旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

和歌山電鐵 貴志川線

2019/07/07

和歌山電鐵貴志川線 和歌山駅 9番線 ホームへの階段

和歌山電鐵貴志川線は和歌山貴志を結ぶ路線で、元は南海電鉄貴志川線でした。ところが、利用客の低迷などを受けて、南海電鉄が撤退を表明します。ここで地元住民が存続運動を開始し、事業者を募集した結果、岡山電気軌道が名乗りを上げまして、和歌山電鐵貴志川線として存続することになったのです。

JR阪和線 和歌山駅 改札口 ICカード対応の自動改札機が並びます

和歌山駅の改札口と自動券売機は、JR線と共通です。注意点として、和歌山電鐵はPiTaPa・ICOCA・Suica・PASMOなどの交通系ICカードが使えません。なので、切符を買ってから乗車しないといけません。また、和歌山貴志を往復するのであれば、一日乗車券を買った方がお得です。一日乗車券は、大人780円、子供390円です。

しかし、困ったことに一日乗車券は自動券売機で売っていないんです。そこで、改札口で聞いたところ

「9番線の切符売り場で買ってください」

とのことで、改札口を通してくれました。「和歌山電鐵の一日乗車券を買いたいんですけど」と言えば、切符を持っていなくても改札口を通してくれるみたいです。

和歌山電鐵貴志川線 和歌山駅 9番線 切符売り場とICカードリーダー

で、こちらが9番線にある、和歌山電鐵の切符売り場です。一日乗車券はここで売っています。ちなみに、一日乗車券は貴志駅と伊太祈曽駅でも売っています。

一日乗車券の詳細はこちら和歌山電鐵のサイトで公開されているpdfファイル)。

和歌山電鐵貴志川線 和歌山駅 9番線 貴志川方面に行く列車が発着します

9番線のホームです。やはり元が南海電鉄だけあって、駅のピクトラム表示も南海電鉄と同じものが使われています。

和歌山電鐵貴志川線 2270系 うめぼし電車 前面 和歌山駅にて

電車も基本的に南海電鉄時代のものなのですが、遊び心たっぷりに改造されています。編成ごとに名前が付いていまして、これはうめぼし電車です。

和歌山電鐵貴志川線 2270系 うめぼし電車 運転台 運賃表示器と運賃箱があります

運転台です。無人駅があるので、運賃箱と運賃表示器があります。

和歌山電鐵貴志川線 2270系 うめぼし電車 車内

車内です。純和風といった感じです。よーく見ると、扉の横に整理券発行機が置いてあります。

和歌山電鐵貴志川線 2270系 うめぼし電車 車内のたま駅長グッズ

車内には、たま駅長グッズが飾ってあります。

和歌山電鐵貴志川線 2270系 おもちゃ電車 前面 貴志駅にて

こちらは、おもちゃ電車です。色がうめぼし電車と似ているのですが、よーく見ると違うのがおわかりいただけますでしょうか。

和歌山電鐵貴志川線 2270系 おもちゃ電車 運転台 運賃表示器と運賃箱があります

運転台です。うめぼし電車同様、運賃箱と運賃表示器があります。

和歌山電鐵貴志川線 2270系 おもちゃ電車 車内

車内です。おもちゃ電車だけありまして、車内にがちゃがちゃが置いてあります。

和歌山電鐵貴志川線 貴志駅 和歌山方面時刻表

貴志駅の時刻表です。おおむね1時間に2本の間隔で運転しているみたいです。ちなみに、たま駅長がいるのは、貴志駅です。

あわせて読みたい

貴志駅 和歌山電鐵の終着駅、貴志駅です。たま駅長がいる駅でして、駅にはたま駅長をモチーフにしたキャラクターが描かれていま...
和歌山駅 和歌山県を代表する駅、和歌山駅です。JR阪和線・紀勢本線・和歌山線と、和歌山電鐵貴志川線が乗り入れます。 ...
旅行記:大阪・奈良・和歌山を4泊5日で旅してきました その内容のまとめ... 今回は、大阪、奈良、飛鳥、和歌山、高野山まで4泊5日で行ってきました。その時の内容をまとめます。 1日目。...
旅行記:和歌山の繁華街 ぶらくり丁をぶらぶら歩いてみた... 和歌山市のターミナル駅は2つあります。南海和歌山市駅と、JR和歌山駅です。この2つの駅はだいぶ離れていまして、よ...
貴志川 大國主神社 たま駅長に会いたくて貴志駅に来ては見たものの、はて貴志駅周辺で観光スポットってあるんだろうか・・・どうやら歩いて...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください