本温泉に入れるという点と、ホテルが併設されている点ですね。言い忘れましたが、女性の浴衣は選べる仕組みになっています。なので、女性は必ずフロントに並ばないとダメです(または、どの浴衣にするかをあらかじめ選んでおく)。

天成園の場所は、箱根湯本駅から歩いて10分から15分ぐらいのところにあります。ただし、箱根湯本駅から毎時15分と45分に、旅館協同組合の送迎バスが出ています。料金は100円です。


玉簾の瀧


天成園のすぐ後ろが立派な庭園になっていまして、無料で入ることができます。

ここは、パワースポットとしても有名でして、なんと神社があります。

玉簾神社

玉簾神社(たまだれじんじゃ)といいまして、箱根神社の唯一の分社です。天成園からは、石段を登った先にあります。「水の守り神」「縁結びの神様」としても有名なんだそうです。

そんな関係もありまして、天成園の庭園には、社務所というか絵馬・お守り売り場というか、ホテルなのに神社としての施設もあったりします。ただし、ここで働いている人がホテルの関係者かどうかは定かではありません。

また、水の神様らしく、玉簾神社のすぐ横には滝があります。玉簾の滝(たまだれのたき)です。ここは湧き水らしく、古くから「延命の水」として親しまれていたそうです。

これがホテル・・・というか旅館の庭園だっていうんですからねぇ。仮にお泊りしなかったとしても、仮に温泉に入らなかったとしても、ここに行くだけでも十分価値がありそうな感じですね。