旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:京王高尾山温泉 極楽湯

2017/02/22

京王高尾山温泉 極楽湯 外観 駐車場方向から撮影

高尾山に行った帰りに、立ち寄ってみました。京王高尾山温泉です。

京王高尾山温泉 極楽湯 外観 京王線高尾山口駅のホームから撮影

場所は京王線高尾山口駅の真横でして、ホームから見えます。また、京王高尾山口駅には、専用の連絡通路があります。
外観だけ見ると、一体どこの高級旅館なんだろうと見間違えてしまいます。

京王高尾山温泉 極楽湯 京王線高尾山口駅にある連絡通路

営業時間は8:00~23:00で、料金は通常料金は大人1,000円、子供500円。シーズン料金は大人1,200円、子供600円。シーズン料金を取られるのは土・日ではなく、正月3が日とゴールデンウィークなんかに取られるみたいです。なので、土・日料金の設定がないのですが、タオルや館内着のレンタルが別料金の施設としては高額な部類に入るんじゃないかと思います。

館内は、PASMOやSuicaなどのICカードが使えます。まずは下駄箱に靴を入れ、入館券を買います。フロントで入館券を渡して、中に入る仕組みです。

京王高尾山温泉 極楽湯 京王線高尾山口駅への連絡通路

お風呂は、内湯が替り風呂とサウナ、水風呂。露天風呂が桧風呂(シルク風呂)、天然温泉(あつ湯とぬる湯がある)、石張り風呂(炭酸泉)、座り湯です。泉質は単純アルカリ温泉で、無色透明。ごくわずかにトロッと感があるお湯です。キューティー吉本の体感温度的には、天然温泉のあつ湯が約41℃、炭酸泉が約39℃、その他が約40℃ぐらいでした。

最初は、替り風呂へ。これは入浴剤が入っているお風呂なのですが、この入浴剤の匂いがきつく、室内に充満しているという残念なことになっていました。その後、サウナ→水風呂→露天ぬる湯の順に入った後、休憩。で、露天あつ湯→サウナ→桧風呂に入った後、休憩。最後に炭酸泉に入りました。

京王高尾山温泉 極楽湯 玄関

一番人気は、炭酸泉でした。確かに、この湯加減だったらゆっくり長湯できる感じです。なお、桧風呂と言っても湯船全体が桧ではありません。また、座り湯こそあるものの、お風呂の合間に横になるスペースがないのが残念。

京王高尾山温泉 極楽湯 入口

館内は、1階がフロントとお食事処、うたたね処。2階がお風呂です。うたたね処でお昼寝はできるのですが、いかんせん狭くて。しかも、すぐお隣がお食事処で、話し声が丸聞こえ。なので、うたたね処は使いませんでした。

京王高尾山温泉 極楽湯 外観 横から撮影

タオルのレンタルを付けると1,250円と結構なお値段になってしまいまして、この内容でこのお値段だったらちょっとないかなと思いました。これが入館料800円だったらありかなと思うんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください