旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

宿泊記:長野東急REIホテルの写真付きレビュー

2017/05/05

長野東急REIホテル 建物外観 長野駅前にあります

キューティー吉本がお泊りしたのは、東急REIホテル長野でした。場所は、長野駅から歩いて0分。善光寺口を出たらすぐわかります。

長野東急REIホテル ダブルルーム 入口を入ったところ

キューティー吉本はシングルルームを予約したはずだったのですが、「ダブルルームでご予約を承っております」とのことで、ダブルルームに案内されました。

長野東急REIホテル ダブルルーム 室内 入口から窓方向を撮影

こちらが、ダブルルームの室内です。手前にダブルベッドと加湿空気清浄機、奥にテーブルとテレビ、冷蔵庫があります。

長野東急REIホテル ダブルルーム 室内 窓から入口方向を撮影

逆向きから撮ると、こんな感じ。ダブルベッドなので、枕は2つありました。それにしても、このベッドの寝心地がとっても良かったです。

長野東急REIホテル ダブルルーム ベッド脇のコンセントとスイッチ

枕元にはスイッチ類のほか、ACコンセントがついています。ただ、ここでケータイ・スマホを充電しようにも、置き場所がないのが玉に傷だったりします。

長野東急REIホテル ダブルルーム 窓際のテーブル

このお部屋の特徴として、ホテルによくありがちな、デスクがありません。その代わり、窓際にテーブルがありまして、2人が座れるようになっています。これ、うまい方法を考えたな、と思います。必要なスペースは、デスクを付けた時とあんまり変わらないわけですから。

長野東急REIホテル ダブルルーム テーブ脇のコンセントとLANケーブル接続

このため、ACコンセントと、インターネット接続用のLAN接続口は、窓際のテーブル脇にあります。このため、テーブルでPCを使おうと思ったら、そこそこACアダプタのケーブルの長さがないと厳しかったりします。これだったら、いっそテーブルの上につけて欲しかったですね。

長野東急REIホテル ダブルルーム テレビと冷蔵庫、コップと電気ケトル

テレビと冷蔵庫、コップ類、電気ケトルは、カウンターの上に置いてあります。テーブルやベッドから見やすい位置にありまして、キューティー吉本的には好印象。もっとも、2人で泊まったら、1人はテレビに背を向けて座る感じになってしまうのですが。

長野東急REIホテル ダブルルーム 冷蔵庫の中

冷蔵庫は空です。注意するポイントとして、館内に自動販売機はあるものの、アルコール類と煙草の販売はなく、コンビニまで買いに行かないとダメです。もっとも、場所柄コンビニは近所にいくつでもあるので、それほど困らないのですが。

長野東急REIホテル ダブルルーム バスルームとトイレ

バスルームとトイレです。シャンプー類は質の高いものを使っているみたいです。ただし、お風呂はそんなに広くありません。

長野東急REIホテル 枕やズボンプレッサ、アイロンなどの貸し出し品コーナー

各階のエレベーター脇には、ズボンプレッサーやアイロンなどの、貸し出し品が置いてあります。エレベーターは、カードキーをタッチしないと客室階に止まらない仕組みになっています。

長野東急REIホテル 朝食例 信州そばが出てきます

朝ご飯はこんな感じ。バイキング形式なのですが、敢えて小さめのお皿になっているのが好印象です。信州だけにお蕎麦が出てきます。

温泉こそついてないものの、とってもゆっくり過ごすことができました。このホスタビリティは、さすが東急だなと感じました。

あわせて読みたい

戸倉駅 戸倉(とぐら)駅です。昔は信越本線の駅だったのですが、北陸新幹線が長野まで開業した時、第3セクターのしなの鉄道に...
旅行記:戸倉駅から戸倉上山田温泉へ歩いて行ってみた... 長野市からやや南に、戸倉温泉と上山田温泉があります。ただし、この2つの温泉は町自体がくっついているので、戸倉上山...
日帰り入浴レビュー:上山田温泉 かめ乃湯... 戸倉上山田温泉には、日帰り入浴できる外湯がいくつかあります。そのうちの一つ、かめ乃湯に行ってみました。 場...
そば亭 油や もりそば 長野についたところで、お昼ご飯を食べます。長野駅前に、「そば亭 油や」なるお店があったので、入ってみます。 ...
長野駅 長野県の県庁所在地、長野駅です。かつては長野新幹線の終点だったのですが、北陸新幹線が延伸開業した結果、途中駅にな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください