旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

旅行記:滋賀県大津市の繁華街 浜大津とその周辺を歩いてみた

2021/04/29

京阪石山坂本線 びわ湖浜大津駅 バスターミナルと駅舎 路面電車なのでホームの先は道路です

「滋賀県の県庁所在地、大津市の繁華街ってどこ?」

ビミョーですね。大津市って、繁華街って言えるほどの繁華街がないんですよ。強いてあげれば、浜大津とその周辺ですね。最寄り駅は、京阪電車のびわ湖浜大津駅(以下、浜大津駅と略します)です。

大津港 施設全体

浜大津駅は、大津市の観光の拠点でもあります。浜大津駅から歩いてすぐのところに大津港がありまして、ここから琵琶湖を周遊する観光船が出ています。

浜大津アーカス 以前は京阪レークセンターがありました

また、大津港に隣接して、浜大津アーカスというレジャー施設と、琵琶湖ホテルがあります。

では、なぜこれら施設が浜大津駅に隣接しているのかというと、これら施設は全部京阪電車のグループ会社だからなんです。なので、大津市内を観光しようと思ったら、重要なのは京阪電車なんですね。

大津市 明日都浜大津 以前は浜大津OPAがありました

また、浜大津駅は今でこそ1つの駅に統合されていますが、昔は2つに別れていまして、石山坂本線の駅が現在の駅、京津線の駅は、その向かい側に建っていました。この京津線の浜大津駅の跡に浜大津OPAができたのですが・・・閉店しまして。現在では、明日都浜大津になっています。

大津市赤十字病院 大津市中心街からよく見えるところにあります

浜大津界隈を歩くとき、目印にするといいのが大津赤十字病院です。小高い丘の上にありまして、浜大津周辺だと大抵どこからでも見えます。これを基準にすると、方向を見失わなくていいでしょう。

大津市 浜大津 さながらここが歓楽街です

で、浜大津駅から三井寺駅方向へ、京阪電車に沿って歩くと、さながら歓楽街の様相を呈してきます。この辺りに、呑む系の飲食店が立ち並びます。もっとも、滋賀県の歓楽街って雄琴にあるんですけどね。

大津市 浜大津 さながらここが歓楽街です

別の通りが、こんな感じ。ちなみに、キューティー吉本が呑みに行ったやきとり仁吉さんも浜大津駅の近くでした。

大津市 菱屋町商店街 アーケード入り口

こちらは、浜大津駅から上栄町駅方向へ、京阪電車に沿って歩いて行くと、菱屋町商店街のアーケードがあります。

大津市 菱屋町商店街 アーケードの中 シャッター街になりかけています

アーケード街の中です。朝早い時間帯に行ったので、ほとんどのお店がシャッターを閉めています。

大津市 菱屋町商店街 恐らくは閉店されたお店 「ロビン」という店名が痛々しいです

ただし、明らかに営業してないお店もあります。「ロビン」という店名が痛々しくもあります。

大津市 菱屋町商店街 フレンドマート大津なかまち店

菱屋町商店街には、近年新しく建ったお店もあります。フレンドマートというスーパーマーケットなのですが、もう開店準備が始まっていました。

大津市 菱屋町商店街 ここが終点です

更に歩くと、ここから菱屋町商店街になるそうです。

大津市 長等商店街 ここが始まりです

更にその先が、長等商店街だそうです。

大津市 長等商店街 ここは本当に営業しているのでしょうか

これらアーケード街はどちらかというと、日常のお買い物をするお店が立ち並んでいる感じですね。飲食店はあんまりなさそうです。

大津市 菱屋町商店街 アーケード入り口

アーケード街の終点です。ここから南に歩くと、琵琶湖疎水三井寺駅があります。

大津市 JR大津駅前 商店街入り口

大津駅の近くにも、一応商店街があります。

大津市 JR大津駅前 商店街の中

こちらは、飲食店が多い感じです。また、大津駅は新快速が止まるので、京都・大阪方面への通勤にも便利です。このため、マンションがちょこちょこ建っています。繁華街というよりは、人が住む町という感じですね。

大津市 中心部 お洒落な感じの通りになっています

石畳の通りがありまして、思わず「おおっ」って感じですね。

大津市 丸屋町商店街 アーケード入り口

大津駅からほど近いアーケード街、丸屋町商店街です。

大津市 丸屋町商店街 アーケードの中

こちらが、丸屋町商店街の中です。

大津市 丸屋町商店街 JR大津駅側アーケード入り口

大津駅側の出口が、こんな感じです。大津駅の周辺にはこの他、、滋賀県庁天孫神社があります。

ご覧の通り、繁華街と言ってもビミョーな感じなんです。お店はどちらかというと日常のお買い物をする店が中心で、スーパーこそあるものの、百貨店とかショッピングモールは皆無です。また、呑む系を含め、飲食店の数も、他の都道府県の繁華街と比較すると、決して多くはありません。

では、なぜ大津市には繁華街らしい繁華街がないのかというと。(ここから先はキューティー吉本の推測ですが)

大津市って百貨店とかショッピングモールとかは、琵琶湖の湖岸道路沿いにポツンと建っていて、いわゆる繁華街には建っていないんです。このため、繁華街に人が集まりにくいんです。

また、大津市と京都市は隣同士でして、JR線に乗れば京都駅まですぐ行けますし(大津駅から2駅で京都駅です)、京阪京津線に乗れば四条河原町周辺まで簡単に出られるんです。このため、

「繁華街に行きたければ、京都に行けばいい。」

という理由で、大津市には繁華街がなくてもいい、というわけなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

当サイトおすすめ
楽天トラベル
じゃらんnet
一休.com