駅弁レビュー:宮川本廛 うなぎ


宮川本廛 うなぎ 外箱

朝ご飯は駅弁にします。新宿駅で駅弁を買いに行ったのですが、新宿はおろか、東京都とも関係ない駅弁が並んでいまして、「いやいや、駅弁ってその土地で買って食べるから価値があるんでしょうよ」ってわけで、買ったのが宮川本廛のうなぎ弁当です。

宮川本廛 うなぎ 外箱 新宮川という新宿の会社が作っているみたいです

では、なぜこの駅弁を買ったのかと言いますと、これは東京都新宿区の駅弁会社が作っているんだから、新宿の駅弁に間違いない…というわけです。

宮川本廛 うなぎ 内箱

外箱を開けると、プラスチック製の内箱が出てきます。で、蒲焼のたれと山椒が乗っかっています。

宮川本廛 うなぎ 中身

これが、中身です。まず嬉しいのは、ご飯全面が隠れるぐらいの鰻が乗っかているということ。でもって、この鰻が肉厚なんですね。なので、かなり食べ応えがあります。確かに、駅弁なので温かくないのですが、そんなこと関係なく満足できる駅弁です。もちろんお値段は相応に高いのですが、十分買う価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です